« 下絵なんて要らない眞鍋さんの微笑み~今日のとくダネ! | トップページ | 宇宙に・・・は行かなかった眞鍋さん »

2012年3月31日 (土)

色々分かる今の中国論争は一回に収まらず~たかじんNOマネー

 

1203291_006_02

 
どうやら日本にいるらしいやしきたかじんさん。

「中国迷ー1グランプリ」と題した今日の「たかじんNOマネー」

日本国籍の石平拓殖大客員教授にジャーナリストの周来友氏、

タレントの王雪丹さんを加えての大激論。

 

しかし、、中国は「中国」という単一イメージで括り難い。

多民族国家だからという以上に、

漢民族自体が甚だしい個人主義でまとまりがなく、

まとまりがないのが特徴みたいなもんなので

十把一絡げに「これが中国」とは言い難い。

どこの国にも善人悪人その他色々あって当たり前なのだが、

中国ほどバラバラではない。
 

1203291_004_01

 
たかじんさん「国外逃亡はしていない」という眞鍋さんだが

「国外逃亡ってどーよ」の突っ込みも受けつつ、

今日も短パンにニーハイブーツ、

笑顔と笑いに机の下美脚もしっかり決めて、

これこそ眞鍋さん的にスタートだ。

 

最初のエントリーはバブル崩壊。

崩壊は既に始まっていると思うけど、

統制されているようでされていないバラバラ中国

膨大な犠牲を払いつつ生き残る者もいる。

パイが大きいので日本としては

生き残りを相手にすれば影響を小さくできそう。

崩壊してもらっては困る諸外国が

様子を見ながら損しないように投資をしていけば、

壊滅的な大恐慌にはならないような気がする。

気がするだけだけど。
 

1203291_009_01

 
中国嫌いのたかじんさんはいないけど青山繁晴さんがいるし、

周来友さんの声が大きい(その割に何言ってるかよう分からん)

ので、言葉が交錯。

眞鍋さんも大変そうだけど、

須田慎一郎さんが適時笑いを取ってくれるので大助かり。

 

エントリー二つ目は著しい軍拡。

エネルギー輸入国になったタイミングで軍拡が始まった

と、岸博幸さんが指摘すれば

誰も攻めてこないのに軍事費が3.5倍になったと青山さん。

「どこの国でも軍の暴走はある」って、周さん、

暴走されたら困りまっせ。
 

1203291_013_01

 
ここで石平さん、中国には

人民解放軍を統制する法律がないのだと重大な指摘。

日中合意無視のガス田開発も尖閣諸島への野心も、

軍が勝手にやっていると青山さん。

「軍だけ太っていいのか」

 

「危機意識は持ち続けないと危ないぞという話ですね」

時間がないので眞鍋さんのまとめ。

政府と軍の間でさえバラバラ中国が顔を出しているとは

ヤレヤレ困ったもんである。
 

1203291_029_01

 
「半分が偽物なんですか!?」

石平さんの指摘に笑うしかない眞鍋さん。

商標権を登録しとけば儲かるかもと

投機感覚で商標権が使われているらしい。

 

発展途上は模倣から始まると、

一定の理解を示す須田さんだけど、

法治主義ができていないことが問題だと

バラバラ中国の根本を指摘だ。

 

その気になれば世界一になれる日本の大企業、

つい最近までフェラーリやポルシェのチョロQ

にしか見えない車も作っていた。

性能は良かったのに、

あのデザインはちょっと恥ずかしかったなぁ。

 

GT-Rみたいにカッコ良くなくても独自のデザインだったなら、

ユーノスロードスターみたいに世界的ヒット商品になり、

逆に真似されたりしたかもしれない。

ってことは、いつまでも模倣していたら

真似っ子乞食になりかねないということか。

惜しかったねMR2。
 

1203291_030_01

 
これは眞鍋さんもよく知らなかった

メコン川上流でのダム建設。

水利権を握る中国の思惑は何処にあるのか?

中国に物が言えるのは今のところ流石のベトナムだけ。

憲法に米独立宣言を引用してるこの国、

「社会主義国」の括りで中国と同列視してはいけない。

 

「国際ルール的なものできないんですか?」

眞鍋さんの質問だが、

国際的に見ても手付かずの分野らしい。

「インドともめたら条約作らないといけない」

周さんが言えば青山さん

「将来、インドとの関係を睨んだ予行演習だ」

 

「日本にできる事は?」

再び眞鍋さんの質問に須田さんは

中国への依存度を減らす方向に経済協力することが重要

と指摘した。
 

1203291_036_01

 
おかしい事はおかしいと言えばいい

という青山さんの指摘に

「おかしいよ」と言ってしまった周さん。

だが、「放送できないから止めて」という

王雪丹さんの制止を振り切っての大激論は

鬼門の人権問題。

 

さぁどうなるかは次週に持ち越しである。

下手に妥協したら国に帰れないかもしれないし、

眞鍋さんも無理にまとめない方が良さそうな雰囲気だが

取り敢えず次週を待とう。

 

|

« 下絵なんて要らない眞鍋さんの微笑み~今日のとくダネ! | トップページ | 宇宙に・・・は行かなかった眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下絵なんて要らない眞鍋さんの微笑み~今日のとくダネ! | トップページ | 宇宙に・・・は行かなかった眞鍋さん »