« 初代だけど三代目的眞鍋さんの「がっちり」 | トップページ | 眞鍋さんは行ったのかハロン湾 »

2012年1月16日 (月)

センター試験が終わったそうな

 

眞鍋かをりさんが受験生にエールを送っていたので

なんとなく気になっていたセンター試験、

配布ミスがあったそうな。

 

なんのこっちゃと思ったら、

科目選択とか随分ややこしいことになっている。

だもんで試験官も間違えたらしい。

試験官の試験が必要になりそうだが、

そもそもそんなメンドいシステムってどーよ。

 

ついでに問題も見てみたが、

今、こんなこと教えてるんだと思う反面、

正しい説明文を選べという中の間違った説明が

ほとんどギャグみたいで、

「もっとオモロイ説明文つくったろか」

なんて余計なことも考える。

 

大阪の局が作ったクイズ番組で

四択の四番目がオチになってるってのがあった。

終盤、オチを考えるのがメンド臭くなったか

「四!ほにゃらら」なんて、

もう笑いが取れりゃ何でもいいという感じ。

「玄奘三蔵が船でインドに行った」てのはこれに近くて

「孫悟空は船乗りか!」とか突っ込んだら3点プラス

なんてシステムがあったらオモロイ。

 

でも、中には財務官僚が作ったみたいなのもあった。

高度成長期のような自然増収は望めないってなんだ?

今は変動相場制なのであの時代みたいに

過度なインフレ政策はとれないという意味なのか、

もはや経済成長などあり得ないという悲観論なのか。

それとも最近お気に入りの人口論?

 

デフレ容認、増税しかない的ニュアンスがあってどやさと思う。

1955年以降、日本の人口は1.5倍に増えたけど、

GDPは10倍になった。

一人当たりの国民所得が増えることが経済成長の本筋。

一人当たりのGDPは増えないけど

人口増やして国のGDP増やそうぜ!

なんて言っても誰も喜ばないんじゃなかろうか。

 

試験が終わったら一生関わることがない知識もあるだろうし、

あったとしてもその頃には忘れているかもしれない。

だが、覚えていたら「あぁそういうことか」と理解できたのに

忘れてしまったので気付かないということもある。

どう役に立っているのか知らないことはあっても、

実は無駄な知識なんてない。

 

受験した皆さん、せっかく勉強したことなので

活用して頂きたいものだ。

どう役立てるかは貴方次第(都市伝説ではない)。

 

|

« 初代だけど三代目的眞鍋さんの「がっちり」 | トップページ | 眞鍋さんは行ったのかハロン湾 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初代だけど三代目的眞鍋さんの「がっちり」 | トップページ | 眞鍋さんは行ったのかハロン湾 »