« 喋り足りないお喋り論客大会~たかじんNOマネー | トップページ | これが眞鍋さんのネイル »

2011年6月12日 (日)

眞鍋式弁証法でシフトチェンジ

 

「プディングの味は食ってみれば分かる」なんて聴いて、

プディングってなんだ!?プリンとどう違うんだ?

なんてガキの頃思ったもんだが、

日本のプリンはカスタードプディングと言うらしい。

小麦粉とか肉とかを使うものもあるらしいから、

広い意味の英国風蒸し料理のようだ。

 

食ってみりゃ分かるというのは

やってみれば分かるという意味で、

漢字を増やすと「実験(実践)による検証」。

いかめしく言い換えたところで、要するに

「押してダメなら引いてみな」と大して変わらない。

 

眞鍋かをりさんのブログに書いてある

今まで通りで上手くいかなかったらシフトチェンジ

・・・というのも同じことだけど、

時間軸が追加されている点が違う。

一つ加わるだけで、これがなかなか発想できないのだ。

 

中小企業のオッサンなどが

「裸一貫からここまで会社を大きくしてきたのだ」

などと妙なプライドを持ち、

従来のやり方に固執して墓穴を掘る

というケースはよくある。

 

成長していけば質的転換を求められる、

そーゆー段階が必ず訪れる。

対応できなければ成長も止まる。

その段階が今なのかもっと先なのか、

それともとっくに過ぎているのか。

 

イケいけドンドンで設備を拡充、

銀行から多額の融資を受けたのに、

ブームが去って稼働率急低下、多額の債務だけが残る

なんてのは典型的な失敗例。

ナポレオンもヒトラーもその見極めができずに大敗した。

 

ギアチェンジで機嫌が直った眞鍋さん。

プンスカしたかもしれないけど、

何かに気付いたのなら万々歳だ。

これぞ当ブログが発足以来指摘する

眞鍋脳の秘密、眞鍋式弁証法。

 

さっすがですね!

 

|

« 喋り足りないお喋り論客大会~たかじんNOマネー | トップページ | これが眞鍋さんのネイル »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/40368109

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋式弁証法でシフトチェンジ:

« 喋り足りないお喋り論客大会~たかじんNOマネー | トップページ | これが眞鍋さんのネイル »