« 眞鍋さん、ノースプロダクション所属に | トップページ | 「防人たちの女神」眞鍋さん、MAMORの表紙に »

2012年1月21日 (土)

悪役でもオモロいムネオトーク~たかじんNOマネー

 

1201211_002_01

 
「本物ですよ~入ってますからね、塀の中に」

ちょっと言い過ぎたかと「地獄を見たという意味で」

眞鍋かをりさん訂正の主は仮出所中の鈴木宗男氏。

稀代の悪役として世間を賑わせた御仁だが、

仮出所するや否や100人もの国会議員がお出迎え、

新党を立ち上げるなど驚きの影響力を見せている。

 

評価は色々だし、眉をひそめる向きもあろうが、

取り敢えず話を聴いてみようではないかがたかじんさんの流儀。

過去、たかじんさんの番組で土下座までして再起を誓いながら

すぐに再犯、結局、姿を消した奴もいたけれど、

ムネオ氏は今も無罪を主張。

民事訴訟を通じて再審を目指しているという。
 

1201211_005_01

 
「今の自民は自眠党」と、声もデカいがギャグも冴えるムネオ氏。

自分は毒のある政治家と割り切ったある種の開き直りがあって、

話が面白いのである。

ちなみに新党結成に協力姿勢を見せた小沢さんだが、

後でウチのグループには手を出すなと言ってきたとか。
 

1201211_006_01

 
震災の時も勿論、塀の中。

お年寄りの入浴介護をしていたらしい。

情報源は数時間のラジオと新聞だけなので

津波被害を知ったのは翌日 ・ ・ ・ 

ムショ話もリアルだが、その為のゲストではない。

 

資源エネルギー庁時代、

課長補佐だった岸博幸さんが怒鳴り散らされたという

官僚主導官僚いいなり増税オンリー政権にはいない人材

ということで
 

1201211_012_01

 
「今後、日本の為にどう生かしたらいいのか、

勝手に考えてみました」と、眞鍋さん、

ムネオリサイクル計画(資源ごみか)提言集へ。

 

宗男氏といえば外交、特に日露関係だが、

当然、日露平和条約締結や北方領土返還。

北方領土近海での日本漁業者保護があげられるが、

ムネオ氏、水を得た魚のように喋る喋る。
 

1201211_020_01

 
大統領が北方領土に来たからといって喧嘩してはいけない。

先乗りして出迎えるのだ。

「接待はムネオハウスですか?」(大谷昭宏さん)

「勿論です!」(ムネオ氏)

 

ムネオハウスで寿司など御馳走しながら返還交渉をするのだ。

そしたら寿司一貫で島一つ返還とかなるかもしれない

って、んなアホな。
 

1201211_022_01

 
「ムネオさんだったら、そういうことやっても

許される雰囲気なんですか」

眞鍋さんの問いに

それくらいの胆力が必要だとムネオ氏。

気構えの問題なのである。
 

1201211_032_01

 
「知らなかったですね~」と、

眞鍋さんが特に興味津々だったのが

ロシア国境警備隊と海上保安庁との交流。

 

風も強いし潮の流れも速いので

漁船はすぐに境界を超えてしまうのだから

「寿司食わせてウォッカも飲ませ」

「すぐには撃つな」と了解を取り付けていたので、

かつては銃撃事件も起こらなかったのだとか。

 

どこまで本当かは分からないが、ロシアの銃撃で

ムネオ氏の後援者が犠牲になられたのは事実のようだ。
 

1201211_038_01

 
しかし、眞鍋さんのリサイクル提案、

北海道知事案には珍しく困った表情。

「北海道では凄く人気あるじゃないですか」

眞鍋さんもヨイショするのだが ・ ・ ・ 

 

「私みたいなタイプは向いていない」

「知事はバランス感覚が要るし」

「気が弱いので」

どこがやねん!

 

あちらもこちらも全方位的に気配りするのはどうも

ということなのだろうか。

だが、突然、思いついたのか
 

1201211_043_01

 
知事になったら北海道を独立させ、

ロシアに近付いて北方領土返還を実現。

5年ほど経ったら「やっぱり日本がいい」

と、領土ごと日本に復帰するという奇策を披露。

 

思わず拍手の眞鍋さんだが、

外交とは人脈と信頼関係を水面下で醸成するものだ

というのがムネオ氏の得意とする政治手法のようだ。

政敵を作って二者択一を迫る橋本流とは正反対だし、

古いと言われたら古いかもしれないが

はまる場所はあるかもしれない。

 

ってことで、来週は「たかじんNOマネーGOLD」

生放送復帰2時間スペシャルだ!

 

|

« 眞鍋さん、ノースプロダクション所属に | トップページ | 「防人たちの女神」眞鍋さん、MAMORの表紙に »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞鍋さん、ノースプロダクション所属に | トップページ | 「防人たちの女神」眞鍋さん、MAMORの表紙に »