« 閑話休題、言葉狩りに思うこと | トップページ | へそにも溜まらず扉も開けない「柿のゴマ」 »

2011年10月11日 (火)

眞鍋さんの爪がっ!

 

何っ!眞鍋かをりさんの左足の親指の爪が剥がれたとな。

ジェルネイルが剥離して爪がごっそり取れたって、

なんだかよく分からない状況だが、

サンドバックをキックした時、

角度が悪かったとかではないらしい。

 

大竹まこと ゴールデンラジオのHP

画像が載ってるけど、ぞっとしないなぁ。

「歩く度に刺激的」なんて言ってるけど、

ヒールの高い靴とか履いたらそれだけで刺激的になりそう。

 

爪が剥がれた経験はある。

根元から少しずつ爪が出来上がってゆく工程は、

土木工事を見ているみたいでなかなかに興味深い。

でも、そう綺麗なものでもないので涼しい季節で良かった。

 

そういえば、大阪マラソンの練習で

爪が剥がれたタレントさんがいた。

爪を剥がすのが流行ってるのか?

んなこたぁないだろうけど、眞鍋さん、

剥がれた爪がなかなかに綺麗なので

イイ人ができたらプレゼントするのだそうだ。

 

転んでもタダでは起きない眞鍋さんである。

ところで、

チャリに風船50個くらいつけて校内を走りまわってたって

空でも飛ぶつもりだったのでしょうか?

 

足、これ以上痛めないように気をつけてね。

 

 

|

« 閑話休題、言葉狩りに思うこと | トップページ | へそにも溜まらず扉も開けない「柿のゴマ」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閑話休題、言葉狩りに思うこと | トップページ | へそにも溜まらず扉も開けない「柿のゴマ」 »