« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

Qさまとナイナイアンサーと眞鍋さんの今と近未来

 

月曜は「Q様」、火曜は「ナイナイアンサー」の眞鍋かをりさん。

二年ほどの間に顔触れが随分変わったけど、

眞鍋さんの衣装は変わらずリボンとカーディガン。

でもポジションはトップバッターから中継ぎになった。

 

1210291_001_01

 

「試しに」と挑んだ英語で見事正解。

確かに文を読んでみたらそういうことか、フム。

木琴=マリンバという頭があったので

当方、シロフォンが分からなかった。

世代の違い?

 

1210291_007_01
  

ボッティチェリのどこがファインプレーだとか思いつつ、

眞鍋さんがあっさり答えた日本の画家は知らず。

知識が偏ってるというか日本文化の素養が足りん。

それぞれの分野で必要な知識に偏っていくのは仕方がない。

 

ではヤングの方が満遍なく知識を持っているかというと、

どうもそうではなさそうでベテランチームの逆転勝利。

多方面の知識が必要とされる仕事についているせいか。

としたら、学歴の勝負ではないな。

 

なんてこたぁどうでもいいんだけど、

眞鍋さんの仕事ぶりを鑑みるに、

かなりの知識が知らない間に蓄えられてゆきそう。

あっちとこっちが入れ違ってたりもたまにあるけど、

自然体のポテンシャルは眞鍋さんの持ち味だし。

 

 

 

「ナイナイアンサー」はまたまた結婚しないできない人特集。

放っとけと言おうとしたら、

眞鍋さんは当事者ではなく立会人だった。

でも、家族関係が深く影響するとの話に

眞鍋さんも他人事ではなさそうな気配。

仲良し家族だしね。

 

1210302_005_01
  

結婚なんかしなくていいんだ、寂しくないって人は、

家族関係が疎遠のことままあり。

それが他人と距離を置く原因になるという。

へぇ~。

 

眞鍋さんとことはあんまし関係なさそうな話。

だもんで、一人の時に「寂しい」と言ってみろ

なんて言われると

 

1210302_006_01
  

仰る通りです、眞鍋さん。

でも、相談員のオッサンは眞鍋さんに提言したのではない。

言われたクール美女さんは内心、

「そんな心にもない事、何で言わなあかんねん」

くらいに思ってたんじゃなかろうか。

 

その心のバリアを開放せよという意味なんだけど、

そこまでして結婚したいと自分にいいきかせる必要が

あるかどうかは貴方次第。

 

別の例、母との絆が強過ぎてってのは

ちょっと眞鍋さんとこと近いかなぁとも思ったけど

そこまで依存してないような・・・。

妹さんは既に結婚してるし、その妹さん、

タクシーじゃなきゃ嫌だと泣くガキを街で見て

ウチならフルボッコの上に置き去りにされている

なんてツイートしてたし。

 

栗きんとんの栗も今ならたらふく食べられる眞鍋さん、

しばらくは自由を謳歌していいんじゃないでしょうか。

なんてね。

 

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

伝説オジサンと再会眞鍋さんの「ゴールデンラジオ」

 

学園祭で生春巻売ってた眞鍋かをりさん、

東MAXと一緒になんかの番組オープニングに出たらしい。

何の番組だったのか・・・眞鍋さんがまだ学生だった時代

その頃のVTRは結構あるけど、記憶にないなぁ・・・

 

20121030web

 

学園祭話で盛り上がった「大竹まこと ゴールデンラジオ」

グラビア時代は呼ばれる側にもなって

「芸人さんと一緒にゲームとか」に

「楽な仕事やな~」と髭男爵。

 

デブめ。

「ダウン着てるみたい」(眞鍋さん)

「やかましいわ」(髭男爵)

って、頭に一発かまされたから仕返しか。

 

それはともかく、撮影会的なこともあって

短いスカートとか着たりもあったらしいけど、

それなら今でもやってるぞのなんちゃってポーズ。

思い出したのだがこのポーズのルーツ、

塚田茂って人じゃなかったっけ?

 

それはともかく

辞める気なさそうな首相の所信表明演説、

参院では拒否されてやらなかったけど

「オープニングトークみたいな」もんだしって眞鍋さん。

オープニングトークならもっと面白くしろよって思うけど

同じこと二回も聞きたかないって言えなくもない。

つまんないんだし。

 

それより去年10月の「マネー」以来ちょうど1年ぶりに

伝説オジサン・木村大作カメラマンと再会の眞鍋さん。

厳しく生きねばいい顔にはならん、

政治家なんて悪代官みたいな顔ばっかりだ!

相変わらずの言いたい放題だが、政治家の場合、

悪代官みたいなことやってるから悪代官顔になるんだと思う。

 

悪口ばっかり言ってるようでいて

眞鍋さんほど(美人では)ないとか

リップサービスもくれたりして

いい爺さん(失礼!)。

 

厳しい現場が「八甲田山」とか「劒岳」とか

礼文島(「北のカナリアたち」)とか

寒いとこばっかりだなと思っていたら

眞鍋さんも同じこと思ったみたいで

「次は灼熱の映画を」

 

「いい題材がない」と言いながら

「アラビアのロレンスみたいなのを撮ってみたい」

と言う伝説オジサン。

ポリネシアのロレンスでもいいではありませんか。

 

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月)

眞鍋さんはじゃがりことポッキー派・・・らしいお菓子総選挙

 

「第1回お菓子総選挙」に出ていた眞鍋かをりさん。

お菓子って分からないなぁ、なんて思いつつ

スナック菓子部門の眞鍋さん1位予想は

 

1210291_015_01

 

おっ、これなら一回か二回食ったことあるぞ。

ビールのあてだけど。

とんがりコーンが出てこないのはなんでだ

とも思ったけど、眞鍋さん、ポテト好きだし。

 

でも、スイーツ王・的場浩二さんの予想は柿ピー。

「逃走中」以来の顔合わせだけど

的場さん的中というか連戦連勝。

 

1210291_020_01

 

ピーナッツだけ残すというやりそうな発想に

眞鍋さん、厳しい指摘。

 

「ポテト系は票が割れる」

という的場さんの読みも見事だが、

柿ピーは伝統あるし、

オッサンは酒のあて、オバハンはお茶の友、

幅が広いし競合しない。

 

1210291_034_01

 

チョコレート部門の予想も的場さん。

チョコレートは蒸留酒のあてになるし

バーやスナックでも出てくる。

ポッキーは氷を入れたワイングラスに入れて

出てきたことあるけど、キットカットはないなぁ。

呑み助票は少数か、って当たり前か。

 

だが、眞鍋さんによるとキットカットは

「楽屋に置いてある率高い」らしい。

眞鍋さんの楽屋には今後、

ポッキーとじゃがりこだね。

 

1210291_027_01
  

しかし、こんな闘いもあるぞと眞鍋さん。

そしたら切りかぶもあったとか何だとか。

小枝ってのもあったような ・ ・ ・

 

1210291_026_01
  

最後のクッキー、ビスケット部門は

当方、ちんぷんかんぷんだった。

何故だ、うちにもあるではないか、

と確認してみたら、

ナビスコのプレミアム「クラッカー」だった。

お粗末!

 

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

凄かったけど残念でしたの天皇賞と眞鍋さん

 

凄い戦いになった秋の天皇賞。

まずは2年と5カ月ぶりの栄冠、エイシンフラッシュと

天皇、皇后両陛下に馬を下りて礼をした

ミルコ・デムーロ騎手の礼儀正しさに拍手。

ミルコ騎手、眞鍋かをりさんと表彰式で顔を合わせるのは

2010年12月の朝日杯以来だろうか。

 

高速女王ジェンティルドンナにタフネス金船ゴールドシップ、

そして無敗街道驀進中の可憐黒丘カレンブラックヒルに

お忘れなくのフェノーメノ。

三歳馬がやたら強い今年の競馬だが

天皇賞に出走するのはあとの2頭。

 

1210281_012_01

 

「競馬BEAT」のスタジオでは

「東京2000mはスタートが大切だ」

坂口さんの指摘に

「ほぉーっ!そうですのん」の杉崎美香りん姐さん。

坂口さんのいち推しはルーラーシップ。

 

国内GⅠ未勝利が不思議な実力馬。

オルフェーヴルがいないサーキットなら勝って当然。

でも、プラス18kgってどーよ。

一番人気は無敗、可憐黒丘ではなく同い年のフェノーメノ。

なんでやねん、と言おうとしたら ・ ・ ・ 

ウッ!す、凄い馬体。

 

T1210281
  

その頃、眞鍋さんも東京競馬場、赤ペン持って思案中。

可憐黒丘、ルーラーシップ、フェノーメノに絞った当方だが、

眞鍋さんとかぶったのは可憐黒丘だけ。

いろんな人がリプしたはずだが、当方もルーラーシップは

中央道の事故に全く影響受けなかったよとリプ。

 

ルーラーシップの今年の強さは際立ってるから

似たようなリプが多かったに違いない。

で、眞鍋さん、ルーラーを加えたらしい。

も、申し訳ない。

でもまぁ、坂口さんでもルーラーを推したんだから、

と居直ってみる。

 

1210281_016_01
  

「素晴らしいレースでした」と

素晴らしい笑顔の美香りん姐さん、

姐さんは何を推したのだろう?

レースは坂口さんの指摘したスタートが

明暗を分けた形になった。

 

可憐黒丘はスタートを上手く決め、

逃げるシルポートのペースには乗らずに二番手追走。

どっかで見た展開。

1800mなら可憐黒丘の必勝パターンだ。

フェノーメノは中段前方、ルーラーシップは、

ん?後ろ過ぎないか?

前半のペースは速い。

しくじったなルーラーシップ。

 

ラスト直線、予定通りに突破を図る可憐黒丘に

そうはさせじと脚を伸ばすフェノーメノ、

まだ後ろのルーラーシップ、

やっぱりなぁと思ったその時、

インを切り裂く黒い影。

 

「何が来たのかと思った」と

スタジオのシャンプー小出水さん、

当方も思わず「誰やねん!?」

昔の名前で出ているエイシンフラッシュだ。

あらまぁ。

 

その時、やっと最高速に到達したルーラーシップ

恐ろしい程の末脚で猛ダッシュを仕掛けたのだが

時すでに遅し。

車重500kgで18kgのウエイト増だと、

車なら確実に加速が鈍る。

パワーアップしてりゃあ別だけど、いい歳だし。

 

そんでも3着に入るのだから、

ルーラーシップ、やっぱり速い奴なのである。

それにしても運がない。

同じオッサンでもエイシンフラッシュ、レース運びが巧かった。

脱帽である。

 

全滅だったらしい眞鍋さん、

「財布からっぽ」なんて言ってるけど

楽しかったのなら観戦料ってことでご勘弁を。

 

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

風邪にも負けず眞鍋さん、奇策提案の「マネー」

 

先週の収録なので鼻声の眞鍋かをりさん。

でも、今さら心配しても仕方ない「たかじんNOマネー」

だからってことでもないだろうけど

好評ということで第4弾の「適正価格決めまSHOW」

iPS細胞にどどーんと100兆円の値をつけた眞鍋さん、最高額。

 

1210271_005_01

 

「助かりたい人の総意を集めればこれくらいになる」

なんたって細胞を初期化してしまうのだから、

アンチエイジング眞鍋さんの期待も大きい。

 

不老不死はつまらんとか

かつら業界や製薬業界にダメージが

とかの意見もあったけど、

毛根一つひとつを初期化するのは費用かかるだろうし

代わりの細胞がカップラーメンみたいに簡単にできる

って訳ではないから、

それまで生き伸びる為の治療は欠かせない。

 

何もかも初期化できる訳ではない、

何か別の事情が必ずできる気がするし、

不老不死とはいかないんじゃなかろうか。

ってことで眞鍋さんの査定に決定。

 

1210271_018_01

 

老後に必要な金ゼロ円の青山繁晴さん。

「貯金なんかしたことない!」と豪語。

「走り続けて前のめりにバタンですか」と眞鍋さん。

どうしても信じられないのが鳩山邦夫氏。

「当座預金くらいはあるんでしょ?」

 

「一般人は小切手切ったりしませんよ」

国際弁護士・八代英輝氏の突っ込みに

「当座預金って初めて聴いた」くらたまさん。

鳩山家の金銭感覚が少しずつ明らかになる。

 

1210271_040_01
  

いい歳こいて親に小遣い貰うってどーよの話題。

70過ぎても貰ってる奴がいると聞いて

「結構、親いってますね」の眞鍋さん。

御長寿、いいではありませんか。

 

でも、目立ちたい一心で1500万円提示の

水道橋博士さん以外、ほぼ全員が否定的。

そして鳩山家は「親の収入に応じて」

さすが小遣い24億円。

 

「子が帰省したら1万円くらい渡したくなる」

と聞いた鳩山さん、旅費だってかかるんだから

「10万円くらいあげなくちゃダメだよね」

 

1210271_054_01
  

がっくし眞鍋さんとちょっとちょっとのくらたまさん。

「どんなに安月給でも親に頼ってはいけないんだ」

青山さんに叱られてしょんぼり鳩山さん。

何故かこの番組では顔も怖くない。

 

1210271_024_01

 

一方、ちょっと趣変えて使い道考えようは

東京都に集まった尖閣購入寄付金15億円。

中国は台風が近づいてきたら漁船を出して上陸するつもり

だから避難用の船着き場はイカンと青山さん。

人民解放軍のエライさんと喧嘩しながら聴き出したんだとか。

 

なので、青山さんの宿泊施設、ヘリポート、港は

「子どもたちの為のもの」というのだが ・ ・ ・

 

1210271_029_01
  

眞鍋さんの一言に「ありゃ?」

 

そういう眞鍋さんの案は、「iPS細胞でパンダをつくる」

中国はパンダを外国に貸し出して儲けてるから

別アングルからの攻撃で和製パンダをつくってやれ。

でも借りてきたパンダからiPS細胞つくって

問題はないのか?

 

1210271_035_01
  

国際弁護士のダメ出しに

「ダメェ~?」と眞鍋さん。

ダメらしいです。

 

風邪にも負けず、奇策も美脚も出して頑張った眞鍋さん、

机の下が落ち着いてきたのは風邪のせいじゃないみたい。

ってことで来週はまたも生放送だ。

 

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

悟りに近付いてしまった眞鍋さんの寛永寺巡礼

 

1210241_052_01

 

「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 ・ ・ ・ 」

一心に唱える眞鍋かをりさん。

と思ったら「こういう時、何を考えたらいいんですか」

だって。

まぁそうですなぁ、

己の煩悩をあるがままに見つめてこそ悟りも開けるゆうもんで

 

てな感じで始まった昨日の「日本100巡礼」

眞鍋さんが訪れたのは上野寛永寺。

彰義隊は出てこない。

その代わりに眞鍋さん、悟りの道を自ら開いてゆく。

 

1210241_010_01

 

不忍池で蓮の花の大きさに驚く眞鍋さん。

でも、蓮根掘って食おうなどとは思わない。

マドンナ衣装ではなかったし。

 

それより、汚泥の中でないと蓮は育たないと聞いて感じ入る。

そう、蓮根も水底の泥の中で育つのだ。

 

1210241_057_01

 

寺を開いた天海僧正も徳川家の菩提寺であると共に

庶民に開かれた寺として建立したのじゃ、と

坊さんから説明を聞く眞鍋さん。

 

だからアミューズメントパークみたいなんだ。

不忍池は琵琶湖、清水もどきもあれば大仏だってある。

顔しか残ってないけど。

 

1210241_042_01

 

ってことで羽二重餅。

屋台もあって「鉄板は大変でしょう」

気遣う眞鍋さん「頑張ってください」

残暑の残る時期の収録だったらしい。

 

「俗を持ち込んではいけないと思っていたけど、

俗があるからこそ生まれるものがある」

あるがままの己を見つめることこそ悟りへの第一歩。

近付いてきました眞鍋さん。

 

1210241_062_01
  

夕陽に包まれ、梵鐘を聞きながら眞鍋スマイル。

今年、厄年だけど、その前から

「余計な物を考えたり抱え込んだり」で

「自分も辛いし人のことも考えてあげられない」

 

自分さえよければ全て良しとは決してならない眞鍋さん。

本質的なものと思うので一生変わらないだろう。

 

でも、今回の巡礼で「すっきりしました」

それが「人にも自分にもいいんじゃないかな」

「蓮に花を咲かせるような気持で生きていかなければ」

 

汚泥に根ざし、それを見つめながら大輪の花へと昇華させる

遂に釈迦の教えの根本を発見した眞鍋さん。

さすがじゃ ・ ・ ・ 般若波羅蜜

 

その後、蓮根のきんぴらで一杯 ・ ・ ・

やったかどうかは定かではない

 

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

備忘録的麻雀経済の話

 

麻雀卓に四人が座る。持ち点はそれぞれ同じ。

しかし、ゲームが進むと持ち点が増えた者と減った者に分かれる。

経済も同じで必ず勝ち負けがある。

誰かが儲ければ誰かが損する。

ただし、四人の持ち点合計がゲーム前も後も同じ場合だ。

 

4、5年前に流行った賭博経済も基本は同じ。

価値を産むのは生産物=商品だけなので

マネーを動かして横取りする。

途上国の農産物を買い占め、

相場を吊り上げて売り抜けすると、

適正価格からの上乗せ分はどこかから巻き上げたもの。

その分、誰かが損をしている。

 

四人の持ち点合計が増えていく場合なら、

大勝ちする者は二倍三倍と持ち点が増える。

負けた者も1.2倍くらいになれば、まぁ不満もそこそこで済む。

大勝ちした者がその資金でもう一つ雀卓を設ければ、

新たに三人の参加者が加わる。

 

持ち点を揃える資金がなければ借りればよい。

胴元、政府と日銀がそれを保証する。

例えば、銀行が保有する国債を日銀が買い取り

銀行が資金を融通する。

現状、国債の金利は低いので、

それより儲かると判断すればという条件付きだが。

 

最初の雀卓で不幸にも大負けした者も、

二の雀卓で同じく大負けした者と交代して

新しいステージに挑戦できる。

持ち点合計が同じで、あっちからこっちへ

持ち点が水平移動するだけなのが賭博。

持ち点が循環しながら総合持ち点も増えてゆくのが

拡大生産型というかまっとうな普通の経済だ。

 

しかし、現状の日本は拡大軌道に乗っていない。

金利を下げれば投資が生まれ、

投資が生産を拡大すれば自動的に需要が生まれる

という説を唱える人がいるらしいが、現実はそうなっていない。

目を開けて目の前の現実を見りゃ分かる。

 

何故かといってまず思い当たるのがデフレ。

貨幣価値が上がる現象なので、

借金すると元本が目太りしてしまい借りれば借りるほど損をする。

ローンも組みにくいし、企業も借りにくい。

これでは個人消費も企業投資も増えない。

銀行も、そもそもの資金需要が少ないうえ、

リスクを冒して融資するより国債購入が無難と見る。

 

金利を下げれば投資が需要を生むというのは

拡大軌道に乗ってからの話。

どうやって乗せるかが目下の課題で、

需要がないところに投資もなく、

資金需要も生まれないことは現実が教えているのだから

他の手を探さなくてはならない。

 

資金自体はだぶついている。

しかし、誰かが使わなくては始まらない。

突破口としての公共投資が浮上してきた由縁だ。

それ自体は間違いではなかろうが、復興予算のように

官僚に食い荒らされる危険に怯える人も多い。

霞ヶ関改革が必要になる。

 

霞ヶ関改革という点では維新の会と一致するが、

それでもなお八策に賛同しないのは

自動的に需要が生まれるという

違うことが証明されている前提から抜け出せず

突破口を開く妙案に辿り着いていないどころか

デフレ促進策ばかり並んでいるからだ。

投資家優先で賭博経済を加速させ、リーマンショックを生んだ

「構造改革」の苦い経験もある。

 

公共投資と民間活力活性化をいかに組み合わせるか

このあたりがカギだろうとまでは言えると思うが、

そこから先は賢者の皆さんの意見に耳を傾けつつ

おいおい考えてゆくしかない。

政治家の代わりに策を考えなきゃならん義務はないし、

有権者としてはイエス、ノーのどっちかでいいんだけど

判断の目安として考えておいても損はしない。

 

| | コメント (2)

2012年10月23日 (火)

風邪完治まであと一歩の眞鍋さん、くらたまさんと恋愛談議

 

やっぱり風邪だったのか眞鍋かをりさん。

扁桃腺が腫れて熱が出て、これはイカンと

もつ鍋を食いにいったそうな。

なんでやねん。

 

「薬を飲めば楽にはなるけど、正面から戦ってない」

ニンニクとショウガで風邪を倒す。

免疫力重視なのだ。

 

20121023web

 

ってことで今日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」

風邪でも美脚全開の眞鍋さん。

無理しないで欲しいけど。

 

「何かと戦ってますね」と評されてたけど、

朝6時までワインと戦っていたとか。

友達とフレンチ食べて、チーズでワインと思ったら

店がいっぱいで入れず、ほんじゃあと

とんこつ醤油ラーメンにニンニクたっぷり入れて食って

朝までワインって・・・何と戦ってまんねん。

 

しかし、風邪はほとんど直って後はラスト痰だけ。

なんだそれはと大竹さんや髭男爵から散々突っ込まれてたけど、

喉に合併症のある当方にはよく分かる。

確かにあれが出るとすっきりするのである。

 

 

「マネー」でお馴染み倉田真由美さんがゲストに来て

やっぱりの盛り上がり。

「遊び人には(金を)出さない」と言う眞鍋さん、

「結局一緒なんですよ」とくらたまさんに

「全力でやって失敗した人には出しちゃう」

一緒ではないか。

 

でこぼこなようで似てるとこがあるという

眞鍋さんのくらたま夫妻評。

「合ってないといけないところもある」と言う御本人に

「本能に触れる部分があれば後はいい」と眞鍋さん。

くらたまさんと合ってしまっていいのかどうか。

 

過去の不幸恋愛を引きずってるらしい眞鍋さん、

抜け出したようでまだ不安とか。

それを言われるとちょっとこっちも不安。

でも、成功したかどうかは長期的に見ないといかん

という大竹翁の人生の深みに触れるお言葉。

経験値のある眞鍋さんなら大丈夫。

 

 

山口一臣さんは連載中止のお知らせ。

他誌の後追いみたいなのなんでこの時期に

と思っていたら案の定。

タイトルからして罵倒口調だし、DNAなんて書いたら

ナチの記憶が強く残るヨーロッパなら大問題だ。

個人攻撃的なものには興味が持てないので

読む気もないし買ってもいなかったのだが

橋本さんの連ツイが凄かったのでネットでちょい読み。

 

地名なら他誌でもさんざん書かれていたし、橋本さん自身も

街頭演説でそれがどうした的勢いで言っていたこと。

連載は地名から先、例えば同和地区出身だからどうだこうだ

までまだ話は進んでいない(連載第一回目だし)と思うのだが

地名を出したことを差別とし人権擁護法案にまで話が広がる。

こうなると橋本さんは何が言いたいのだろうと考えてしまう。

 

ツイートに一部事実誤認があったことは橋本さんも認めて

訂正と詫びを入れておられる。

それはごもっともな話だし、

大きくぶちあげて落とし所を捜す

いつもの示談交渉的手法かなとも思うのだが

この手法、為政者がやることに怖さを感じる。

10のムチに3のアメでも凄く甘いアメと感じてしまうし、

実像以上に太っ腹な印象を受けてしまうからだ。

 

それに、実名を挙げて大バカだのクソだの

「てめぇら」「抹殺しに行く」などの発言が、

何で橋本さんなら許されてしまうのか。

橋本さんの癇に障ることを言ったらあんな風に罵倒され、

いさめる人もいないまま甘受しなくてはいけないのか。

これはとても恐ろしいことである。

 

| | コメント (4)

2012年10月22日 (月)

美香りんさんも呆れるタフネス金船

 

エッ!ディープブリランテ、来秋まで休みとな。

負傷なら仕方ないが、これでは菊華賞、

タフネス金船、ゴールドシップに決まったようなもの。

マウントシャスタにまた何か見せ場を期待するしかないか。

 

1210211_002_01

 

ってな感じだった昨日の「競馬BEAT」。

だが、タフネス金船のスタミナは無尽蔵である。

スタートの位置取りには失敗したみたいだが

まぁいいやと最後尾に構える。

誰かが引っ張ってペ-スを上げるでもなく

ひと塊で平均ペース。

 

タフネス金船にとっては楽な展開。

なんと2000mを過ぎたところから

1000mの二段階超ロングスパートだ。

この距離を常に馬群より速いペースで走り、

なおかつラスト直線でさらに加速する。

 

「なんというスタミナ!」

杉崎美香りん姐さんもビックリのタフネスぶり。

タフネスにも程がある。

直線に出てすぐ先頭、一向に速度が落ちないのだから

処置なしである。

 

やっぱ3000mという長丁場では、

速いペースから切れ味勝負ってのは無理だったのかなぁ。

秋華賞で高速女王ジェントルドンナを追い詰めたように、

包囲網を敷いて抵抗してくれた方が盛り上がった気がする。

 

だが、眞鍋かをりさんがイベント出演する天皇賞には

ルーラーシップがエントリーするらしい。

おぉ来たかという感じ。

可憐黒丘カレンブラックヒルに立ちふさがる大きな壁だ。

こちらは面白い勝負が期待できそうである。

 

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

ラグビーボールの本音に迫る政局談義の「マネー」

 

昨日の「たかじんNOマネー」は緊急生放送ということで、

おや、原口一博、鳩山邦夫両氏が参戦。

原口さんですか・・・

 

1210201_002_01

 

ってことで話題は当然、

オタクどないしはりまんねんの政局談義。

政策論議ならともかく、こういうのはどうも苦手な当方

なんとかついていかなくては。

 

論客の皆さん、あの手この手と色々突っ込んでおられたが

原口さんのおっしゃることをまとめると

「民主党の枠にこだわってはならない」

「二大政党制が早く崩れてしまったので

それに代わる政界再編の核を作る」

「やるとしたら選挙前だ」

 

解散前に民主党を出て新党を作るという宣言に聴こえなくもないが

それについてはむにゃむにゃ。

「本音に近いところまで言われたんじゃないでしょうか」

眞鍋かをりさん、ちょいと挑発してみたが、

一応首を振る原口さん、顔はキリッとしていた。

「総理になりたいのではなく、なるんです」と明言していたし。

 

維新の会との連携について、

名前を譲ったくらいだから「盟友」とは言うものの

「TPPでは一致しない」と明言。

そういえば最近、維新はTPPを外してるね。

原口さんの地元、九州での演説でも触れなかったらしい。

 

1210201_014_01
  

「外国人参政権に反対」という鳩山邦夫さんも

維新とは距離を置く。

橋本さん、人権擁護法案にも賛成の意思を表明してるしね。

そもそも、鳩山さんには何のお声もかかっていないとか。

 

東京の石原さんも同様で新党の話は聞いてないし

資金提供のつもりもないとか。

安倍、石破体制の自民党にむしろ共感を抱いておられるようだ。

 

だが、その自民、本気で解散総選挙を迫る気があるのか、

須田慎一郎さんが、自民党は銀行に融資要請していないと暴露。

金庫は空っぽなので借金しないと選挙は戦えないはずなのに。

年内解散はないと見ているのではないか。

 

1210201_007_01

 

で、民主党政権への皆さんの採点はこんな感じ。

国民の生命と財産、生活を守ることが

国家の最低限の使命であろう。

震災被災者、とりわけ原発事故被害者への対応は

人倫にもとるものとして世界史上の汚点となるだろう。

 

青山繁晴さんのマイナス100点でも高いと思うが

水道橋さんの1点は政権交代で悪くなる経験値とか。

岸博幸さんの10点は官僚丸投げでも

国は動くと明らかになったこと。

 

で、意外に高くなってしまった眞鍋さん

 

1210201_020_01

 

「何でそんな高くつけたの?」

怖い顔の鳩山さんに存外に優しく問われた眞鍋さん

「逆実行力があるという点で・・・」

「じゃあ僕と一緒だ」と青山さん。

 

「自分の政権だから」と高得点の原口さんも、

詰め寄られた揚句に

「期待を裏切ったという点を含めたら青山さんと同じくらい」

やっぱり民主党を出るしかないでしょう。

 

 

眞鍋さん、鼻声だったけど、風邪かなぁ。

気を付けて下さいまし。

 

| | コメント (0)

2012年10月20日 (土)

眞鍋さんは水平目線の独身セレブ

 

どんなどや顔するのかと思っていた眞鍋かをりさん。

なんとどや顔される側だった「Oh!どや顔サミット」。

結婚で不幸を掴んだ人もいれば独身で楽しい人もいるのだが

残照的価値観は引きずられるものらしい。

 

1210191_005_01

 

「今、幸せ」と公言してる眞鍋さんだけど

積極的にアピッてくる相手に限って

「こっちがその気になると連絡が取れなくなる」

なんじゃそりゃあと思ったら、そうだそうだと共感の嵐。

 

どういうことかと思ったらお隣のNANAさん、

振り向いちゃいけないと頑張っていたら、

ある日、振り向いたらついてきていなかった

だって。

 

1210191_011_01

 

「そうそう」って感じの眞鍋さん。

なんかNANAさんと気の合うこと多かったね。

でもまぁ世の中、石田純一さんみたいな人って実は少数派。

めんど臭がりも同じくらいいるし、大半は中間派じゃなかろうか。

データ的にも結婚経験者は女性の方が20%ほど多いそうだから、

結婚したがらない奴は男の方に多いとも言える。

 

1210191_017_01

 

どや顔話に歓声を上げたりしてる眞鍋さん。

パーティーとかセレブ話も出てきたけど、

何でセレブなのかよく分からない人も正直いるよね。

 

眞鍋さんのぶらり一人旅や独りワインバーも

見ようによっちゃあ凄いセレブリティーかも。

グランドツーリングは英国貴族の通過儀礼だったと言うし。

でも、眞鍋さんの話はいつも水平目線。

 

とはいえ、胃痙攣起こした時の話には驚く。

自分で病院捜して、タクシーで行ったとか。

引っ越しが多いから、かかりつけの医師がいなかったのかな。

治療で「復活して」でも「意識朦朧の時に」

「誰か迎えに来る家族はいるか」なんて訊かれたそうな。

 

1210191_023_01

 

そんなんおったら一人で来るかい!

とは言わなかった眞鍋さん。

さすが独身セレブ。

 

1210191_028_01
  

一人で「ガーハッハッハッ!うっしっしっ!!」ってのも

時代劇の悪役みたいでヘンかも。

一日喋らずにいて、夕方電話がかかってきたら

「ババァみたいな声になってる」

ってホンマかいっ!

 

1210191_033_01
  

うめは話し相手になってくれないのかな?

誇り高い犬だからムスッとしているのか。

でも、なんか笑顔は幸せそうな眞鍋さんだった。

 

| | コメント (4)

2012年10月19日 (金)

小さな変化と大きな予感の9月度検索アクセスまとめ

 

さてはて何を今さらの9月度検索アクセスまとめ。

どーよそれって感じだがデータは先月のもの。

何やかやで10月も後半に入ってしまったが、

まぁ恒例行事って奴で。

 

1209241_022_01

 

まずはこれが見納め「とくダネ!」眞鍋さん。

7年って長かったね。

2005年以前は録画もデータもいい加減なので

はっきりしたことは分からないけど

眞鍋さんのレギュラー中最長の部類には違いない。

 

年配の皆さんに囲まれて幾分遠慮がちだった感はあった

けど、それもまた眞鍋さんなりのスタンスの取り方でもある。

基本、真面目な番組なのでおとぼけフェイスでギャグをかます

って訳にはいかなかったしね。

取り敢えず御苦労さまでした。

 

1209151_057_01

 

対照的なのは「たかじんNOマネー」

硬骨漢の青山繁晴さんがこんなに大笑いするって、

「TVタックル」とかでしか知らない人には

想像つかないんじゃなかろうか。

 

最初の頃は論客の皆さんに囲まれておとなしかった。

それがいつの間にか影の司会者になり、進行役になり、

たかじんさんの休養でMCになると、爆笑連打。

それでいて議論が沸騰すると決して邪魔しない

出し入れの巧みさも見せる。

 

「とくダネ!」コメンテーターとして、また

「メガスポ!」メインキャスターとしての経験の上に

バラエティータレントとしてのキャリアが巧く結実した格好だ。

声高に自己主張するタイプじゃないけど

論点を整理する能力は高い眞鍋さん。

MCの方が向いている。

 

たかじんさんの現況について辛坊治郎さんが

メルマガに書いていたらしいけど有料なので読んでいない。

既にちょこちょこ外出しているという噂もあるし、

番組をチェックしてスタッフと連絡を取り合っているとも。

帰ってきた時の番組評が楽しみである。

 

1209232_008_01
  

2位の「マネー」、3位の「とくダネ!」に次ぐ

4位は杉崎美香りん姐さん。

8月8位からの躍進。

 

まぁ、7、8月は美香りん姐さんの「競馬BEAT」

お休みだったしね。

ってことで競馬関連も6位にランクイン。

こっちには眞鍋さんのJRA-VAN新CMの話題もあった。

 

1209301_047_01

 

ジェンティルドンナが牝馬三冠を達成した後

注目は、無敗連勝中の可憐黒丘(カレンブラックヒル)。

眞鍋さんがイベント出演する天皇賞でひと暴れするか。

 

眞鍋さんがどんな衣装で登場するかも請う御期待だが

「ミニスカ」(7位)とか「短パン」(10位)とか

美脚ファッション系のアクセスが多かった。

 

1209202_043_01   

 

確かにミニワンピは時々着ている。

上は「ひみつの嵐ちゃん!」の時のものだけど

美脚でビックリドッキリさせるのは眞鍋さんのいいところ。

それにしても多いミニスカアクセス。

3ヶ月連続のランクイン。

 

他、「和風総本家」や「グルメちゃ~と」はランクインしたけど、

「みしらん」「ゴールデンラジオ」は圏外。

ラジオはネット検索に乗り難いのかもしれないけど

「みしらん」は認知度がまだ低いのかも。

10月以降、どんな変化があるのだろう。

 

 

9月度検索アクセス多かった順位は以下の通り。

 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:たかじんNOマネー
 3位:とくダネ!
 4位:杉崎美香
 5位:逃走中
 6位:競馬
 7位:眞鍋かをり ミニスカ
 8位:和風総本家
 9位:グルメちゃ~と
10位:眞鍋かをり 短パン

 

| | コメント (2)

2012年10月18日 (木)

とろ~り恋する眞鍋さん(?)のカマンベールメニューお披露目イベント

 

「とろ~り恋するカマンベールタイム」で、

え?ココットカマンと眞鍋かをりさん。

な、なんだそれは!?

 

「ちょこっとかまへん?」の略ではないぞ

ココット皿に好きな具材とカマンベールチーズを入れ

ちょいと焼くだけの新メニュー提案。

十勝カマンベールチーズの明治が眞鍋さんを起用、

原宿のレストラン「ベニーレベニーレ」でお披露目したもの。

 

N1210180416

 

デジタル朝日から借用の眞鍋さん。

ココットカマンのホームページもできていて、

さすが大手、楽しくレシピを紹介してるけど

眞鍋さんも海老とアスパラ、温野菜などを使って調理実践。

 

ポテトとかブロッコリーにチーズぶっかけてチン、

なんてのは時間がない時の酒のあてによく作っていたので

そりゃ旨かろうと納得するが、ココット皿を使って見た目も良く、

当たり前だがオッサン料理みたいにガサツじゃない。

 

眞鍋さん、朝はワインではなく

リンゴジュースと合わせることもあるそうで

「ノルマンディー地方はリンゴの産地なので合うのです」

チーズプロフェッショナルらしいウンチクも披露。

 

ってことは食後の一杯はカルバドスかな?

カルバドスは切らしているがブランデーならあるし

十勝カマンベールチーズは冷蔵庫に常備しているので

さっそくなんか作ってみようか。

 

 

本日、諸般の事情で動けずにいたら、

眞鍋さんがイベントやってるよと二件のコメントを頂いた。

isakazuさん、おせっかい者さん、ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

おじいちゃんも怒るけどおじいちゃんじゃなくても怒る公園と復興予算のゴールデンラジオ

 

「やることないから公園に行った」

そのたった一言で爆笑の眞鍋かをりさんと髭男爵。

「次のゾーンに片足突っ込んでる」

眞鍋さんの激しい突っ込みに大反論の大竹まことさん。

「次のゾーンて何だ、棺桶でも用意してあるのか!」

「甘いものと渋いお茶」(眞鍋さん)

 

それはまぁほっこりしていいかも。

大竹おじいちゃん、猫見てたらしいし。

 

20121016web_2
  

てな訳で「大竹まこと ゴールデンラジオ」

眞鍋さん、このポーズ得意だけど、

ルーツは誰だったかなぁ?

塚本某とかいうテレビ局の社員じゃなかったっけ?

 

それはともかく、暇な時は公園かコンビニに行く大竹翁、

その日は新潟県のアンテナショップに行ったらしい。

「美味いものたくさんあった!」

烏賊の柔らか天がお気に入りだったようだが、

それ新潟専科だっけ?

酒のつまみでオヤジがよく食ってたあれとは違うのかどうなのか。

 

しかし、新潟といえば眞鍋かをりさん、

「古代が息づく豊穣の里」なる番組に出演。

27日に放送される(BSN新潟放送)

BS-TBSでも11月3日に放送されるから

新潟県民でなくても視られる。

土曜13:00~って「マネー」の真裏だけど。

 

空耳アワーに採用されたことがあるという話、

話としては聴いたことあったけど、

実際の音を初めて聴けたのはラッキー。

確かに「色々な人が色々な人と」と聴こえる

というか、そうとしか聴こえない。

9年前といえば、眞鍋さん、

大学生とはいえとっくにデビューしてたのに

お茶目である。

 

 

 

さてと山口一臣さんは復興予算流用問題だが

遅いよ!

予算が余ったという話が出た頃から、

霞が関の耐震工事やら税務署の工事に使ってるよって話、

あちこちから漏れていたではないか。

尖閣騒動が起こる前のことだ。

 

地元自治体からの要望が大半却下されていることも、

あーだこーだと条件付けられて

東京の税務署の補修には使ってるのに

被災した役場は放置されてるとか。

財務省が自分の為に流用してるんだから

被災地への査定は厳しいけど

中央省庁への査定は甘いのは当たり前。

 

なんかすんごく重いPCみたいで

「今頃かいっ!」って突っ込みたくなるのは

当方だけかなぁ・・・違うと思うよ、絶対。

「突っ込みが遅いっ!」と怒ってみる。

おじいちゃんじゃないけど。

 

| | コメント (3)

2012年10月16日 (火)

遠近感狂わせたのは美香りん姐さん?の秋華賞

 

1210132_035_01

 

遠近感狂いまくりの杉崎美香りん姐さん。

一人だけ後ろに下がってるとしか見えないが、

実はそうではない京都競馬場の競馬「BEAT」。

ジェンティルドンナ牝馬三冠達成の秋華賞だったのだが

本年度ベストバウト選考会があれば、

必ず1位候補に挙がるであろう一戦だった。

 

前半1000メートル通過した時点で「遅い!」と思ったら

可愛いのか怖いのかよく分からないチェリーメドゥサ、

ぐいぐいと前に出ての大逃げ。

このペースでラスト直線勝負では勝機がないと見たか

一か八かだがやらないよりはやってやろうの英断。

 

遅いペースだけど女王は中段にいたし、

この決断には大拍手。

おまけに、やはり後ろからではダメだと前走で悟ったか

ヴィルシーナが二番手につけて

必ず来る女王を待ちうける。

 

二重の包囲網にまんまとはまった女王ドンナ。

でも、スピード勝負なら任せなはれと・・・ん?

最終コーナーで早くも岩田ジョッキー、鞭を入れてるぞ。

アレアレと思ったら、どうも女王さん、

岩田はんの弁によると「遊んで」いたらしい。

おいおい。

 

「よっしゃ、ウリャアッ!」とレース前は凄い気合なのに、

走り出すと「おぉ、ええ感じや」って、妙に落ち着いてしまう

オークスの時から顕著だったお転婆女王の気質。

慢心か、驕りか、馬にも「負ける気せんね」状態はあるのか。

変な奴である。

 

しかし、本気になったらやはり速い。

包囲網を突き破り、待ってましたと襲いかかる

ヴィルシーナの猛追を辛くもかわして三冠達成。

でもレース後のどや顔に

「いやぁ油断してもうたわ」的反省があったような。

美香りん姐さんのせいで遠近感が狂った

ってなことはないと思うけど。

 

1210132_036_01

 

レースというよりは試合といった感じだった秋華賞。

見応えある戦いの中できらり光ったのはアロマティコ。

女王との直接対決をこの日まで避け、

満を持しての挑戦だったが

後方からの追い上げでさくらんぼ妖怪もかわし、

ヴィルシーナに次ぐ3位に食い込んだ。

 

「名前が可愛いし覚えやすい」と、

美香りん姐さんも言っていた番組注目の一頭だったが、

いよいよ頭角を表してきたようだ。

 

ブエナビスタに匹敵するとは誰もが思っていたけれど

勝つまでは言えないと言っていた岩田はんからも

遂にこの言葉が出たジェンティルドンナ。

牝馬三冠を達成すると、その後、GⅠでは勝てない

というジンクス打ち破ることができるかどうか。

その為には遊ばず油断せずが肝要。

その日まではまだお転婆女王だね。

 

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

正直眞鍋さんの非攻撃的なのにアクティブな「戦闘中」

 

「戦闘中」の眞鍋かをりさん、といっても攻撃性ないし、

どうなるのかなぁ・・・と思って視たけど

逃げも隠れもしないし漁夫の利狙いもしない。

攻撃性はないけど、みんなの為なら頑張れる

という眞鍋さんらしさ(長女だし)は隠しようがない。

 

1210142_005_01

 

なんて言っていたボディガード「忍」。

最初にゲットしたのは眞鍋さん。

これは幸先がいい、ついてるぜ。

ってことで・・・

 

1210142_012_01

 

難解な日本語だが

「真似してみたりしている」の超簡略形か。

カッコいい忍者ポーズを真似してみてる眞鍋さん。

でも、この忍、役に立つのか立たないのか

どうも良く分からん。

 

眞鍋さんを守ってくれたのはいいのだけど、

攻撃力がイマイチであっさり倒されてしまった。

どーゆーこっちゃ。

でも、自分を守って倒れた忍に心を痛める眞鍋さん、優しい。

 

1210142_020_01
  

他人のバトルをこっそり見ていたら

目の前に転がってきたバトルボール。

「ボール三つになっちゃった」

「ボール持ちだよ私」

 

1210142_022_01
  

しかし、全ての忍を止められるという

ミッションが発令されると躊躇なし。

この辺のアクティビティはいつも通り。

でもボール三つあっても投げにくい、

ということで。

 

1210142_028_01

 

この1個、結局無駄になってしまうけど

それはゲーム上の話。

なんたって

 

1210142_035_01

 

ちょっと尾ひれをつけて・・・

 

1210142_036_01

 

しっかり笑いを取った。

バトル中に笑いが出たのはこの場面のみ。

しっかり役に立ってます。

 

情報戦で優位に立った忍なし連合軍。

忍持ち部隊が対応するより早く、

敵の弱点を突いて陽動作戦。

 

1210142_042_01

 

その隙をついて突入した眞鍋さん、

見事ミッションクリア。

敵の援軍間に合わずでしてやったり。

 

1210142_048_01

 

滅茶苦茶に嬉しそうな眞鍋さん。

性格的に一番喜びを感じそうなシチュエーション。

 

背中に背負っているのは

「正面から戦うことはないから」

と、購入したバックシールド。

やっぱり攻撃より守り。

 

1210142_056_01
  

しかし、これがまんまとはまって忍の攻撃を防いだ。

やっぱりあの忍、役に立つのか立たないのか。

 

命拾いの眞鍋さんが起動したのは、

どっからもってきたのかって、自衛隊しかない

な、なんと本物の61式戦車。

ちょっと錆が浮いてるところが泣ける。

 

1210142_061_01
  

誰だ誰だ、ミッションクリアしたのは

鳥か?飛行機か?いーえ、眞鍋さん。

 

1210142_062_01

 

「あっ!眞鍋さんだ!」

見守る脱落者の声が漏れる中、

立ち姿も美しく駆け寄る蔵の中。

 

新しいバトルボールを手に入れないと、

古いのは使えなくなるんだってのミッション。

61式が主砲・・・では勿論なく、代わりに搭載した、

多分、圧縮空気砲で破壊した蔵の中に、

新ボールの場所と暗証番号が。

 

独り占めできる訳でもする訳でもなく、

恩恵は他の生き残りメンバーにも対等に。

頑張り損みたいな気がしないでもないけど、

眞鍋さんの眼中にそれはなし。

 

1210142_067_01
  

乾坤一擲、遂に自ら攻撃に出た眞鍋さん。

戦国自衛隊か。

でも、あっさりやられた。

ボール二つあるんだから、連続攻撃すれば

なんて言っても仕方ない。

 

眞鍋さんは何時でも眞鍋さんだね。

 

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

美脚ドッキリ眞鍋さんの会津旅

 

1210132_001_01

 

鶴ヶ城跡を行く眞鍋かをりさん。

「エッ!それどうなってるの?」的美脚ドッキリは

いかにも眞鍋さんらしい美脚タレントならではの衣装選び。

こーゆーのはどんどんやっていーんじゃないでしょうか。

 

ってな感じの「眞鍋かをりの会津女子旅」

鉄女、歴女、カメラ女子各グループが会津を旅する。

盲目の偉人、山本覚馬の妹で新島襄の妻となる

教育者・八重を偲ぶ旅である。

 

墓に詣でたことがあるが、

ホントにこの道で合っているのかと途中で首を傾げたくらいの

ちょっとしたハイキングだったが、それは京都の話。

 

1210132_013_01

 

で、「酒女」の眞鍋さんは地酒でほっこり。

「お米の香りがしますね」

そこで食したのはせいろめっぱ飯。

なんだ「めっぱ飯」って?

出てきたのはわっぱ飯だったので

わっぱ(輪箱)のことを会津ではめっぱというらしい。

 

一方、歴女の同志社女子大生の皆さん、

スペンサーライフルを構えてって、コレコレ。

米国ではまだ専用カートリッジが販売されてるので

骨董品じゃありません、と思ったらレプリカだった。

だよな。

 

「手順が難しい」とな?

ヘンリーライフル(後のウィンチェスター)みたいに

レバーとハンマーが連動しないので、

ハンマーをハーフコック→

レバーを前後に動かしカートリッジを薬室へ→

ハンマーをフルコック→引き金を引く

チューブマガジンは銃庄内にあるので・・・って、

誰が興味あんねん!

 

要するにややこしい銃である。

 

1210132_030_01

 

「普通の道路だったのに急に江戸時代みたいな」

風景が現れる会津若松。

日本で唯一の茅葺駅舎があったり周辺にも見所は多い。

眞鍋さんも会津漆器を鑑賞したり

野菜カフェに立ち寄ったりと堪能した様子。

 

自然にも恵まれた美しい所ではあるが、

ストロンチウムの降下があったことは

残念ながら覚えておかねばなるまい。

 

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

日本人もビックリ!知らなさ過ぎるインドのホント特集の「マネー」

 

う~ん、凄いなインド。何が凄いって、

何が凄いのか分からないくらい凄い。

ってことで今日の「マネー」は、謎多き超大国、インド特集。

聴いてビックリQ&Aにしたいくらいだが

 

1210131_003_01

 

取り敢えずタイガー・ジェット・シンは

インド人ではなくカナダ人だったらしい。

「タイガー・ジェット・シンはホントに怖くって」

語り出す岸博幸さんだけど、

「それは盛り上がらない」と大谷昭宏さん、却下。

 

インドといえば数学。ゼロの発見など、

もはや数学と言うより哲学に近い。

さすが釈迦を産んだ国、と思いきや

意外にも街頭インタビューでは二桁計算のできない人多数。

ゲストのサニー・フランシスさん、

眞鍋かをりさんの出題に見事不正解。

 

1210131_011_01

 

「ほとんどのインド人は数学が嫌い」

「数学得意は日本人が流した」

し、失礼しやした。

 

さらにフランシスさんは力説する。

「ガンジス川に死体は流れていない」

「流れていたらハプニングだ」

ヘーッと驚く眞鍋さんだけど、そもそも火葬の国なので、

散骨することはあってもそのまんまは流さないのだとか。

 

伝説のカニシカ王(実在したらしい)はクシャン人、

ムガール帝国を築いたムガール人はモンゴル帝国の末裔

そもそもインダス文明だって

アーリア人がインドにやってきた時には既に滅んでいた。

今につながるそもそもインド史って悲しいほど知らない。

こりゃイカン。

 

1210131_018_01
  

法的には解体されているカースト制度だが、

伝統的な古いインド社会には残っているが

近代産業など新社会には残っていない。

「インド人と結婚したらそのカーストに入るの?」

眞鍋さんの質問にも旧社会に入ればそうなるとのこと。

 

どっちやねん!って話だが、

新旧入り混じっているのが今のインドってことらしい。

日本でも家制度は解体し、

婚姻は両性の合意によってのみ成立する、

と言いつつ嫁とか舅とかいう言葉は残っていて

場合によっては束縛される事もある。

そのちょっときついバージョンか。

 

1210131_024_01

 

なんだ中国ってこんなこともやってるのか

ってネタも出てきて、話は安全保障へ。

でも、インドは基本、全方位外交で

軍事同盟には属していない。

でも、その方が仲良くしやすいかもしれない。

 

核保有国だし紛争も抱えてはいるけど

釈迦やガンジーなど平和主義的イメージも強く、

穏やかな国民性もあって中国よりは

日本にシンパシーを感じている人が多いのは

どうも事実のようだ。

 

スポーツで国威発揚という発想がなく、

オリンピックで金メダルごっそりとなってないのも関係あるのか。

映画とクリケット以外に娯楽がないというから、

スポーツが普及してないだけかもしれないけど。

 

1210131_032_01

 

ちなみにフランシスさんの血液型はBではなくO型。

「ほとんどのインド人は自分の血液型なんて知らない」

これまた完璧なまでのデマだったらしい。

さらに、インド映画に突然現れるダンスシーン、

あれはキスシーンやベッドシーンがタブーなので

踊りで表現しているのだというトリビア。

 

奥が深いぞインド。ってか、

こっちが知らなさ過ぎただけで失敬な話。

「とても足りないので第二弾を」と眞鍋さん、

是非とも期待したい。

 

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

JRA-VAN新CM公開で、眞鍋さんのポスタープレゼントも

 

眞鍋かをりさんが出演するJRA-VANの新CM

「ハナコとカヲリ」がJRA-VANのHPで公開された。

二週前の「競馬BEAT」で先行公開されていたことは

当ブログにも書いたけど、新CMはSPYシリーズに続く

「スマホで競馬」の第二弾。

 

上記HPを見ると牧場シリーズは二種類。

例によってメイキング映像も公開されていて、

収録は武田牧場で二日間。

 

共演の栗毛・ハナが逃げ出したり、

牧場のオジサンばかり見るので

「俺じゃねぇ」なんてオジサンが怒ったり、

眞鍋さんがスマホと一緒に角砂糖を持って誘導したり。

 

大変そうではあるけれど、楽しそうでもある。

そうめんパーティーの様子はツイッターに載せてたね。

 

T1209061
  

9月5日のツイだから、

確かにまだ「残暑が厳しい」時期だった訳だ。

 

新CM公開を記念して

サイン入りポスター(B1サイズ)プレゼントもある。

 

Jravan01210

 

どっちのポスターがいいか・・・

応募は前記HPへ。

 

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

いつかは初期化?アンチエイジング眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

目の前にいる髭男爵に

7分間気付かなかったという眞鍋かをりさん。

ワイングラス持ってなかったらただのオッサンだったか。

 

20121009web

 

まぁそんなこともあるさの「大竹まこと ゴールデンラジオ」

眞鍋さんは今回も秋型美脚ファッション。

ブレてません。

 

でも、ノーベル賞の山中先生は

結構ブレること多い人生だったらしい。

初めての手術で思わず漏らした「すまん」の声に、

局部麻酔だった親友の患者さん、

「お、おいなんやねんすまんて。頼むでホンマ」

となった話、すっかり有名になったけど

「すまんじゃ済まないですよね」と眞鍋さん。

そこは「スマンじゃスマン」と言って欲しかった。

オヤジギャグっぽいからダメか・・・。

 

「ランナーなんですよね」と言うように今年も大阪マラソンに出場

「大変なことになりますよね。海外メディア来ちゃいますよ」

ちなみに去年は大阪に続いて京都マラソンにも出場し、

タイムを一時間近く縮めて4時間弱。

でもこれは寄付を集める為の広告塔としての出場だった。

数ヶ月前、YTVに出演した山中さん、

手書きのボードを持って宣伝。

「来年、国の補助金が終わるんですよ」なんて言っていた。

 

でも、今日のニュースによると、政府は今後10年間、

さらに資金援助を続けることを決めたそうなので、

ノーベル賞さま様。よかったヨカッタ。

 

細胞を初期化(DVDか)するというiPS細胞。

「やりたいやりたい」と軽~いノリのアンチエイジング眞鍋さん。

「大竹さんは間に合わないかもしれないけど」ってコレコレ。

眞鍋さんの美脚は還暦まで衰えないだろうけどね。

 

当方の病気には役立ちそうにないのは残念といえば残念。

役に立つとしても間に合わないからいーんだけど。

 

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

凱旋門はあぁだけど、まだ楽しみあるぜの「競馬BEAT」

 

山中先生のノーベル賞に先立って、

体育の日の朝はテニスにF1にと

スポーツ界でも頑張ってるぞニュースの連打だった。

そんな中にオルフェーヴル、凱旋門賞で2着の報。

 

勝ちパターンにはまった、やったぜと思わせただけに

生中継の優木まおみさんも声がない感じだったけど、

ひとつのルールで正々堂々の勝負。

最後まで諦めなかったソレミアを讃えよう。

 

1210071_109_01

 

ってなことで、その6時間ほど前に放送の「競馬BEAT」。

杉崎美香りん姐さん、とてもいい表情です。

目と口元の表情のベストマッチング、

なかなか捉えられなかったので

これはやったぜ完了形。

 

連勝中カレンブラックヒル登場の毎日王冠。

名の通ったマイルGⅠ馬が揃ってるだけにどーよ

って、そりゃ思う。

ストロングリターンなんて前走の強さが強烈だったし。

坂口さん同様、ストリタ推しに傾いていたのだが・・・

可憐黒丘、競り合いを制して堂々の勝利。

こりゃ秋の天皇賞、ひと波瀾もありか。

 

そして今週末はいよいよ秋華賞。

前半のペースが速くても遅くても、後ろからでも前からでも

スピード勝負なら任せなはれの高速女王ジェンティルドンナ

目下のところ死角は見当たらないが、

後は調整の良しあし、当日のコンディション次第か。

いずれにせよ敵は内にあると見た。

また凄いタイムでも出そうものなら、

お転婆女王転じて瞬速の貴婦人と呼ばねばなるまい。

 

しかし杉崎姐さん、生放送の対応上手いなぁ~。

当たり前なのかもしれないけど

突発的な不具合にもてきぱきとアドリブ交えてぴたりと収める。

はじけても失わない節度感に中低音の響きが効く。

週末も楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

眞鍋さんが履きたいマドンナ風ブーツって?

 

「金木犀の香りがしたら」西条祭りっていう

眞鍋かをりさんのOfficialBlogを読んでいてふと思った。

地元の祭りってなんじゃらほい

夏祭りっぽいのはそれなりにあって

夜店とか出てはいたけど、規模が小さくて

西条祭りみたいに盛大なもんではなかった。

 

大阪にも天神祭とか弁天祭りとか

でかい祭りはあるのだけど、

転入組にはイマイチ地元感に乏しい。

地元感覚やふるさと意識がほとんどないので、

地元を追われたり危険と知りつつ残る

福島の人々の心情が実感しにくいのが辛いところ。

 

それはともかく、「女神ビジュアル」に出演していた眞鍋さん。

録画設定を間違えていたぞね。

あれまぁ。

 

1210071_070_01

 

ってなことで画がイマイチいまに。

ここ5年ほどの進歩は目覚ましく、

BDレコーダーなら長時間録画でも

かなり画質がいいのだが、

BSは7年前の物につながっていて

かつ長時間設定で録ってしまったもんで

まるでアナログみたい。

 

まぁいいやしょうがないってことで眞鍋さん。

「脚長いね~」

島崎和歌子さんからいきなり言われてたけど

そりゃそうだ。

脚を細く見せるブーツの使い方で

膝周りの細い部分だけを見せるという技があったけど

眞鍋さんはセオリー違反の丸出し状態。

そりゃそうだ。

細く見せなくったって細いんだから。

 

1210071_088_01
  

でもむくみには勝てないってことで、脚の体操。

爪先立ちになったり踵立ちで爪先上げたり。

「仕事しながらでもできる」と眞鍋さん。

ヒールの踵立ちはよく机の下でやってるね。

でも、体操ではなかったらしい。

 

どんなブーツが履きたいかで

「マドンナみたいな」と眞鍋さん

「こんなの」ってお腹にVラインを切ってたけど

それってドロンジョ様じゃありませぬか。

 

1210071_078_01
  

眞鍋さんのドロンジョ様、視てみたいって

4年ほど前に当ブログで書いた記憶があるけど

そーですか衣装だけでもやって頂けますか。

 

「どこ歩くんですか」って局アナのオッサン、

何言うとんねん、レンコン堀りにもってこいではないか。

 

大上段振りかぶったセクシー写真集とかではなくて、

いたずら心満載的コスプレ写真入面白エッセイ

とか出してくれたら嬉しいかも。

 

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

ボケは封印できません、美脚踊りの「みしらん」眞鍋さん

 

1210071_010_01

 

昨日は前乗りできたらしい「みしらん」の眞鍋かをりさん。

朝から美脚炸裂の超ミニワンピ。

短過ぎるのでキュロット系かもしれないけど

そんなこたぁどうでもいい。

笑顔と美脚は眞鍋さん、魅力のエッセンス。

 

1210071_040_01

 

だからかどうだか分からないけど、

眞鍋さん、突然の美脚ダンス。

「何やってるんですか」

「放っといて下さい」

進行のヌーさんに答えたのはシャンプーのアラブ人。

 

取り敢えず皆さん自由なので、赤井英和さんが突然、

ヌーさんのプライベートネタを喋り出し、ヌーアナ大慌て。

よく分からない眞鍋さん、きょとんとしていたけど

「いろいろ大変なんですね」のポツリが結構笑えた。

ABCの深夜帯を視ていないとついていけないネタだし。

 

1210071_056_01

 

やたらめったら旨そうなお店オンパレードで

詳しくは番組HPを見て頂くしかないが、

眞鍋さんが食いついていたのは美山のジビエ。

ジビエ料理好きだしね。

 

美山、京北に口丹を合わせると

大阪府に匹敵するほどの面積があるが、

その6~7割は美山、京北の北桑田郡。

なのに鉄道が通っていない。

車なら映画村から10分とかからない福王寺から

北に山を抜ければすぐそこなのだが、まるで別世界だ。

 

普通に飯を食うつもりで入った店なのに、

メニューに鹿とか熊、猪とあってびっくりしたりする。

眞鍋さんにはうってつけだけど、

レンタカーがないとちょっときつい。

福井との県境まで超田舎なので

自転車借りてもちょこっとしか回れないし。

 

1210071_030_01
  

でも、試食に出てきたのはパンが多かった。

「秋のパンまつり」と称して三つの店が

渾身の一品で味比べ。

 

眞鍋さんのお気に入りは

アンデルセンのマロンクリームペストリー。

「パンをスイーツに近づけた」と高い評価は、

その表情からもうかがえる。

 

ちなみに突然、踊り出したのは

HOKUOの松茸入りパンが登場した時。

松茸だけをつまんでぺろりといった眞鍋さん

「本物です」って・・・

 

1210071_050_01

 

「当たり前です」

「あなただけが常識の軸なんですから」

「よろしくお願いします」

司会陣から総突っ込みを食らったけど

眞鍋さんだってボケたいぜ。

 

でも眞鍋さん、この後1時間ちょっとで「マネー」生放送。

昼食の時間はなかっただろうし、パンを四つも食べられて

ちょうど良かったんではないかな?

なんだかんだで御苦労さまでした。

 

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

生放送は大変です的眞鍋さんの「マネー」コメント力グランプリ第二弾

 

1210061_017_01

 

たかじんさん休養中も好調らしい「たかじんNOマネー」

生放送の今日は「コメント力グランプリ」第二弾。

ゲストは連続出演御苦労さんの八代英輝さんとフィフィさん。

朝から美脚炸裂していた眞鍋かをりさん。

諸般の事情により更新が遅れ気味な当ブログだが、

まぁぼちぼちとということでまずは「マネー」から。

 

しかし、ルールも把握しない内に

いきなりルーレット的中のフィフィさん、

テーマは「田中眞紀子氏大臣就任で誰が得した」だが、

「コメントじゃなくて困惑しただけでしょう」と水道橋博士さん。

「誰も得してない」と取り敢えずのコメだったけど、

大臣の箔がついて選挙に有利になったとは言えるかも。

しかし、58人も大臣になった民主党政権、

箔の押し売りし過ぎだね。

 

拉致問題担当大臣の交代に憤る青山繁晴さんだけど、

自然エネネルギー推進派の大臣も交代させられている。

意図したものなのか何も考えてないのかは分からないけど。

 

1210061_006_01

 

どういう訳か有名演歌歌手の紅白出場について

ルーレットが当たってしまった青山さん。

「オモロいおもろいならいいけど耐えて耐えてなんて歌詞は厭だ。

紅白なんてどうでもいいっ!」

途中で「コラッ!」と止めに入った眞鍋さんだったけど、

やっぱり言っちゃいました青山さんに水道橋さん

「この人、生放送に出すの止めましょうよ」

 

一方、普天間移設問題が当たった大谷昭宏さん、

「本当にオスプレイが必要なら横田とか大阪が手を挙げろ」

と真面目なコメント。

海兵隊は第一撃する側であって

されるのを待つ側ではないから

沖縄にいるのは中東シフトだろう。

中国を意識するならグアム移転なのだろうけど

アメリカ議会でも色々あるみたいで予定通りいってない気配。

 

いやいやそれはと言いだせばきりないし、

沖縄県民の負担や基地利権なども色々。

「解決策が見つかってないものに解決策をコメントしろ

というのがちょっとハードル高かったかもしれませんね」

という眞鍋さんに「一番いいコメントだよ」と大谷さん。

 

1210061_015_01

 

これまた迂闊なことを言ったら

熱き虎ファンが大暴走しそうな課題。

「ファンが愛し過ぎだ」の八代さん、危ない危ない。

眞鍋さん、懸命のブロック。

 

その八代さんが当たったのは安倍新総裁カツカレー事件。

カツカレー食いたくなった人も多かろうが、どうでもいい話。

ちなみにカツカレーを提供したアラスカという店、

谷崎潤一郎の作品にも登場する有名店で

カツカレー定食なら6千円強とか。

 

「でもおいしくないじゃないですか」の岸博幸さんに

「アラスカ批判は止めて下さい」と眞鍋さん。

「あくまで個人的発言ですからね~」的に

眞鍋スマイルで優しくフォロー。

いや~生放送は気を遣う。

 

1210061_030_01

 

でも、「当たり前の事」(水道橋さん)

「コメントに深みがない」(岸さん)と

論客の酷評に遭った八代さん、

結局スタジオ観覧者の選ぶ本日のベストコメンテーターに。

 

批判するならカツカレーじゃなくて政策でやりましょうという話。

就任直後にリーマンショックがあって、

短い就任期間に矢継ぎ早に政策を打った麻生さんだが、

それが良かったかどうだったかではなく

「みぞーゆー」の言い間違いしか記憶に残ってない。

郵政選挙の時も「郵政民営化素晴らしい。是非やろう!」と、

本気で思っていた有権者がどれほどいたか疑問だ。

 

つまんないことあげつらうのは止めましょうの話は

ごもっともである。

 

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

眞鍋さんの指摘でカリセツも崩れた研究所

 

ほぅと深く頷いているのは昨日放送された

「世界カリセツ研究所」の眞鍋かをりさん。

 

1210041_005_01

 

動物の心を操れるかという実証実験だったのだが、

選んでるのが赤いリンゴばかりという点に着目した眞鍋さん。

「猿は赤いものに反応するんじゃないか」と鋭く指摘。

然りと回答したのは色彩学の先生。

 

高名な動物学者・町田英文先生も、

実った赤い果実を識別する為に

動物の色彩感覚は発達したという。

眞鍋さんの指摘、正しかったっぽい。

 

それにしても町田先生、何故かスタジオでも裸。

動物に自分を識別させる為だったはずだが・・・。

パンク町田とか変な名前つけられていたから

キャラ作りさせられたかな?

 

しかし、全国の動物園から頼りにされている先生なので、

言うことがまともなのは当たり前。

 

1210041_011_01

 

裸が一番運動能力高い、という面白実験もあったけど、

専門家から「裸で泳がせろ」と言った水泳選手がいた

という話が紹介された。

シェーン・グールドである。

 

知ってるわっ!という方も多かろうが

ミュンヘンオリンピックで金3を含む5メダルを獲得。

金3は全て世界記録という史上最強スイマー、

しかも当時17歳!

 

「裸で泳がせろ」発言は、

当時の水着は水を吸って重くなり不利だから。

なので「せめてビキニで泳がせろ」のおまけがついた。

何しろ当時のワンピース水着は背中まで完全に覆われ、

ハイレグですらなかったのだ。

 

エライ人はワンピースにこだわったので、

それではと水着の開発が進み、

遂に「裸より速い水着」が当たり前となって、

メーカーが性能を競う時代になった訳だ。

そのきっかけを作ったのだから凄い17歳だったのである。

 

ってなことで、眞鍋さんのお陰で

いろんなことを思い出させてくれた番組だった。

 

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

オレンジページにも出るそうなチーズフェスタの眞鍋さん

 

ヤヤッ!マイナビに書かれてしまったな

眞鍋かをりさんが出演するチーズフェスタ2012の話題。

前にも一度書いたのだけど、その後、

着々と準備が進んでいるようなのだ。

 

フェスタのwebサイトによると、

9月23日にはオレンジページの取材があって

眞鍋さん、チーズの楽しみ方や食べ方などを語ったらしい。

眞鍋さんのお陰で色々チーズの名前や産地

自然と覚えてしまったので、アレが出るかあの話かと、

想像が膨らんできて楽しみ。

 

詳しい内容は

「チーズ大好き眞鍋かをりさんの私のチーズライフ」

と題してオレンジページの11月2日号に掲載される。

だがオレンジページnetでも11月6~20日の間

特集ページにアップされるようだ。

 

先の話なので金曜くらいに書こうかと思っていたのだけど、

そんなのはこっちの勝手な都合だし、まぁいいか。

フェスタは11月11、12日。ベルサール原宿で。

眞鍋さん出演のイベントは11日の午前11時から。

詳細は前記webサイトで。

 

| | コメント (4)

2012年10月 2日 (火)

エビ天も取られていた長女眞鍋さん

 

1210021_001_01

 

おや、ショートヘアの眞鍋かをりさん。

生放送じゃないのにいつ収録したんだろ?

 

先週の火曜日はまだ切ってなかったし、

切ったぞね報告は金曜だったから、

切ったのは火曜から金曜の間。

いずれにしても録って出しの放送だったらしい

昨日の「ストライクTV」。

 

長男長女 vs 末っ子芸能人SPとくれば、

当然、長女の眞鍋さん、

妹弟が栗きんとんの栗ばっかり食うので

バランス維持の為、芋担当をかって出たら

「長女は栗に到達しない」

 

しかし、「けらけら笑ってるコでしょ?」なんて言われてた

妹さゆりさんに言わせると、何も栗だけじゃない。

ピザトーストのサラミや天ぷらうどんのエビ天も

奪ってきたのだとか。

 

それじゃあ切れても当たり前だぜ、

ってことで、突然、切れる眞鍋さん。

 

1210021_011_01

 

あ画に耐え、溜まりにたまったマグマが

遂に限界に達して、ある時、大噴火を起こすのだ。

 

前頭葉が発達した人ってこうらしい。

人によっては原因不明の体調不良

とかに現れたりもするらしいけど

爆発・発散させる眞鍋さんは正常か。

 

今日はお休みしているらしい眞鍋さん。

体調不良とかでなかったらいいんだけど、

そうでないならパァッと発散してくれたらいいね。

 

| | コメント (2)

2012年10月 1日 (月)

JRA-VAN眞鍋さん新CMも秋のGⅠも無事開幕

 

1209301_038_01

 

牧場でもスマホの眞鍋かをりさん

え!牧場?

JRA-VANの新CMだけど、

今年はSPYシリーズに続く第二弾。

スマホ対応のサービスを新規展開するからかな?

 

1209301_041_01

 

後ろを走っていた馬はハナコ

・・・あっさりした名前。

トーセンハナコとかカレンハナコでも良さそうな

・・・それはともかく

ハナコもスマホが好きらしいのだ。

現役時代の輝かしい活躍、視れたらいいねと眞鍋さん。

 

1209301_047_01

 

それが視られるんです!

というのがポイントの新サービス。

競走馬の全盛期は長くて3年くらいだしね。

 

で、この新シリーズCM、何本あるのだろう?

そのうちJRA-VANのホームページで公開される

とは思うけど、「競馬BEAT」の方が早いかもしれない。

 

1209301_063_01
  

ってことでその「競馬BEAT」

台風の影響で阪神競馬場は開催中止になったけど、

中山競馬場はまだ大丈夫ということで

スプリンターズS、秋のGⅠも無事開催。

 

杉崎美香りん姐さんが「カッコイイ」と漏らしたカレンチャン、

確かにアニメに出てきそうな偉丈夫(牝馬だけど)。

顔のデカいロードカナロアはギャグマンガみたいで

イマイチ風采が上がらない。

しかし、その不細工がしてやったりと一矢報いたのだから、

人生、ルックスだけでは決まらないものである。

 

個人的にどんな戦い方をするのか

ちょっと気になっていたエピセアローム。

凄い勢いで迫ってきたラッキーナインと

競うように追い上げたのだが

それまで何やってたのか?

 

武豊騎手によると気付いたら離されていたとか。

よく見ると、ラッキーナインが後ろから並びかけてきた時、

突如、我に返ったようにスパートしている。

そういえば前走もそんな感じで

結果としてカレンチャンを抑えたものの、

実は横の馬しか目に入ってなかった感じがしないでもない。

 

スプリントのリズムがまだ分かっていないのか、

それとも前の馬は気にしないけど

後ろから抜こうとする奴は許せない性分なのか。

結果的にかなりの瞬発力は見せているので

気になる存在ではある。

 

来週は凱旋門賞ということで、

午後10時から生中継が入るらしい。

イギリスのブックメーカーではオルフェーヴルが一番人気!

嵐を呼ぶか。

 

嵐の中の放送だった杉崎姐さん、

サッシ戸を開けると阪神競馬場のベランダなので、

カメラマンが外を取ろうと戸を開けると

スタジオ内も暴風だったらしい。

 

帰りは大丈夫だったかな?

 

| | コメント (0)

眞鍋さんのお笑いグルメちゃ~と

 

「たむけんのグルメちゃ~と」で大阪ロケの眞鍋かをりさん。

どうもこの番組、四日位かけたロケだった気配。

なのでメンバーも四通り。

でも「オーナー目線」の注釈つきなので

焼肉たむらのオーナーは全参加。

 

それはともかく、眞鍋さんが最初に行った

「オムライスと豆乳のおいしいお店 幹」

これは正真正銘、相当に旨かったらしい。

なんたって眞鍋さん、

普通に「おいしい~」的リアクションとは桁二つくらい違う

 

1209301_002_01

 

すんごい驚きよう。

玉子が口の中で一瞬にして溶けたのだとか。

 

「このふわふわ感は豆乳じゃないと出せないんですか」

眞鍋さんの質問にオーナーシェフ、

豆乳が一番やりやすいとかなんとか言ってたけど

何か他に秘訣がありそう。

といってメレンゲと玉子を合わせている風でもなかったし、

この辺は謎である。

 

大阪市北区の店なので、iタウンページとかで

捜して行ってみるのも一興か。

 

1209301_017_01
  

だが、1位に選ばれたのはこの店「華蓮」

黒豚と和牛、野菜てんこ盛りの二段重ね蒸しもの。

店構えも立派でサービスも良く、

それでいてのけぞるほど高価でもない。

数人でいけば居酒屋と変わらないくらいだ。

 

1209301_016_01
  

こんなこと言ってた眞鍋さんのお眼鏡にも叶うはず

と思ったら、眞鍋さん、「肉食系」丸出しになってしまった。

 

しかし、その訳を聞いてみたらナルホド、

鹿児島経済連の直営店とか。

県の威信がかかっているのだ。

 

アメニティも充実していたぞと指摘する眞鍋さん。

中にあぶら取り紙もあったとかで

 

1209301_028_01
  

「パクってきました」

おとぼけフェイスの眞鍋さんに「なんでやねん」

 

どうしてもひと笑い取らないと気が済まない眞鍋さんでした。

 

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »