« 生放送「マネー」はTPP激論 | トップページ | ハイテンション眞鍋さんの声援 »

2011年11月21日 (月)

突っ込み眞鍋さんのヨクナ~ル学園高知篇

 

昨日は「体がヨクナ~ル学園」第四弾の高知篇。

彦摩呂さんと具志堅さん以外は新入生、

ということで

「一年中、奥さんのお陰で胃の痛い思いをしているとか」

まずは西村和彦さんをいじってみた眞鍋かをり先生。
 

1111211_018_01

 
曇天の海辺は明暗比が大きい割に発色が悪くて

ロケにはイマイチだが、そこはパワーで振り切る。

それにそんなことお構いなしの生徒二人。

 

勝手に食いはじめたり、糖度が高いと言ってるのに

「ゆーほど甘くない」とか

「甘いけどおいしくない」とかおっしゃる。

担任としては「マネー」とはまた違う気を使わなくてはならない。
 

1111211_026_01

 
でも、この時期高知といえばこれでしょうと

戻り鰹のたたきでファイアー。

今回は黒のスーツで美脚な眞鍋さん。

 

かの地では生シラスをドロメと言うそうだが、

亜鉛が豊富で胃酸抑制、ビタミンCで効果アップと柚子絞り。

鰹には美肌効果があるそうだ ・ ・ ・ 
 

1111211_029_01

 
ってことで「抜き打ちテストーッ!」

鰹に含まれるナイアシン、もう一つの効果は?

 

二日酔いではないかとトリンドルさん、

「聴いたことがある」

「まだ未成年なのに?」

すかさず突っ込む眞鍋さん。

でもこれが大正解。

 

場所を移して高知から栽培が始まったというフルーツトマト、

リコピンの吸収を助けるのは砂糖かマヨネーズか?

ここでも未成年、

「オリーブオイルをかけて食べるから油脂がいいのでは」

またまた正解。
 

1111211_035_01

 
突込みどころがないけどまぁいいやと、

眞鍋さんもフルーツトマトのピザをパクつく。

不正解のベテランがなんか言ってるけど気にしない。

トマトじゃ太らないしね。
 

1111211_042_01

 
なんて言いながら次なる名物、

土佐地鶏のトサジロー親子の元へ。

 

しかし、高知といえば何か足りない。

地元出身有名人といえば ・ ・ ・ 

偽広末、おかもとまりさん登場。
 

1111211_044_01

 
でも突っ込みどころを作ってくれるので、

眞鍋さん、やりやすそう。

素晴らしい色のトサジローの卵、着色料は入ってません。

 

でも、卵かけご飯を、白身と黄身に分けて

器の両端に入れるのは面白い。

白身も箸で持ち上がるとか。
 

1111211_047_01

 
それ普通に食ってるだけやんと

眞鍋さん、再度の突っ込み。

突っ込みがなかったら何してんのか分からなかった。
 

1111211_055_01

 
「ジャーンッ!」

みんなが食べた後での種明かしはウツボ。

回遊魚じゃないので当然、白身だが、

ムコプロテインなる成分が

胃の粘膜を保護してくれるという。

 

ナマコやしゃこを最初に食った人はエライと思うが、

これもその類か。

しかしウルメは美味そうだったね。

干物だけど、高知では目刺しにはしないらしい。
 

1111211_063_01

 
土佐の赤牛ステーキが出たところで最後のテスト。

亜鉛が多い赤牛、効果を高めるにはゴマだれかポン酢か。

完全に復習問題なのだが、忘れている人が ・ ・ ・

具志堅さんもその一人だが、

それもわざわざ途中で解答を替えての大失敗。

 

しかし、前回発見されたピロリ菌はいなかった。

治療中に担当医が引退してしまい、

結果知らずだったらしいのだが
 

1111211_065_01

 
これで僕も○○ ・ ・ ・ ピロリ?いやポン酢かな?

意味不明の発言に眞鍋さん、

「何ですかぁ?」

最後の立ち上がり突っ込みで締めとなった土佐。

めでたしメデタシ

 

|

« 生放送「マネー」はTPP激論 | トップページ | ハイテンション眞鍋さんの声援 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生放送「マネー」はTPP激論 | トップページ | ハイテンション眞鍋さんの声援 »