« 似た者同士(?)眞鍋さんと愛犬うめ | トップページ | 笑っていいのか悪いのか、眞鍋さんのアメリカ珍道中 »

2011年7月23日 (土)

硬骨官僚のノーギャラトークに驚き連発の眞鍋さん~たかじんNOマネー

 

1107232_005_2

 
すっかり破綻を見せなくなった眞鍋かをりさん、机の下美脚!

ぐっと前に差し出しているのは見せびらかす為ではなく、

例によってよく動くから。

でも、不用意に膝が開いたりしないところ、以前とは違うのだ。

 

てなことで今回の「たかじんNOマネー」は、

改革派官僚として既得権益と戦う古賀茂明氏がゲストだ。

仙石由人とかいうオッサンから恫喝を受け、

退職勧告まで突き付けられている。
 

1107232_002

 
「それでもまだずっと居座るんですか」

なんて眞鍋さんの不規則発言に

「それは総理大臣だよ」とは大谷昭宏氏。

確かにね。

 

だが、気に入らない提案をするから

という理由で辞めさせることはできない。

口実を与えない為にと古賀氏、原稿料も出演料も取らない。

この日もノーギャラ、ということで
 

1107232_030

 
「毎週出てもらったら?」

「是非レギュラーで」

 

そもそも「脱官僚」「政治主導」を掲げていた民主党政権、

改革派の古賀氏を側近に置くつもりだったらしいが、

省庁権益優先の官僚出身議員によって潰されたらしい。

そして、原発事故に絡む東電改革案が

既得権益派の逆鱗に触れたのだ。

 

賠償が払えないと東電が言う以上、

債務返済不能、つまり破産であり、

破綻処理するのが資本主義というもの。

当ブログも以前、似たようなことを書いたが、

誰だって考える当たり前のことであって、

古賀氏が異常な提案をした訳ではない。

 

当然、株や債券は紙切れとなるが、

企業が倒産したらそれが普通。そうならない方が変。

電気料金にまるごと上乗せし

全ての負担を国民に強いるよりも、

出せるだけ出させて国民負担を減らした方がイイに決まってる。

 

「原発事故を起こすと絶対つぶれない会社になる」

東電救済の為だけの賠償法案を古賀氏はこう批判する。

被害の規模が大きいから救済して賠償させようというのでは

コスト丸のせ電気料金の仕組みや安全意識の向上も

ホントの意味では望めはしない。
 

1107232_014

 
「え~っ!」

眞鍋さんも思わずのけぞる霞ヶ関官僚の実態。

天下りポストをつくる悪だくみに長けた者が

立派な官僚として認められる。

税金への寄生性と腐朽の極み。

 

古賀氏も事実上の天下りを勧められたそうで、受ければ定年までに

総額1億5千万円の収入が保証されていたという。

それを断った古賀氏、逆に天下りポストをなくす提案をすると
 

1107232_045

 
「理屈は分かるが、俺ホント寂しいよ」

と上司に言われたとかで眞鍋さん

「むかつく~」

 

そんな古賀氏に既に終了している調査を繰り返させる

嫌がらせ出張が命じられたそうで、

これは国会でも問題となった。

嫌がらせではないという証明に提出された報告書からは

古賀氏の政策提案がカットされていたという。
 

1107232_039

 
そんな古賀氏にとってお金とは

「人の為に使うもの」

カッコつけ過ぎのような気もするが

「さすが1億5千万を断っただけのことありますね」

眞鍋さんの言うとおり有言実行なのだから

こりゃ文句言えないね。

 

|

« 似た者同士(?)眞鍋さんと愛犬うめ | トップページ | 笑っていいのか悪いのか、眞鍋さんのアメリカ珍道中 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

ながらさん、毎日ブログの更新ありがとうございます。

投稿: 怠けるおばさん | 2011年7月23日 (土) 21:17

眞鍋さんのブログ、コメント欄読んでるとおもしろいですね。
一番おもしろかったのは「結局、普段使っているカードが使えなくなったので、別のカードを使いましたということでしょうか?」
というコメントでした。

投稿: ちょっぱー | 2011年7月24日 (日) 00:29

>怠けるおばさんさん

幸い、最近は話題が多くて困りません。

>ちょっぱーさん

あの件は突込みどころ満載なので、別記事にしたいと思っています。

投稿: KenNagara | 2011年7月24日 (日) 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 似た者同士(?)眞鍋さんと愛犬うめ | トップページ | 笑っていいのか悪いのか、眞鍋さんのアメリカ珍道中 »