« 眞鍋さんも体験したベトナムの今 | トップページ | 切れた糸を結び直すか、眞鍋さん今年の目標 »

2012年1月10日 (火)

眞鍋さんに笑いの兵法?

 

う~む、遂に大竹まことさんもツイッターを始めた。

瞬間に才気をほとばしらせる人もいれば

大作を得意とする人もいる。

両方できる人もいるけど、

俳人や歌人が長編も得意とは限らないし、

ショパンやドビュッシーは小品にこそ真価がある。

やたら長いが中身無しってのもいるが、

そーゆーのはくどいだけで才能ではない。

 

Twitterでは短いボケと

さらに短い突っ込みで笑いを取る眞鍋かをりさん、

瞬間ひらめき型の才能が短文界で開花したか。

しかし、気軽なツイートでも全世界に発信してるので油断は禁物。

 

油断といえば、バラエティーによくある

VTRを観ながらリアクションするというお仕事、

通販番組のオバハンみたいなもんだがあっちは声だけ、

こっちはいきなりアップで抜かれたり

コメントを求められるのでゆめゆめ油断はできない。
 

1201091_012_01

 
ってことで、いきなり抜かれた眞鍋さん、見事なリアクション。

 

正々堂々、卑怯な真似はせずの武士道だが、

孫子の影響か奇襲不意打ちの類は認められる。

油断する奴が悪いという訳で、

武術にも不意打ち即応型の技が多く伝えられるし、

抜刀術など奇襲、奇襲対処どちらにも使える日本独特のもの。

 

とはいっても、時間の長い特番は大変だよなぁ。

Twitterで瞬殺の一太刀、これで発散しましょう。

 

|

« 眞鍋さんも体験したベトナムの今 | トップページ | 切れた糸を結び直すか、眞鍋さん今年の目標 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞鍋さんも体験したベトナムの今 | トップページ | 切れた糸を結び直すか、眞鍋さん今年の目標 »