« 競馬じゃないのに当る予想 | トップページ | 未来コーナル、眞鍋さんの美脚ルポ »

2011年11月26日 (土)

よく分かったTPPとやっぱり分からなかったそのメリット~たかじんNOマネー

 

1111261_001_01

 
ワォ!眞鍋かをりさん、いきなりの不規則発言!

という訳でもない「たかじんNOマネー」はTPP特集。

まずはお揃いの皆さん、賛否のほどは、と問うた

眞鍋さん本人が曖昧だったので突っ込まれての一言。
 

1111261_005_01

 
天の声からも怒られてしまったけど、

これが一般人大部分の認識ということだ。

何しろ事実上参加表明の我が国総理でさえ

ISD条項を知らなかったのだから、

国民に説明なんて出来る訳がない。

 

反対派が既得権益に走っているので

既得権益守護派と「改革派」の争いみたいに見えたり、

そう見せようとしたりする。

催涙ガスまで巻かれた韓国国会の大騒ぎ、

野党が断固譲らなかったのは米韓FTAのISD条項撤廃。

ところが日本のテレビニュースは

「農業団体などが反対」なんて歪曲し、

ISD条項には一言も触れない。

 

四大紙全てが推進派なのは別に構わないが、

事実は事実として報じる義務があろう。
 

1111261_009_01

 
単位面積当たりの収穫量が高く、

世界中に指導に赴いて成果を上げている日本農業。

野菜は現行でもたった3%の関税で十分勝負してる。

関税率の高さが喧伝される米でも、

実際の価格で比較すると1.5倍程度という数字もある。

 

だが、米以外の穀物自給率が低いので、

トータルするとびっくりする数字になって眞鍋さんも「へ~」。

「高級野菜や果物の輸出が止まっても

相手は贅沢できなくなるだけで済むが、

穀物輸入がストップすると食えなくなる」

 

食糧安保の観点を力説する三橋貴明氏。

NAFTA締結でカナダの農協がアメリカ資本に乗っ取られ、

カナダの農家は利益が上がらなくなっている実態も指摘した。

また、公的医療制度の見直しが

TPP関連文書に明記されていることを挙げると、

アメリカの保険会社が日本市場を狙っていることは

推進派の岸博幸さんも同意する。

 

病院経営に参入したアメリカ資本が

価格競争で競合を排除した上、

値段下げ過ぎて採算が取れなくなるととっとと撤退する

なんて事例があったらしい。
 

1111261_018_01

 
とはいえ、高齢化する農業も

これまた少子高齢化で先行き不安な医療保険も

TPPとは関係なく何とかしなくてはならない問題には違いない

ってことだけは賛成派、反対派とも意見が一致した。

 

でもなんか「TPPのここが素晴らしい」って話が出てこない。

TPPに入れば雇用が増えるってのも根拠がないらしい。

 

自動車や家電にかかっている関税なんて元々大したことないし、

為替変動で吹っ飛ぶ程度のもの。

トヨタをアメリカ企業と思ってるアメリカ人もいるくらい

現地生産が行われてるので関税自体あまり関係ない。

「関税撤廃より円高対策の方が効果的」が番組の結論。
 

1111262_025_01

 
あれれ?岸さんなんで賛成票入れてるんだろう?

よく分からないが、ここで問題になったのが

大もめにもめた米韓FTA。

 

ISD条項も、相手国政府を訴え、

法改正を迫る権利を持つのはアメリカ企業だけ。

韓国企業にはその権利なく、関税自主権放棄という、

いつの時代の話かと耳を疑う不平等条約だ。

 

「韓国は交渉に負けた」と岸さん。

「日本はそんなものは認めず、

獲れるもんがあったら入ったらいい」

大谷さんも「日本はそんなバカなことは」と言うが

「現にバカじゃないですか」と青山さん、

ISDすら知らなかった我が国総理を皮肉った。

 

外国への約束を何より優先する総理では

国益なんて二の次三の次になりそうで

とてもじゃないが任せられないよなぁ。
 

1111262_028_01

  
オッとこれは個人的に盲点だった須田慎一郎さんの指摘。

なんだい、既に条約結んでる国ばかりじゃないか。

誰だ、TPPに入らないと「中小企業は締め出される」

なんて言ったの(NHKの解説員だ)。
 

1111262_030_01

 
でもって、やっぱり分からない

「TPPのここが素晴らしい」

 

岸さんは先に枠組みを作って中国を引っ張り込む

とかなんとか言ってたけど生放送では

中国は「入ってこないでしょうねぇ」とも言ってた。

将来構想としては分からなくもないし

長期的視点も必要だとは思うが、

目の前の課題を論じるにしては抽象的に過ぎる。

 

予想した構造改革にもちょっと触れたけど、

TPPとは関係ない自力でやるべき論に押し切られた格好だった。
 

1111262_034_01

 
眞鍋さんには米韓FTAが意外だったらしい。

誰だって意外と言うかよくあんな条約を、と思う代物だが

経産官僚らの「韓国に先を越された」論、

実態を知らされたらケシ飛ぶこと疑いなし(だから隠すのか)。

「FTAでウォン安がなくなったら ・ ・ ・ 」

頼みの綱のウォン安は守ろうとするだろうけど、

もしも崩れたら幻想も一気に崩れると皆さん指摘。
 

1111262_038_01

 
で、日本では、予算通過と共に政局に移行。

TPP妥結前に総選挙が来るとの予想が。

「見えてきましたねぇ」と眞鍋さん。

 

番組メールによると岸さん、

今の政府ではダメだけど総選挙で選ばれる

次の政府なら交渉できるかも、とか言ったらしい。

 

番組としての結論も

「総選挙でTPPの信を問え!」
 

1111262_045_01

 
「いや~いい番組になりましたよ」

女田原総一朗、眞鍋さん閉会の弁。

 

でも三橋貴明氏のブログによると、眞鍋さん、最後に

「TPPのメリットを具体的に知りたいですよねぇ」

って言ったらしい。

結局、最後まで出なかったし、

当方も全く同じ感想です、ハイ。

 

|

« 競馬じゃないのに当る予想 | トップページ | 未来コーナル、眞鍋さんの美脚ルポ »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 競馬じゃないのに当る予想 | トップページ | 未来コーナル、眞鍋さんの美脚ルポ »