« 「アレ」で済ましてイイこと悪いこと | トップページ | 成長戦略とエネルギー政策のリンク、邪魔をしてるのは・・・「みんなで考える日本のエネルギー」 »

2012年3月17日 (土)

眞鍋さんも煙にまかれる(?)極論先生登場の「マネー」

 

遂にここにもやってきましたか。

原子力ムラから離村宣言、既得権益を棄てたら

逆に本がバカ売れし儲かって仕方ないであろう

武田邦彦・中部大学教授。

 

もっとも先生の名前が知られるようになったのは

原発事故よりずっと前、確か地球温暖化をテーマにした

「たかじんのそこまで言って委員会」だったような記憶がある。

「たかじんNOマネー」に乱入してくるのはむしろ当然か。
 

1203171_004_01

 
「国民の選択 みんなで考える日本のエネルギー」が

局は違うが時間的に連続していたので、

どうしてもダブってしまうのだが

福島第一原発の水素爆発を見て

間違えたと思わない方が技術者としておかしい

という指摘はその通りだと思う。

 

新幹線じゃあるまいし「だからこそ安全な原発を」だの

「石にかじりついても」平和利用を、だのは説得力ゼロ。

あるものをないと言い張り、安全だの安いだの

幻想をふりまいたのは儲けの為であって

安全追及の正反対、平和利用の為などでもない。

 

違うというなら

既存の学者、官僚、電力会社の癒着構造を

「止めます」とまず宣言すべきであろう。

宣言しても放射性物質を用いる原発に未来はないと思うけど。

新幹線は放射線も核のゴミも出さないのだ。
 

1203171_009_01

 
福島など東北の農産物については大激論になった。

低線量長期被曝の影響については分からない、

分からないものは予防的に止めるべきとする教授。

農漁業者のことを考えろと青山繁晴さん。

「自己責任だけど選択の自由があった方がいいと」

反対派の意見をまとめる眞鍋さん。

 

自然の線量が高い地域に住む人は

癌の発生率が低いというデータは確かにあるらしい。

だが、事故のあったスリーマイル島や

チェルノブイリ周辺では逆のデータもある。

どっちなんだと思っていたが、

自然の線量とそれに人工の線量がプラスされる場合は違う

という教授の説にはなるほどと思わされる。

 

自然のものであっても、

線量の少ない地域で育った人が

突然、自然線量の高い地域に移住すると、

地元住民とは違うデータになるかもしれない。
 

1203171_010_01

 
東電に買い取らせろという教授に侠客・青山さんは

農業従事者の気持ちが分かっていないと大反発。

 

だが、買い取らせてでも農業は続けなくてはなるまい。

農家が嫌だというなら東電が人を雇って続けさせる。

作物の力を借りて土壌を浄化し、安全になってから

元の持ち主に返すべきと思う。

何十年かかろうが関係ない。

それが正しい賠償というものだ。
 

1203171_022_01

 
「う~ん、そうなのかなぁ~」

眞鍋さんも迷い始めた温暖化は嘘だ論。

地球は暖かくなったり寒くなったりしてきたし

氷河はその度に大きくなったり

小さくなったりしとんねんってホンマかいっ!?

 

北極や南極の氷が溶ける訳ない。

氷は融点、つまり零度にならないと溶けないのだから

マイナス40℃がマイナス35℃になったって溶ける訳ない。
 

1203171_031_01

 
学校で習ったでしょ?

こんなこと知らなきゃ社会人じゃない、

なぁんて言われて「社会人じゃない」眞鍋さん、苦笑い。

 

だが、ここで反撃!
 

1203171_037_01

 
白クマの生息域が狭くなって

「白クマ、氷から落ちてるじゃないですか!」

「あれは落ちてる白クマを撮っただけ」

「たまたま~?」

溺れてる白クマが映ってることあるけれど、あれは
 

1203171_040_01

 
はぁっ?と眉をひそめる眞鍋さん。

そこまで言うから嘘っぽくなるんじゃないでしょうか、教授。

だからオモロイのだけど。

 

青山さんが指摘したように、

ロシアが北極海航路を開拓しているのは事実だし、

北海から太平洋に出られれば、喜望峰を回るよりずっと近い。

夏の間だけ融点を超える地域があるということか?

 

続いての極論は自然エネルギーは自然破壊だ論。

風力は森林を破壊する。

何故なら風が少なくなるからだ。

そこで青山さんの「乾かなくなる」の相槌に反応した眞鍋さん、

渾身の天然ボケ炸裂!!
 

1203171_048_01

 
「洗濯物も乾かない」すかさずのる教授も教授なら、

「え!」とノリかけたくらたまさんも主婦反応?

しかし、青山さん、冷静に突っ込み。
 

1203171_055_01

 
木は葉から水分を蒸発させて生きてるので

風が半分になれば木も半分になる

ということだそうです、眞鍋さん。

 

化石燃料も8000年はもつというのも

あながち根拠がない訳ではないらしいが、

「どっかにある」という話で、

すぐに利用できるものではないらしい。

 

全く根拠がない話ではないにせよ

一足飛びに極端な結論に飛躍するので

胡散臭い感じになってしまうのだが、

教授、どうもそれを楽しんでいるように見える。

自己完結した論理でああ言えばこう返す。

だが、反論されても笑顔を絶やさず、

「じゃあ、あんたはどうなんだ」とは言わない。

 

ってことで、「じゃあ」の得意な橋本大阪市長、

来週の生放送GOLDに登場だ。

 

|

« 「アレ」で済ましてイイこと悪いこと | トップページ | 成長戦略とエネルギー政策のリンク、邪魔をしてるのは・・・「みんなで考える日本のエネルギー」 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

真鍋さんは才色兼備で憧れの女性なんです。だからこれからも再ブレイクされるのを楽しみしていますね。でも感じたんですが、2年間のブランクは大きなと思いました 真鍋さんに来るような仕事が、優木に行っていますね 私はこの人嫌いなので… 真鍋さん頑張って下さい

投稿: みき | 2012年3月18日 (日) 21:19

眞鍋さんは大人のタレントとして既に先に歩みを進めているんじゃないでしょうか?

論点を整理して議論をまとめる能力には、元々他に替わりがいないほどの力がありますし、その上、時にはバカになって笑いも取れる。

30代前半でこんなタレント、いません。
この先、10年、20年経ってもこの力は生きると思います。

投稿: KenNagara | 2012年3月18日 (日) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アレ」で済ましてイイこと悪いこと | トップページ | 成長戦略とエネルギー政策のリンク、邪魔をしてるのは・・・「みんなで考える日本のエネルギー」 »