« 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 宇宙マネーは未知なる可能性への投資~たかじんNOマネー »

2011年9月 9日 (金)

半年経ったのに、のぼやき

 

3.11から明後日で半年。

瓦礫が取り除かれた町に雑草が伸びている。

だが、原発事故の被災地は無人となったところも多い。

 

この期に及んで被害補償をしても原発は安いなどと

世迷言を発表した天下り団体があって驚かされる。

被害補償がなくても原発は高いがホントだということは

既に誰でも知ってるというのに。

 

原発のある豊かさか原発のない貧しさか、なんていう

破綻した二者択一を未だに語ってる政治家や学者もいる。

高くて危険な原発は豊かさの補償などではないのに。

そんなにスポンサーが大切なのか ・ ・ ・ 

忠犬だがバカがつく。

 

事故を教訓に安全な原発を作らねば、なんて人もいるが、

交通事故じゃあるまいし、一度の事故で幾つもの町や村を

無人にしてしまうような技術に「もう一度」はない。

これら被災地で今後も続くであろう経済活動の停止を

全て補償することなどできはしない。

 

イギリスで行われている水素核融合実験のように、

放射性物質を用いない核利用なら意味があるかもしれない

(成功すれば原発の100万倍のエネルギーとか)が、

50~80年で枯渇するといわれるウラン燃料を用いる原発は、

廃炉の為のものに研究も絞るべきだろう。

それだけで何千億円もの税金が浮く。

 

 

とかなんとか言ってると、

眞鍋かをりさんちもなんか記念すべき日だったらしい。

他人が立ち入る話ではないのだが、

57歳で折り返しとは ・ ・ ・ なんと長いマラソンである。

勿論、元気こそ何より。間違いない!

 

|

« 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 宇宙マネーは未知なる可能性への投資~たかじんNOマネー »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 宇宙マネーは未知なる可能性への投資~たかじんNOマネー »