« 眞鍋さんとロンドンとオリンピックのアレコレ | トップページ | 8.6、そしてサイドネタ色々オリンピック情報の「とくダネ!」 »

2012年8月 4日 (土)

爆笑眞鍋さんの本音知恵袋~たかじんNOマネー

 

前回は水道橋博士さんの韓流発言が

ネットでエライ反響を呼んだという

「たかじんNOマネー」の「タブー知恵袋」

 

1208041_005_01

 

「たかじんさんが帰ってきた時、

スポンサーがすっからかんになってたら申し訳ない」

眞鍋かをりさんのギャグで爆笑を取りつつも、

水道橋さん、今回も最後にやってしまう。

 

それはともかく第一弾は原発。

稼働中と停止中のどっちが危ないのか。

大飯が再稼働した時、全国の線量計が反応した

なんて解答がYahooにあって、ゲストのくらたまさん、

「エッ!そうなの!?」なんて思ってしまったらしいが

仮に大飯が放射能漏れを起こしていたとしても

全国で反応する訳がない。

 

1208041_012_01

 

ここは原子力委員会の青山繁晴さんが明快なベストアンサー。

原子炉が停止すると崩壊熱を出すが、

運転中に事故などで急に停止した場合、温度が高く、

冷却に問題があると短時間でメルトダウンする。

しかし、停止中だと既に崩壊熱が下がっているので

冷却が止まっても対処するのに時間的余裕がある。

運転中の原子炉はテロで爆発させることができるが

停止中ならそれはできない。

 

関電からの番組への解答は

「官僚の作るすれ違い答弁書と一緒」と岸博幸さん。

正面から答えないのは、

今のいい加減な安全基準での再稼働はやはり危ない

となるのを恐れているからだと指摘した。

 

1208041_018_01_2

 

死刑を執行されない人がいるのはなんでだの話。

裁判官にも死刑反対論者がいて

死刑になる人とそうでない人がいるという

執行以前の不公平もあるらしい。

 

これだけ冤罪が多いと半年以内に執行って

機械的にもいかんよなぁと思う反面、

人を裁けるのは人だけだから逃げる訳にもいかないし

せめて、新証拠が出たなら飼殺しにせず

速やかに再審を始めろよとか思う。

 

無茶苦茶な事を言えば、死刑を止めて

いわゆる労役場留置にしてはどうか。

税金丸抱えでなく、自分の食いぶちは自分で稼ぐ。

賠償を負ってるなら完済するまでは出られない。

賠償3億円なんて判決が出たら、事実上の終身刑だ。

 

1208041_026_01

 

「え~」って表情の眞鍋さん。

妻の浮気を見抜くにはゴミ箱あさりとか

派手な下着がないか探すとかやれとの御託宣に、

独身だけどこれは当然の反応。

 

1208041_029_01
  

お洒落下着ってどんなんやねんのオッサン的質問に

「ん~」と考えてしまう眞鍋さん。

「全部お洒落やから知らんわい」

なんてことは言わないのだ。

で、その代わりに

 

1208041_034_01

 

「(お洒落なのを)家庭用に使うほど

上手くいってるなら浮気はしない」

ナルホド。

 

横で笑ってるくらたまさんは

「日常の中に必ず不協和音が混じっているから」

妻の浮気も見分けられるというのだが

浮気される夫ってそもそも妻に興味ないんじゃないか

と思っていたら眞鍋さんの解答。

 

1208041_045_01
  

心身ともに満たされないから補おうとする。

夫も悪いと思っているので

1208041_050_01
   

「開き直りだ」

「逆切れではないか」

「自分のことではないのか」

オッサン達から非難轟々だけど

 

1208041_055_01

 

「一般論です、一般論」

でも、これぞ女の本音という評価でベストアンサーに。

 

1208041_060_01

 

さて、パチンコの景品換金システムを知らない眞鍋さん。

「北海道で貰った景品を他所で換金したら」はできない。

別業者といいつつ裏でつながっているから。

 

昔は暴力団の資金源だったが、「警察が手を突っ込んで」

天下りとか公安委員会の利権になっている

とは須田慎一郎さんの解説。

青山さんは北朝鮮の資金源にもなっている

と怒りをあらわにする。

 

須田さんによると景品買取所は

戦争未亡人の救済策だったとか。

在日朝鮮人がパチンコ業界に進出したのは

銀行が金を貸してくれないので

日銭を稼ぐ為に始めたことだと大谷昭宏さん。

 

朝鮮半島出身の将校が普通にいた日本の朝鮮支配は

大英帝国などと趣が異なるが、下層では

かなりえぐい差別もあった。

そんな人々が生きる為に結束するのは当然だが、

組織が巨大化すると利権が生まれ怪物化する。

 

他の分野にも似たような事はあるが、

戦後史の流れの中で見ると、

なんだかなぁと複雑な気分。

 

1208041_071_01

 

で、水道橋さんの解答、

「どんなに分かり切ったことでも

テレビでは言ってはいけない事があるのです」

例えば ・ ・ ・ 

 

「はいっ、私は読めません」と横を向く眞鍋さん。

青山さんが代わりに読んで、

ピー音鳴ってたけど誰の事か丸分かり。

そりゃあたかじんさんの悪口言うようなもんだから、

眞鍋さん、口が裂けたって読める訳ない。

 

ところがベストアンサーに選ばれて、当の水道橋さん、

「それじゃカットできないじゃないですか」

「放送いつですか?」

当ブログもタッチいたしません。

 

 

けど、今回のタブー知恵袋、テーマを絞ったお陰で

突っ込んだ内容になり面白さが倍増したように思う。

ってことで来週はまたも生放送だ。

 

|

« 眞鍋さんとロンドンとオリンピックのアレコレ | トップページ | 8.6、そしてサイドネタ色々オリンピック情報の「とくダネ!」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞鍋さんとロンドンとオリンピックのアレコレ | トップページ | 8.6、そしてサイドネタ色々オリンピック情報の「とくダネ!」 »