« お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 | トップページ | ないようである眞鍋さんの気憶とゴールデンラジオ »

2011年10月23日 (日)

「暴挙」にはならなかったか(?)たかじんNOマネーGOLD,眞鍋さんの奮闘

 

1110222_005_01

 
「ゴールデン進出、生放送ですよたかじんさん!」

「この狭い所に自販機こんなに並べてどないせぇっちゅうねん」

そーゆー話じゃなくての小ボケを入れながら始まった

テレビ大阪の「暴挙」(たかじんさん)

「たかじんNOマネーGOLD」

 

「もしかすると今日の放送で何人か消えるかも」

懸念表明の眞鍋かをりさんだけど

「一回で終わったら終わったでええやん」(たかじんさん)

「今日が最終回!?」(水道橋博士さん)

「一番不安」と言われた青山繁晴さんも

「眞鍋さんには悪いけど僕は気をつけません」

「気をつけて下さいよ~」という眞鍋さんだけど、

その不安は見事的中してしまう。
 

1110222_015_01

 
しかし、気を取り直して笑顔で番組進行、眞鍋さん。

まずは腹の立つ怒ッ金ニュースランキング。

4位に終わった阪神タイガーズから何故か香川うどん県に名称変更

某番組の視聴率やら反ウォール街デモ、歳の差婚に

大阪の府市同時首長選までなんでやねん的にあれやこれや。

 

野田総理の貧乏話にも「家族の資産分からない」

「自己申告だから意味ない」なんて聴いて
 

1110222_026_01

 
「エッ!この通りじゃないってことも?」

驚く眞鍋さんに須田慎一郎さん、「小沢さんの

(土地購入資金)4億円は何処から出てきたんだって話です」

須田さんによると二世議員は元から金を持ってるので

ヤバい金に手を出さないとこだけはイイのだとか。

 

ちなみに預貯金の少ない野田総理だが、

普通預金は入っていないらしい。

ってことは ・ ・ ・ 
 

1110222_029_01

 
「定期預金300万で普通預金に2億入っとったらどや」

あながち爆笑もできない気がしたりして。

 

香川のうどん県には

「愛媛を抜いたと思ってるんでしょう!」と言いつつ
 

1110222_018_01

 
「いいな」と笑顔でオチをつけた眞鍋さん。

ここまでは順調だったのだが ・ ・ ・ 

 

45歳年下16歳とでも親の許可があれば結婚できる

としたたかじんさん。そりゃそうだって話だが、

寿命の長い女性が年上の方がいいという指摘に

「下やったらええけど上やったら100歳超えとる」

 

そこから「どこまでが熟女か」となって、何故か

大阪市立大大学院の朴一教授、実名をポロンぽろん。
 

1110222_035_01

 
「大丈夫かなぁ ・ ・ ・ 」

思わず顔を覆う眞鍋さん。

「生放送で○○さんをジャッジするのは止めましょう」

 

橋本徹府知事の市長選転出は意見が分かれた。

憲法裁判になる可能性もある教育条例に

「気に入らなければ選挙で落とせばいい」

と強気の橋本さん。

 

WTCへの府庁移転の時も同じことを言っていた。

地盤の緩さなど危険性が議会でも指摘されていたのに。 

で、東日本大震災で、

1階にいれば気付かない程度の揺れだったのに

WTCは天井が落ちたり壁がはがれたり ・ ・ ・ 。

 

選挙に強けりゃ何でもいいという態度を改めて、

ちょっとは聴く耳も持ってもらわないと、

たまたま完全移転前だったから良かったけど

後だったらどうするつもりだったのか。
 

1110222_042_01

 
で、怒りのランキング1位は年金支給年齢引き上げ。

「私らの世代は全然期待してないですけど」

という眞鍋さん、「どうすんねん」と問われて

「それまでにめっちゃお金持ちと結婚します」

顔色一つ変えずにひと笑い。

 

オチがついたところでテーマは日韓対決。

正直、韓国経済に勢いがあるとは思えない当方。

ユーロ危機のあおりを受けて

先進国は資金引き揚げにかかっていて、

「政策的なウォン安」と涼しい顔はしていられない状況だ。

米韓FTAも得をするのは

サムスンなど国策企業だけではあるまいか。
 

1110222_043_01

 
ってことで、そのサムスンの常務だった吉川良三氏と

韓国観光名誉広報大使のアンミカさんを加えての進行。

「韓国というよりサムスンが凄い」(水道橋さん)

というように、勢いのあるサムスン。

 

だが、国情に合わせて製品を変えるとか

サービス込みで売るとかは日本の自動車産業が得意だったこと。

それでも「最善か無か」と開き直る

メルセデスのブランドイメージにはかなわない。

 

すぐにやってくる中国との価格競争に巻き込まれる愚を避け、

品質と高性能でブランドイメージを築き、余った生産能力で

エコなどの新分野に進出した方が賢いと思う。

液晶テレビの生産縮小で、パナソニックの株価が上がったのも、

無駄な喧嘩はしない判断が支持されたからだろう。

 

朴教授は韓国に国家資本主義という言葉を使ったが、

国対私企業の戦いは、一般企業同士の競争とは

おのずと戦い方が違ってくるはずだ。
 

1110222_054_01

 
と、「産業全体では負けてない」と

ちらほら頭を出し始めた青山さん、

「どっちも好きだしなぁ~」と迷う眞鍋さんを尻目に

エンタメ対決でも牙を剥きはじめる。

 

「韓国ドラマは嘘が多い!」

「朝鮮王朝は苦労した王朝なのにいつも豪華で強い」

青山さんは中国と日本に挟まれてと言ったが、実際は

金、元、後金、清など北方の強大な騎馬民族国家であろう。

中国側について酷い目に遭ったこともある。

 

軍閥化した封建地主階級である武士は

中国にも朝鮮にも存在しないが、武士を韓国読みして

「ムサ」なんて映画を作ったりした。

そのムサが日本にはいなかった奴隷階級なのだから

全く意味不明な作品だった。

 

でも、日本やハリウッドの歴史映画も昔は嘘ばっかりだった。

忠実に描き過ぎても面白くないが、極端な嘘はなくなった。

韓国の場合、民族主義が邪魔しそうだが、

ガラパゴス的民族意識のままでは

グローバリズムと矛盾してくるだろう。
 

1110222_055_01

 
危険を察知したか

「これが必要になるかも」と眞鍋さん。

ボタンを押すと瞬時にマイクの音声が落ち、

警告ランプが点灯するというハイテク(?)

 

しかしまぁ、韓国では一重では生きていけないとは驚いた。

一重まぶたでは書類審査で就職試験に落ちるとか。

韓国の人権はどうなってるのかと思うが

「日本には一重美人もあるが韓国にはない」と朴教授。

 

さらに「どっちがスケベか」って話では、日本製のAVを観て

日本人はスケベと感じるのは中国人と同じらしい。

日本人以上に必死で観るのも中国人と同じ。
 

1110222_063_01

 
「週4回は週4秒かもしれない」

エエッ!Hの回数の話で青山さん珍発言。

「さ~危ない話になってきましたが」

議事進行の眞鍋さんだが、この後、

竹島問題で青山さん大爆発!

 

気持ちは分かるのだが、朴教授の話ももっと聴きたかった。

韓国漁船が日本漁船なら取らない小さい蟹まで取ってしまい

漁業資源が枯渇するなど、大事な指摘もしていたのだが

(韓国漁船が日本の専管区域内で密漁する理由でもある)

青山さん、興奮し過ぎ。

 

そもそも竹島周辺のメタンハイドレートを、

韓国が米資本と組んで開発しようとしていることを

まず、言わなければならなかったのでは?

生放送なんだし、言うべきことを先に言わないと。
 

1110222_075_01

 
それはともかく、イギリス某誌の格付けで

住みやすい都市アジアナンバーワンは大阪!

「嬉しいけど ・ ・ ・ なんで?」

 

ソウルに似ているという声もあったけど、

東南アジアとかパリとかいろんな所に似ていると言われる。

人も車も進むの速いし、秩序がないようである。

要するに非日本的な街なのだ。

「最もグローバルスタンダードに近いのでは」と岸博幸さん。

 

一方韓国は、VTR出演の三橋貴明氏によると

コンビニバイトの時給が350円、ガソリン代は166円/ℓ

子供の幸福度はOECD加盟国中最下位、

ついでだが出生率も日本以上に低い。

国策企業最優先政策のつけが超格差社会となっている。
 

1110222_087_01

 
仰天話の連続に、遂に立ち上がってしまった眞鍋さん。

立ち上がり突っ込みは「マネー」では初!

やったね眞鍋さん。

 

ちなみに超学歴社会なので配偶者も学歴で決まるとか。

「ソウル大出たらチビ、デブ、ハゲでもいい嫁はんもらえんの?」

「その通りです!」

たかじんさんの質問に明言する朴教授。

 

なんでもフットの岩尾さんが大学出でキムタクが高卒としたら

どっちを取るかと女子大生に訊いたところ、

韓国では99%が岩尾さんと答えたそうだ。

やったね岩尾さん!

ただし、眞鍋さんは「余裕で」キムタクだそうである。
 

1110222_004_01

 
ということで「無謀にも来月もやります」と眞鍋さん。

次回放送は御覧の通り。

青山さんの爆発はさすがに手に負えなかったけど、

あの顔触れでよくぞまとめた眞鍋さん、

立派なキャリアだと思います。

 

|

« お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 | トップページ | ないようである眞鍋さんの気憶とゴールデンラジオ »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送 | トップページ | ないようである眞鍋さんの気憶とゴールデンラジオ »