« 明日へのエピローグ | トップページ | 笑いあり涙ありの「たかじんNOマネー」は自衛隊第二弾 »

2012年4月14日 (土)

JRAVANの20周年と眞鍋さん進化の歴史

 

何スタジオQ2?パソコン通信?

古文書から紡ぎだされたような言葉に

そんなのあったなぁと思うのは自分も古代人だからか。

 

そんな時代に始まったんだよというのは

JRA-VAN20周年を記念しての眞鍋かをりさんの御挨拶

インターネットの普及によって

サービスも多岐多様に展開したから

まさにネット社会を象徴する歴史と言えそう。

 

眞鍋さんにとってのJRA-VAN史は2006年に始まる。

「釣り目に見えやすいからアイメイクに気をつける」

とテレビで言い出したのは前年だったか。

釣り眉を書き換えてメイクを変えて、なんだけど

アイドルは上目遣いで的な写真が多かったせいもある。

VHSからダビングし続けてる二十歳頃の映像を見ても

実は眞鍋スマイルはちっとも変ってないんだけどね。

 

そんな様子が垣間見えるのは眞鍋さんの歴代ポスターの数々。

流れの中で着想し、流れの中で空気を読むマイペース眞鍋さん。

だから出過ぎず引っ込み過ぎずも自然にこなす。

イライラしたり文句言ったりもするらしいけど、

自分が幸せだと思わなければ周りも幸せにできない

と考える(3月11日のツイート)。

 

そんな眞鍋さんの人柄がよりよく表情に出てくるのは

やはり2008年以降か。

眞鍋スマイルと美脚の進撃が始まるのもこの頃からだから

確かに幸せにしてもらいましたね。

 

例によって来賓室への御招待とかプレゼントも用意されてる。

今後の発展と共に眞鍋さんの笑顔と美脚にも期待しておこう。

 

|

« 明日へのエピローグ | トップページ | 笑いあり涙ありの「たかじんNOマネー」は自衛隊第二弾 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日へのエピローグ | トップページ | 笑いあり涙ありの「たかじんNOマネー」は自衛隊第二弾 »