« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

色々分かる今の中国論争は一回に収まらず~たかじんNOマネー

 

1203291_006_02

 
どうやら日本にいるらしいやしきたかじんさん。

「中国迷ー1グランプリ」と題した今日の「たかじんNOマネー」

日本国籍の石平拓殖大客員教授にジャーナリストの周来友氏、

タレントの王雪丹さんを加えての大激論。

 

しかし、、中国は「中国」という単一イメージで括り難い。

多民族国家だからという以上に、

漢民族自体が甚だしい個人主義でまとまりがなく、

まとまりがないのが特徴みたいなもんなので

十把一絡げに「これが中国」とは言い難い。

どこの国にも善人悪人その他色々あって当たり前なのだが、

中国ほどバラバラではない。
 

1203291_004_01

 
たかじんさん「国外逃亡はしていない」という眞鍋さんだが

「国外逃亡ってどーよ」の突っ込みも受けつつ、

今日も短パンにニーハイブーツ、

笑顔と笑いに机の下美脚もしっかり決めて、

これこそ眞鍋さん的にスタートだ。

 

最初のエントリーはバブル崩壊。

崩壊は既に始まっていると思うけど、

統制されているようでされていないバラバラ中国

膨大な犠牲を払いつつ生き残る者もいる。

パイが大きいので日本としては

生き残りを相手にすれば影響を小さくできそう。

崩壊してもらっては困る諸外国が

様子を見ながら損しないように投資をしていけば、

壊滅的な大恐慌にはならないような気がする。

気がするだけだけど。
 

1203291_009_01

 
中国嫌いのたかじんさんはいないけど青山繁晴さんがいるし、

周来友さんの声が大きい(その割に何言ってるかよう分からん)

ので、言葉が交錯。

眞鍋さんも大変そうだけど、

須田慎一郎さんが適時笑いを取ってくれるので大助かり。

 

エントリー二つ目は著しい軍拡。

エネルギー輸入国になったタイミングで軍拡が始まった

と、岸博幸さんが指摘すれば

誰も攻めてこないのに軍事費が3.5倍になったと青山さん。

「どこの国でも軍の暴走はある」って、周さん、

暴走されたら困りまっせ。
 

1203291_013_01

 
ここで石平さん、中国には

人民解放軍を統制する法律がないのだと重大な指摘。

日中合意無視のガス田開発も尖閣諸島への野心も、

軍が勝手にやっていると青山さん。

「軍だけ太っていいのか」

 

「危機意識は持ち続けないと危ないぞという話ですね」

時間がないので眞鍋さんのまとめ。

政府と軍の間でさえバラバラ中国が顔を出しているとは

ヤレヤレ困ったもんである。
 

1203291_029_01

 
「半分が偽物なんですか!?」

石平さんの指摘に笑うしかない眞鍋さん。

商標権を登録しとけば儲かるかもと

投機感覚で商標権が使われているらしい。

 

発展途上は模倣から始まると、

一定の理解を示す須田さんだけど、

法治主義ができていないことが問題だと

バラバラ中国の根本を指摘だ。

 

その気になれば世界一になれる日本の大企業、

つい最近までフェラーリやポルシェのチョロQ

にしか見えない車も作っていた。

性能は良かったのに、

あのデザインはちょっと恥ずかしかったなぁ。

 

GT-Rみたいにカッコ良くなくても独自のデザインだったなら、

ユーノスロードスターみたいに世界的ヒット商品になり、

逆に真似されたりしたかもしれない。

ってことは、いつまでも模倣していたら

真似っ子乞食になりかねないということか。

惜しかったねMR2。
 

1203291_030_01

 
これは眞鍋さんもよく知らなかった

メコン川上流でのダム建設。

水利権を握る中国の思惑は何処にあるのか?

中国に物が言えるのは今のところ流石のベトナムだけ。

憲法に米独立宣言を引用してるこの国、

「社会主義国」の括りで中国と同列視してはいけない。

 

「国際ルール的なものできないんですか?」

眞鍋さんの質問だが、

国際的に見ても手付かずの分野らしい。

「インドともめたら条約作らないといけない」

周さんが言えば青山さん

「将来、インドとの関係を睨んだ予行演習だ」

 

「日本にできる事は?」

再び眞鍋さんの質問に須田さんは

中国への依存度を減らす方向に経済協力することが重要

と指摘した。
 

1203291_036_01

 
おかしい事はおかしいと言えばいい

という青山さんの指摘に

「おかしいよ」と言ってしまった周さん。

だが、「放送できないから止めて」という

王雪丹さんの制止を振り切っての大激論は

鬼門の人権問題。

 

さぁどうなるかは次週に持ち越しである。

下手に妥協したら国に帰れないかもしれないし、

眞鍋さんも無理にまとめない方が良さそうな雰囲気だが

取り敢えず次週を待とう。

 

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

下絵なんて要らない眞鍋さんの微笑み~今日のとくダネ!

 

「将来的に」消費税を10%にすべきか

という問いにはYESが過半数だが、

今国会での増税法案成立には反対多数。

FNNの世論調査らしいが、

何の矛盾もない正常感覚な回答だろう。

 

不況下での増税が必ずしも増収にならないことに

国民も気付いているのではないか。

「一体改革」は社会保障だけでなく

景気対策ともリンクしていなければならないのに、

なんもなしに増税だけやろうとするから

「不況下の増税はあり得ない」(竹中平蔵氏)

となるのだ。
 

1203291_002_01

 
ってことで今日の「とくダネ!」。

「『将来的に』と言われたらそうかもしれない」

と、質問項目の違いを見逃さない眞鍋かをりさん

(質問の仕方で解答を誘導されることが多い)。

でも、政局含みの動きには

「置き去りにされてる感があって腹立たしい」

これだけ強引に法案を通してその後どうするのか、

「何事もなく収まったら騙された感がある」

 

自民党にしても反対のポーズだけしといた方が

選挙に有利とかの考えはあるかもしれないし、

増税法案が通った後の方が政権奪取後の

政策運営が楽だって腹もあるだろう。

ただ、麻生政権時代にも

「景気が回復したら」条項があったこと

覚えておいていいかも。

 

実質成長率2%なんてこの20年間達成したことがない。

だから、そんな制約を設けたら増税できないし

財源も確保できない、なんて解説者がいたが

2%の成長もできないのに5%も増税して、

それで増収、財源確保ができると断言できるのか?

 

20年前、日本の一人当たりGDPは

アメリカを抜いて世界一になろうかという勢いだった。

それが今はベスト20にも入らない。

日本が「成熟した」からではなく、日本が突出して

政策運営に失敗したからだと見た方が自然。

 

失敗の20年を前提にするのも間違いなら

先進国はみんなそうであるかの発想も事実と違う。

この間の政策に星取表をつけるなら

税率上げたのに増収にならなかった消費税は

×の一番手だろう。

 

歳出削減、増税、景気回復の

三つの「一体改革」が必要だけど、

震災もあり不況の今、歳出削減は無駄を削って

その分、有効利用するなど制限されたものになろう。

要するに景気が回復しなくては

社会保障も財政も解決に導けないのではあるまいか。

 

なぁんてノーガキはこれくらいにしといて
 

1203291_012_01

 
X線とかでキャンバスの下絵まで分かるという話。

だもんでモナリザは、美童趣味があったらしい

ダ・ヴィンチの愛人(少年)ではないかの説が浮上したという。

本人ではないかの説もあったけど、

それでは「オッサンの微笑み」になってしまってパッとしない。

少年の方がまだマシか。

 

「どういう気持ちで画いたのかとか

最終的なとこまでは分からないのが

ロマンがあっていいですね」と、眞鍋さん。
 

1203291_014_01

 
後世、下絵まで見られるとは思っちゃいなかったろう

という小倉さんのごもっともな意見。

 

モナリザの「謎」というのなら、

モナリザの眉毛は何処にあるのか、

それをまず解明して欲しいと思うのは当方だけであろうか?

 

なぁんて馬鹿言ったりしているが、

ツイートが途絶えていて心配してるのは

やはり当方だけではない様子の眞鍋さん、

取り敢えず健康には問題なさそうとホッとしました。
 

「微笑み」といえばやっぱ

オッサンや少年より眞鍋さんが一番だしね。

 

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

容疑は晴れたのか「ブログ刑事」の眞鍋さん

 

B1203274

 
やったぜポーズの眞鍋かをりさんは

昨日放送された「バナナマンのブログ刑事」

といっても、当地での放送は約二ヵ月遅れなので

リアルタイムでは観れていない。

 

でも、番組のオフィシャルブログ

かなり詳しく載ってしまっているのだ。

あと七週待てば当地でも放送されるので

あんまり詳しく触れるのもなんだけど、

でもまぁ載ってしまってるもんはしゃあない。

 

ブログというよりツイッターで、

ド変態ぶりを検証しようという企画のようで、

その方法がエロ川柳と深夜番組風。

なもんで眞鍋さんも
 

B1203273

 
こんな感じで頑張ったらしい。

きっと面白トークで盛り上げたんじゃなかろうか。

 

日村刑事長の談話

「眞鍋という女は天才だな」

検証しなくても眞鍋さんがどういう人か知ってるだろうから

番組を盛り上げようと課題に挑む眞鍋さんに感心した様子。

 

テレビで要求される事は殆ど何でもできてしまう眞鍋さん。

その多芸ぶりがホントの見どころかな?

七週先を楽しみにしておこう。

 

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

ウザいか有難いか、サイコメトラー眞鍋さんの奨め方

 

さて、昨日の出来事である。

「何があったんですか?」と眞鍋かをりさん、

「スカイツリーの横に何が写っていたかっ」と

大竹まことさんが語気を強めたところで

「UFO」

 

ナイスボケです眞鍋さん。

金星、月、木星が並列に見えたのが正解なのだが

「昼間の話ですか?」

たたみかける眞鍋さん、すかさず空気を察して

「御免なさい!ハハハ ・ ・ ・ 」
 

20120327web

 
ってことで、すっかり軽装になった眞鍋さんの

「大竹まことゴールデンラジオ」。

星の配列についての大竹さんのツイート、

どうも読んでなかったらしい眞鍋さんだけど、

大竹さんは眞鍋さんのつぶやきをよく読んでる。

 

なので、たかじんさんのいない「マネー」を

仕切ったことに感心しきり。

「TVタックル」は「端っこで」あれこれ言ってるだけだから

ってそれは謙遜。

聴き上手の眞鍋さんはMCに向いている。

逆に大竹さんの席に座って「タックル」に出たら

なかなか意見を言いずらくなるだろう。

 

変なこと言う人がいても、その言葉の裏にどんな人生があり、

何故そういう言葉を発するに至ったのか

「ウザいくらいに深部に入ろうとする」

というのも、だから頷ける話である。

そんなこと言わなくていい、ここはこう言うべきだ・・・

と主張するより、

はぁ?と思うことでも「大変だったね」と語りかけ

まずは理解しようとするそうだからだ。

 

サイコメトラーみたいな話だが、こーゆー人、

看護や介護の現場にいて欲しいもんである。

計測不能の握力しかないので運搬用のポリ袋を

電子レンジの上にまとめて常備しているのだが、

ある日見ると、それが一つ一つ縛ってある。

ほどける訳ないから使えない。

なんでわざわざ時間かけてそんなことしたのか

当方の事情より自分流を優先したとしか思えない。

有難迷惑である。

 

だが、訊いて欲しいと思ってない人にはウザいのだと大竹さん。

62年間ママレード一筋なのに、

他のもの持ってこられると腹が立つそうな。

「ママレードの上が現れた事によって人生が開けるかもしれない」

力説する眞鍋さん、「お互い尊重しましょうよ」と、

「ママレードも用意するけどレモンも食べて」

だが、譲られても妥協しない大竹さん。

「あきらめたくない」という眞鍋さんに

「神か!」

 

ママレードとイチゴジャムくらいしかなかった時代と違って、

今は素材も製法も色々だしね。

「お!なんだこれ?」と試したくなる人もいれば

見向きもしない人もいる訳だ。

その分野では損をしてるかもしれないけど、

他の分野では逆もあるかもしれない。

 

でも大竹さん、

「ママレードなんて食ったことないし食う気もない」

という人に

「つべこべ言わないで黙って食ってみろ!」

なんて言わないでしょうね。

 

| | コメント (2)

2012年3月26日 (月)

ついてるのか実力なのか、GⅠ当てた美香りん姐さん

 

「競馬beat」のMCに就任して早や三ヶ月

杉崎美香りん姐さん、早くも2勝!

それも2勝目はGⅠ。

 

運がいいのか声がいいのか、

中低音域の響きがとくにいい

ってな話ではなく

昨日の高松宮杯、見事に予想的中だ。
 

1203251_005_01

 
勝ったのはカレンちゃん。

誰やねん!

と問われれば、まぁ馬だ。

そりゃそうだ。

牛が競馬したら、ちょっとびっくりするし。

 

正式には全部カタカナのカレンチャン、

本命といえば本命なのだけど、

先週は大本命だったオルフェーブル、

まさかの怪走があった。

 

半周残して先頭に出たもんで、

「勝った、終わった」と思ったか

そのまま直進、ペースダウンしたものらしい。

が、内側を本気で走り去る一団を見て、

「お!まだやっとるわ」とレース再開、

最後尾と先頭以外をぶち抜いて

半馬身差に迫ったとこでホントのゴールとなった様子。

 

ジョッキーの言うことききやがらんということで

再調教、再審査となるらしいが、

1頭だけ2レースやってのけるポテンシャルの高さ

これには少々唖然の体。

 

カレンチャンも強豪ぞろいという事で

鼻差の辛勝だったけど、美香りんさん、ついてます。

 

眞鍋さんはその頃

名古屋のお仕事が終わって帰路に就いていたか。

一度の出張に複数の仕事をまとめるのは

売れてるタレントさんによくあること。

眞鍋さんも「マネー」の収録に

他のお仕事を合わせることが増えてきた。

 

これはついてるのか美脚なのか(?)

ってな話ではなく、

お二人とも実力なのだと思いましょう。

 

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

生放送「マネー」乗り切った緊張眞鍋さん

 

1203242_004_01

 
やしきたかじんさん休養中初の生放送

「たかじんNOマネーGOLD」を前に

番宣番組の直撃を受けた眞鍋かをりさん。

MCとしてのプレッシャーを尋ねられ、

「なめてる訳じゃないですよ」と前置きしながら
 

1203242_008_01

 
そうそう、体裁を取り繕うよりまずはリラックス

明るくぶっちゃけていけばいい、ということは、

つまり、いつもの眞鍋さんでイイということです。

とはいっても ・ ・ ・ 
 

1203242_013_01

 
そりゃまぁ仕方ないわ。

 

ってことで始まった生放送本番は

橋本大阪市長、松井府知事の維新の会コンビが

二人揃って登場だ。

二人でテレビ出演するのは初めてだから

眞鍋さんにのしかかる重圧もさる事かな。
 

1203242_017_01

 
溌剌とスタートはしたけど、ちょっと緊張してるかな?

論戦になることは分かってるし、饒舌な橋本市長のこと、

時間配分も気になるし、今日は進行役に徹した感じ。

みんなが喋りたがるのは同じでも

「TVタックル」ほど混乱しないのは

皆さん心得てらっしゃるからか。
 

1203242_021_01

 
維新政治塾って、街頭演説からディベートまで教育するらしい。

支援者にあいさつ回りするだけの樽神輿も

国会にはたくさんいるし

(だから大臣になってもとんちんかんなことばかり言ってる)、

なのでその点はいいとしても、やっぱり当選しても

親元を離れたチルドレンになってしまう気はする。

 

それはともかく番組は、アンケート結果をもとに、

維新の会にやって欲しい政策をランク付けする

維新ー1グランプリ。

先に結果を出してしまうと
 

1203242_054_01

 
維新流の年金積立制は、車両保険みたいなもんらしい。

老後の生活ができない人だけに給付して、

自力で生活できる人は掛け捨て。

 

ひとつの考え方ではあるけど、あくまで制度設計の話。

将来的に1.5人の現役世代が1人の老後を支える

ってことに変わりはないから、

一人当たりの所得を増やす成長戦略がないと

どんな制度設計をしても解決にはならなそう。
 

1203242_049_01

 
首長公選制といっても候補者は国会議員。

議院内閣制の枠内での話なので

「都知事みたいにとんでもない人が出てくる」(眞鍋さん)

ことはないそうな。

都知事選て、誰が出てたかなぁ ・ ・ ・ 

勿論、現職知事のことを言ってるのではない。

 

でも、「民意」というなら

議員定数は減らさない方が良かろう。

国際基準に照らしても日本の定数は多くはないし、

議員歳費とはケタ違いの無駄金を官僚は使っている。
 

1203242_032_01

 
目配り気配り眞鍋さん。

でも、流れが滞ることはない。

とはいっても、そこは生放送。
 

1203242_042_01

 
時に強制終了となって、

喋り足りない橋本市長も苦笑い。

 

「日の丸」「君が代」強制問題については、

国旗・国歌法は起立斉唱を義務付けていないし、

最高裁判決も行事の円滑進行に

処分の正当性を限定している。

「法の範囲」はここまでだろう。

 

「日の丸」「君が代」=軍国主義ではないが、

憲法9条を変えるとか天皇元首化とか

他の主張と連動してると見ると、

いやいや、やっぱり軍国主義だ、と思う人も出てくる。

そうではないならそうではない、そうならそうだと言えばいい。

賛否はそれからだ。

 

音楽の授業でもちゃんと歌ってるかどうか確認するとか

試験でも監視があるとかは関係ない。

卒業式は音楽の授業ではないし、

試験に不正がないか監視するのは試験だからであって

学校だからではない。

 

かくかくしかじかの理由でお前はこうすべきだ

と言うより

御苦労だがやってくれんか

と言った方が円滑に進むってくらいの話じゃないのかねぇ。

卒業式は卒業生を送る場なのだし、子供たちの前で

お互い大人になれんもんか。
 

1203242_034_01

 
堅い話が続いたけれど、

それでも美脚に手抜きはない眞鍋さん。

BSの討論番組ではさすがにスーツだったけど、

ここは本来ギャグも許される番組だし、これでいい。
 

1203242_053_01

 
ツイッターで橋本市長に噛みつかれた大谷昭宏さんを

ちょっぴり挑発する余裕も見せて、

無事に生放送を仕切った眞鍋さん。

いや~ご苦労様でした。
 

1203242_058_01

 
ゲストのお二人にはたかじんさんからのメッセージも。

木を見て森を見ずだけにはならないように、と。

う~ん ・ ・ ・ 

 

「維新」というからにはまず

「失われた20年」に対する「維新」が必要だ

と個人的には思う。

民営化だ自由化だ競争だ低賃金だと

相も変らぬデフレ推進策だけをやっても

抜け出すことはできないのではなかろうか。

 

竹中平蔵氏でも、小泉政権時代と全く同じではない。

リーマンショックをはじめ状況が大きく変わっているのだから

それが当然。

小泉時代と同じ政策しか思い浮かばんブレーンでは

あかんのちゃう?

 

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

捲土重来(?)ラスベガスに行きたくなった眞鍋さんの「にじいろジーン」

 

1203241_002_02

 
今朝は「にじいろジーン」で始まった眞鍋かをりさん。

昼の「たかじんNOマネー」は再放送だけど、

夕方には「マネー」の裏側潜入、

夜は「マネーGOLD」と続く。

 

「にじいろジーン」は去年の1月と6月にも出演しているけど

「辛いのかな?」と思わせたのは初登場の時だった。

最近になって逆風を感じたことがあったと語ってるけど

決してそれを表には出さなかった眞鍋さん、唯一の例外。

 

でも、今は勿論、そんなことはない。

なんたって、あのカードが使えなくなったぞ騒動があった

グランドキャニオンも登場したのだ。
 

1203241_006_01

 
「去年、独り旅したんですけど」と眞鍋さん。

床がガラス張りの展望台は

「あるのも知らなかったし行ってない」けど、

例え行ったとしても高いところ苦手なので

床に寝そべっての飛行ポーズなんて

「絶対できない」

 

実は別番組であの展望台のVTRは見ているのだけど

その時も「絶対無理!」と言っていたので

記憶から消去されていたのだろう。

アンテロープキャニオンも「知らなかった~」

まぁ~いきなり思い立っての一人旅だったから

それも仕方ないね。

 

ラスベガスの教会でのウエディングサービスクイズ、

「参列者がハリウッドスター」とか

「牧師がネイティブアメリカン」とか、色々出て

「牧師がオッサン!」は当たり前だなぁと思っていたら

眞鍋さん、「牧師がE.T!」

 

爆笑を取りにいったかと思ったら、

これが意外に近くて、

牧師がいろんなスターにコスプレするそうな。
 

1203241_016_01

 
正解は垣内さんに譲った眞鍋さん。

若手を立てる気配りが所々に出て、

今日は優しいお姉さん。

眞鍋スマイルもふんわり。
 

1203241_010_01

 
和歌山の山中で作られる「ももいちご」に

表情もさらにやわらか眞鍋さん。

みかんにイチゴにと、

何かにつけ愛媛のライバル的和歌山だけど

旨けりゃいいやと眞鍋さん、

「甘くてジューシー!」

 

ツイッターでも朝から御機嫌&気合が入っていた眞鍋さん。

夜の生放送も頑張ってもらいましょう!

 

| | コメント (2)

2012年3月22日 (木)

気をつけてと言われても・・・「とくダネ!」の眞鍋スマイル

 

1203221_001_01

 
オセロ中島さんの騒動は妙な雲行きになったようだ。

「中島さんに言われた」からといって

へぇへぇそうでっかと引っ越しをし、

年金取り崩して面倒をみるというのもなんで?と思うし、

マインドコントロールされてる側にしては

言いたいこと言い過ぎって気もする。

 

「騒動」といっても家賃の件は決着したことだし

事件性がないのだったら

「メディアを通して主張合戦になっちゃうと

ホントのことは伝わりにくいし、表に出てる

中島さんのダメージが圧倒的に大きくなっちゃうので

今は落ち着いて療養して欲しいなって思います」

という眞鍋かをりさんの意見が正しいかも。

 

マインドコントロールしてる側でもされてる側でも

どっちだったにせよまともじゃない話だしね。
 

1203221_008_01

 
ってことで今日の「とくダネ!」、

いつもとちょっとメイクが違う感じの眞鍋さん。

「早咲きの桜を見てきた」って、どこで見たんだろう?

 

しかしなんですなぁ~

47都道府県の桜を一か所に集めて

ほとんど同時に咲かすて、

えらいことしはる人いてはりますなぁ~

(何故か上方落語風)

 

「まだらになってるところがまたイイですね」

と、眞鍋さん。

東北銘菓や酒も置いてあるそうな。

まさかと思うけど、行ったりする?
 

1203221_018_01

 
石巻工業高校の選手宣誓も立派だった。

「自分の言葉にして伝えることができていたので感動する」

と、眞鍋さん。

語るべき言葉はみんなで考えたそうだけど、

みんなの思いを込めた結果か。

 

試合も4点差を一時は逆転するなど健闘した。

敗れたとはいえ安打数は同じだったし

力は出したんじゃなかろうか。
 

1203221_025_01

 
「おじさん気をつけて」と眞鍋スマイル。

オッサンを48手(相撲か)に分類した本が売れてるんだそうな。

48は相撲じゃなくてAKBにあやかったのかもしれないが

「何となく嫌なオジサンってなんですか」

目ざとく見つけた眞鍋さん。

「いるけどかわいそう」

 

分類なんてされたかないや、と思ったら、

幸か不幸かその心配はないようだ。

ヤレヤレ

 

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

「30から」のお手本になるか眞鍋さんの「なぜ?しこ」

 

1203201_001_01

 
おっと眞鍋さん、いきなりの突っ込みにいきなりのダメ出し。

昨日の「やまとナゼ?しこ」、今日は服が黄色でない

なんて言われたから。

 

でも、この衣装、コレじゃないだろうか?
 

T1202271

 
ツイッターの「収録行ってくるわね」眞鍋さんから。

放送では全身映らなかったのがもったいない感じ。

 

まぁしかし、眞鍋さんと局アナ以外全員吉本、

眞鍋さん二回目の出演とはいえ、今回は

吉本同期が三人とあって内輪話的に盛り上がり

なかなか入りづらい雰囲気はあったものの、

出しゃばらず引っ込み過ぎずの眞鍋さん的バランス感覚

上手く溶け込む。

下手すると、大阪の番組によくある

ゲストが一言も喋らずに帰るパターンだったんだけど。
 

1203201_008_01

  
「いい香り、眞鍋かをり」なんてのにも

「荒いイジリは止めて下さい」と天丼かまして

軽くひと笑い。

 

ちなみに眞鍋さん、人を年齢で区切る男にイラッとくるらしい。

「女は30からだよって言ってくれる人はいいけど」

そいつが付き合ってる相手が21歳だったりすると

ガックシくるんだそうな。
 

1203201_009_01

 
「論破する」と息巻いていた男性陣、

何故か眞鍋さんには反論せず。

「ケーキと女性は25までというのはアレはあかん」

「ウム、あかんな」

どうしたオッサン達!

 

しかし、確かに分別と懐の深さが身に付きはじめ、

かつ若さも残る30代が、心技体のバランスの取れた

ベストであることは間違いないだろうね。
 

1203201_013_01

 
夫婦間の話は眞鍋さんには未知の分野だが、

「怒るから」と嘘をつく男に

「素直に謝っちゃえば」と眞鍋さん。

でも、素直に言ってエライ目に遭った人が約一名。

そうだったのかT陣内君。

 

「キャバクラに行ったけどオバハンばかりだった」

という言い訳に

「家にオバハンおんねんから行かんでええやろ」

のやすとも姉さん、おっしゃる通りです。

 

「」どうやって捜してくるの?」と

眞鍋さんも驚く「おしどり通信」、今回は

平成7年まで電気もなかったという山奥に住む老夫婦。

80歳の古老はマタギ。

主である。

雪に閉ざされる冬はほとんど自給自足の生活だが、

寂しくはないという。

いつしか伝説となり昔話として語り継がれそうな夫婦だ。

 

さて、眞鍋さんはどんな家庭を築くのだろう?

山の主にはならないと思うけど

幸せになれ~!

 

| | コメント (4)

2012年3月20日 (火)

サンデルにコー出るという話~究極の選択

 

「マイケル・サンデル 究極の選択」なるNGK、

じゃない、NHKの討論番組に登場した眞鍋かをりさん。
 

1203191_010_01

 
取り敢えず眞鍋さん超美脚っ!

赤いヒールでさりげなく美脚に視線を誘導するところ、

なかなか心憎い演出でいーんじゃないでしょうか?

 

論点を整理する能力に長けた眞鍋さんだが、

それは多様な意見を正しく素直に理解するから。

なので、自己主張は弱い。

「違う違う、これが正しいのだ絶対に!」

と、人を押しのけるのは実は大の苦手。

 

自己主張を押し出す時はよっぽどのことで、

逆に眞鍋さんが頑なになる時は

そーゆーことが起こった時である。

そんな眞鍋さんらしさが出た番組だった。

 

 

オッサン(サンデル氏)の問題提起は

プロ野球選手の年俸は一律であるべきか否か。

そりゃあ成績が違うんだから差があって当然だろう。

ほな、富豪とそれ以外はどや。

飛躍するなぁ、野球選手みたいに

共通の条件でできた格差ではあるまい。

 

ってことで条件を巡り運だとか努力とか意見が出る。

有能で敏腕な経営者だから業績が上がったとは

特に日本の場合は言い難い。

社長がボンクラでも勤勉で有能な技術者や営業マンが

懸命に成果を上げ、業績を上げてるケースが実は多い。

プロ野球選手と同様、貢献度に応じて分配すべきだろう。

 

「社長、コレでいきまひょ」

「お、おぉ、そやな。ほんだらこれを・・・」

「ちゃいまんがな、社長!こっちを優先せな」

「さっ、さよか」

なんてんじゃ、社長の貢献度は低い。

 

信長型より家康型合議制が多いので、

1%の富豪が持つ国の資産が日本20%、

アメリカでは40%というのも自然な流れだ。

ジョブスみたいなカリスマ経営者は少ないし、

たまに出てきたら胡散臭かったりする。

個人が前に出過ぎる会社は詐欺会社だったり、

なんとかエモンみたいにコケるので、その印象が強くなる。

 

税金を上げるには所得税か消費税かという話、

「税金は富の再分配」という前提が間違っている。

社会保障費だけに使われている訳ではなく、

共通のインフラや産業基盤整備など、

富裕層を含む国民全体の為に使われている。

司法や防衛など財産を守る為にも使われている。

財産に応じた応分負担は当然だ(程度問題はある)。

 

累進税率を維持しながら全体を増税するという

竹中平蔵氏の見解が一番合意を得やすいんじゃなかろうか?

「俺が半分出すから後はお前ら出せよ」

飲み代でもそんな感じでやってくれた方が

全額おごりより後腐れも負い目もなくてイイってもんだ。

 

また、生産拠点を海外に移すことと

経理を海外に委託するのでは意味が全然違うと思った。

財務省の業務を外国政府に任せるみたいなのってどーよ

という話は置くとしても

物価の高い日本で作ったものを物価の安い国で売っても

購買力が限られるのだから、物価の安い国で作るのは当然。

その国の雇用を生み、購買力(市場)も開拓できる。

ただ、むやみに自国の雇用を減らせば自国の市場が狭くなる。

お客さんを減らすことになるのだ。

 

外国の政府が日本企業を守ってくれるというなら、

その国の企業になればいいと思うが、

最終的に日本企業を守るのは日本政府しかない

となれば日本への貢献が優先されるべきだ。

 

外国人労働者を連れてきて安い賃金で使う、

なんてのは論外。経済原則に反するし、

竹中氏が反対したのは当然である。

労働力の価格は維持費で決まる。

生産コストは親が負担してるのだから

企業は扶養手当などが必要になった時しか費用を負担しない。

物価の安い国から来たからといって

物価が二倍の国では半分しか食わなくても大丈夫

って訳ではないのだ。

 

派遣労働については

竹中氏もさらなる改革の必要性を重視しているので

議論は中途半端にならざるを得ない。

従来の新自由主義政策は供給を増やすばかりで

過当競争に見合った需要(市場)の開拓に失敗、

「頑張れば報われる」チャンスを逆に減らしてきた

と思うのだが、どうだろうか?

100年前の帝国主義列強が犯した誤りと似てる気がする。

竹中理論の新たな展開を見守りたい。
 

1203191_014_01

 
ってなことで、眞鍋さんがなかなか「これだっ!」

とは言いにくそうな感じだったので、

当方ならこう言うぜという勝手な見解を

だらだらと書いてみた。

 

眞鍋さんにとってはちょっと苦手なシチュエーション

だったかもしれないけど、こーゆーの、

これから増えてくるかもしれないし

アホの戯言と聴いてくれたらそれも由である。

 

ただ、眞鍋スマイルはバッチリでした。

 

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

成長戦略とエネルギー政策のリンク、邪魔をしてるのは・・・「みんなで考える日本のエネルギー」

 

途中で邪魔が入ったり不都合が起こって

全編ゆっくり観られなかった

「日本の選択 みんなで考える日本のエネルギー」

やっとゆっくり観直すことができた。
 

1203172_008_01

 
多岐なテーマをまとめなければならないので

白熱した議論というより個々の立場から

それぞれの意見を述べるにとどまる感じ。

それはそれでやむを得ないのだが、

その個々の発言がイマイチ理解しにくい部分があって

お前がバカなのだと言われたらそれまでだが

字幕とかで分かりやすい説明を加えて欲しかった気もする。

 

夏の電力は足りるのか、電気料金はどうなるのか、

という点について梶山恵司富士通総研主任研究員が

経産省試算の問題点を指摘していたが、これについては

科学ジャーナリスト・塩谷喜雄氏の記事(↓)が参考になる

http://www.fsight.jp/article/11249?ar=1&page=0,0&ar=1

 

東電が情報開示しないので、この記事は

停止中の原発にかかるコストが不明のまま語っているが

原発を止めたのに入ってくる金が一緒なので

利益が26倍になった日本原電の例がある。

 

夏が終わると冬の方が大変だと言い、

冬が終わると夏が大変だという。

この冬、原発が供給した電力は全体の数%に過ぎない。

その数%が停止したら10%足りなくなる?

数%しか供給しなくても余裕があったのに?
 

1203172_013_01

 
納得しにくい話だが、最後のまとめで

眞鍋かをりさんが言っていたように

正確なデータの開示が必要である。

 

面白かったのは経団連副会長でもある

コマツの坂根正弘取締役会長だ。

成長戦略の中にエネルギー政策を位置づけるのは

まさにその通りだと思う。

ただ、その為の策がプルサーマルというのは発想が古過ぎる。

英米はプルサーマルなんかとっくに棄てて

水素核融合の実験炉を既に完成している。

 

ところが、コマツでも太陽光発電の部品を作ってるそうで、

投資に見合う需要が確保される仕組みができれば、

意外に乗り気みたいなのである。

だったら新規参入が可能な電力自由化を

望んでしかるべきと思うが、経産省と電力会社の

癒着を知ってるので言えないのであろうか?

 

ジャック・アタリというオッサンが、原発を巡る

日本の排他的慣れ合い構造を批判していたが、

正に当りである。

投資と成長のチャンスを奪っているのは脱原発ではなく、

排他的既得権益構造ではなかろうか?

 

ミドリムシオイルには米資本が参入しているというし、

芋博士の芋発電も初期の実験段階からプラント建設へ

一歩、先へ進んでいる。

東電出身の蓮池透さんは、電力会社は

こうした新エネルギーを「潰してきた」と明言したが

出席者が全員一致するエネルギーの多様化や

成長戦略の足枷こそ、これである。

 

自然エネルギーの専門家はいたのに

代替エネルギーの代表者がいなかったのは

ちょっと片手落ちだったかな?

 

眞鍋さんにとっては朝飯前、というより

物足りないくらいのお仕事だったかもしれないね。

 

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

眞鍋さんも煙にまかれる(?)極論先生登場の「マネー」

 

遂にここにもやってきましたか。

原子力ムラから離村宣言、既得権益を棄てたら

逆に本がバカ売れし儲かって仕方ないであろう

武田邦彦・中部大学教授。

 

もっとも先生の名前が知られるようになったのは

原発事故よりずっと前、確か地球温暖化をテーマにした

「たかじんのそこまで言って委員会」だったような記憶がある。

「たかじんNOマネー」に乱入してくるのはむしろ当然か。
 

1203171_004_01

 
「国民の選択 みんなで考える日本のエネルギー」が

局は違うが時間的に連続していたので、

どうしてもダブってしまうのだが

福島第一原発の水素爆発を見て

間違えたと思わない方が技術者としておかしい

という指摘はその通りだと思う。

 

新幹線じゃあるまいし「だからこそ安全な原発を」だの

「石にかじりついても」平和利用を、だのは説得力ゼロ。

あるものをないと言い張り、安全だの安いだの

幻想をふりまいたのは儲けの為であって

安全追及の正反対、平和利用の為などでもない。

 

違うというなら

既存の学者、官僚、電力会社の癒着構造を

「止めます」とまず宣言すべきであろう。

宣言しても放射性物質を用いる原発に未来はないと思うけど。

新幹線は放射線も核のゴミも出さないのだ。
 

1203171_009_01

 
福島など東北の農産物については大激論になった。

低線量長期被曝の影響については分からない、

分からないものは予防的に止めるべきとする教授。

農漁業者のことを考えろと青山繁晴さん。

「自己責任だけど選択の自由があった方がいいと」

反対派の意見をまとめる眞鍋さん。

 

自然の線量が高い地域に住む人は

癌の発生率が低いというデータは確かにあるらしい。

だが、事故のあったスリーマイル島や

チェルノブイリ周辺では逆のデータもある。

どっちなんだと思っていたが、

自然の線量とそれに人工の線量がプラスされる場合は違う

という教授の説にはなるほどと思わされる。

 

自然のものであっても、

線量の少ない地域で育った人が

突然、自然線量の高い地域に移住すると、

地元住民とは違うデータになるかもしれない。
 

1203171_010_01

 
東電に買い取らせろという教授に侠客・青山さんは

農業従事者の気持ちが分かっていないと大反発。

 

だが、買い取らせてでも農業は続けなくてはなるまい。

農家が嫌だというなら東電が人を雇って続けさせる。

作物の力を借りて土壌を浄化し、安全になってから

元の持ち主に返すべきと思う。

何十年かかろうが関係ない。

それが正しい賠償というものだ。
 

1203171_022_01

 
「う~ん、そうなのかなぁ~」

眞鍋さんも迷い始めた温暖化は嘘だ論。

地球は暖かくなったり寒くなったりしてきたし

氷河はその度に大きくなったり

小さくなったりしとんねんってホンマかいっ!?

 

北極や南極の氷が溶ける訳ない。

氷は融点、つまり零度にならないと溶けないのだから

マイナス40℃がマイナス35℃になったって溶ける訳ない。
 

1203171_031_01

 
学校で習ったでしょ?

こんなこと知らなきゃ社会人じゃない、

なぁんて言われて「社会人じゃない」眞鍋さん、苦笑い。

 

だが、ここで反撃!
 

1203171_037_01

 
白クマの生息域が狭くなって

「白クマ、氷から落ちてるじゃないですか!」

「あれは落ちてる白クマを撮っただけ」

「たまたま~?」

溺れてる白クマが映ってることあるけれど、あれは
 

1203171_040_01

 
はぁっ?と眉をひそめる眞鍋さん。

そこまで言うから嘘っぽくなるんじゃないでしょうか、教授。

だからオモロイのだけど。

 

青山さんが指摘したように、

ロシアが北極海航路を開拓しているのは事実だし、

北海から太平洋に出られれば、喜望峰を回るよりずっと近い。

夏の間だけ融点を超える地域があるということか?

 

続いての極論は自然エネルギーは自然破壊だ論。

風力は森林を破壊する。

何故なら風が少なくなるからだ。

そこで青山さんの「乾かなくなる」の相槌に反応した眞鍋さん、

渾身の天然ボケ炸裂!!
 

1203171_048_01

 
「洗濯物も乾かない」すかさずのる教授も教授なら、

「え!」とノリかけたくらたまさんも主婦反応?

しかし、青山さん、冷静に突っ込み。
 

1203171_055_01

 
木は葉から水分を蒸発させて生きてるので

風が半分になれば木も半分になる

ということだそうです、眞鍋さん。

 

化石燃料も8000年はもつというのも

あながち根拠がない訳ではないらしいが、

「どっかにある」という話で、

すぐに利用できるものではないらしい。

 

全く根拠がない話ではないにせよ

一足飛びに極端な結論に飛躍するので

胡散臭い感じになってしまうのだが、

教授、どうもそれを楽しんでいるように見える。

自己完結した論理でああ言えばこう返す。

だが、反論されても笑顔を絶やさず、

「じゃあ、あんたはどうなんだ」とは言わない。

 

ってことで、「じゃあ」の得意な橋本大阪市長、

来週の生放送GOLDに登場だ。

 

| | コメント (2)

2012年3月16日 (金)

「アレ」で済ましてイイこと悪いこと

 

まぁ~なんですなぁ~要するにアレですわ

って何のことだか分からんが、

なんでも「アレ」で済ませることに

眞鍋かをりさんも危機感を持っているらしい。

だが、「アレ」にも色々あるのだ。

 

例えばコメント欄で色々教えていただいた

「かみのけてのひら」の謎が、

こーゆー形で今につながるなんて

さすがに予想だにしなかった。

といって、これ以上突っ込みようもないけど。

 

だが、あの記事を書いた頃、2010年は、

厳しい年であったことは想像に難くない。

そんな時、「今は何もできないが応援している」

と言ってくれた人がいたそうな。

ポッと浮かんだのは中山秀さんなのだが ・ ・ ・

 

あの時期、眞鍋さんが自分の過去と現在を

最もはっきり語ったのは8月のよ~いドン!
 

1008041_021_01_2

 
表情はとっても明るかったけど、

ひょっとしてこの頃が底だったか。

ただここでも、キャラを作らない開けっ広げ路線が

中山秀さんの勧めだったことなど、

エピソードと信頼の高さを語っていた。

 

勘が当たっているかどうかは分からないけど、

しっかり支えてくれた小倉さんやフジテレビ以外にも

応援してくれた人たちがいたのは確かだ。

「よ~いドン」で一緒だったハイヒールのモモコさんも、

その後自分の番組に呼んでくれた
 

1010021_046_01

 
レバーパテを手際よく作ってみせた眞鍋さん。

この時も眞鍋さんに暖かい番組だった。

 

実は二回とも進行は藤本景子さん(右端)。

5月の偉人変人たかじんでも一緒だったのだが、

今はたかじんさん休養中の番組を守る、という

眞鍋さんと同じ立場にあるのは何の因果か。

 

「眞鍋かをりを呼ぶ!」と、たかじんさんが宣言したのは

実はそっちの番組(「たかじん胸いっぱい」)だったのだが、

たかじんファミリー・ほしのあきさんとの棲み分けからか、

まだ呼ばれてはいない。

 

そのほしのさんも産休中なので、

いっぺん暴れに行ってもいいかもね。

あの番組、「マネー」とは違う意味で無法地帯だし。

 

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

指輪披露も挑発には乗らない「とくダネ!」眞鍋さん

 

1203151_018_01

 
あらら、左手薬指に輝く指輪は、

今朝の「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

ただし、借り物。

「見せ方が堂に入ってるけど近いんですか」

「そんな指輪送られたらどうですか」

などの挑発も華麗にスルー。

「恐ろしいんですけど」

 

山田優さんの婚約指輪と同じデザインだが、

これは1.5カラットであちらは2カラット。

でも、「相当大きいんで」
 

1203151_014_01

 
「浮気したら殴るのにちょうどいいかなっていうくらい」

格闘系ジョークで爆笑一本。

 

でも、2カラット版でお値段1150万円と聴いて

慌てて外そうとする眞鍋さん。

「恐ろしくて普段つけられないです」

そういえば、中指と小指につけっ放し状態だった

眞鍋さんの指輪、指から消えて久しいね。
 

1203151_007_01

 
さて心配な地震だが、北海道東部沖に

M8級地震を誘発する恐れを指摘する先生も。

昨日の地震の時は地下の店にいたという眞鍋さん、

緊急地震速報が鳴ったのに「どこか慣れてしまって」

店内にいた人々も「またか」的雰囲気だったそうな。

 

気を引き締める眞鍋さんだけど、

だからどうなると考えると仕方ないとも言える。

「仕方ないかもしれないですけど、

復興もまだできてない時に同じようなのが来たら

日本どうなっちゃうのって思うと怖いですよね」

 

何をどう備えたらいいのか、

もう一度整理しないといけない気がする。
 

1203151_027_01

 
ボールペンや筆ペンの試し書きを

アートだと主張する人がいるとか。

確かにお国柄は出るらしい。

 

楕円形を際限なく一筆で書いたスペイン人、

「試し過ぎでしょ」と眞鍋さん。

どこがアートなんだかやたら荒っぽいのを

南米と予想した眞鍋さん、アルゼンチンで御名答。

「疲れた」「信じられない」と連打した中国人、

何があったのであろうか?

 

今日はソメイヨシノ色で春を決めてきた眞鍋さん。

確かに花粉の影響は全く見られない。

あとは澤穂希選手のめまい症完治を祈ろう。

 

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

花見会に準備万端眞鍋さんのカルビーPR大使

 

春は美脚パワー全開だ、と言った矢先、

ホントに全開になった眞鍋かをりさん。

渋谷パルコ前でのカルビー新商品発表会に

PR大使として登場したそうな。
 

N1203141

 
ウォーカープラスから拝借した写真だが、

なんで足首が切れてるのだ。

ロングブーツを脱いだ足元が知りたかった。

(スポニチに全身写真見つけたけど)

 

それはともかく、

代々木公園にレジャーシートを敷いて

花見会を催しているという眞鍋さん。

酒とつまみは持ちより制で、センスを競っているようだ。

 

昨年は自粛ムードで閑古鳥が鳴くお店からテイクアウト、

東北の酒で花見会をしたんだったね。

「一回飲んだら一回募金」とも言ってた。

自粛ムード吹き飛ばせ運動が

東北の被災地から起こったことも忘れてはなるまい。

 

カルビーのOh!おつまみシリーズという新製品、

一袋でも100キロカロリー台とか。

塩わさび味の「堅焼きおつまめ」っての、

ちょっと魅かれるなぁ ・ ・ ・ 
 

N1203142

 
眞鍋スマイルに魅かれるのは

いつものことだけどね。

 

まだ午後3時半だし、買いに行こうかと思ったら

Oh!おつまみシリーズ、発売は4月だと。

確かに、花見にはまだ早いや。

 

| | コメント (6)

2012年3月13日 (火)

シャンパン踊りの眞鍋さん、花粉症も撃退

 

T1203132

 
な、なんちゅう踊りを踊ってるのでしょうか眞鍋かをりさん。

盆踊りはまだ早い気がするが ・ ・ ・

バレンタインデーのお返しに

大竹まことさんからシャンパンの返礼があったらしい。

笑えるのに綺麗なのは美脚人の特権か。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」の本番前風景。

 

だが、62歳の大竹さん、「ミドルより上だから」と

眞鍋さんが選択した「ナイスシルバー」なる言葉

気に食わなかったらしい。

現役感のあるミドルより上の言葉って、大ベテラン、師匠とか

超オッサン、老兵では聞こえが悪いし、

巨匠、マエストロ、古老は言い過ぎか。

 

その大竹師匠、花粉症はないらしい。

「そのまま行けたらその方がいい」という眞鍋さんに

「逝けたらいいとはどういうことだ!」

「字が違います。そのまま生きていったらいーですよと」

「杖ぐらい持たせろよっ!」

困った爺さん、いや、師匠である。

 

とはいえ、トカゲでもセミでも「乾いてたら食える」

というあたり、さすが経験山積みの師匠である。

眞鍋さんは山羊の玉刺し、牛骨髄とか食ったらしい。

見た目だけで食えないとぬかす腰抜け野郎は

チャレンジ精神のなさにガックシくるとか。

海蛇のイラブー汁は食ったことあるが虫はヤだ。
 

20120313web

 
ところで原発全停止中の日本原電、

停止中の原発にも金はかかると

稼働中と同じ金を電力会社から貰ってるとか。

「お休み中だけどギャラ貰ってるよ」(眞鍋さん)状態で、

利益がなんと26倍になっているというではないか。

 

これってつまり、停止中の原発は稼働中の原発の

1/26のコストしかかかってないということではないのか。

値上げ申請の東電、

このコスト低減分を差し引いてるんでしょうね?

タダ単に火力の燃料費を上乗せしてるだけだったら、

タダじゃ済まないよ。

 

大阪で入手した薬がドンピシャ適合し、

花粉症が収まったらしい眞鍋さん。

そんなこともあるんだね。

だったらこの春は、美脚パワー全開だ!

 

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

宇宙に行った?眞鍋さん

 

昼はロケバスに乗ってた眞鍋かをりさん、

「ワケありネェさん」のロケかいなと思っていたら、

夜はJAXAに。

宇宙開発と眞鍋さんといえば

番組やらイベントやらで浅からぬ縁だけど

これは別件のお仕事か。
 

T1203121

 
服装もなりきり系だから何かの体験レポートかも。

「これよりしばらくの間地球を離れます」

なんて言ってるし。

 

そういや、仕事先でフォロアーに出逢うと

ツイッターとキャラが違うとがっかりされるとか。

「私生活までこうだったら完全にアウトだろ」と眞鍋さん。

お笑い芸人がTPO構わずふざけてる訳じゃないし、

繊細な音楽を作る人が実は恐ろしく短気で

「オンドリャッ!」とかわめき散らしてたりする。

 

よくある当たり前のことなので、

発見ではあっても驚きではない。

スレンダーで八頭身の眞鍋さん、

つなぎの衣装を着てもカッコ良く見える

 ・ ・ ・ これは今さら発見でも驚きでもないけど

感心はしてしまうね、やっぱ。

 

で、宇宙からはいつ帰還するんだろう?

 

| | コメント (4)

2012年3月11日 (日)

3.11です

 

もう一年か ・ ・ ・ 

全く実感が湧かない。

せいぜい一週間程度しか経っていない気がする。
 

O1203112

 
大竹まことさんが石巻からツイッターにアップした写真。

今日、である。

一年前でも、半年前でもない。

我が国総理がアメリカ向けメッセージで述べた

「目覚ましい復興」とは何処のことか?

 

眞鍋かをりさんはツイッターで語っている。

「復興はまだまだなのに

『自分はいままで通り生活している申し訳なさ』を」

一年間感じてきたと。

精一杯生きることが生き残った者の使命なのだから、

申し訳ないと感じることはないと思う。

 

「気が引けるって事はもう思っちゃいけないよね」

その通りです眞鍋さん。

「復興はまだまだ」という前段の現状認識こそ大切。

それがあればあの震災は過去ではなく、

現在進行形なのだと実感できるし、

出来ることをしようという気持ちも忘れないから。

 

「被災地のことを思うと同時に、いつもの毎日に慣れて

贅沢者になっている自分も反省」するという眞鍋さん。

健康で家族も仲間もいて幸せなはずなのに

しょうもない文句を言ったりするからとか。

しょうがないと達観してしまうよりはいい。

諦めが先に立つ自らを省みてそう思う。

 

「自分が幸せだって実感しないと周りを幸せになんてできない」

これはとても眞鍋さんらしい言葉。

そんな勘違いする人もいないと思うけど念の為に言っておけば

自分は人を幸せにできる特別な人間だと言ってるのではない。

人の為に尽くすこと、人の喜びを自分の喜びにできる人、

それが眞鍋かをりさんなのだ。

 

家族仲良く、弟妹がいてペットと暮らす ・ ・ ・ 

こーゆー人は本質的に母性が強いし、眞鍋さんも例外ではない。

ただぁ~しっ!

一年前のあの日、東日本在住の知人の安否を捜しまわったが

眞鍋さんだけ、分からなかった!!

36時間後にようやく判明したけど、

アレはあきまへんで眞鍋はん。

 

まぁ当時はツイッターもやってなかったし

ブログも復活してなかったから

仕方ないっちゃあ仕方なかったんだけどね。

 

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

「このメンバーで」前代未聞のバラエティー企画に眞鍋さんも爆笑ネタ~たかじんNOマネー

 

1203101_042_01

 
今日の「たかじんNOマネー」はバラエティー企画。

「バラエティーに出ないこのメンバーで」

と、眞鍋かをりさんが言えば、水道橋博士さん

「たかじんさんがいないと無法地帯ですよ」

 

だが、ヤケクソという訳ではなく、

在阪局ならではのノリ満載でなかなかよく作られてる。

大谷昭宏チームと青山繁晴チームに分かれての対戦だが、

「小学校以来」のじゃんけんで先攻を取った青山さん、

持ち札(国)を独断でパッパカ選ぶ。
 

1203101_046_01

 
「相談しましょうよ!」(水道橋さん)

「チームワ-クゼロォ~」(眞鍋さん)

のっけから波乱含みだが、

マイナスイメージの強い国を取った(らしい)

青山さんの読みは意外に当たる。

 

緒戦の住みやすい国対決はオーストラリア対カナダ。

「オーストラリアは海岸沿いの狭い地域だけ」(青山さん)

「カナダだって南の方だけ」(J.スキナーさん)

の論争は、僅差で青山チ-ムの勝ち。

 

金儲け対決でオイルマネーのサウジを出した大谷チームは

青山チームのドイツにまたも敗北。

ところが、ここでオーストラリアを出していたら勝っていた。
 

1203101_004_01

 
でも、「勝負に『たら』はない」と

青山さんの一言に眞鍋さんガビ~ン。

 

その一方、

「イタリアは悪く言われているが財政は黒字」

「韓国は一部の大企業だけ」

「オーストラリアは農業の競争力が強い」

等々、専門家集団ならではの意見も出て
 

1203101_009_01

 
「これだけのメンバーが集まると

崇高なゲームになったような気がします」

と、眞鍋さん。

確かになんだかんだと騒ぎながら役にも立つ。
 

1203101_012_01

 
だが、眞鍋さんも反撃する。

スケベな国対決では

「スケベは男だけの話ではない」と読んだ眞鍋さん、

ブラジル推しで見事雪辱を果たす。

やったぞと眞鍋さん的どや顔 ・ ・ ・ なのだが
 

1203101_018_01

 
ここで面白フェイスの眞鍋さん、

トルコでナンパされまくった経験談。

「めっちゃ片言なのにトライしてくるんですよ」

 

OfficialBlogにもその片鱗は語られていたけれど、

なんとその片言台詞にはとんでもないのがあったそうな
 

1203101_025_01

 
そんなこと言われても、と困り顔再現眞鍋さん。

勿論、場内大爆笑だけど

「今、記事になりやすいんだから」

水道橋さんの忠告もまた然り。

 

嫌われてる国対決はアメリカ対中国といい勝負だったのだが、

ランク付けした森本敏拓殖大大学院教授の判定で

中国を取った青山チームの読み勝ち。

味方にした時の対応はアメリカの方がマシか。
 

1203101_041_01

 
でも、森本先生の指摘にも

嫌われてないはずの南アフリカをボロクソに言っていたり

「ワケ分からん」の疑問百出。

「これ凄いですよ」と眞鍋さん紹介のメキシコ評↑

なんじゃそりゃの大爆笑。

各国大使館から抗議がこないことを祈りましょう。

 

そんなこと言ってる内に持ち札が少なくなってきて、

思わぬ対決となってしまったのがお洒落(ファッション)。

南アフリカ対トルコって、判断しにくい。
 

1203101_059_01

 
「この国の対決になるとは思わなかったですねぇ」

という眞鍋さんだけど、

ドン小西さんの裁定で意外に上位だったサウジ。

一種類(の服)しかないじゃないかの声に眞鍋さん、

「夫だけに見せる中は凄いらしい」

 

何故か同意する青山さんに

「なんで知ってるんだ」と大谷さん。

「売ってます」と青山さんは言うが

スキナーさんも業者を知ってるらしい。

「女の人をパーンッてやった訳ではない」って、

当たり前です、眞鍋さん。
 

1203101_032_01

 
ってことで青山チームの勝利。

賞金はなんと10万ほにゃらら!?

ほにゃららの通貨単位をダーツで決定

って、ほとんどルピアとウォンやないかい!?

 

ユーロに当たれば1066万円と、番組の存続に関わるが

ダーツは初めて青山さんの一投は ・ ・ ・ 
 

1203101_034_01

 
おめでたいのか何なのか ・ ・ ・

「番組が続くことになって良かった」(青山さん)

ということでめでたしメデタシとなりましたとさ。

 

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

なんで中山道?的応援メッセージが

 

そうか、眞鍋かをりさん、酸っぱいの苦手かぁ ・ ・ ・

でも、みかん県愛媛の人が漬物食いながら言うことだから

二十代半ばまで漬物も食べられなかった当方みたいな

筋金入りではない。

梅干しの様に凄く酸っぱいのはイカンということのよう。

 

なんでそんなことをといえば「中山道」を観たから。

なんで今さらといえば、当地では放送してなかったし

ではなく

One Heart Now "復興支援"トラックマーケットのHP

左肩のサポーターメッセージ動画に眞鍋さんもある

のはイイのだけど

どういう訳か深夜番組の際どい動画まで流れるのだ。

 

おいおい、それは復興応援とは関係ないよ

と言いたいところだが

応援にも色々な形があるし、これも応援になる

と言われれば、そうかなぁ~と思わんでもない。

 

ともあれ、眞鍋さん二回目登場となる11日、

神戸会場の日程は上記HPにある通り。

阪神淡路と今次震災と、

生涯に一度遭遇するか否かの大震災を

ちょっと離れたところで二度も体感した眞鍋さん。

色々思うこともあるだろう。
 

T1203081

 
ってことで、という訳ではないだろうけど

眞鍋さん、久し振りに美容院を訪れ

女子力アップを果たしたそうな。

この感じで週末、大阪、神戸に出現する可能性大。

ただし、「中山道」的なことはやらないであろう。

名神と中国道の縄張りだしね。

 

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

2度あることは3度目なし、でなければ

 

スプリットフィンガードファストボールで有名になった

メジャーリーガーってハーシュハイザー?

って名前だったかな??

などと記憶をたどりながら「とくダネ!」を見ていたら、

朝から電話が鳴り、ごちゃごちゃして

録画されてないことに気付かなかった。

 

何故「とくダネ!」の時に限って二度もこんなことが

と怒り狂ったところで悪いのは自分なのだから仕方ない。

打ち合わせ前に杏仁豆腐を

「12秒で飲んだ」という眞鍋かをりさん、

「うちはみんな日ハムのファンなので」

ムッ!弟さんだけではなかったのか。

 

それはともかく、、ダルビッシュ、あちらで活躍すれば

日ハムファンも納得するだろうという話。

なでしこは惜しかったが、W杯で日本に負けたドイツ

あの1敗でオリンピックには出られない。

だからイイ練習になったと思えばいいさ、

ってのは楽観論か?

 

でも、テキサスには眞鍋さんが美脚で送り出した上原さんもいる。

そのつてを生かして ・ ・ ・ ってのは失礼か。

アホなこと考えてる暇があったら

アホなミスを繰り返さないよう

抜本的対策を打つとする。

 

眞鍋さん、週末は大阪で泊まりだろうけど、

寒の戻りで雨も降るらしい。

気をつけて下さい。

 

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

梅も咲き、キニシイタケのゴールデンラジオ

 

なんだか暖かくなって「梅の花も咲くぜ」と

梅ウオッチャーの大竹まことさん。

春といえばフキノトウとタラの芽だと食の話へ。

ゲストの福澤朗さんがいう

初対面で話を弾ませる六つの引き出し、

キニシイタケに符合しているではないか。

季節、ニュース、趣味、衣装、食べ物、健康の

頭一字を並べたものだとか。

 

ってことで次は衣装の話になった

今日の「大竹まことゴールデンラジオ」
 

20120306web

 
なんでマッチ売りの少女なんでしょうか眞鍋かをりさん。

 

「タイツはイイのか」(大竹さん)

「寒いからしょうがない」(眞鍋さん)

「今日は酔っ払ってないな」(大竹さん)

「いつも酔っ払ってない。どんな大御所なんですか」(眞鍋さん)

この辺はキニシイタケというよりボケと突っ込み。

 

「どんなチーズ食ってんだ」(大竹さん)

「最近はブルーチーズが多い」(眞鍋さん)

「どんなワイン飲むんだ」(大竹さん)

「ブルーチーズはしょっぱいので甘めの白ワイン」(眞鍋さん)

ちなみにスペイン産がお手頃らしい。

 

で、大竹さん、このぶっきらぼうな喋り方、

仕事と関係ない場面でも「らしさ」を意識してやってしまうらしい。

「お水どうぞ」「いらねーよ」が大竹さん。

「ありがとうございますぅ~どうして分かったんですかぁ~」

と、ナイスリアクションを意識してしまうのが眞鍋さんだとか。

 

でも、夜景の見える場所でプレゼントを渡した奴って誰だ?

鞄の中の箱がのっけから見えていて

眞鍋さんにバレてたという詰めの甘さ。

「その時」にちゃんとリアクションできるか、

眞鍋さんも大変だったらしいぞ。

 

ニュース的には消費増税法案と解散総選挙の

交換条件を巡る自民、民主の裏取引。

自民は乗り気に傾いているが、

総理がホントに解散に踏み切れるかが焦点。

選挙で負けるの覚悟で通す消費増税。

身を棄ててまで財務官僚の為に尽くす総理も珍しいね。

まぁ、解散反対の小沢派を切って大連立。

その為に中選挙区制に戻し、

両方の候補が議席取れるようにしようぜ、なんて話もあるらしい。

 

ってことでキニシイタケ、ん?健康の話はあったのか?

眞鍋さん、最近、トレーニングはどうなってるのでしょうか?

 

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

騒ぎもなんのと落ち着いた2月度検索アクセスのまとめ

 

2月の眞鍋かをりさん、騒がしいこともあったけど

当ブログへの検索アクセスを見る限り、

さほどの影響はなかった。

勿論、ワード、フレーズの表面上のことだけで

含意はどうだったか分からないけど。

 

表面上最大の異変は「大竹まこと ゴールデンラジオ」

常連とはいえ7~8位だったのが突然4位に。

アクセス数も倍増した。

騒ぎが影響しているのかもしれないが、

ここは大竹さん撮影の眞鍋さん超美脚。
 

T1202211

 
ミニスカとタイツの下は紫だったとか

言わんでいいことまで言ってしまった眞鍋さんだけど

座ったら必ず見えるパターンだから

先手を打って断りを入れたのかも。

 

ツイッター画像で眞鍋さんの脚の筋肉が一部で話題になったが

眞鍋さんの脚は格闘技などやる前からアスリート系。

体脂肪率が低く、膝下がくびれて

ふくらはぎがギュッと上がり足首が細い。

何故か脂肪がつきにくい美脚体質なのだ。

 

ってことで「眞鍋かをり 美脚」は不動の1位継続中。
 

1202251_022_01

 
順位的には変わらず2位定着の「たかじんNOマネー」

でも、内容的にはたかじんさんの病気療養で

MC眞鍋さん大奮闘。

 

たかじんさんならピー音連発で突っ走りそうなところ、

素早くスタッフと打ち合わせしたり慎重な面も。

勿論、流れの中なので

進行に不自然さはない点、さすがだけど、

他の出演者がピー音連発だった先週放送では

割り切って突っ走った。

 

自分自身が自然体なので

自然な流れをつかむのも上手いのだろう。
 

1202211_022_01

 
しかし、ノリがあまりに自然なので、

流れに乗っただけなのかそれ以上なのか戸惑うこともある。

流れの中の発言でも全くのジョークもあれば、

眞鍋さんの実体験を踏まえたものもあるので。

 

この時は後者だったので、ノリだろうなぁと思いつつ

余計なお世話的記事を書いてしまったのが、

6位に入った「さんま御殿」。

やっぱりノリだったと知れたのが「とくダネ!」
 

1202231_013_01

 
突然のことでどうしていいのか分からなかったらしいけど、

お馴染みの人たちに囲まれて、でも情報番組なのでという

これも流れの中で目尻下がりっ放しだった眞鍋さん。

でも、別の流れもあるということで五日後には軌道修正した。

それでいいと思います。
 

1202062_022_01

 
杉崎美香りんも上位定着の5位。

ローカル放送なので観られない方もおられようと

競馬beatの記事を時々上げてきたからか。

 

今は京都から阪神競馬場にスタジオを移しているが

ちょっと歩いてベランダに出れば場内を一望できる場所。

バラエティー的ノリが濃厚なので、ゲストがたまに

サッシ戸開けっ放しでベランダで騒いだりするけど

寒かっただろうなぁ美香りん姐さん。

 

でも、笑顔を崩さない美香りんさん

 ・ ・ ・ 一回当てたからね。
 

Nifuv

 
2月も9位に入った人気の愛犬・うめ。

眞鍋さんちの窓際だろうけど、

何故かパンダになって寝ている。

「犬」なんて書いた服を着せられてたこともあったっけ。

 

ツイッターの自己紹介文が変わって

糸の切れた凧の替わりに

「チーズのことだけは真面目」となり、

その通りの蘊蓄を披露している眞鍋さん。

ってことでチーズは8位。

「専門的過ぎて分からん」という人もいるだろうけど

場合によっては注目度がアップするかも。

 

 

一応の2月度アクセス多かった順のワードは以下の通り。
 
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:たかじんNOマネー
 3位:とくダネ!
 4位:大竹まこと ゴールデンラジオ
 5位:杉崎美香
 6位:さんま御殿
 7位:眞鍋かをり 髪型
 8位:眞鍋かをり チーズ
 9位:うめ
10位:眞鍋かをり 自衛隊

 

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

眞鍋さんの先祖返り(?)も本になるそうな

 

旅行記をまとめて本にしたいと言っていた眞鍋かをりさん。

どうやら具体的に動いているらしい。

言われてみれば、ブログにもいつの間にやら

「管理人からのお知らせ」なんてのができて、

写真の転載等もできなくなった。

堅い人が所属してるので堅い事務所らしい。

一線を画する姿勢が強そうなので、

距離を置いて応援するしかないね。

 

眞鍋さんの旅行はお任せパック的なものではないので、

アクシデントやハプニングも色々ありそうだけど、その分、

こんな時はこうする的なお役立ち情報やノウハウの類も

ちょっとそこらにはない豊富なものになりそうに思う。

状況の変化に合わせた書き足し的なものも、

最近、更新された記事に既に始まっている感じ。

 

クルド人問題は今に始まったことではないけれど、

一部にはイランの関与を疑う声も

今回のテロに関してはあるようだ。

ヨーロッパの一員になろうとしてきたことが裏目に出るのか、

EUの混乱と合わせて、トルコも色々ありそうだ。

EUに加盟できなくて良かった、

なんてことにならないとも限らない。

 

大雑把に見た中東の四大民族は人口の多い順に

アラブ、ペルシャ、トルコ、クルドだが、

国がないのはクルドだけ。

だが、どの国でも国境地帯に住んでいるので

様々な利権が絡み合い、単純な独立運動とは言えないらしい。

なので当面すぐに解決とはならない気配だ。

旅行にも当分、注意が必要かも。

イスラムの英雄サラディンはクルド人なんだけどね。

 

顔が小さく鼻高く、手足が長い眞鍋さん。

先祖のどこかでトルコ系騎馬民族=突厥の血が

混じったのではないかとかねがね疑っていたのだが

トルコでモテたのはひょっとしてそのせい?なんてね。

ちなみにトルコの正史でも、

建国のルーツを突厥としているそうである。

 

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

ヤバ過ぎマネー話に腰も浮く眞鍋さん~たかじんNoマネー

 

1303031_063_01

 
眞鍋かをりさんが言う通り、

かなり濃密な展開になった今日の「たかじんNOマネー」。

いろいろ思い出すこともあってどこまで書いていいのやら。

ゲストは外交機密に詳しい手嶋龍一氏だが、

青山繁晴さんと記者クラブ仲間だったことがあるらしい。
 

1303031_007_01

 
だが、珍しく妙な柄ジャケットの青山さんに

「一方はダンディーなのに他方はチンピラ」

なんて須田慎一郎さんの突っ込み。

まぁエリートと侠客だからね。

 

だが、油断はしていられない眞鍋さん、

機密といえばと水道橋博士さん、眞鍋さんを指して

「この人にも機密がある」

「機密はよっぽど機密にしておかないとバレる時はバレますね」
 

1303031_013_01

 
取り敢えず笑いに変えた眞鍋さんだけど、なるほど、

こういう流れで「機密」という言葉が出てきたのかと納得。

秘→極秘→機密の順でレベルが上がる一種の官庁用語だが

眞鍋さん、なんで「機密」なんて言葉を使ったのかと思ってた。

フライング報道だけで

知ったかコメを入れてたすっとこどっこいがいたけれど

ケチつけたい時は最低限の事実確認くらいしとけ。

 

それはともかく

海老の養殖だの投資ジャーナルだの豊田商事だの、

次から次へとよく悪知恵を思いついたもんだと思うが

なんと眞鍋さんの北海道の御祖母様も

原野商法に引っかかってしまったのだとか。
 

1303031_029_01

 
「それ、うちのお婆ちゃん引っかかりました」

「どうしようもない土地がありますよ」

当然、被害者への弁済に関心を持つ眞鍋さん。

だが、大谷昭宏さんに言わせると

「金を出すより刑を食らった方がいいと思ってる」

 

実際、発覚した時には

手元に金が残っていないのがこの種事件の通例。

でも、実際は確かにあったはずだという。
 

1303031_033_01

 
では塀の中から「出てきて、そのお金は?」

と眞鍋さんが問えば「闇に置いてる」。

 

女房の名義にして偽装離婚なんて

分かりやすい手を使った奴もいたが、

フィリピンにペーパーカンパニーを作ってる奴もいた。

当方が追いかけた連中は小者だったということだろう。

 

「騙された方も悪いという考えもあるから

なかなか捜査も行われない」と青山さん。

「欲をかいたからだ」と中傷され、

鬱になったお年寄りも豊田商事の事件ではいた。

でもそうか?

構造改革以降、株主優先、投資家優先の流れができて、

資産運用、投資話は当時以上に一般化して

さらに浸透しているように思うのだが。
 

1303031_018_01

 
さてイトマン事件で消えた3千億円、

もしそれだけの金があったら?の質問に

東電の時価総額と同じなので、

「東電を買い取って再建する」と答えた岸博幸さんに

眞鍋さん「カッケ~」。

 

他方、青山さんも

オリンパスの粉飾決算1兆1470億円があれば、

「軽空母を建造し、日本海側の

メタンハイドレードを採掘する」

これまた拍手喝采の答。

 

でも、その青山さん、須田さんとともに

イトマン事件で脅迫を受けていたそうな。
 

1303031_035_01_2

 
「(ヤバい人)大集合ですよ」と眞鍋さん。

 

須田さん、脅迫を無視して取材してたら

自宅の郵便受けを燃やされてしまったという。

住友銀行の頭取からも忠告されたそうで、

青山さんは共同通信の上司から

「もう事件記者じゃないのだから」

と肩を叩かれたらしい。

 

でも須田さん、消えた3千億円は

○○に行ったとズバリ(ピー音だけど)
 

1303031_044_01

 
「わあっ!」と腰を浮かせる眞鍋さんと

「今の発言が闇に消える」と水道橋さん。

「ヤクザの経済化が行き着いた」

という発言の流れからして

あっちの人々のポケットに入ったということか。

 

「アホな質問なんですけど」と眞鍋さん、

「裏の人たちは何に使ってるんですか?」

「貯金したりしてます」という須田さんの解答、

ホントかなぁ~
 

1303031_048_01

 
増税までして日本が払った湾岸戦争の費用負担130億ドル、

当時のレートで1兆8千億円だが、青山さん

「そんなにかかってないよ」

なんていろんな当事国関係者に言われたそうな。

 

金が余ったという話は当時から言われていたが、

その後米軍の基地建設などに使われた

と推測されるものの、

なお10~15億ドルの使途不明金が。

 

我が国政治家へのキックバックに使われたという噂、

永田町でもしきりだったそうだが、

当時、中心にいて今も現役といえば、

自民党幹事長だった小沢さんしかいない

と思うのだが、ピー音でよう分からん。
 

1303031_052_01

 
ヤバ過ぎる話連発で、眞鍋さん、思わず気遣いの結語。

 

だが、「戦争の費用なんてよう分からん」みたいな

不得意な分野を作ってはいけないという

青山さんの指摘は頷ける。

ただ、国防の自立という話は

長く複雑になるので別の機会に。

 

青山さんが大阪経済部にいた期間と

当方が京都にいた期間が重なってるようなので、

ひょっとしたらすれ違っていたかもと思うのだが、

当方、誰も相手にしない自衛隊を孤独に取材していたし

多分、会うことはなかったろう。
 

1303031_002_01

 
きっと見ているに違いない

たかじんさんに手を振る眞鍋さん。

続きはたかじんさんが戻ってきてからやりましょう。

 

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

ユーロ危機にもチャンスあり?眞鍋さんのFX美脚対談~『マネーポスト』春号

季刊になった『マネーポスト』、3/1発売の春号

眞鍋かをりさんの連載「眞鍋流」、今回のお相手は、

FXトレーディングシステムズ取締役の人見正延氏。
 

Img063

 
春号ということで惜しげもなく美脚披露の眞鍋さん。

とはいえ、取材は真冬だったろうから

寒かったんじゃないかな。

 

「FXがわーっと広がって」、その後は色々あって

「ようやく市場が静かになった頃」という眞鍋さん。

撤退した会社も多かったが人見氏のFXTSは

口座数も順調に伸びているそうな。

1000通貨単位から始めて1万通貨単位に増やしても、

手数料、サービスは変わらないなどが受けているらしい。

 

ただ、業界全体として価格競争は

「行きつくところまで行った」という認識のようで

「プラスアルファの魅力がなければ生き残っていけない」と、

顧客満足度を重視した戦略のようだ。
 

Img064

 
為替といえば当然、話題はユーロ不安。

 

「ここまでユーロが下がると、私も

『今かな』って思って手を出したくなるのですが」

と言う眞鍋さんだが

「大きく動く時はリスクであると同時に

リターンを狙えるチャンスでもある」

と言う人見氏。

 

「正しい取引をすれば魅力的な相場と見ることができる」

と私見を披露しておられるが、

それは読んでのお楽しみ。

ちなみに

眞鍋さんは「そうか~」と頷いていた。

 

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

軽やか眞鍋さん、フロンティアを目指す?~今日の「とくダネ!」

 

1203011_003_01

 
今日から三月、三寒四温の「寒」も終わってくれたのか、

暖かくなってきて「とくダネ!」眞鍋かをりさんも

春っぽく軽やかに明るい雰囲気。

美脚からタイツやブーツが消えると

「春本番だなぁ」と毎年思うのだけど、

それはもう少し先か。

 

最初の話題、女性宮家の話は分からないなぁ。

自分の考えはどうかを別とするなら

天皇大権の復活やら逆に天皇制廃止やらも

言ったり考えたりは自由だ。

そこまではいかないにしても、この件を巡るバトルに眞鍋さん

「御本人の考えや国民感情、識者の意見の

折り合いをつけるのは難しいだろうなぁ」と感じてるそう。

 

でも、天皇の公務代行は皇太子のみとするなら、

皇統とは切り離して取り敢えず女性宮家の論議、

って、確かに意味が分からない。
 

1203011_007_01

 
だが、眞鍋さん格安航空も調べている。

「使い方だと思うんですけど、ネットは必須」

「手荷物や手数料で差が出る」

そうなのか。

 

便利な羽田や伊丹に便がなかったりするので

「時間に余裕のある学生向き」と

旅のプロ、眞鍋さんの判定。

「時は金なり」は貫徹してるらしい。
 

1203011_010_01

 
なでしこ期待の新人京川舞選手、

「なんでそこでパス!?」は、やっぱり監督に怒られたらしい。

 

パスサッカーはなでしこの持ち味だが、

澤選手のように広い視野を持った選手、

もう一人早急に作らねば。

「ヤヤッ、ヤバいっ!」と思った瞬間、

風のように飛び込んでくる澤選手の姿、

なでしこリーグで何度目にしたことか。

 

でもまぁ、得点王、川澄さんの一撃でなんとか勝ったので

男子敗戦の後に見た眞鍋さん

「ちょっとスッキリさせてもらいました」
 

1203011_013_01

 
鯨とか深海魚とかが打ち上げられて、

なんとも不気味な日本周辺、海の事情。

地震と関連付けた話、鳥が少ないとか

リュウグウノツカイが出たとか

「ネットでも定期的に出てきて、信じてしまいそうになる」

 

よくあることだけど気付いてないだけなのか、

ホントに関係あるのか、

いつもの状態を熟知してないと判断つかないというが

それだけか?

大きな異常現象なら報道や記録に残ると思うのだが。

 

「動物と話ができる研究を」という小倉さんに

「聴いてみたい」と眞鍋さん。

「そっちの方が予算出ない」と言うなら、

うめに訊いてみましょう、眞鍋さん。
 

1203011_020_01

 
「フロンティアの開拓こそ人類の歴史だっ!」

と言うほどのことなのかどうなのか、

日本脱出海外移住熱の高まり。

 

「憧れは凄くある」と言う眞鍋さん、

「上手くいくかっていうと難しい部分もある」だろうけど

「生き方が選べるという点でいうと凄くいいですよね」

日本で家買って一生かけてローン払って暮らさなくても

幸せになれるんだと考えれば「心が軽くなる」のだそうな。

 

「住みにくいこの国をワシらの力で良くするんだ」

というのも生き方なら

フロンティアを目指すのもまた一つの生き方。

どちらも人類進歩の原動力だったのだから

どっちが悪くてどっちが良いとも言えない。

 

未開の台地は今時秘境だけだから、

既存の社会の中でフロンティアを捜すには

特技や才能が要るかもしれないが、

今いる場所を変えることとどっちが難しいか

 ・ ・ ・ 人によりけりかな。

 

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »