« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

スパイダーマンになった眞鍋さん

 

「TORE!」に二回目登場の眞鍋かをりさん、

格闘技修業中と話題を振られ、さっそくのミドルキック!
 

1110311_002_01

 
鞭のようにしなる細いがしなやかな美脚。

そういえば昨日の天皇賞も、

大竹まことさんがいじり倒しそうなくらいの極小短パンだった。

あらゆる角度から美脚道を極めんとしているのだ(?)

 

それはともかく、

前回はやらなかった床の間(トコノマではないらしい)

見事なキックを披露したということで
 

1110311_007_01

 
あれま、動きに注目されてしまった。

それではと眞鍋さん、ルーツは遠く60年代に遡るという

次第に傾斜の度を増す床を長い手足を駆使して

スパイダーマンのように駆け抜ける。

 

クイズの方も冴えていて

「流石だぜ」と唸らせることしきりではあったのだが

「土台」の兄さん、ドジマ(児島ともいうらしい)が転落すると

こりゃやばいと一転ピンチに。
 

1110311_016_01

 
表情が体育会系に鋭くなった眞鍋さん。

でも脚の長さが邪魔をしたか、あそこは脚ではなく

腕力に頼った方が良かったかもねってことで

落ちてもうたがな、あれまぁ。

 

でも、ただでは落ちない眞鍋さん。
 

1110311_023_02

 
落ちながら気合のライダーキック!

違うかな?

ま、いいや。

 

これは前回もやったゲームだけど、

今回、眞鍋さんの解答チャンスは二回のみ。
 

1110311_025_01

 
お隣の若い女優さんを気遣いながらのチャレンジで

一問目は当然のごとくクリアしたものの、二問目では

吉高さんに足を置く位置を指示したりしてる内に

落ちてもうたがな、アレまぁ。

 

穴空き単語クイズ、空欄が連続してると楽勝だけど、

間が空いていて字数が多く、

入る文字が濁音だと出にくい気がする。

眞鍋さん、今度はライダーキック出来なかった(当たり前だ)。

 

しかし、見聞を広めることも筋トレも

やりたくてやったことが全部役に立つ眞鍋さん。

そういえば、眞鍋さんが「豆芝」うめを衝動買いした年から、

和犬を飼う人が急増しているそうだ。

その気はなくても先取り眞鍋さんである。

 

| | コメント (5)

2011年10月30日 (日)

動物大図鑑でもビックリと笑顔の眞鍋さん

 

土曜日は「夢!動物大図鑑」にも出演していた眞鍋かをりさん。

ポロっと落ちる鹿の角に「痛そう」「血出てない?」と

心配してたけど、奈良県民の話では平気らしい。
 

1110292_004_01

 
でも、角が絡まって喧嘩どころじゃなくなった二頭には笑う。

「二人で生きていかなくちゃいけない」と眞鍋さん。

ポロっと落ちたら自由になれるんだろうけどね。

 

頭突きで闘うキリン。

脳震とうを起こして倒れる様は前にも見たけど

死んだんじゃないかと心配する声。

「(意識を)取り戻して良かった」とは眞鍋さん。

 

でも、外的要因で意識をなくすのは失神じゃなくて気絶。

勝手に興奮して倒れるのは失神なんだけど、

「失神KO」とか間違って使われること多いのはなんでだろう?
 

1110292_008_01

 
それはともかく眞鍋スマイル。

髪の毛ふさふさ時代の高橋克実さんの画像に。

20代後半から抜けだしたって、早っ!

でも、それにしては残ってるね。

 

さて、金魚は元々なんだったか?

形からいって鮒だろうとは思うものの、

ここは勝負に出たか眞鍋さん
 

1110292_009_01

 
オオッ!思い切った答。

「全ての魚の基本、王様みたいな気がして」

さすがにクジラではおバカ解答になり過ぎると判断したか

冷静に笑いを取りにいった眞鍋さんだ。

 

だが、スタジオに現れた巨大金魚たち。

この中に100万円の奴がいると聴いた眞鍋さん、

「ヒレを綺麗に作るのが難しそう」と選んだ

琉魚ブロードテールが大正解。
 

1110292_018_01

 
世界の富豪がステータスシンボルとして飼うらしいが、

それにしてもデカいね。

 

しかし、犬が6mの高さから落ちて半身不随になるとは。

猫ならどうってことないというか、最初から落ちないだろう。

交通事故に遭う確率は猫の方が多いけど、

窓から落ちる猫はまずいないだろう。

うめも気をつけてやらないといけないね。
 

1110292_013_01

 
金魚クイズでガッツポーズの眞鍋さん。

こーゆー感じの笑顔、そういえば久し振りかな?

いろんな笑顔、見せて魅せてね眞鍋さん。

 

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

笑ってられないぞと日本のテロ対策~たかじんNOマネー

 

1110291_008_01_2

 
「お笑い出身の司会者と思ってる人もいるが」

というたかじんさんに

「大事なとこ抜けてますよね」

と眞鍋かをりさん。

だが、本職は歌手でもなく国際ジャーナリストなのだとか。

 

ソ連崩壊の時はモスクワ、湾岸戦争の時はイスラエル、

そして9.11の一カ月後にはNYにいた。

「何の為にですか?」(眞鍋さん)

「見たかってん」(たかじんさん)
 

1110291_009_01

 
「国際テロリストって言うのかと思った」

なんて青山繁晴さんに突っ込まれつつ、

今回の「たかじんNOマネー」はテロ対策マネー。

内閣安全保障室初代室長の佐々淳行氏がゲストだが

テロ対策費がこの三年で七分の一になってるとは知らなんだ。

 

佐々氏、9.11の時はちょうど訪米中だったそうだが

時のブッシュ大統領は対応できず、親爺に電話。
 

1110291_013_01

 
「『パパどうしよう』ってなったんですか?」

という眞鍋さんだが、実はそうらしい。

 

だが、邪悪なテロリストも本人たちは

邪悪だなんてちっとも思っていないので、

発つ鳥跡を濁さずと思ったかどうか知らないが

余った金をビンラディンに返金。

律義さが祟って主犯がバレてしまったとか。
 

1110291_017_01

 
「へ~っ!凄い話」

驚く眞鍋さん。

 

だが、自爆テロを日本の特攻になぞらえ、

テレビは大戦中の特攻機の映像を繰り返し流したらしい。
 

1110291_021_01

 
なので眞鍋さんもこんな顔になってしまう。

一緒にするな ・ ・ ・ と言いたいが、

金で雇われたといっても死後の世界の保証金だし、

アッラーアクバル、ジハードの思い込みがなければ

命を棄てることはできまい。

思い込みという点に限れば純粋だったのだろう。
 

1110291_028_01

 
佐々氏が指揮を執ったあさま山荘事件は、

覚えているはずのない眞鍋さん、「へ~」連発。

突破口を開いた鉄球は本来

東大安田講堂に使うつもりだったものが

「文化財だ」と使えなかったものだとか。

「へ~」

 

警察官に犠牲を強いるやり方を人命尊重とは思わないが、

未だに警察官が死んでも犯人を射殺しなかったというだけで

「人命尊重で良かった」などという人がいるのは

常識が転倒していると思う。

 

犯人を生かして逮捕したからこそ、

リンチ殺人の事実が暴かれたのは間違いないが

「長官はそこまで考えていなかった」という

コメンテーター諸氏の意見が正解だろう。
 

1110291_029_01

 
東京工業大学でそれなりに活動してたらしい

菅直人前総理、当時からしぶとかったらしい。

「四列目の男」と呼んで身柄確保に努めたらしいが、

まんまと逃げ切ったとか。

学生時代は任期満了までやり抜いたらしい。

でも、逮捕しなきゃいけないようなこと、本当にやったのかね。

 

さてオウム事件、全く情報が得られない逃走犯、

赤軍派のように全員死んでいるのではないかと

佐々氏は推理。

 

そうかもしれないとは思うけど、

殺害したのはオウムではないような気がする。

自称右翼の早川幹部刺殺事件の犯人も

オウムとの接点は全くない。

オウムの外に、知られたくない秘密を持つものがいるのではないか。
  

1110291_033_01_3

 
それと直接関係あるのかないのかオウム事件で

宗教法人法の見直しができなくなったと佐々氏。

ピー音連発でよく分からないが、眞鍋さん、

「今ので絶対、生放送できないって感じましたけど」

 

近所のオバハンも入会している巨大宗教団体のこと

かもしれないし違うかもしれないが、

胡散臭い宗教団体はたくさんある。
 

1110291_039_01

 
「テロ対策を専門に扱う組織ってないんですか?」

サイバーテロに絡んで驚きを隠せない眞鍋さん。

ここでテロ対策の専門委員でもある青山さん、

サイバーテロは原発を狙っているのではないかと指摘。

狙われた三菱重工神戸はストレステストをやっていたのだとか。

 

FBIのような民主主義に基づく国家警察をつくり、

スパイ防止法、機密保護法の制定を主張するが

これらの制定運動が失敗したのは

外国の宗教団体が参加していたからではないだろうか?

 

その宗教団体は複数の自民党国会議員に無料で秘書を派遣、

選挙ともなれば大勢の運動員を派遣していたことは

テレビニュースでも報道された。

サイバーテロどころか、ずぶずぶではないか。

 

公安警察は何をやっていたのか?

自民党に反対する勢力を見張るだけの私兵なら、

スパイ防止法も機密保護法も野党が賛成するはずがない。
  

1110291_045_01

  
公安から来ている内閣官房の審議官、

「ワインを2本飲ませたらなんでも喋る」と須田慎一郎さん。

なんじゃそら。

それでは民主党の秘密防護意識のなさ以前の問題だ。

 

民主党政権に問題ありとの発言はイイのだが、

民主だけかという疑問がぬぐえぬ以上、佐々氏に

どうも自民私兵的意識が垣間見えてしまうのは私だけか。
 

1110291_004_01

 
青山さんの事務所にも何年も前から実在する官僚の名前で

スパイメールが送られていたことは

スーパーニュースアンカーでも話していたが

原発警備の警察官がSATと同じ装備を持つようになったのは

青山さんの進言だったそうな。

 

だが、9ミリ拳銃弾の弾頭エネルギーは430J。

銃身の長いMP5から発射してもせいぜい520~30J程度だ。

それこそあさま山荘のような狭い室内で

人質救出を目指すならいいのだが、

車で突破を図る相手には効果がない。

 

3000J超の威力を持つ自衛隊の64式小銃なら

エンジンブロックでも楽に撃ち抜けるのだが、

そうはいかない法の壁でもあるのか。

福知山の第7普通科連隊が若狭湾岸の原発に出動

といっても2時間は余裕でかかりそうだ。

福知山にヘリはないし。

 

「笑いごとやない」(たかじんさん)話である。

 

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

医療保険が民営化?TPP話の余波

 

昨日の「とくダネ!」、京大大学院の准教授が

いきなりマスコミ批判をはじめ、小倉さん、

「腰が浮きかけた」という話が脳裏に残っていたせいか

NHKのニュースでふと気になるものがあった。

 

TPPに反対どころか期待している農家もあるという例で、

台湾にコシヒカリを輸出して成功し、

現地生産も計画しているというのだが

台湾はTPPと関係がない。

ベトナムやオーストラリアは農業国だし、アメリカも米生産国。

そういった国への輸出で勝算があるかを考えなくてはなるまい。

 

もしかしたら、TPPが全世界的な広がりを持つ

WTOに取って代わるような新しい貿易の枠組み

かなんかと勘違いしているのか。

農家のおじさんはひょっとするが、

取材している側、天下のNHKはどうか ・ ・ ・ 。

 

意図的なミスリードかどうかは分からない。

実際、取材する側、報道する側が

どこまで正確に把握しているかも分かったもんではないし、

把握しようにも把握できない部分もある。

 

そんな中、政府が否定していた医療保険制度の「自由化」を

アメリカが要求項目に盛り込んでいるという報が。

自己負担比率が増えてきたとはいえ、日本では

月に8万円以上の高額医療費は負担しなくてよいなど

医療保険の枠内ではよく整備されていて、収入格差はない。

 

先進国にはもっと安い国もあったり、

基本無料の国もあったりしてこれが当たり前なのだが、

例外的にアメリカには公的医療保険がないに等しい。

先進国に学んで公的医療保険制度を整えるというのではなく、

逆に進んだ公的制度をアメリカみたいにしろと言ってるようだ。

 

製薬会社や保険会社はその方が儲かるというシナリオだ

と指摘しているのは三橋貴明氏のブログ

氏の見解も一つの意見であって、全て正しいとは限らないが

気軽に医者にもかかれないとなったら、

特定業界の損得どころではなく全国民的問題だ。

 

正直言って、そんなのが国会で批准できるとは思えないのだが、

頭に入れておいた方が良さそうな話ではある。

 

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

世界が終る明日もきっと笑顔の眞鍋さん~今日の「とくダネ!」

 

1110271_005_01

 
今日はホワイトの「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

髪型はまた元に戻ったみたいだけど、多分、

これからも色々変わるんじゃないだろうか。

07年の暮れから09年の秋までの長髪期間も

整理しきれないくらいいろんな髪型あったし。

 

それにしてもTPPに関連して出てきた先生、

えらくガラが悪くて流石の小倉さんも焦ったらしい。

「そこまで言って委員会」向きの先生だが、

TPPが実質的に日米協定だという指摘はその通り。

アメリカの得は見えるけど日本の得が見えないのも事実なので、

推進派の皆さんは米企業と組んでこういう儲けを考えていると

はっきり言って欲しいものだ。特に経団連会長。

 

個人的には安全規制など国家主権より

米企業の都合が優先されることが最大の問題だと思う。

相手国の法律に合わせて商品を作るべきで、逆ではない。
 

1110271_013_01

 
驚いたのはKEIKOさんのクモ膜下出血。

小室さんの音楽活動にはたかじんさんも噛んでいるし。

「これから第2の音楽人生が始まったという感じだった」

という眞鍋さん、小室ミュージックは「もろ世代なので」と

「もう一度歌って欲しい」とKEIKOさんの復帰を願う。

 

地元国会議員が同じ病気で倒れたことがあって、

「次の候補者は誰だ」と不謹慎にも

水面下の取材を開始したことがあったが ・ ・ ・ 

オッサン、本当にクモ膜下だったのかと疑うほど元気に復帰した。

多少ボサッとしていたが、それは元からだ。

 

だから、KEIKOさんも元気に戻ってくると信じたい。

幸い、処置も早く、経過も良さそうだし。
 

1110271_009_01

 
文科省と環境省で基準が違うホットスポット。

今まで基準がなかったことを疑問視する小倉さん。

「それも急に作った基準だし

ホットスポットの定義もどの範囲なのか分からない」

そう語る眞鍋さんは、自治体などの広い単位ではなく

「町内とか学校とか小さければ小さいほど信頼性も増すと思う」

という。

 

計測についてはそうだが、除染も含めた費用はどうするのか。

本来なら東電が負担すべきものではないのか?

この期に及んでなお、「原発の方が安い」なんて

馬鹿げた「試算」を出す政府の脳みそは

一体全体どうなってるのだろうと思う。

 

原発事故は「10万年に一度」で、賠償は5年で6兆円以下

とかいう前提は空いた口が塞がらない。

放射能漏れなど小さな事故はたくさんあったし、

チェルノブイリやスリーマイルだけだとしても

「10万年」ってこんなに短かったかと思う。
 

1110271_021_01_2

 
それもこれも明日、世界が終るなら関係ない。

ディスカバリーチャンネルとかナショジオをよく観るので

マヤ暦の話がアメリカで話題になってるとは知っていたけど

終末論の好きな人々だ。

 

「ノストラダムスがあって次これで、

また新しいのでてきそうですね」

と眞鍋さん。

古事記や日本書紀に終末論がなくて幸いだ。

 

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

「男と女のミステリー」に眞鍋さん

 

眞鍋かをりさんがOfficialBlogを更新。

チェックしていたら、ん?

ABCの新番組に初回ゲストで出演するらしい。

う~む ・ ・ ・ 

 

終了やむなきに至った「クイズ紳助君」の後番組である。

ただ、MCの雨上がり決死隊は同番組の裏、

「明石家電子台」のレギュラーなので曜日を変更、

調整を図ったのだろう。

 

突然のことで混乱したのはどの局も同じだろうが、

ABCの場合、月~金のこの枠は特別な存在。

以前はオセロなどもやっていたが、

現在は西田敏行さん以外吉本メンバーだ。

 

穴を埋める責任は吉本にあるし、当然、

それなりのネームバリューが求められる。

チュートリアル、ブラマヨは既に別の曜日のレギュラーで、

しかもMCではないから、それ以上のベテラン、

ということで雨上がりさんとなったと考えられる。

 

同じ系列で似た時間帯に

アメトークというヒット番組を持つ雨上がりだが

経緯と共にこの枠の重要性は理解しているだろうから

責任はかなり重そう。

 

テレビ不況のあおりか

女性ゲストには最近、力を入れていなかったのに

眞鍋さんを初回に引っ張ってきたところ、

局としての力の入れようも分かる。

 

そういえば昨日、月~金のレギュラーを集めた特番を

ゴールデンタイムにやっていた。

しかし、眞鍋さんなら大丈夫。

いつも通りのオモシロ眞鍋さんで十分、盛り上げてくれるだろう。

 

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

ないようである眞鍋さんの気憶とゴールデンラジオ

 

20111025web_2

 
今日は渋くオータムに決めた眞鍋かをりさん。

これに長めのシックなスカートやパンツではなく、

短パンを合わせるところが眞鍋イズム。

 

しかし、今日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」

酔って記憶をなくすことが多くなったと

あまりシックではない話題。

がりがり君とかコンビニおでんとか、知らない間に食ってる話

Twitterにも時々出てくる。

 

「酒量は変わっていない」と言い張る眞鍋さん、

「ウイスキーに手を出した」からかと自己分析。

だんだん濃くしていくってのを逆にしたらどうだろう?

割って飲んでると酔いが回るのが遅くなるし、

いい気分になってから濃くすると気が大きくなって

うっかり飲み過ぎてる可能性もある。

当然、ハードなものを先に食っとくってこともあるけどね。

 

知らない間に食ってると聴いた大竹さん、

「糖尿だったら大変だよ」

糖尿はカロリーではなく、糖分が問題だ ・ ・ ・ 

と、「とくダネ!」知識を披露することはなかった。

 

逆に、羊かんは「30年もつ」に眞鍋さん、ビックリ。

当方もびっくり、というか、んなバカな。

「キツネにつままれたような」と呆然自失の眞鍋さん。

実際は未開封で12ヵ月、開封後も1カ月。

 

それでも十分長いけど、知らなかったなぁ。

「25歳で初めて羊かんを食べた」という眞鍋さん、

そんなことよく覚えているものだ。

一体、何があったのか。

 

国会に黒塗りで東電が出した危機対応手順書、

黒塗り部分も出してきたけど、何を隠したかったか分からず。

結局、役に立たなかったらしいが、そりゃそうだ。

海側の地下に非常用電源があったのだから

波をかぶりゃそれまで。

 

「100%想定外だったってしたかったのかな?」

首をひねる眞鍋さん。

要するに設計段階から津波なんか想定してなかったのだ。

なんたって35mの台地をわざわざ10mまで削り

津波を食らいやすく建てたのが福島第一原発なのだから。

 

復興増税で大竹さん、竹中平蔵氏と同じことを言っていた。

毎年40兆円もばらまいてきたのに

10兆円程度で何で財源だ増税だと騒ぐのか。

TPPで何が得なのかもイマイチ不明。

TPPは事実上日米協定だが、自動車など

現地生産してるから関税なんて関係ないし。

 

そんな事より安全基準や規制を

アメリカに合わせて変更(米韓FTA)させられたり、

危ないから規制をかけようとしたら米企業に訴えられて

法規制撤廃、さらに巨額賠償を払わされたりとか、

主権国家の権限が制約されるのってどーよと思う。

 

それはともかく、眞鍋さんの帽子、どんなんだろうと思っていたら

眞鍋さんのTwitterにアップされてた。
 

T1110251

 
ナルホドね。

 

| | コメント (2)

2011年10月23日 (日)

「暴挙」にはならなかったか(?)たかじんNOマネーGOLD,眞鍋さんの奮闘

 

1110222_005_01

 
「ゴールデン進出、生放送ですよたかじんさん!」

「この狭い所に自販機こんなに並べてどないせぇっちゅうねん」

そーゆー話じゃなくての小ボケを入れながら始まった

テレビ大阪の「暴挙」(たかじんさん)

「たかじんNOマネーGOLD」

 

「もしかすると今日の放送で何人か消えるかも」

懸念表明の眞鍋かをりさんだけど

「一回で終わったら終わったでええやん」(たかじんさん)

「今日が最終回!?」(水道橋博士さん)

「一番不安」と言われた青山繁晴さんも

「眞鍋さんには悪いけど僕は気をつけません」

「気をつけて下さいよ~」という眞鍋さんだけど、

その不安は見事的中してしまう。
 

1110222_015_01

 
しかし、気を取り直して笑顔で番組進行、眞鍋さん。

まずは腹の立つ怒ッ金ニュースランキング。

4位に終わった阪神タイガーズから何故か香川うどん県に名称変更

某番組の視聴率やら反ウォール街デモ、歳の差婚に

大阪の府市同時首長選までなんでやねん的にあれやこれや。

 

野田総理の貧乏話にも「家族の資産分からない」

「自己申告だから意味ない」なんて聴いて
 

1110222_026_01

 
「エッ!この通りじゃないってことも?」

驚く眞鍋さんに須田慎一郎さん、「小沢さんの

(土地購入資金)4億円は何処から出てきたんだって話です」

須田さんによると二世議員は元から金を持ってるので

ヤバい金に手を出さないとこだけはイイのだとか。

 

ちなみに預貯金の少ない野田総理だが、

普通預金は入っていないらしい。

ってことは ・ ・ ・ 
 

1110222_029_01

 
「定期預金300万で普通預金に2億入っとったらどや」

あながち爆笑もできない気がしたりして。

 

香川のうどん県には

「愛媛を抜いたと思ってるんでしょう!」と言いつつ
 

1110222_018_01

 
「いいな」と笑顔でオチをつけた眞鍋さん。

ここまでは順調だったのだが ・ ・ ・ 

 

45歳年下16歳とでも親の許可があれば結婚できる

としたたかじんさん。そりゃそうだって話だが、

寿命の長い女性が年上の方がいいという指摘に

「下やったらええけど上やったら100歳超えとる」

 

そこから「どこまでが熟女か」となって、何故か

大阪市立大大学院の朴一教授、実名をポロンぽろん。
 

1110222_035_01

 
「大丈夫かなぁ ・ ・ ・ 」

思わず顔を覆う眞鍋さん。

「生放送で○○さんをジャッジするのは止めましょう」

 

橋本徹府知事の市長選転出は意見が分かれた。

憲法裁判になる可能性もある教育条例に

「気に入らなければ選挙で落とせばいい」

と強気の橋本さん。

 

WTCへの府庁移転の時も同じことを言っていた。

地盤の緩さなど危険性が議会でも指摘されていたのに。 

で、東日本大震災で、

1階にいれば気付かない程度の揺れだったのに

WTCは天井が落ちたり壁がはがれたり ・ ・ ・ 。

 

選挙に強けりゃ何でもいいという態度を改めて、

ちょっとは聴く耳も持ってもらわないと、

たまたま完全移転前だったから良かったけど

後だったらどうするつもりだったのか。
 

1110222_042_01

 
で、怒りのランキング1位は年金支給年齢引き上げ。

「私らの世代は全然期待してないですけど」

という眞鍋さん、「どうすんねん」と問われて

「それまでにめっちゃお金持ちと結婚します」

顔色一つ変えずにひと笑い。

 

オチがついたところでテーマは日韓対決。

正直、韓国経済に勢いがあるとは思えない当方。

ユーロ危機のあおりを受けて

先進国は資金引き揚げにかかっていて、

「政策的なウォン安」と涼しい顔はしていられない状況だ。

米韓FTAも得をするのは

サムスンなど国策企業だけではあるまいか。
 

1110222_043_01

 
ってことで、そのサムスンの常務だった吉川良三氏と

韓国観光名誉広報大使のアンミカさんを加えての進行。

「韓国というよりサムスンが凄い」(水道橋さん)

というように、勢いのあるサムスン。

 

だが、国情に合わせて製品を変えるとか

サービス込みで売るとかは日本の自動車産業が得意だったこと。

それでも「最善か無か」と開き直る

メルセデスのブランドイメージにはかなわない。

 

すぐにやってくる中国との価格競争に巻き込まれる愚を避け、

品質と高性能でブランドイメージを築き、余った生産能力で

エコなどの新分野に進出した方が賢いと思う。

液晶テレビの生産縮小で、パナソニックの株価が上がったのも、

無駄な喧嘩はしない判断が支持されたからだろう。

 

朴教授は韓国に国家資本主義という言葉を使ったが、

国対私企業の戦いは、一般企業同士の競争とは

おのずと戦い方が違ってくるはずだ。
 

1110222_054_01

 
と、「産業全体では負けてない」と

ちらほら頭を出し始めた青山さん、

「どっちも好きだしなぁ~」と迷う眞鍋さんを尻目に

エンタメ対決でも牙を剥きはじめる。

 

「韓国ドラマは嘘が多い!」

「朝鮮王朝は苦労した王朝なのにいつも豪華で強い」

青山さんは中国と日本に挟まれてと言ったが、実際は

金、元、後金、清など北方の強大な騎馬民族国家であろう。

中国側について酷い目に遭ったこともある。

 

軍閥化した封建地主階級である武士は

中国にも朝鮮にも存在しないが、武士を韓国読みして

「ムサ」なんて映画を作ったりした。

そのムサが日本にはいなかった奴隷階級なのだから

全く意味不明な作品だった。

 

でも、日本やハリウッドの歴史映画も昔は嘘ばっかりだった。

忠実に描き過ぎても面白くないが、極端な嘘はなくなった。

韓国の場合、民族主義が邪魔しそうだが、

ガラパゴス的民族意識のままでは

グローバリズムと矛盾してくるだろう。
 

1110222_055_01

 
危険を察知したか

「これが必要になるかも」と眞鍋さん。

ボタンを押すと瞬時にマイクの音声が落ち、

警告ランプが点灯するというハイテク(?)

 

しかしまぁ、韓国では一重では生きていけないとは驚いた。

一重まぶたでは書類審査で就職試験に落ちるとか。

韓国の人権はどうなってるのかと思うが

「日本には一重美人もあるが韓国にはない」と朴教授。

 

さらに「どっちがスケベか」って話では、日本製のAVを観て

日本人はスケベと感じるのは中国人と同じらしい。

日本人以上に必死で観るのも中国人と同じ。
 

1110222_063_01

 
「週4回は週4秒かもしれない」

エエッ!Hの回数の話で青山さん珍発言。

「さ~危ない話になってきましたが」

議事進行の眞鍋さんだが、この後、

竹島問題で青山さん大爆発!

 

気持ちは分かるのだが、朴教授の話ももっと聴きたかった。

韓国漁船が日本漁船なら取らない小さい蟹まで取ってしまい

漁業資源が枯渇するなど、大事な指摘もしていたのだが

(韓国漁船が日本の専管区域内で密漁する理由でもある)

青山さん、興奮し過ぎ。

 

そもそも竹島周辺のメタンハイドレートを、

韓国が米資本と組んで開発しようとしていることを

まず、言わなければならなかったのでは?

生放送なんだし、言うべきことを先に言わないと。
 

1110222_075_01

 
それはともかく、イギリス某誌の格付けで

住みやすい都市アジアナンバーワンは大阪!

「嬉しいけど ・ ・ ・ なんで?」

 

ソウルに似ているという声もあったけど、

東南アジアとかパリとかいろんな所に似ていると言われる。

人も車も進むの速いし、秩序がないようである。

要するに非日本的な街なのだ。

「最もグローバルスタンダードに近いのでは」と岸博幸さん。

 

一方韓国は、VTR出演の三橋貴明氏によると

コンビニバイトの時給が350円、ガソリン代は166円/ℓ

子供の幸福度はOECD加盟国中最下位、

ついでだが出生率も日本以上に低い。

国策企業最優先政策のつけが超格差社会となっている。
 

1110222_087_01

 
仰天話の連続に、遂に立ち上がってしまった眞鍋さん。

立ち上がり突っ込みは「マネー」では初!

やったね眞鍋さん。

 

ちなみに超学歴社会なので配偶者も学歴で決まるとか。

「ソウル大出たらチビ、デブ、ハゲでもいい嫁はんもらえんの?」

「その通りです!」

たかじんさんの質問に明言する朴教授。

 

なんでもフットの岩尾さんが大学出でキムタクが高卒としたら

どっちを取るかと女子大生に訊いたところ、

韓国では99%が岩尾さんと答えたそうだ。

やったね岩尾さん!

ただし、眞鍋さんは「余裕で」キムタクだそうである。
 

1110222_004_01

 
ということで「無謀にも来月もやります」と眞鍋さん。

次回放送は御覧の通り。

青山さんの爆発はさすがに手に負えなかったけど、

あの顔触れでよくぞまとめた眞鍋さん、

立派なキャリアだと思います。

 

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

お疲れ眞鍋さん、取り敢えず無事終了の「マネー」生放送

 

どうなることかと冷や冷やものだった

「たかじんNOマネー」ゴールデン進出2時間生放送。

なんとか無事に終了してヤレヤレほっとした。

とはいえ、進行役であり

有事の際のストッパーでもある眞鍋かをりさん、

「これ、大丈夫かなぁ」なんて不安になることも。

 

番組Twitterに「領土と資源問題」とあったので、

これは青山繁晴さん、出演しているなと思っていたら案の定。

ある意味、たかじんさん以上に危険なのでハラハラしていたら、

やっぱり始まってしまった朴一さんとの大論争。

まぁ詳しいことは腰を落ち着けて後日に回すとして、

眞鍋さん、ホントにお疲れ様でした。

 

あーゆー場面をさばいていけば、その内、

「笑いの取れる女・田原総一朗」

なんて言われるようになるかもね。

なんたって、この「たかじんNOマネーGOLD」、

来月もやるのだそうだ!

なんと大胆かつ無謀な企みではないか。

ひょっとしたら月刊マネーとして定着するかもしれない。

 

眞鍋さんも隠し持つ爪をよ~く研いでおかねばなるまい。

ガンバレ~ッ!

 

| | コメント (0)

危機管理色々に眞鍋さんの爆笑暴露

 

1110221_010_01

 
恐怖の(?)ゴールデン進出生放送を控えながら

通常時間での放送もやる「たかじんNOマネー」。

(株)リスクヘッジ代表取締役の田中正巳氏、

元陸自北部方面総監の志方俊之氏を迎えて

危機管理特集だ。

 

まずは田中氏の金言
 

1110221_009_01

 
弁護士のいいなりになって対決姿勢を見せたらダメなのであって

まずは被害者に謝罪し、突っ込まれる前に辞任など責任を取る。

しかる後に対策を明らかにしておけば再建の道も開ける。

「あいつが悪い、俺だって被害者だ」意識が先に立つと

ついボロが出て、謝罪会見が居直り会見になり、

ユッケ事件の焼肉屋みたいに再建できなくなる。

 

「こんな事件を起こしたわたいに経営者の資格はおまへん。

そやよってに、ただちに辞任しま」

と、いの一番に宣言しておいて
 

1110221_006_01

 
こんな風に続けていれば潰れずに済んだはずだという。

経営から退いても株を持ってれば儲けは入るしね。

 

しかし、責任を全面的に認め

「裁判で不利になったら意味ないんじゃないですか」

という眞鍋かをりさんの疑問には

「わが社の責任だとするならば」と

「ならば」を挿入する配慮が必要だとか。
 

1110221_017_01

 
「ならば」ということで、水道橋博士さん、

須田慎一郎さん、大谷昭宏さんが仮想謝罪会見。

「大学には四日しか行っておらず博士ではない、自任しますっ!」

という水道橋会見は50点。

被害者=本物の博士にまず謝罪すべしとの評価。

 

ホステスに貢いでいたという須田さんだが

「やましい気持ちはなかった」に「あれ~」と眞鍋さん。

「これはダメなパターンじゃないですか」

という通り、評価は零点。
 

1110221_019_01

 
プロのナルホド的お手本に眞鍋さん拍手。

 

暴排法についての話題もあったが、

その筋に詳しい須田さんは暴力団はなくならないと明言。

当方もそう思う。

 

ヤクザ屋さんを擁護するつもりは毛頭ないが

ヤクザを生み出したのは人々の身勝手な欲望であり、

仕切る人がいないと変なチンピラがバッコし、

買春だの、野放図な借金だのヤクだのが、

把握できないてんでバラバラ状態で蔓延しかねない。

 

闇社会の仕切り役として必要悪な存在と

半ば公認されていたのがヤーさんだったのだが、

警察にその替わりができるかとなると今一つ

警察自体の信用がないのが現実ではあるまいか。
 

1110221_024_01

 
国家レベルのヤクザはもっと怖い。

頻発するサイバーテロ。

でも、日本には誰が対策するのか役割分担すら明確でない。

これだって警察予算の大半を使いながら、

何やってるのかイマイチ明確でない公安部がもう少し

国民に信頼されていたら、法改正も楽にできたろうにと思う。

 

しかし、サーバーテロなら

日本人の方が向いてるんじゃないかとたかじんさん
 

1110221_026_01

 
「全日本ハッカー大賞に1億円とか」

「堂々とやっちゃいますか」と眞鍋さん。

まさかね。

 

身近なところでいえばセクハラだが、

「カラオケでデュエットをしつこく要求する」に

「これもダメなの~」と反応した眞鍋さん
 

1110221_030_01

 
「この程度でセクハラになるんだったら、

たかじんさんからめっちゃお金取れてると思いますよ」

思わぬ暴露にたかじんさん超ガックシ。

 

でも、たかじんさんとデュエットってかなり贅沢。

したい人は全国に万単位でいるだろうから、

眞鍋さん、それ、自慢になるかもよ。

ただ ・ ・ ・ 

たかじんさん、上手過ぎるから度胸いるなぁ。
 

1110221_037_01

 
おまけに真剣な表情の眞鍋さん。

今日は2本録りの上に生放送、

大変なスケジュールだけど頑張れ!

 

| | コメント (0)

ワケあり眞鍋さん2題

  

なんだなんだ、ふと我に返ったら深夜ではないか。

Aを飲むとBが必要になり、Bを飲むとCが必要になる

恐怖の薬物連鎖(禁止薬物のことではない)のお陰で

一日潰れてしまった感がある。

 

予報通り、激しく雨が降っている。

今日は眞鍋かをりさん、大阪で収録なのだけど。

夜の生放送には三橋貴明さんがVTR出演するらしい。

韓国経済勢いあるぞ的世間感覚とは真逆なことを言いそう。

 

詳しくは観てのお楽しみとして、

ワケありネェさん関連の記事がちらほらブログに出ている。

単発では書きにくいけど二つあれば紹介できるというもの。

 

ひとつは共演していた古崎瞳さんのブログ

この写真がなかなかカッコいい。

小顔脚長眞鍋さんだ。

もうひとつはローブデティセのブログ

こちらは衣装提供していたそうだ。

当地では観られないので、

眞鍋さんが着ている姿を確認できないのが残念。

 

眞鍋さん、青汁の解凍はできたのかな?

ウチの青汁は粉末だけど、これって効くのか?

 

| | コメント (0)

2011年10月20日 (木)

百歳爺さんには負けても元気そうな「とくダネ!」眞鍋さん

 

1110201_002_01

 
オ!今日は髪の毛ぐるんぐるんの眞鍋かをりさん。

毎週のように変わるなぁ。

でも、体調良さそうな「とくダネ!」だ。

 

77歳になられた美智子皇后。

被災地にも咲いていた浜菊の花が映像に。

花言葉は「逆境に立ち向かう」なのだとか。

津波が破壊した跡にそんな花が咲いたとは。

 

「被災地はまだ非常事態なんだと改めて感じます」

被災した人々を慮る天皇皇后両陛下の思い

忘れてはいけないと眞鍋さん。

 

そういえば
 

1110201_021_01

 
フルマラソン完走の百歳爺さん、

「私もフルマラソン走った時、8時間くらいだったので

タイム変わらないですね」

眞鍋さんの場合、なんのトレーニングもなしに

いきなり走らされたんだったと記憶してるけど、

爺さんもなかなかやるのである。

 

日本にも百歳越えのスーパー爺さんがいたのだが、

先の震災で亡くなられていたとか。

なんとも無念な話である。

 

インド系英国人のマラソン爺さん、酒、煙草はやらず

生姜入りカレーで健康維持というが ・ ・ ・ 

生姜抜きカレーってあんのか?
 

1110201_016_01

 
同じスポーツでも何やってるのか大相撲。

注意しても言うこときかない弟子を

ゴルフクラブで殴ったというのだが

フルスイングしてヘッドで殴ったのではないらしい。

グリップで殴ったって、それ

殴ったっていうより小突いたんじゃないの?

 

小突いたのか殴ったのか知らないが、

世間の目が厳しい時なんだからやめとけよってもんだが

告発文書は、そんなの良く知ってるなっていう

相撲記者クラブ関係各社にファックスで送られてきたとか。

よほど内部事情に詳しい人物らしいが、

協会内部での足引っ張りの臭いがするという指摘も。

 

「マスコミを使ってイメージダウンを狙ったのかな」

という眞鍋さん、過激な言葉を使っていることから

「内部告発というよりは怪文書みたい」

確かに、乗せられる前に様子見た方が良さそうではある。

 

相撲界には是非、ハリセンの採用を進言したい。

吉本興業から進呈してはどうだろうか。
 

1110201_034_01

 
へ!?眞鍋さん、頭痛持ちだったのか。

朝カ-テン開けた時やスタジオ収録が

「4時間を超えると絶対頭痛がする」のだとか。

 

根本的原因を治療せず、

一時しのぎに頭痛薬ばかり飲んでると

脳過敏症候群とかいう怖い病気になるらしい。
 

1110201_027_01

 
頭が痛くなる時ってこんなに色々あるのか。

発熱以外で頭痛になったことないし

頭痛薬も飲んだ事ないから良く分からないのだが、

自然治癒力重視の眞鍋さんも薬は飲んでいないらしい。

 

少なくとも脳過敏症候群の危険はなさそうだけど、

根本治療の必要は ・ ・ ・ どうなんだろう?
 

1110201_023_01

 
イラストだか何だか分からないトリックアートのバッグ、

「薄過ぎる~」という眞鍋さんだけど、

広げることも可能らしい。

面白さは減るだろけど。

 

お値段は6~8千円とリーズナブル。

ただ、驚きがなくなったらつまらないし、

そう何回も使えないような。

 

「ずっと見てると気持ち悪くなる」

なんて言ってたけど、ひょっとすると、

眞鍋さん、何かのいたずらに使うかも。

要注意である。

 

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

女勝俣さんを目指す眞鍋さんとゴールデンラジオ

 

20111018web

 
ハイウエストなので「分量が多い」

と見せて実は短い短パン美脚の眞鍋かをりさん。

「女勝俣さんを目指してみようかな」

年中短パンの眞鍋さん、目指さずとも既にその域。

でも、30過ぎたこれからが本番なのかも。

その意気や壮である。

 

「大竹まこと ゴールデンラジオ」の眞鍋さんは

Twitterにもあって、そっちはこんな感じ。
 

T1110181

 
眞鍋さんらしさが際立つ膝下美脚が分からん

なんてのは贅沢か。

 

飲んでいるのはいつものスタバではなくタリーズ。

と言われても分からん。

元々コーヒーを飲まない上、ここ7年、

人の多い所に出かけたといえば2年前、

梅田のイベントに眞鍋さんを訪ねて行ったきり。

 

そういえば、やたら広いけど

住宅街を一周するだけだった道路が

いつの間にか駅前道路とつながっていて、

あらビックリの今日この頃。

だからどうしたって話だけど。

 

だからスタバだかタリーズだかが幾らするのか知らない。

牛丼より安いのか高いのか。

「牛丼屋はホームです」の眞鍋さん、

そういや朝からすきやのカレー食ってたな。

それはともかく、

TPPに加盟したら今のデフレはどうなるんだと大竹さん。

 

実はTPPの中身はおぼろげにしか政府も分かってないらしい。

交渉に参加してないからだそうだが、さりとて

交渉には参加するけどやっぱイチ抜けたが言えるのかどうか。

金融や投資の自由化で、

河川の水源地を海外資本に買収されたり、

マスコミが買収されたりしたら主権に関わることにならんか。

 

「参加しないと日本は潰れる」とか

安易なことは言わない方が良さそう。

マネー資本主義のアメリカが推すのは分かるけど。

 

反対派の三橋貴明さんは

政府寄りの新聞論調をブログで猛烈批判。

久し振りに声を聴く上杉隆さんも番組に出演し、

自分達が取材したことより政府の言うことに重きを置く

記者クラブ系既存マスコミを批判した。

 

前経産相の「放射能くっつける」発言はなかったと聴いて、

眞鍋さんもかなりショックな様子。

正確にいえば「記憶にない」と語ったのだけど、

「嘘をつけ、俺は確かに聴いたぞ」と名乗り出る記者もいない。

なんでやねん。

 

デマが氾濫しているネットも当てにはならんが、

誰が書いたのか確認することが大切だろう。

知らない名前なら検索すれば傾向が分かる。

匿名できわどいこと書いてる記事は信用しないことだ。

 

権力者を頼っていたら頼みにならなかったので頭にきた

なんてケチな話を「権力と戦う姿勢」(どこが?)

とか署名入りで書いてる人もいるけどね。

一読して矛盾が分かる記事も相手にしないに限る。

 

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

今後が気になる「こんなトコだった!?」

 

なんだテンペって?大豆を発酵させた?

臭豆腐にしてはテリーヌっぽいな。

なんて思ってたら

「テンペってインドネシアのものなの?」

と眞鍋かをりさんの声。

 

さすがフードアナリスト、エスニックにも詳しいのか。

香港より南の料理は食った事ないし、

こちとら全く何のことやらである。

クタビーチの映像にも「アッ、クタだ!」と声をあげ、

「有名なの?」という質問にも答えていた。

 

旅好き眞鍋さんが「行きたくなってきたよ、もう」

なんて言っていた

「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」

タイトル長いな。

それはともかく、豆腐はターフというらしい。

力仕事なので作ってるオッサン達も筋肉モリモリ。

「凄い!カッコイイ!」は眞鍋さん的感想。

 

漁村で出てきた「超グリーン」(眞鍋さん)な野菜と

鯵と米のワンプレーとも「おいしそう」だった。

米と野菜と魚の取り合わせは日本的だし。

でもムスリムが多いので酒はないんじゃなかろうか?

 

この番組、これからどう展開するのだろう?

2週間も現地に行くなら全部終わってからより

途中でスタジオとやり取りがあってもいい。

ビックリするような料理を食えとか噂のあそこに行けとか

その場で次週までのお題を出してみても面白い気がする。

 

MBSの局アナ世界一周と似てなくもないが、

趣旨も中身も全然違うからかぶらない。

スタジオが手持無沙汰だともったいないしね。

 

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

知力、体力ともにイケてる眞鍋さん

 

体力系の番組は久し振りの眞鍋かをりさん。

筋トレで多分、体力的には絶頂期かもしれないので

それもイイかという訳じゃないだろうけど「TORE」に登場。
 

1110171_005_01

 
でも、最初のコーナーではさして体力を使う訳でもなく、

プロアクファミリーの関ジャニ村上君と

絶妙のコンビネーションで日村さんに放置プレイ。

「私達は赤だと思うけど青でいきなよ」

なんて言ったら、それに従った日村さん落下で大爆笑。

笑いではここが一番だった。

 

同じ文字を入れて単語を完成させろという問題で

うく○○→ウクレレ、○○かき→耳かき

ってのはサービス問題過ぎるだろうと思ったけど、

考えたら最後はこうしたいというシナリオはできてたっぽい。

それはそれでありだとは思うけど、お陰さんで
 

1110171_010_01

 
チームで一人残った眞鍋さん、

こんな窮地に追い込まれてしまった。

最初から一人で回答していたら全問正解だったんだけどね。

とはいえ、知力、体力ともにイケてるとこ見せたし、

やっぱり美脚だったし、まぁいいか。

 

| | コメント (4)

2011年10月16日 (日)

先取り眞鍋さんの「サキどり」

 

1110161_021_01

 
久し振りにNHKに登場した眞鍋かをりさん。

「サキどり」って、ちょっと「がっちり」に似た企業情報番組。

それってレゴだろ、なんて思ったりしたが、

そうそう企業名は出せないんだった。

でも、ネットを先取りしてきた眞鍋さん、

先取りならお得意分野か。

 

テーマは消費者の意見を反映した商品開発。

工事用マスキングテープに豊富なカラーとデザインを導入した

マステ ・ ・ ・ インド語で「おおきに」は

 ・ ・ ・ 「ナマステ」 ・ ・ ・ ちょっと違うが、

アイデアを提供した3人の主婦にはナマステだろう。

 

マステの存在は知っていた眞鍋さん、

何に使うのだろうと思っていたらしい。

他にも消費者発信のアイデア商品色々。
 

1110161_013_01

 
思わず声がハモッてしまった豆腐切り専用手持ちまな板。

「凄い豆腐にこだわりのある人が考えたんでしょうね」

手のひらサイズの洗濯板は「旅行に行く時にいい」とは

旅好き眞鍋さん的意見。

 

旅のガイドブックにじかに色々書き込むらしいけど、

それでは「あとでブックオフにもっていきにくいけどこれなら」

と、糊付きトレペにも興味津々。

NHKなのでどこまでが台本か分かりにくいのだけど、

トークの瞬発力はやっぱり眞鍋さん。
 

1110161_025_01

 
消費者のアイデアを「どんどん進化させてみよう

っていう企業側の勇気もありますよね」。

 

こーゆーのは両刃の刃で

ユーザーの言う通りに作ればヒット商品になるって訳じゃない。

プロがオモロイと思えなければいいものにはならないのだと思う。

世界的にヒットしたユーノスロードスターだって、

工場の片隅で車好きが勝手に作っていたものだった。

 

あまりに個人的趣味に走り過ぎるとそっぽを向かれるので、

ユーザーとのキャッチボールをいかに上手くするか

これが重要になるのだろうけど。

テレビ番組と同じだね。
 

1110161_017_01

 
その辺の話はゲストのオッサンも色々喋っていて

耳を傾ける眞鍋さん。

 

そういえばTwitterで眞鍋さんが言っていた母乳ミルキー

何を言っているのかと思っていたけど、

モンゴル人の大人が普通に母乳をごくごく飲んでしまう

「世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?」

の一場面がヒントになっていたのかも。

 

当地では放送されていなかった初回放送分が

昨晩、放送されたので思い当たった次第。

でも、眞鍋さんだったら

もちっといいアイデアが出てくるんでないかい?
 

1110161_029_01

 
ってことで、眞鍋さんの先取りも期待しておきましょう。

その気はなくても先取りしてしまう眞鍋さんだしね。

 

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

ミニコントもあり~の医療のアレこれ嘘ホント~たかじんNOマネー

 

1110151_017_01

 
「プラセンタは効果が証明されていない」

いきなりかまされた眞鍋かをりさん、

「月イチで打ちに行ってたのに」

「コラーゲン食っても体内でアミノ酸に変わってしまう」

これは眞鍋さんも知ってたはずだけど
 

1110151_021_01

 
伝承と過去常識を覆す今回の「たかじんNOマネー」

医療ジャーナリストでもある森田豊医師を迎えての

医療マネー ・ ・ ・ だったのだが、

なんせ医療フェチで点滴愛好家のたかじんさん、

質問攻めにするうちに

「何でオープニングからウ○コとオ○ッコの話なんですか」

さすがの眞鍋さんも引き気味の展開に。
 

1110151_025_01

 
「もっと役に立つこと訊きましょうよ」

とうとう切れた眞鍋さんに大爆笑。

たかじんさんも疑問が解けてすっきりした様子。

 

だが、医療の進化は目覚ましい。

巨大な装置を使った量子線による癌治療はニュースで観たが、

貼るだけでアルツハイマーの進行を抑えるという

りバスタッチパッチには「何で効くの?」と眞鍋さんも不思議そう

ということで
 

1110151_036_01

 
「か、看護婦さぁ~ん」

「はい、パッチ!」

「ありがとう」

なんて眞鍋さんとたかじんさんのミニコント。

 

しかし、どちらも保険は効かず全額自腹。

りバスタッチパッチは月1万3千円、

量子線治療には数百万の金がかかる。

ってことは、人の命は金で買えるのか?
 

1110151_032_01_2

 
「買えますね~」との回答に

眞鍋さん「エーッ!」

「お医者さんの口から ・ ・ ・ 衝撃的ですね」

臓器売買や代理母などが広がってゆくと

将来、金持ちが長生きする時代になるのでは

と危惧しているそうな。

 

だが、予防に予算を投入し、

誰でも検診が受けられるようになれば、

等しく寿命は延びてゆくという。

では、どこまで延びるのか。
 

1110151_040_01

 
110歳という推測値は

眞鍋さんの目標(120歳)に少し届かないが、

女性ホルモンは心臓病や動脈硬化を防ぐそうな。

女ホルが大事なのである。

 

だが、医者も今では3K職場、実態は厳しいようだ。

「勤務医よりファストフード店でバイトした方が収入いい」

「60%は当直明けに不眠で手術やってる」
 

1110151_050_01

 
「私もやってた」

「手術になると目が覚める」

なんて言われても

「いやいや、それはやらないで欲しい」

とたかじんさん、眞鍋さん。
 

1110151_054_01

 
医学生のモチベーションも上がらず、

楽な所に行きたがるので産婦人科や

小児科医がいなくなるというが、

「それはよそも一緒やで」とたかじんさん。

 

テレビ局に入社しても制作に行きたがらない奴が多いとか。

「営業に行く」って、テレビ局だから

飛び込みの拡大営業なんてないだろうし ・ ・ ・ 。

大谷さんによると新聞社でも社会部希望が少ないという。

 

地方支局に社会部も学芸部もないぞ。

自治体の発表ものを押さえて事件、事故、イベント情報、

なんもなければ季節ネタ、何でもやらなあかんのじゃ。

本社勤務やる前に系列誌に移ってしまったけどね。
 

1110151_058_01

 
では、一番楽なとこってどこなのか。

「ピー入れますから」と食い下がる眞鍋さんだけど

森田医師は口を割らず。

「耳鼻咽喉科」はたかじん説。

当方がかかっている神経内科も楽なのではないか?

治療方法のない病気が多いし、検査するだけだから。

 

定時出勤定時帰宅の外来も

寝食問わない病棟勤務も報酬に差がない、

4割を占める女性医に託児所など体制が整えられていない

など構造的問題もあるらしい。

医師会は会費が高くて勤務医では入っていない医師も多く、

開業医の権益が優先されがちな一面もあるようだ。
 

1110151_066_01

 
さて、医学常識の嘘ホント。

ストレスあり過ぎてもダメだけど、全然ないと痴呆になりやすい。

朝は水分も足りてないし血液もまだドロドロ、

ジョギングなんかしない方がイイ。

菌が喉に吸着するのに30秒しかかからないのだから

一日数回のうがいなんて意味ない。

そんなことよりこまめに茶を飲め(うがいじゃなくて)。
 

1110151_062_01

 
発汗療法はもう古い。

脱水症状起こしたり抵抗力を弱める。

冷やして直すのが最新医療だっ!
 

1110151_074_01

 
思い出したように眞鍋さんが言った

キャベツを額にっていうのも冷やすの一種。

でも、キャベツよりいいものがたくさんあるので

わざわざキャベツを使わなくてもいいそうな。

 

「今まだそう信じてきた」とたかじんさんが力を込める

「揉んだら胸が大きくなる」も嘘。

通説を知らなかった眞鍋さん、

「ホントだったらやってる」
 

1110151_082_01

 
それではということでミニコントその二。

「たかじんさんおはようございます」

って何やってるんでしょうか。

 

でも、男性限定のデータながらスケベは長生きはホント。

918人の被験者でデータを取ったところ、

週に2回以上の刺激(本番でなくて可)の爺さんの方が

なんもなしの爺さんより断然長生きしたそうな。
 

1110151_078_01

 
「引退しない方がいいんですね」

ちょっとしみじみした感じの眞鍋さん。

西条の金髪おじいちゃんはその点、お手本だったのかも。

他の点はどうだったのかは知る由もないけれど。

 

健康パワーで、まずは110歳まで生きましょう、眞鍋さん。

 

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

だっ大丈夫か「たかじんNOマネー」生放送!

 

いや~凄い雨だ。

でも体操日本も凄い。

個人総合でメダル二つは ・ ・ ・ 

過去にあったのかないのか、記憶にはないが、

あったような気がしないでもない。

そう、加藤沢男さんがいた時代、他の選手も凄かったし。

 

NHKのニュースで男性キャスターが加藤さんの名前を出すと、

女性キャスター、笑って「知りません」。

年の差ギャグか。

だが、最近、言葉狩りが気になる当方、

このギャグは成立するのか、ちょいと思考する。

 

まず、ギャグにするには存在がデカ過ぎないか。

オリンピック三大会に出場し、金8、銀3、銅1、

なんと一人で12もメダルを取ってしまった伝説の名選手だ。

歌番組や映画番組で黒澤明監督や美空ひばりさんを知らない

と言っても若けりゃ許されるだろうけど、

ギャグにしたら怒られそうな気がする。

ましてキャスターだったら勉強不足とか言われても仕方ない。

バラエティーだったら誰かが突っ込むことで

笑いが成立するだろうけど、

それがないと成立しない感じ。

 

早い話、個人の名前をギャグに使う時は

相当に気を遣わなくちゃならんということか。

意図の通じる友達に限った方が良さそう。

 

だが、この人にそれは通用しない、やしきたかじんさん。

22日には「たかじんNOマネー」、ゴールデンに進出!?

エーッ!2時間生放送ってマジか。

恐れを知らないテレビ大阪。

 

眞鍋かをりさん、出演するの?

ってか、眞鍋さんがいないとはなはだ危険。

くれぐれも気合を入れて頑張ってください。

 

| | コメント (0)

秋風吹いて今年も鉄人レース

 

Main_top

 
JRA-VANの鉄人レース受付が始まった。

もうそんな季節か。

眞鍋かをりさん、チーズプロフェッショナルの資格取得

というニュースも去年の今頃だった。

そう聞くと、え?まだ一年なんて思ったりするけど。

 

詳しいことはJRA-VANのHPにある。

眞鍋さんと行く朝日杯FS観戦ツアー御招待は去年と一緒。

だけど、賞金100万円とか凄いことも書いてある。

ただ、去年の「なんだか様子が変です」みたいな

眞鍋さんの連載はないらしい。

 

WHAT'S NEWのコーナーあたりに

ふいに登場したりしないかな?

 

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

髪型チェンジの「とくダネ!」眞鍋さん

 

1110131_011_01

 
髪型変わった「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

表情とアングルによって、頬から顎のラインが細く見えるので、

その時は少し重いかなって気がする。

笑顔ならいいのだけど、笑ってばかりもいられない番組の場合、

もう少し軽い方がいいような気もする ・ ・ ・ かな?

 

でも年金の話は軽くない。

今の高齢者は納付額の5倍以上貰ってるというけど、

そもそも高度成長期のインフレで貨幣価値が変わり過ぎてる。

初任給2万円くらいの頃に収めた年金なんて、

とっくに食いつぶしてるから若い世代が、

今、払うしかないのだが、

それも、戻ってくるものがあればこそ。

 

「若い人は不安で未納の人が多いのに、

これをきっかけに払わない人が増えたら、

さらに(年金の)存続が難しくなりますよね」

という眞鍋さんだが、

定年から8年間、年金がもらえなくなる笠井さん
 

1110131_013_01

 
「フリーとか考えなくちゃいけないのかな」に

眞鍋さんも大笑い。

 

国民年金の人など、今でも年金なんて家賃にもならないのだが、

持病などで受給年齢まで働けない人もいる。

間違いなく、生活保護受給者が増える。

「自分で蓄えるしかない」に頷く眞鍋さんだった。
 

1110131_006_01

 
世田谷区に謎の放射能汚染地帯。

何がヤだって、原因が分からない。

「原因が分かるまでは怖いし、

都内に大きい公園多いですからね」

うめの散歩にも気を使わなくてはならない。

 

原因が分からないといっても

東電の落としものであることは間違いない。

何で回収に行かないのか?
 

1110131_017_01

 
誰も回収しないから住民が自らやらざるを得ない。

「専門的知識がある訳じゃないので、目に見えないものだし、

本当に除染されているのか、やりきった感が全然ないですよね」

落とし物を勝手に処分したら窃盗になるんじゃないの?

行政なんか待ってないで

落とし主がとっとと持ち帰ればいいではないか。

 

やっぱり東電は資産を残さず売却して賠償に充て、

新たな事業主体が発電、送電それぞれ別個に経営すべきである。
 

1110131_024_01

 
ナンバープレートが変わるかもって話だが、

原付では既に面白プレートが各地にできている。

加須市のこいのぼりプレートに

「可愛い」と反応した眞鍋さんだけど、

それしか選べないと知ると

「え~、嫌な人もこいのぼりしなくちゃいけないの?」

 

しかし、この妙なプレート
 

1110131_032_01

 
「坂の上の雲」と見事的中させた眞鍋さん。

よくこれでそれと分かったもんだね。

道後温泉の湯けむりかと思ったぜ。

さすが地元。
 

1110131_028_01_2

 
ってことで、どや顔(?)な眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

へそにも溜まらず扉も開けない「柿のゴマ」

 

20111011a_2

 
ひょうきんポーズの眞鍋かをりさん ・ ・ ・ ではなく

爪の剥がれた左足親指を見せているらしい。

「ホントなら拷問だよ」という大竹さん、渋い顔。

 

スポーツで剥がれることはよくあるが、

どういう状況だったのか、痛かったのか、

「あれ?」って感じで痛くなかったのか。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」

放送を聴いても良く分からなかった。

 

でも、直るのに一年はかからないと思う。

記憶を探ってみるに、形は多少いびつだが、

一ヵ月くらいで爪自体はできたような気がする。

 

それより「柿のゴマ」ってなんだ?

「柿にゴマが入ってる訳ないじゃないですか」

「柿からゴマができるんですか」

眞鍋さんと同じ疑問をぶつけたくなってしまった。

ゴマ塩おにぎりじゃあるまいし。

 

再び記憶を手繰っても、

ゴマに例えられるような柿に出逢ったことはない。

大竹家の近隣にはそんな柿があったという話ではなかろうか?

 

東MAXと安めぐみさんの件は眞鍋さん、

仲間内の餃子パーティーで知ったそうな。

どんな餃子だったんだろう?

韮餃子とか海鮮餃子とか、四川風味噌だれ餃子とか

 ・ ・ ・ という話ではなく、

二人の仲を初めて知った眞鍋さん、二人を指差して爆笑してたとか。

なんでやねんっ!

あ、いや、なんとなく、笑いたくなる気も分かるような気がする。

「なんじゃそら、いっこも知らなんだわ」って感じだろうか。

明るい眞鍋さんである。

 

ちなみにベンツの4マティックっていうのは

Eクラスのセダンかステーションワゴンのことだろう。

少なくとも舗装路面を走る限り、雪に一番強いのは

重心の低い乗用車タイプの4WDである。

 

北海道の山に住む人が、

冬に自宅への坂道を登れる車を捜したら

スバル・レオーネが一番だったと昔書いていた。

レオーネの後継車はインプレッサだが、

乗用車タイプの4WDは、今ならたくさんある。

ポルシェ911ターボやカレラ4、

スカイラインGT-Rも4WDなのである。

 

ジープタイプなら、ジムニーが最強ではあるまいか。

都会から来たどデカ四駆が雪道でスタックすると

地元のオッサンがジムニーで助けに来るなんて話を聴き、

指を差して大笑いしたことがある。

誰もいなかったけど。

 

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

眞鍋さんの爪がっ!

 

何っ!眞鍋かをりさんの左足の親指の爪が剥がれたとな。

ジェルネイルが剥離して爪がごっそり取れたって、

なんだかよく分からない状況だが、

サンドバックをキックした時、

角度が悪かったとかではないらしい。

 

大竹まこと ゴールデンラジオのHP

画像が載ってるけど、ぞっとしないなぁ。

「歩く度に刺激的」なんて言ってるけど、

ヒールの高い靴とか履いたらそれだけで刺激的になりそう。

 

爪が剥がれた経験はある。

根元から少しずつ爪が出来上がってゆく工程は、

土木工事を見ているみたいでなかなかに興味深い。

でも、そう綺麗なものでもないので涼しい季節で良かった。

 

そういえば、大阪マラソンの練習で

爪が剥がれたタレントさんがいた。

爪を剥がすのが流行ってるのか?

んなこたぁないだろうけど、眞鍋さん、

剥がれた爪がなかなかに綺麗なので

イイ人ができたらプレゼントするのだそうだ。

 

転んでもタダでは起きない眞鍋さんである。

ところで、

チャリに風船50個くらいつけて校内を走りまわってたって

空でも飛ぶつもりだったのでしょうか?

 

足、これ以上痛めないように気をつけてね。

 

 

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

閑話休題、言葉狩りに思うこと

 

最近話題の言葉狩り、

今に始まったことではないのだが、個人的に

麻生総理の頃からちょっと気になっている。

定額給付金を受け取らなかった当方だし、

個々の政策の是非については色々あろうが、

短期間に様々な施策を打ち出したことは事実だ。

 

低人気のあまり民主党政権に道を開いた総理だが

政策が原因だったというより、

発言の揚げ足とりみたいなのが多かった。

だが、その後現れた総理二人、

在任期間の割に仕事をしていない。

有権者として、考えるべきことが多々ありそうな気がする。

 

「死の町」発言で経産大臣が辞任したが、

言葉の選択が適当だったとは思えない反面、

会見の様子を見ると現状を憂えてはいても

悪意があったとは思えず、

辞任するほどのことはなかったと思う。

 

大臣の責務はあの発言一つで飛んでしまうほど軽いのか。

大臣だからこそ、発言への責任も重いとも言えるが、

「そんなこと言う奴には何もやらせない」

というほどの発言ではなかったと思う。

 

 

こうした「○○だから」の乱用は気になるところだ。

「芸能人だから」と最近、話題になったのは

ロンブーの淳さん。

だが、そもそも「芸能人だから」なんて制約はなかろう。

悪意のある誹謗中傷や犯罪を助長するような発言は、

誰であっても公共の放送で言うべきものではなく、

芸能人だからというものではない。

原発問題など誰もが考えなければならないことだ。

言葉狩りより言論の自由をこそ優先すべきだろう。

 

なにか言うと攻撃的な言葉を投げかける人がいるので

自由な発言ができなくなるのだ ・ ・ ・ という趣旨のことを

軽く、やんわりと淳さんは返していたが、その通りである。

意見の違いを前提とし、

だからこそ話し合うのが民主主義のルールだ。

異なる意見に耳を傾けることはその大前提である。

 

意見が違うというだけで他人を「お前ら」呼ばわりしたり、

言葉尻に「カス」とか「ボケ」とか付け加えるなど

民主主義のルールを共有できない人が見受けられるが

言葉狩りされるべきは彼らの方であろう。

 

 

昨今の右寄りブームと関係あるのかないのか当方には分からない。

ブーム自体は不満の受け皿として世相を表すものだと思う。

5年ほど前までは、「政府に反対する奴は反日だ」なんて

無茶苦茶なことを言っていた保守論客が、

今では率先して政府批判をしている。

 

金大中時代に一段と強まった韓国の反日政策や

中国の官製反日デモが火をつけた一面もあるように見える。

そもそも科学的な歴史研究が存在せず、

時の権力を正当化する為のものであった両国なので、

反日思想も客観性に欠けていたり、

漫画的なくらい無茶苦茶なものもある。

 

長い間日本の政府も国民も無関心を通してきたが、

それが助長させてしまったともいえるので、

堂々と主張すべきは主張していかなくてはなるまい。

しかしそれは、同じ穴のむじなになることを意味しない。

成熟した民主主義国として対応していかなくてはならないだろう。

 

いずれにせよ、意見の違うものを

高所から見下して悪罵を投げかけるだけでは

中国の紅衛兵やナチの突撃隊と同じである。

 

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

美脚な眞鍋さんと知られざる№1のがっちりマンデー!!

  

1110091_008_01_2

 
お、この後ろ姿は眞鍋かをりさん。

でもなんか、アホな子を連れた美脚ママみたいな。

「すいません、うちの子が」って謝りに来たのか。
 

1110091_001_01_2

 
アホな子に見えたのは森永卓郎さん。

「手つないで・・・土下座した?」と迎える加藤浩次さん。

「何度も番組で一緒になってるのに」って、

何を期待してるのかぼやいてたからなぁ、オッサン。

今回に限らず「がっちりマンデー!!」ではいつも一緒だし。

 

そんなことより美脚な眞鍋さん。

美脚タレントとしてのアイデンティティー、

還暦まで貫いて欲しい(無理じゃないと思う)。

5年前より今の方が明らかに美脚度増してるし。
 

1110091_014_01

 
今回は前回の続き、知られざるシェア№1企業。

「たかじんNOマネー」でも話題に上った

日本にしかできないクラフトマンシップ企業。

白鳳堂の化粧筆は有名だけど、ビューラーでも№1がいた。
 

1110091_027_01

 
「全然違う」という眞鍋さん、

「安いの使うとカクッとなる」

う~ん、アールが綺麗に作れないということか。

 

パートと思しきオバハンらが製品チェックに余念がないが、

営業マンは一人もいないとか。

自信の表れともいえるが、走り続ける自転車のような

止まったら倒れる拡大成長路線を取っていないのだろう。

長続きする企業に多いパターンだ。
 

1110091_034_01

 
海外製品を粗悪品と言い切る

これまた自信に満ちた大阪のオッサンが作る反射板。

眞鍋さんのネイルはMOMOの秋ネイルに似てるけど

少し先月と違うような気もしてどーなんでしょう。

 

でも眞鍋さん、ゼンマイを知らずに

「え~そうなの~」

山菜のゼンマイと形が似てるとかナントカの説明に

素直に頷いてたけど、世代なのか女の子だからか。

 

時計の技術と言われると、我が家にも

今はもう動かないオッサンの古時計がある。

1950年前後に作られたと推定される柱時計だが、

大きなゼンマイが見えている。

直せば動くはずだが、

古過ぎて何処に頼んだらいいか分からないし、

時を告げる音が大きいので遠慮している。
 

1110091_042_01

 
と、その時、ゼンマイがはじける妙な音が。

ばつの悪そうな眞鍋さん、

「巻き過ぎちゃった」

 

「話聞いてないでしょ」って、

隣のおじさんに言われてしまったけど

ここは一つ、美脚に免じてお許しいただきましょう。

 

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

「計算して生きてる」眞鍋さんの「あと4年」~たかじんNOマネー

 

1110081_059_01

 
ズラリと並んだ七つの提言。

「日本の未来について話そう!」という

本の中からチョイスされたものだそうだが、

それでは語ってやろうではないかと本日の「たかじんNOマネー」

竹中平蔵氏ら論客を招いた ・ ・ ・ のだが

このメンバーが揃えばただでは済まない。

異論反論続出で、
 

1110081_005_01

 
「せっかく提言してくれたのに、

欠席裁判みたいでボロクソですけど」

進行の眞鍋かをりさん、早々にひと笑い。

 

孫さんのIT、医薬品に産業をシフトせよとの提言だが

それでは雇用が限られることは、

マネーゲームとITにシフトしたアメリカが教えている。

「今の日本のものづくりは日本でしか作れない知の塊的製品だ」

とは竹中平蔵氏。

震災で東北の部品工場が止まった為、

世界中に影響が出たことからもそれは分かる。

 

同じミサイルなのに米軍のものより日本で作った

自衛隊のものの方がよく当たるなんて話もあるくらい。

「日本製の部品やないと故障が増えまんねん」と、

東南アジアのバイク屋もニュースで語っていた。

技術が高度化すると高度なクラフトマンシップは

ロボットに淘汰されるどころか、

ますます重きを増すことは各分野で証明済みだ。

 

しかし、アイデア、ソフトから製造に至る

システム作りで負けているという竹中氏、

優れた部品工場が必ずしも儲かっていないことを指摘する。

 

一方、中国、インドなどの大学に留学した人材が少ないなど

アメリカ以外の国との知的交流が少ないという話から

「日本の文化予算は一千億円、たかじんさんの飲み代くらいだ」

なんて竹中発言で話の方向が変わり
 

1110081_027_01

 
「(文化交流も)プロデュースできる人がやらないと、

アニメを紹介しようとか国がやると凄いダサくないですか」

眞鍋さんの発言にそうだそうだの大合唱。

 

「文化庁に助成金を申請すると実績を訊かれるが、

実績のある人にお金は要らない」

という松尾貴史さんの意見は正論だが、岸博幸さんは

「そもそも文化庁の人間って、

映画観てるとは思えない人種ばっかり」

この日は笑いに冴えていた岸さんだった。

 

さて、P&Gは傘下企業13の社長の内4人が女性だそうな。

ってことで眞鍋さんに女性の社会参加は進むかの質問が。
 

1110081_034_01

 
「子どもを産んで育てることができたら

社会進出も進むでしょうけど現状では厳しい」

友達の中にも結婚を機に仕事を辞め、

カムバックできない人がいるとか。

 

これには大臣時代、幼保一体化をやろうとして

出来なかった竹中氏、

「反対されて反対されて」と苦々しい表情。

現政府の税と社会保障の一体改革でも、

「若い人や女性の為の予算は0.3%しかない!」
 

1110081_038_01

 
「年齢とかタイムリミットとかを考えながら生きている」

という眞鍋さん。多分、結婚、出産のことだと思うけど

「35って思ったら後4年しか遊べないなぁとか」

「遊ぶ?」(岸さん)

「あ、いや、自由にできないなって」

 

そんなこと考えてるんだ、眞鍋さん。

と思ったら次の提言、「年寄りは若いもんに席を譲れ」で、

たかじんさん、「何で席譲らなあかんねん」

「え!?」と顔を見た眞鍋さんだが
 

1110081_043_01

 
「電車の席のことじゃありませんよ?」

「あ、そうか」って、さっすが眞鍋さん、よく分かりました。

電車の話と勘違いしてるとは、多分、当方も含めて

眞鍋さん以外誰も気付かなかっただろう。

 

「席は譲らん、取りに来い!」という大谷昭宏さんの説は正論。

「今時の若いもんは」と壁になるのもオッサンの仕事だ。

高齢化社会、爺さんにも働いてもらわなくてはいけないが、

「経験値がモノを言うプロフェッショナルなポジション

には必要だが、社長職はダメ」と、竹中氏。

「能力が落ちてきても、自分で判断する社長は気付かない」

 

あるよなぁ~。

自分で決断し、自分で結果を評価する立場になると、

ただでさえ判断ミスを認めなくなる。

「指示した通りにやらなかったからだ」とかなんとか、

なんでできなかったのかを棚上げして責任転嫁する。

過去の経験から抜けられず、

状況の変化に対応できなくなっても

「ここまでつくってきたのは俺だ」とか居直ってしまう。

 

そう考えると関連性も見えてくる。

女性社員に産休取られただけでピンチに陥る零細企業がある。

優れた下請け企業が儲からない仕組みの問題だ。

それでも大胆なアイデアで乗り切る企業もあるのだが、

ワンマン社長に多い硬直化でそれができない企業の方が多い。
 

1110081_051_01

 
若い頃、リュックサック背負って(まさか)

全国のクラブを飲み歩いたというたかじんさん。

「それが今に生かされてるんですよね」(眞鍋さん)

「全然生かされてへん」(たかじんさん)

「ダメだぁ~」(眞鍋さん)

 

しかし、これが一番盛り上がったと青山繁晴さん。

自ら足を運ぶ現場主義が素晴らしいと、

どこまで真面目か大絶賛。

「自腹で飲まな分からん」に

「一番感動しました」(岸さん)
 

1110081_016_01

 
ということで、一同爆笑のうちにお開きとなりましたとさ。

いや~堅い話と見せてオモロイ1時間だった。

 

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

愛媛の新名物だって!?

 

真はたという魚が愛媛の名物になりつつあるとは知らなんだ。

漁ではほとんど捕れない幻の高級魚だったらしいが、

県の水産加工センターの開発努力により、

完全養殖化に成功したらしい。

とはいえ、末端価格で鯛の3倍ほどするらしいから

大衆化にはまだ遠い存在。

 

でも、近畿のくら寿司2府4県111店舗で

今日から20日までやる愛媛フェアでは、

こいつが食えるというのだ。

辛坊治郎さんがやってる早朝番組がこれとコラボ。

「愛媛丸ごとす・またん!丼」なるものも供されるのだが、

これが真はたに真鯛、サヨリに太刀魚の造りとじゃこ飯、

さらにはミカンご飯の稲荷寿司がついて驚愕の500円!

 

血迷ったかくら寿司、完全赤字の大盤振る舞いではないか。

ただし、さすがに1店舗当たり10食限定、11~16時のみ。

とはいえ111店舗あることを考えると思い切ったもんである。

辛坊さんも開発に協力したことになっているが、

実際は局次長と道後温泉に入ったりじゃこ天食ったり

鯛茶漬け食ったりで、南海放送の丹下アナに呆れられていた。

 

完全養殖成功が2年前というから、もしや眞鍋かをりさん、

真はたの存在を知らないのではあるまいか?

 

そういや「4WDのように生きたい」とか言っていた。

人生はラリーみたいなもんだから、F1のように

鏡のような路面ばかり走る訳ではない。

でこぼこ道もあれば雨も雪も降る。

それでも走破していかねばならない。

4WDの方が有利には違いはないが、

上手く走る為には操縦技術が要ることは一緒である。

 

パワードリフトはできないからブレーキングが鍵。

なんて能書き垂れるまでもないか。

昨夜はクラブ活動してたみたいだし、

アクセル踏みっ放しって事じゃなさそう。

ではこっちは、お先に真はたを味見させてもらうとしよう。

 

| | コメント (0)

JRA-VANに眞鍋さん新CM

 

IRA-VANのホームページで

眞鍋かをりさんの新CMが公開されている。

 

「馬キャラ」ってそのまんまのタイトルがついているけど

眞鍋さんが馬の着ぐるみ男に5股をかけてる注目馬篇や

「親の七光りは嫌い」と言ったら

「九光りだぁっ!」と逆切れされる血統解説篇など6篇。

閉まりかけた喫茶店のドアに引っかかった馬キャラに

「また出遅れた」ってのはちと受けた。

 

今回は室内も含めてほとんどロケだったらしい。

「台風が迫る中」とかで風が吹いたり雨が降り出したり。

着替えにロケバスに走ったり、一瞬、台詞が飛んだり。

それでも元気いっぱい、笑顔を絶やさず美脚を躍らせる

そんな眞鍋さんの様子は、例によってのメイキング映像で

結構たっぷり見られる。

 

眞鍋さんのサイン入りポスタープレゼント(10名)

なんてのもあるので急がないとね。

 

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

健康笑顔の「とくダネ!」眞鍋さん

 

1110061_009

 
昨日は早目に睡眠を取ったらしく

顔色も良さそうな「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

髪がかなり軽い感じになったので、多分、

エクステはもう使っていないのだろう。

こっちの方が全然イイ。

 

一方、世間は小沢さんの裁判で賑やかしい。

眞鍋さん、秘書らの裁判は

「疑わしいことが全て被告の不利益

という判決が出たのかなという気がします」

と「ゴールデンラジオ」での

山口一臣さんの意見を踏まえた発言をしていた。

 

「疑わしきは罰せず」の原則が崩れると

冤罪をうむのではないかという懸念から出たものだが、

ひとつ、収支報告書の虚偽記載に関しては

物証も明らかで秘書らの有罪は免れ得なかった。

二つ目に、青山繁晴さんが指摘していたことだが、

密室での供述調書よりも公開の法廷での証言に重きを置く

という流れがあった。

秘書の皆さん、裁判長の質問に

しどろもどろになった場面があったという。

 

小沢さんが法廷でへまをするとも思えないが、

贈収賄疑惑に踏み込まない戦術を取られると

微罪で有罪なんてことになるかもしれないと感じる。
 

1110061_001

 
去年の正月にギリシャに行っていた眞鍋さん。

「夜になるとちょっと外れると職のない若者が多いので

(ホテルを)出ないでと言われた」り、帰りに

「ちっちゃいデモがあって」

じわじわと影響が広がっていることを感じたそうな。

 

10数年前の韓国みたいにIMFが入って

破たん処理をするしかない状況なのだが

なまじユーロを使っているもんでややこしくなってる。

自力で立ち直ることが不可能なことは自明のはずなのだが。
 

1110061_006

 
眞鍋さん曰く渋谷、新宿、原宿に多いという大型広告トラック。

都の条例では他府県ナンバーの車は取り締まれないって

そりゃそうだろうという理由で条例の効果は出ていないそうな。

風俗関係の求人トラックが

「高収入!みたいなの叫んでる」と眞鍋さん。

そんなのが白昼、人が集まる場所を走ってるってどーよ

と思うが、規制のない都市が多いらしい。

 

それより眞鍋さん、国籍が取得できずに

オーストラリア代表になれなかった塚原選手の鞍馬演技。

目の前で見て、迫力にいたく感動したらしい。

でも鞍馬の立場に立って想像を膨らませたそうなので、

「体操始めるっ!」とか言い出すことはなさそう。
 

1110061_016_2

 
レオタードは似合うだろうけどね。

 

| | コメント (3)

2011年10月 5日 (水)

今さらながらの驚き2題

 

うっかり忘れていたが、「大竹まことゴールデンラジオ」に

ゲスト出演しておられた板東巳之助さんが、

御自身のブログに感想を書いておられる。

「特筆すべきは眞鍋かをりさんの美しさ」

驚いておられる。

そーだろそだろ。

目の前で見てしまうと誰しもそう申す。

 

ついでにもう一つ。

石炭火力の最新型が凄いことになってて

煙モクモクの古いイメージとは全然違う、

という話はなにかのニュースで見たけど

山口一臣さんの話ではトリプルコンバインになってるとな。

 

なんだなんだ、温度差で発電する発電鍋の原理を利用して

コンバインガスタービンにドッキングさせたら

トリプルコンバインだ ・ ・ ・ なぁんて、

当ブログで無邪気にはしゃいでいたものが、

ホントにできていたとは。

 

そりゃまぁ当方より賢い人は腐るほどいるわな。

熱交換器に燃料電池を組み込めば済む話

といって、技術的には色々あるのだろうけど。

しかし、300億円のダブルコンバインでも

原発と同等の発電能力があるというのだから

トリプルにしたらどうなるんだ。

 

何千億円もかけて原発作ってる場合か。

ウランの埋蔵量はあと50年とか80年

とかしかもたないと言うに石炭は

余裕で130年もつっていうに。

 

| | コメント (0)

ドラマみたいな眞鍋さん

 

眞鍋かをりさんの西条話、Twitterで続きがあった。

81歳になるというお婆様との会話。

 

「若いね」という眞鍋さんに

「あとは死ぬだけ」なんて言うので

「毎日カラオケとか山行って楽しいだろ?」

「楽しい」

「まだ生きないかんやん」

 

テレビやブログでは滅多に見せないけれど、

会ったことのある人なら知っている

真摯で誠実な真心眞鍋さんだ。

「このまま楽しく長生きしますように」

そう結んでる眞鍋さん。

 

カラオケとか山行ってるくらいだから、まだまだお元気そう。

でも、山に何しに行ってるのかな?

まさか今時しばかりってことないだろうし

 ・ ・ ・ キノコ狩り?
 

T1110051

 
亡きお爺様とは仏壇とお墓ごしに思い出話。

何も胡坐組まなくても、と思ったけど、

この場面、どっかで見たことあるような。

墓前に座って亡き友と酒を酌み交わすシーンだ。

なんの映画だったかドラマだったか忘れたけど、

一升瓶とぐい飲みが二つ置いてあったような。

 

「ゴールデンラジオ」でも話題になった

破天荒な金髪爺ちゃんだから

それでも良かったかもしれないね。

 

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

西条帰り眞鍋さんの「ゴールデンラジオ」

 

「東京ついたけん、仕事してこぉわい」

というツイートから1時間もしないうちに始まった

「大竹まこと ゴールデンラジオ」

どこでツイートしたのかは分からないが、

眞鍋かをりさん、朝まで愛媛にいたのだから

台風でも来て飛行機が飛ばなかったらヤバかった。

 

勿論、そんな状況なら愛媛に戻らなかっただろうし、

眞鍋さん的には予定通りだったのだろう。
 

20111004web

 
てなことで元気いっぱいの眞鍋さん。

当然、番組でも帰郷話は出たけれど、

行きは6時間の電車旅。

やっぱりそうなるよなぁ ・ ・ ・ 

岡山で在来線に乗り換えて、よく分からないけど、

1本で西条まで行けるのかな?

 

「6時間も父親と一緒にいて気まずくないの?」

という大竹さんに「全然」と眞鍋さん。

「全然」な様子はTwitterからも伺えるけど

翌日は自転車で地元を回ったらしい。

自転車というところがいかにも眞鍋さんっぽいが、

そういえば09年の正月にも
 

090108_14000001

 
自転車でしまなみ海道を爆走していたっけ。

「三年ぶりの西条」ってツイートしてたから、

この時以来戻っていなかった訳だ。

 

地元巡りで塾の先生とも再会したらしいけど、

この辺の話はきっとブログで詳しくオモロく

語ってくれそうな気がする。

写真も色々撮ったみたいなので楽しみにしておこう。

 

金木犀は西条祭りの香りらしい。

この香りで「祭りが近いぞ」と西条人は燃えるそうな。

だんじりも出るこの祭りを楽しみに一年を過ごす

というから、泉州のだんじり祭りと相通じるものがある。

 

どうでもいいことだが、当方一ヵ月ぶりに外に出て、

空を見上げると飛行機雲が一条青空を横断していた。

「眞鍋さん、今頃、飛行機の中だろうな」

そう思った。

勿論、眞鍋さんの乗った飛行機は

太平洋沿いの航路を取ったはずだから、

あの飛行機雲と直接関係はないのだけど。

 

昨晩も父上とはしご酒。

最後は屋根の上でビールを飲んだらしい。

ちょいと青春チックな話である。

昼と夜の違いはあるけど、

少なくとも空はつながっている。

 

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

眞鍋さんの飲兵衛帰郷

 

眞鍋かをりさん、西條の実家でまったりしているらしい。

昨日、父上と一緒に鉄道で帰郷したのだが、

新幹線車内で宴会になった模様。
 

T1110024

 
赤ワインに白ワイン、スコッチのハイボールに

足りなくなってサントリーの山崎購入と

すっかりご機嫌な様子。

 

そんなに飲んで大丈夫か

といっても写真を見る限り小瓶なので

まぁいい感じだったんじゃなかろうか。

 

通常ウィスキーボトルはシングルショット24杯分だが、

サントリーが1杯分おまけに入れたので

日本では750mlが一般的になった。

小瓶は何杯分なのだろう?

ウォッカグラスもシングルショット1杯分だが、

ロシア製ウォッカボトルは500mlで全然割り切れない。

いい加減だ。

  

眞鍋さん、明日はラジオの生放送。

当然、それまでに帰京するのだろうけど、

結構駆け足。

一日ゆっくりして明日は飛行機か。

 

この飲兵衛旅の様子はブログにアップされるらしいので

またオモロイ話を期待しておこう。

 

考えたら、親爺と飲んだこと1回しかなかったなぁ ・ ・ ・

 

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

好調「マネー」に何故か筋トレも~9月度検索アクセスのまとめ

9月の検索アクセスを眺めてみるに、

比較的平和というか大きな変化の少ない月だった。

問題なのはIE9で、カーソルがフリーズしたり、

過去記事に至るまで行間設定が勝手に変わってしまったり

相変わらず相性が悪い。

IE8に戻すかどうか真剣に考えないといけない。

 

それは兎も角、アクセス数第2位は「たかじんNOマネー」。

すっかり定着した感じだが、たかじんさんも

大変な番組を始めたもんだと改めて思う。

常連コメンテーター陣はテレビ慣れした人たちなので

進行の邪魔はしないのだが、番組をまとめてくれる訳ではない。

 

「そこまで言って委員会」の辛坊さんみたいな人は

最初から用意されていないので、

結局、眞鍋かをりさんが進行を手伝うことになった。

専門家じゃないのでコメンテーターとしては口を挟みづらいし

こちらの方が眞鍋さんの力も生きるしたかじんさんの負担も減る。

ちょうど良い所に落ち着いた感じだ。
 

1109171_009_2

 
息が合ってるな~その壱。

リアクションも似てきたような。
 

1109171_021

 
息が合ってるその弐。

ここぞという時の表情も一緒。
 

1109171_059

 
で、〆も勿論こんな感じで、その参。

当初、眞鍋さんをレギュラーに加えたのは

華を添える程度の軽い理由だったのかもしれないけど、

結果的に中核的ポジションについている。

 

こういう仕事のできる人ってあまり思い浮かばない。

八木さんは引っ込み過ぎるし麻木さんは出過ぎる気がする。

眞鍋さんならジョークで緊張を和らげることもできるし、

なんたって美脚。画的にこれは外せない。
 

1109151_029

 
3位は「とくダネ!」でこれも変わらず。

8月9月と体調を崩してしまった眞鍋さん。

早朝生放送なので心配したけど、笑顔で乗り切った。

でも、眞鍋さんも被害に遭った台風被害があったり、

どうも楽しい話題の少ない9月だった。

ただ、眞鍋さんのカーヴィ-ダンス入門は行方が気になる。

 

自衛隊関連アクセスは相変わらず多くて第4位。

眞鍋さんの総火演リポートがWiLLに載ったせいもあるかな。
 

Img061

 
自衛隊の話題はFXに移るだろうけど、関心が高いとは言えない。

しかし、戦闘機とイージス艦ほど高いものはない。

 

だが、バカ高いイージス艦でも戦闘機10数機分なのだから、

やっぱ戦闘機は割高だ。

一番高いものを欲しがる空自だが、F22が買えなかったので

実質的にはF35に決まっているのだろう。

 

国際共同開発なので生産数も多く、

価格は新世代戦闘機としては安くなるだろうし、

新世代型でエントリーされてるのはコレだけなので

そもそも他に選択肢がない。

一説には海自もV/STOLバージョンを欲しがってるというが

不確定要素が多くて困ったもんだ。

 

変わったところで「眞鍋かをり筋トレ」とか格闘技、

力こぶ等のアクセスをまとめると7位になってしまった。

それじゃあということで
 

T1109301

 
こんなの出ました。

カーヴィ-ダンスで女性らしい体型にするらしいので、

次はそっちを待つことにしましょうか。

  

「飛び出せ科学くん」が終了したせいか、

急にアクセスが増えた。

最終回は後半しか見ていなかったのだが、

見ていなかった時に過去の映像でも流れたのか

「バズーか」とか「ゲリラ豪雨」とか

眞鍋さんが出演した回のフレーズが多い。
 

1007241_017

 
ちなみにバズーカというのはコレ。

昨年7月24日に放送されたものだ。

番組終了は残念な気もするが、最終回のラスト

ただ単に終了したのではない余韻を残していたので、

さぁどうなるか。

 

アクセス数多かったぞ順位は以下の通り。

 
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:たかじんNOマネー
 3位:とくダネ!
 4位:自衛隊と眞鍋かをり
 5位:大竹まことゴールデンラジオ
 6位:杉崎美香
 7位:筋トレ 眞鍋かをり
 8位:眞鍋かをり 髪型
 9位:飛び出せ科学くん
10位:眞鍋かをりネイル

 

| | コメント (4)

2011年10月 1日 (土)

難敵参上!伝説オジサンと眞鍋さんの「マネー」

1110011_003_2
なんか凄い人が来てしまった今日の「たかじんNOマネー」

たかじんさんがもう一人、べらんめぇで現れたみたいな

伝説のカメラマン、木村大作さんだ。

崔洋一監督がお目付けよろしくついていて、

大局的視点から日本映画を語るのだが、

伝説のおじさんは言いたい放題だ。

「VTRとか見るのやめましょうよ。全部喋ってもらって」

と眞鍋さんが言うくらい。

金がないからちゃんと仕事しなきゃあと話を聞きに行くものの、

「これは違うぞ」が溜まってくると「帰れ!」「帰るっ!」と決裂。

あんまり仕事がないんでテレビで審査員など

「バイト」をしていたこともあるとか。

気がついたら奥さんも逃げてしまったって

1110011_013

 
身に覚えのあるたかじんさんガックシ、

「それは違う話では」と眞鍋さん。

眞鍋さんが質問するのだけど、

どうも話が違う方向に行きがちで

さすがにまとめるのは難しそう。

日本映画の興行収入が洋画を超えたというが

ヒットしたのはアニメとテレビドラマの映画版。

お手軽予定調和の映画しか見ない。

そうではない作品は上映されない。

崔監督ともども批判するものの

木村さんが自らメガホンを取った「劒岳」。

実は最終的にフジテレビが入っていたとか。

1110011_005
その「劒岳」、

「なんで本物撮っちゃいけねぇんだ」と

CGを一切使わず仕上げた

「雪ん中歩いてるだけの映画」だが

意外にもCGの使用にはYesと回答。

崔監督は「カムイ外伝」でCG使いまくっていたので当然。

そもそもCGなしで実写化するのは不可能な素材だ。

ただ、変移抜刀霞み切りの解釈は当方と違った。

「静かなドン」の主人公、グリゴリー・メレホフが

乗馬突撃で敵騎兵と切り結ぶ際に使う必殺剣

みたいなものを想像していたのだが ・ ・ ・ 

まぁいいや。

1110011_039
一方3Dについては「何だよコレ」と否定的。

「アトラクションみたいだ」

崔監督も視度調節が効かない「コ汚いメガネ」を

メガネの上からかけなければいけないとボロカス。

タレント監督について、崔監督は

外から才能を入れることは賛成と大局的視点を貫くものの、

伝説オジサンは「タレントは嫌い」とのたまう。

その理由を「馬鹿言って生活してるから」なんて言われて

 1110011_032 
「それを言われると・・・」

色々馬鹿言ってる眞鍋さん苦笑。

ところが「たけし監督作品観ましたか」

と問われて「よかったよ」って、

またまたどっちやねんの伝説オジサン。

でもオジサンが「劒岳」を撮る時も

「なんでお前が監督なんだ」と

さんざん言われたらしいから仕方ないか。
 

1110011_043 
またも出ました伝説オジサンの暴言。

思わず吹き出した眞鍋さんだけど、

素早く表情を引き締め「○○さんですね」と訂正。

いや~大変だ。

しかし、悪口を言ってるのではなく、

期待する俳優として崔監督ともども上げた

松山ケンイチさんはイイという話。

「CMに本質出ることもあるんだ」と。

カムイ役として起用した崔監督も

「俺はなんで生きてるんだ的なものが顔に出る」

と絶賛していた。

1110011_048 
さてさて、半年間帰ってこない夫を笑顔で送り出す

妻の演技を要求したという伝説オジサン、

逃げた女房もそうあって欲しかったと

愚痴なのかジョークなのか。

「空母のような包容力」を目指す眞鍋さん、

共感したのかな?

何でCGがOKなのか、結局聴き出すことはできなかったけど、

3Dに話を戻すことには成功したし、

ゲストを考えたらまずまずの進行か。

いい経験だったんじゃないだろうか。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »