« オリンピック横目に見ながら眞鍋さんミニスカアクセス急増の7月度検索アクセス | トップページ | センター分けの爽やか眞鍋さんピロロン学園に »

2012年8月 9日 (木)

KAORI乱舞のオリンピックにもう一つの物語

 

柔道の松本薫選手に続いてレスリングの伊調馨選手も金メダル。

準決勝と決勝の間に眞鍋かをりさんの出演番組もあって、

薫、馨、かをり ・ ・ ・ KAORI時代の到来か。

などとアホな事を考えている内に朝になった。

あらまぁ。

 

ホントのことを言えば小原日登美選手が気になっての徹夜。

ボクサーでも、あまりの強さに戦ってくれる相手がおらず、

タイトルマッチの機会になかなか恵まれなかった選手はいるが

小原選手の場合は世界選手権のチャンピオンなのに

オリンピックに自分の階級がなかったという不運。

それならばと階級を変えたら、そこには絶対王者

吉田沙保里選手がいたという超不運。

 

引退したという話はうっすら聴いていたのだが、

ボッサーッとニュースを見ていたら、代表メンバーの中に

31歳になった小原選手の名前を発見。

へ!?カムバックしてたの?

しかも、カムバックしてからも世界選手権を連覇していた。

何回チャンピオンになったのか、

6回だと思ってたら実は8回だった。

 

この人の胸に金メダルが輝かなかったら、

あまりに理不尽、神も仏もあったもんじゃないよなぁ

なんて思っていたら緒戦、秒殺のフォール勝ち。

顔色一つ変えない流石の強さは王者の貫録。

やり残したことがある、

そう思ってのカムバックに違いないし

忘れ物はきっとそこにあるはずだ。

 

そんな感傷に浸っていたら、

あれよあれよと決勝進出。

この時点で既にウルウル来てしまい、

冷静沈着な御本人に対しなんとアホなやっちゃ

けど、今さら寝れないよなぁと徹夜決意。

 

決勝はアレ?と堅さが見えて楽勝とはならなかったけど、

勝利を決めた瞬間、無表情だった小原選手が一変、

マットを叩いての大号泣。

ここまで長かったし、

溜まっていたものも大きかったのだろう。

 

後で聴けば、オリンピックに出られないストレスは

想像以上のものだったらしく、

過食症やら鬱病やらに陥ったこともあったとか。

そういう物語はこれからたくさん語られる事になるだろうが

信じてよい自分があるならば、

諦めないことも大切なのだと実感した次第。

 

とにもかくにもハッピーエンドで良かったヨカッタ。

小原選手、おめでとうございます。

 

|

« オリンピック横目に見ながら眞鍋さんミニスカアクセス急増の7月度検索アクセス | トップページ | センター分けの爽やか眞鍋さんピロロン学園に »

スポーツ」カテゴリの記事

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピック横目に見ながら眞鍋さんミニスカアクセス急増の7月度検索アクセス | トップページ | センター分けの爽やか眞鍋さんピロロン学園に »