« じわりと上昇、美香りん姐さんと競馬の4月度検索アクセスまとめ | トップページ | 竜巻騒動に対策考える「とくダネ!」眞鍋さん »

2012年5月 6日 (日)

予想以上に驚き多かった「給食レストラン☆」第二弾

 

1205061_004_01

 
さて、全国放送になった「給食レストラン☆」

スタジオが明るくなったのが有難い。

髪をまとめた「秘書」の眞鍋かをりさん。

これは試食対応か。

 

それはともかく、出るわ出るわのオンパレード。

レタス入り牛丼にマヨネーズかけた

みたいなのがシシリアンライスって何でやねんとか、

一本釣りで良くかかるシイラは白身だし、

そりゃ旨かろうとか、まぁ色々あるもんだ。
 

1205061_012_01

 
とはいえ、産地から遠い大都市では特産品より調理技術。

平安の昔から変わらない法則なのだが、その究極形が

スーパーシェフクラブのスーパー給食か。

 

シェフの皆さんも「給食作る事はないでしょうしね」

眞鍋さんも感心するけど、予算は普段と同じなのだから、

なんか料理番組の企画みたいだ。
 

1205061_007_01

 
足立区の「おいしい給食日本一」もその流れ。

でもなぁ ・ ・ ・ 虎河豚とか蟹とか、

地元で獲れた鮮度のいいのん出されると

かなわないんだよなぁ。

でも、これはおいしそうと眞鍋さん、表情もほころぶ。

 

「ワンパクだなぁ~」と眞鍋さんが声を上げていた

ボルガライスはそれとは関係なし。

トンカツ載せオムライスという荒技はトルコライスもびっくり。

さすが、福井県武生は信長を輩出した

織田家のルーツといわれるだけある(?)。

ワイルドだぜ(??)。

おろし蕎麦も旨いけどね。
 

1205061_019_01

 
だが、なんたってたまげたのはコレだっ!

明治22年に銀シャリ給食だって!?

米の生産が需要に追いついたのは1960年代。

だから、この時代、白米自体が贅沢だったはず。

 

野菜もこんなに多かったのかなぁ ・ ・ ・ 

山に山菜、海に海藻豊富な我が国では、

野菜の栽培は近現代まであまり盛んではなかった。

山形県鶴岡市は大督寺の僧侶が托鉢で集めたものらしい。

当時の托鉢は許可制だったと思うのだが、

僧侶が身を削ったりしたこともあったかも。

 

福祉と教育の両面があったようだが、思えば戦後の給食も

スタートは似たようなものだったのかもしれない。

今は勿論、前者的意味はないだろうけど、

色々考えさせられる番組ではあった。

 

|

« じわりと上昇、美香りん姐さんと競馬の4月度検索アクセスまとめ | トップページ | 竜巻騒動に対策考える「とくダネ!」眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じわりと上昇、美香りん姐さんと競馬の4月度検索アクセスまとめ | トップページ | 竜巻騒動に対策考える「とくダネ!」眞鍋さん »