« ワケあり眞鍋さん2題 | トップページ | お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 »

2011年10月22日 (土)

危機管理色々に眞鍋さんの爆笑暴露

 

1110221_010_01

 
恐怖の(?)ゴールデン進出生放送を控えながら

通常時間での放送もやる「たかじんNOマネー」。

(株)リスクヘッジ代表取締役の田中正巳氏、

元陸自北部方面総監の志方俊之氏を迎えて

危機管理特集だ。

 

まずは田中氏の金言
 

1110221_009_01

 
弁護士のいいなりになって対決姿勢を見せたらダメなのであって

まずは被害者に謝罪し、突っ込まれる前に辞任など責任を取る。

しかる後に対策を明らかにしておけば再建の道も開ける。

「あいつが悪い、俺だって被害者だ」意識が先に立つと

ついボロが出て、謝罪会見が居直り会見になり、

ユッケ事件の焼肉屋みたいに再建できなくなる。

 

「こんな事件を起こしたわたいに経営者の資格はおまへん。

そやよってに、ただちに辞任しま」

と、いの一番に宣言しておいて
 

1110221_006_01

 
こんな風に続けていれば潰れずに済んだはずだという。

経営から退いても株を持ってれば儲けは入るしね。

 

しかし、責任を全面的に認め

「裁判で不利になったら意味ないんじゃないですか」

という眞鍋かをりさんの疑問には

「わが社の責任だとするならば」と

「ならば」を挿入する配慮が必要だとか。
 

1110221_017_01

 
「ならば」ということで、水道橋博士さん、

須田慎一郎さん、大谷昭宏さんが仮想謝罪会見。

「大学には四日しか行っておらず博士ではない、自任しますっ!」

という水道橋会見は50点。

被害者=本物の博士にまず謝罪すべしとの評価。

 

ホステスに貢いでいたという須田さんだが

「やましい気持ちはなかった」に「あれ~」と眞鍋さん。

「これはダメなパターンじゃないですか」

という通り、評価は零点。
 

1110221_019_01

 
プロのナルホド的お手本に眞鍋さん拍手。

 

暴排法についての話題もあったが、

その筋に詳しい須田さんは暴力団はなくならないと明言。

当方もそう思う。

 

ヤクザ屋さんを擁護するつもりは毛頭ないが

ヤクザを生み出したのは人々の身勝手な欲望であり、

仕切る人がいないと変なチンピラがバッコし、

買春だの、野放図な借金だのヤクだのが、

把握できないてんでバラバラ状態で蔓延しかねない。

 

闇社会の仕切り役として必要悪な存在と

半ば公認されていたのがヤーさんだったのだが、

警察にその替わりができるかとなると今一つ

警察自体の信用がないのが現実ではあるまいか。
 

1110221_024_01

 
国家レベルのヤクザはもっと怖い。

頻発するサイバーテロ。

でも、日本には誰が対策するのか役割分担すら明確でない。

これだって警察予算の大半を使いながら、

何やってるのかイマイチ明確でない公安部がもう少し

国民に信頼されていたら、法改正も楽にできたろうにと思う。

 

しかし、サーバーテロなら

日本人の方が向いてるんじゃないかとたかじんさん
 

1110221_026_01

 
「全日本ハッカー大賞に1億円とか」

「堂々とやっちゃいますか」と眞鍋さん。

まさかね。

 

身近なところでいえばセクハラだが、

「カラオケでデュエットをしつこく要求する」に

「これもダメなの~」と反応した眞鍋さん
 

1110221_030_01

 
「この程度でセクハラになるんだったら、

たかじんさんからめっちゃお金取れてると思いますよ」

思わぬ暴露にたかじんさん超ガックシ。

 

でも、たかじんさんとデュエットってかなり贅沢。

したい人は全国に万単位でいるだろうから、

眞鍋さん、それ、自慢になるかもよ。

ただ ・ ・ ・ 

たかじんさん、上手過ぎるから度胸いるなぁ。
 

1110221_037_01

 
おまけに真剣な表情の眞鍋さん。

今日は2本録りの上に生放送、

大変なスケジュールだけど頑張れ!

 

|

« ワケあり眞鍋さん2題 | トップページ | お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワケあり眞鍋さん2題 | トップページ | お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 »