« 引っ越し魔でも健康的な眞鍋さん | トップページ | 見つめ合いも火照らず臥薪嘗胆、眞鍋さんの「とくダネ!」 »

2012年9月23日 (日)

どうなる菊花賞にキリッと美香りん姐さん

 

1209232_008_01

 

雨上がりの阪神競馬場、

シックにモノトーンの杉崎美香りん姐さん。

「競馬BEAT」のメインは菊花賞トライアルの神戸新聞杯だ。

 

瞬発力よりタフネス勝負のゴールドシップ、

展開に左右されやすい気はするものの、

阪神外回り2400mはうってつけか。

なぁんて思ったものの、

体重増えてるのにものの見事に引き締まった

マウントシャスタの体躯を見ると動揺するというもの。

スタジオでも推す声が多かったし。

 

でもやってみたら、絵に描いたようなロングスパートで、

金船が注文通りの運びで圧倒した。

ジョッキーの弁からも予定通りだったことが伺える。

菊花賞で闘う相手、これの対策を考えとかないといけないね。

 

オークスでのジェンティルドンナよりタイムが遅いから

速い展開から切れ味勝負に持ち込めば、

それが得意な馬は勝てるかも。

示し合わせてって訳にはいかないから

そう上手くはいかないだろうけど。

 

1209232_015_01

 

およよ、突然どアップの美香りん姐さん。

あれ?自分が喋る段取りじゃないのにな

とかなんとか内心思ってたかも。

 

しかし、タレント性もあり~のだけど、

アナウンサーの本分を断固貫く。

それが姐さんの素晴らしいところ。

これしきのことで動揺はしない。

 

ところで、敗れたりとはいえマウントシャスタはオモロい。

出口を塞がれた格好になってしまったが、

隙間に首を突っ込んで横を向き

「どけっ!」と一喝したように見えた。

毎度ながら盛り上げてくれる奴である。

 

次週はGⅠスプリンターズSだけど、

スプリントに戦場を移したエピセアローム、

再びカレンチャンを抑えでもしたら

スプリント戦線異状アリだ。

 

|

« 引っ越し魔でも健康的な眞鍋さん | トップページ | 見つめ合いも火照らず臥薪嘗胆、眞鍋さんの「とくダネ!」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引っ越し魔でも健康的な眞鍋さん | トップページ | 見つめ合いも火照らず臥薪嘗胆、眞鍋さんの「とくダネ!」 »