« 何が起こるか分からない意外性の人生ってあるもんだ~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 頑張った「眞鍋姉さん」の美優さん追悼 »

2011年12月16日 (金)

眞鍋さんの挨拶文を読んで考えるべきことは

 

眞鍋かをりさんのOfficialBlog

前所属事務所との和解についての挨拶があった。

「お知らせ」というタイトルにちょっと照れが感じられるけど、

きっとどういう文面にするか何日か考えたのだろうなと思う。

船旅に嵐はつきもの。眞鍋号は乗り切った。

 

これについては二日前の記事とそのコメ欄で、

思うところの概ねは書いたし、和解の趣旨を尊重して

それ以上の発言は慎みたいと考える。

考えるべきは、眞鍋さんの感謝に値するのか、

自分自身への問いだ。 

どれほどの応援ができたのだろう?

 

眞鍋さんは09年12月を以て、

前事務所の仕事を全て止めた。

1月はまだ収録済みの番組があって

ちょこちょこ放送されていたのだけど

1月30日から2月26日までは

画面に姿を見ることはなかった。

 

こうなることは分かっていたので

企画を考えたり自分でネタをつくったり、

毎日とはいかなかったけれど

3月4日の「とくダネ!」復帰までの二カ月強で

64本の記事をアップした。

 

全てが眞鍋さんの記事とは言い切れないし、

それがどうしたという話だが、

当ブログとしては、

書き続ける以外に応援する手立てがなかったのだ。

 

ネタ枯れの季節はその後も続いたから、

眞鍋さんが「逆境を感じた」というのも

あるいはこの頃のことかもしれない。

フジテレビと小倉さんしか味方がいないようにも見えた。

当ブログとしても、何を書こうか考え込むことが多かった。

 

そんな時、たかじんさんの支援宣言は嬉しかった。

北野誠さんの件では、あのバーニングと話をつけた人物。

海兵隊が味方になってくれたようなもんである。

それまで接点はなかったから、

初共演の「偉人変人たかじん」は、

ある意味テストだったのかもしれない。

眞鍋さんの能力、人柄に不足のあろうはずはなく

「たかじんNOマネー」という舞台を与えてくれた。

 

よく優木まおみさんが引き合いに出されるが、

誰が言い出したものやら、当方には全く理解できない。

砲丸投げの選手と高跳びの選手を比較するようなもので

全くキャラが違うし得意科目も違う。

少なくとも優木さんがクイズ番組で活躍した記憶はないし、

閣僚級の大物相手に「マネー」のMCができるとも思えない。

優木さんの得意分野はもっと他の所にあるはずだ。

砲丸投げの選手に高跳びはできない。

 

それはともかく、

眞鍋さんのブログが復活したあたりから、

周囲も盛り上がってきたように感じた。

当ブログへのアクセスが日に千件を超えることも、

あの時期は珍しくなかった。

続いて始めたTwitterが評判を呼ぶようになると、

逆に当ブログへのアクセスは減っていった。

眞鍋さん自身の発信が増えたからで、喜ばしいことである。

 

そこに当方が幾らかの達成感を感じても許されると思うし

09年頃のアクセスに戻った今は、平常に復したということだ。

だから、和解の話し合いに入っているのだろうな

という気配は、情報自体は何もなかったけど、

感じることができたし、その通りとなって、

これでホントの意味で平常に戻った訳である。

 

率直に言わせていただくと、

生きてこの日を迎えられたことを感謝したい。

ってことで、

回顧はコレで終了、明日に向かって船出である。

そうそう、今は気象衛星で嵐の進路は分かるので、

眞鍋さんも高性能受信装置を入手していることだろう。

 

|

« 何が起こるか分からない意外性の人生ってあるもんだ~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 頑張った「眞鍋姉さん」の美優さん追悼 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

和解のニュースをスポーツ紙で見た段階では「よかったよかった」という感覚でしたが、眞鍋さんのメッセージを読んで「本当に良かった」と何かがこみ上げてきました。

2009年は数少ない眞鍋さんの出演情報にかじりついていたような、そんな記憶があります。
そんな中でも毎日のように更新していたNagaraさんには感服いたします。

眞鍋さんの新しいステージをこれからもずっと見守って行きましょう。

投稿: みなみ | 2011年12月16日 (金) 22:21

我らMKB(眞鍋かをり防衛隊)みたいなもんですからね。
隊士を募ったら48と言わず、4万8千人は楽勝で集まりまっせ。
いやホンマ

投稿: KenNagara | 2011年12月16日 (金) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何が起こるか分からない意外性の人生ってあるもんだ~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 頑張った「眞鍋姉さん」の美優さん追悼 »