« 想定外こそ想定内 | トップページ | 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 »

2011年9月 7日 (水)

季節の節目、秋景色の眞鍋さん

 

ふ~ん、眞鍋かをりさん、5月に厄払いやってきたらしい。

厄払いって、気にしたことない。

意味もよく分からない。

 

でも、昔から連綿と続けられていることなのだから

なにか云われがあるのだろう。

それを知らないのは単なる無知なので、

自分が知らないからといって意味がないとは断言できない。

 

ひょっとすると、掘り下げていけば、

日本の精神文化の深部に辿り着くかもしれない。

だとしたら、無意識のうちに影響を受けているはずだ。

何事も軽はずみに否定しない方がいいと思う。

 

OfficialBlogには、例の風邪のことも書いてあるけど、

昨日の「大竹まことゴールデンラジオ」では、

熱が出る三日前から息切れ、動悸など

不具合があったと言っていた。

「20代の頃は一晩寝れば治っていたのに」とはいうものの、

ホントに年齢のせいかどうかは分からない。
 

20110906web

 
相変わらず「セクシー」とか「裸に近い」

とか言われてたけど眞鍋さん的にはおとなしく、

半袖だけど秋っぽさも意識した装い(だそうな)。

 

東富士演習場での総合火力演習に行った時も黒。

あの時の方が露出は多かったけど、どうもあの時に

体調を崩したのではないかと推測する眞鍋さん。

でも、現場では、「凄い」と「怖い」の二つの感想を持ったらしい。

戦争映画とかは嘘だなと思ったというのはよく分かる。

 

想像しうる最大「ドン!」の百倍の音

というのは経験しないと分からない。

普通の鉄砲でもイヤープテクターをしてないと難聴になる

というのに、その何百倍もの発射薬で「ドン!」とやられたら

鼓膜も痛くなるというものだ。

 

装甲の様に密度の高い物質は放射線を通しにくい

という理由で福島の原発事故にも自衛隊車両は色々投入され、

74式戦車のドーザータイプまで運びこまれたが

新経産相は将来的な原発ゼロ発言。

新内閣がその方針で行くのかどうか、

眞鍋さんも注目しているようだ。

 

計画されていた14基の新規原発の建設費用があれば、

コンバインガスタービン発電が100基以上新設できる。

発電能力は原発と同等なのだから100基も要らない。

2兆円くらい余る計算だから、その金でバイオエタノールと

メタンハイドプレートの開発を進めたらいいと思う。

 

だが、東電が当初要求してた

25%の節電ってなんだったのだろう?

追及して欲しいことが色々ある秋である。

 

|

« 想定外こそ想定内 | トップページ | 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 想定外こそ想定内 | トップページ | 逃げられない怖い現実の数々~今日の「とくダネ!」 »