« パワー!あり過ぎても困るかなの話 | トップページ | 眞鍋さんのネイルチェンジ »

2011年11月13日 (日)

「たかじんNOマネー」は酔っぱらい大暴れと眞鍋ママ奮闘記

 

1111131_002_01

 
Twiter上でもハチャメチャぶりと

眞鍋かをりさんの奮闘が語られている

「たかじんNOマネー」、お酒とおかねの巻。

ゲストは酒豪芸能人を代表して国生さゆりさんと桂ざこば師匠。

なのだが ・ ・ ・ 青山さん、ピッチ早くないか?

なんだか不穏な予感が ・ ・ ・ 

 

だが、酒の売り上げが減っているとは驚いた。

飲む女性が増えたのは、

今まで飲まない人が多かっただけのような気がするし、

キッチンドランカーやるよりは景気よく発散した方がイイ。
 

1111131_008_01

 
ってことで、業界一人勝ちのサントリー、

ウイスキー=オッサンのイメージを覆したハイボール復活。

「昔からあった」「これしかなかった」

と語るオッサン話に眞鍋さん「へ~」

 

食前、食中にも飲めるところがうけたとかで、

次の戦略はブランデーのソーダ割り。

さっそく眞鍋さんも試飲するが ・ ・ ・ ・
 

1111131_011_01

 
「私にとってはアイスティーみたいなもんですけどね」

とか言って、話題がよそへ行った隙にワインをごくごく。

この辺まではまだまだ眞鍋さんもリラックスムード。

やがて訪れる試練を察知していたかいなかったか。
 

1111131_014_01

 
飲んでもあまり変化ない眞鍋さんだけど、

「時々海賊になります」と

青山さんを借りて海賊飲み披露。

「ココだけの話」にもこういう場面、出てきたね。

 

酒飲んで愚痴をたらたら言い出したり、

仕事の話しかしない奴はうんざりだけど、

陽気な酒は楽しい。
 

1111131_017_01

 
やっぱりピッチが早かったか、

言論界の侠客もなんだか好々爺みたいになってきた。

一方たかじんさんは「カシスソーダってなんやねん!」

確かに。

 

カクテルといえばマティーニでしょう。

ジンフィーズ、ジンライムも夏場にはいい飲みものだし

そういや、ジンばかり飲んでた時期があったこと、

思い出したぜ。
 

1111131_021_01

 
だが、オッサン達はカティサーク、ジョニ赤、ジョニ黒など

懐かしのウイスキー話に花が咲く。

なんだか怪しいぞと眞鍋さん。

そろそろ「私がしっかりしなきゃ」と気付いたか。
 

1111131_028_01

 
レッドジャンボのCMソングを歌っていたたかじんさん、

アカペラでさすがの一節(上手過ぎ)。

思わず「イイね」のつぶやきが漏れたのだが、

ここでたかじんさん、いきなりのピー音発言。
 

1111131_032_01

 
爆笑した眞鍋さんだけど、

なんだか凄いことを言ったらしい。

気を取り直して議事進行しようとしたのに

たかじんさんがかぶせてくるものだから

眞鍋さん、遂に強硬手段!
 

1111131_036_01

 
なんとか仕切り直した眞鍋さん、

「最近のハイボールは調合がイイ」発言に、

「フォアローゼスとかハーパーとかおいしいですよね」

テーマに沿って話を進めるのだが、

その横のたかじんさん、ワインが空に。
 

1111131_037_01

 
飲んだ酒の生産国によって酔い方が変わるという国生さん、

「チリワインを飲んだら暴れたくなる」

そのココロは政情不安なイメージがあるからだそうだが、

それならもっと凄い国あるぞとたかじんさん。

眞鍋さん、ギリシャで暴れなかったみたいだけど。
 

1111131_045_01

 
さて、テーマは酒のあてということで、

チーズプロフェッショナル眞鍋さんの出番。
 

1111131_049_01

 
で、紹介したのがコレ。

説明文がなくても完璧な紹介コメントだった。

流石の眞鍋さん。
 

1111131_051_01

 
「酔わなければもっと飲めるのに」

ここで眞鍋さん、酒の味わいを力説。

んだったら、ウイスキー、ブランデーは生でいきましょう。

ほんのり温めると角が取れて口当たりが良くなり、香りも立つ。

 

尻ポケットに入れる湾曲したウイスキーボトルがあって、

体温で適度に温まった奴をぐびりとやる。

ジョン・ウエインが映画で良くやってたあれだが、

今でも手に入るのだろうか?
 

1111131_062_01

 
一方、話がだいぶ脱線し始めた面々。

懸命に進行する眞鍋さんだが ・ ・ ・

 

ただ一人ストレート派だった須田慎一郎さん

「大腸、病気しましてね」

「僕、大腸癌」とは、今年、手術した青山さん。

「(飲むと)出血するんですよ」(須田さん)

「出血したらいい」(青山さん)

 

「ちょっと、出血したらいいって青山さん」

フォローしようとする眞鍋さんだが、

たかじんさんも加わって話はさらに脱線。

「ずっと血ぃ出てんねんで」とざこば師匠を指差し

「切れ痔といぼ痔」
 

1111131_063_01

 
「酒の席でモテる方法」ミニコントで

何とか抑えた眞鍋ママ。

女性への軽いボディータッチや下ネタはOKだとか。

そして女性には鏡のように相手に合わせた動きを取る

「姿勢合わせ」なる秘技があるとかで

眞鍋さんも「勉強になる~」
 

1111131_070_01

 
だが、「人は法則に当てはまらん!」と、

たかじんさん全面否定。

そして話は何故か国生さんとざこば師匠の娘さんのプライベートに。

「あれアレ、おかしいぞ」と眞鍋さんの表情。
 

1111131_072_01

 
「(進行に)協力して下さい!」

強引にカットインした眞鍋さん。

「ここでVTRに ・ ・ ・」

「どーでもええ、流れの仕事やめとけ」

たかじんさんの一言に頭を抱える眞鍋さん。

 

「男の人って、どうして酔っ払うと

髪の毛くしゃくしゃになるんですか」

たかじんさんと青山さんの髪を直すと

青山さん、やおら上着を脱ぐ。

「青山さんっ!マイク外れてるっ!」
 

1111131_075_01

 
遂に切れてしまった眞鍋さん。

「わしかて飲みたいんじゃ!」

と、思ったか思わなかったか。
 

1111131_079_01

 
でも、番組は〆なくてはならない。

「お金とお酒にまつわるお話をしてきましたけど」

「そんなんいつやってん」とお隣のお方。

眞鍋さん、アチャ~ ・ ・ ・

 

で、話は再び国生さんのプライベートに。

「その話さっきしましたよ」と水道橋さん、指摘すると

「酔っぱらいは最低二回は同じ話するんじゃっ!」

これはイカンと立ち上がった眞鍋さん
 

1111131_083_01

 
「お店、もう終わりですから~また来てくださいね~」

御見事なシャットダウン。

アフターがあったか否かは不明である。

 

ちなみに、来週は再びゴールデン生放送。

どうなることか分からないが、

三橋貴明氏が再度来襲する。

 

|

« パワー!あり過ぎても困るかなの話 | トップページ | 眞鍋さんのネイルチェンジ »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

眞鍋かをりの進行素晴らしいですね(^0^)/アシスタントとして成功して欲しい物ですね。
あの色気とあしらい方も良く…これからも楽しみですね。

投稿: 山チャン | 2011年11月21日 (月) 04:12

眞鍋さん、自己主張よりまとめ役の方が向いてるみたいです。
長女だからか?

投稿: KenNagara | 2011年11月21日 (月) 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パワー!あり過ぎても困るかなの話 | トップページ | 眞鍋さんのネイルチェンジ »