« ユーロ危機にもチャンスあり?眞鍋さんのFX美脚対談~『マネーポスト』春号 | トップページ | 眞鍋さんの先祖返り(?)も本になるそうな »

2012年3月 3日 (土)

ヤバ過ぎマネー話に腰も浮く眞鍋さん~たかじんNoマネー

 

1303031_063_01

 
眞鍋かをりさんが言う通り、

かなり濃密な展開になった今日の「たかじんNOマネー」。

いろいろ思い出すこともあってどこまで書いていいのやら。

ゲストは外交機密に詳しい手嶋龍一氏だが、

青山繁晴さんと記者クラブ仲間だったことがあるらしい。
 

1303031_007_01

 
だが、珍しく妙な柄ジャケットの青山さんに

「一方はダンディーなのに他方はチンピラ」

なんて須田慎一郎さんの突っ込み。

まぁエリートと侠客だからね。

 

だが、油断はしていられない眞鍋さん、

機密といえばと水道橋博士さん、眞鍋さんを指して

「この人にも機密がある」

「機密はよっぽど機密にしておかないとバレる時はバレますね」
 

1303031_013_01

 
取り敢えず笑いに変えた眞鍋さんだけど、なるほど、

こういう流れで「機密」という言葉が出てきたのかと納得。

秘→極秘→機密の順でレベルが上がる一種の官庁用語だが

眞鍋さん、なんで「機密」なんて言葉を使ったのかと思ってた。

フライング報道だけで

知ったかコメを入れてたすっとこどっこいがいたけれど

ケチつけたい時は最低限の事実確認くらいしとけ。

 

それはともかく

海老の養殖だの投資ジャーナルだの豊田商事だの、

次から次へとよく悪知恵を思いついたもんだと思うが

なんと眞鍋さんの北海道の御祖母様も

原野商法に引っかかってしまったのだとか。
 

1303031_029_01

 
「それ、うちのお婆ちゃん引っかかりました」

「どうしようもない土地がありますよ」

当然、被害者への弁済に関心を持つ眞鍋さん。

だが、大谷昭宏さんに言わせると

「金を出すより刑を食らった方がいいと思ってる」

 

実際、発覚した時には

手元に金が残っていないのがこの種事件の通例。

でも、実際は確かにあったはずだという。
 

1303031_033_01

 
では塀の中から「出てきて、そのお金は?」

と眞鍋さんが問えば「闇に置いてる」。

 

女房の名義にして偽装離婚なんて

分かりやすい手を使った奴もいたが、

フィリピンにペーパーカンパニーを作ってる奴もいた。

当方が追いかけた連中は小者だったということだろう。

 

「騙された方も悪いという考えもあるから

なかなか捜査も行われない」と青山さん。

「欲をかいたからだ」と中傷され、

鬱になったお年寄りも豊田商事の事件ではいた。

でもそうか?

構造改革以降、株主優先、投資家優先の流れができて、

資産運用、投資話は当時以上に一般化して

さらに浸透しているように思うのだが。
 

1303031_018_01

 
さてイトマン事件で消えた3千億円、

もしそれだけの金があったら?の質問に

東電の時価総額と同じなので、

「東電を買い取って再建する」と答えた岸博幸さんに

眞鍋さん「カッケ~」。

 

他方、青山さんも

オリンパスの粉飾決算1兆1470億円があれば、

「軽空母を建造し、日本海側の

メタンハイドレードを採掘する」

これまた拍手喝采の答。

 

でも、その青山さん、須田さんとともに

イトマン事件で脅迫を受けていたそうな。
 

1303031_035_01_2

 
「(ヤバい人)大集合ですよ」と眞鍋さん。

 

須田さん、脅迫を無視して取材してたら

自宅の郵便受けを燃やされてしまったという。

住友銀行の頭取からも忠告されたそうで、

青山さんは共同通信の上司から

「もう事件記者じゃないのだから」

と肩を叩かれたらしい。

 

でも須田さん、消えた3千億円は

○○に行ったとズバリ(ピー音だけど)
 

1303031_044_01

 
「わあっ!」と腰を浮かせる眞鍋さんと

「今の発言が闇に消える」と水道橋さん。

「ヤクザの経済化が行き着いた」

という発言の流れからして

あっちの人々のポケットに入ったということか。

 

「アホな質問なんですけど」と眞鍋さん、

「裏の人たちは何に使ってるんですか?」

「貯金したりしてます」という須田さんの解答、

ホントかなぁ~
 

1303031_048_01

 
増税までして日本が払った湾岸戦争の費用負担130億ドル、

当時のレートで1兆8千億円だが、青山さん

「そんなにかかってないよ」

なんていろんな当事国関係者に言われたそうな。

 

金が余ったという話は当時から言われていたが、

その後米軍の基地建設などに使われた

と推測されるものの、

なお10~15億ドルの使途不明金が。

 

我が国政治家へのキックバックに使われたという噂、

永田町でもしきりだったそうだが、

当時、中心にいて今も現役といえば、

自民党幹事長だった小沢さんしかいない

と思うのだが、ピー音でよう分からん。
 

1303031_052_01

 
ヤバ過ぎる話連発で、眞鍋さん、思わず気遣いの結語。

 

だが、「戦争の費用なんてよう分からん」みたいな

不得意な分野を作ってはいけないという

青山さんの指摘は頷ける。

ただ、国防の自立という話は

長く複雑になるので別の機会に。

 

青山さんが大阪経済部にいた期間と

当方が京都にいた期間が重なってるようなので、

ひょっとしたらすれ違っていたかもと思うのだが、

当方、誰も相手にしない自衛隊を孤独に取材していたし

多分、会うことはなかったろう。
 

1303031_002_01

 
きっと見ているに違いない

たかじんさんに手を振る眞鍋さん。

続きはたかじんさんが戻ってきてからやりましょう。

 

|

« ユーロ危機にもチャンスあり?眞鍋さんのFX美脚対談~『マネーポスト』春号 | トップページ | 眞鍋さんの先祖返り(?)も本になるそうな »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ危機にもチャンスあり?眞鍋さんのFX美脚対談~『マネーポスト』春号 | トップページ | 眞鍋さんの先祖返り(?)も本になるそうな »