« 浴衣とドレスで夜の夏眞鍋さん | トップページ | 狼に惚れた眞鍋さんのゴールデンラジオ »

2012年7月30日 (月)

「とくダネ!」もオリンピックでひょうきん風味の眞鍋さん

 

ニュース、情報番組が全てそうであるように

「とくダネ!」もオリンピックなのである。

トップ選手に税金投入してでも支援するのは

国民の健康と文化としてのスポーツ振興の為。

結果オンリーではなく、全力を尽くす姿に期待したい。

出し切れなかったとしても時の運だ。

 

1207301_005_01

 

「本番にMAXを持ってくるのはホントに大変なんだな」

と思ったという眞鍋かをりさんの言う通りである。

 

1207301_008_01_2
  

アーチェリー、小倉智昭さんは

さすがにメダルを予想していたらしいが、当方を含め

大方の日本人はノーマークだったんじゃなかろうか。

腕の長さと腕力で威力が決まる長弓なら

距離70mは体力勝負になるが、

現代のハイテクロングボウは腕力があまり要らない。

老若男女にもっと広がっていいかも。

 

1207301_012_01_2  

 

経済的には「失われた20年」などと言われているが、

決して失われてはいないスポーツ界。

寝る子は育つ、はちょっと違うか(かなり違う)。

とにかく、若い選手が育ってるのは頼もしい。

 

48kgの体重で110kgを上げてしまう三宅選手。

眞鍋さんは ・ ・ ・ 多分48kgも今、ないよな。

水泳個人メドレーの萩原選手はAKBファンとな。

大島なんとかさんとの対談を記者に持ちかけられていたとか。

  
  

1207301_020_01  

 

「大島さんにも感謝しないといけないですね」

今日はひょうきんフェイスの眞鍋さん。

「実現して欲しいですね、対談」

やるんじゃないかなぁ。

 

一方、「沢田研二さんではない」(笠井さん)

「(私も)そう思った~」(眞鍋さん)の

ジュリーが審判判定を覆すようになった柔道。

 

1207301_022_01

 

旗判定で青三本、海老沼選手の敗北を見た眞鍋さん

「信じられない」とふてくさって(?)風呂に入ったら

「お風呂あがったら勝ってて訳分からなかった」

 

平岡選手の決勝では逆に

技あり→一本のジュリー判断で敗れたが、

ジュリーの判断はどちらも正しかったと思う。

決勝の払い巻き込みなど、

アレが一本でなきゃ何が一本だ

という位、ものの見事に投げられている。

 

誤審はどの競技にもつきものだが、

柔道(とフィギュアスケート)は特にひどい。

物言いがついて当然だとは思うが、

問題はそのタイミングであろう。

即試合終了となる一本判定は仕方ないとして、

微妙な場合は行司差し違え的にやればいいと思う。

 

1207301_039_01
  

「大人しい印象だったのに実は意外と行動的なんだなぁ」

眞鍋さんびっくりの脱走フラミンゴ。

菊川さんも飛んでる姿を初めて見たとか。

動物園は脱走ブームらしくて大変だ。

 

長靴履いたオッサンが網持って追いかけたって、

そりゃあ飛んで逃げるだろうよ鳥なんだし。

日本選手の皆さんもかごの鳥的重圧から自由になって

のびのびとプレーして欲しいものです。

 

|

« 浴衣とドレスで夜の夏眞鍋さん | トップページ | 狼に惚れた眞鍋さんのゴールデンラジオ »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浴衣とドレスで夜の夏眞鍋さん | トップページ | 狼に惚れた眞鍋さんのゴールデンラジオ »