« 競馬も笑顔も自粛はなしよの眞鍋さん | トップページ | 小倉さんも出演していた「マネー」 »

2011年5月21日 (土)

ぶっちゃけ田原さんと眞鍋さんの裏司会

 

1105211_016

 
「批判されるの好きなんですよ」と語る田原総一朗氏。

「傷つくことってありませんか」と驚いていたけど、

自分を批判する本を三冊も書いた人がいて

「相当入れ込んでなければ書けない」

「(実は)好きなんじゃないか」

なんて言うので笑ってしまう眞鍋かをりさん。

 

ってことで、本日の「たかじんNOマネー」も大物ゲスト。

たかじんさんと並んでるだけで凄い景色だが、

青山繁晴さんもいて波乱含み冷や冷やもの。

そして水道橋博士さんは田原総一朗研究家

だもんで
 

1105211_005

 
眞鍋さん、鋭い指摘!

実は当方もかねてより同意見だった。

 

それはともかく、東京12チャンネル(現テレ東)時代、

「予算は10分の1で偏差値も低い」

「普通にやったら誰も観ない」

言い過ぎではないかと思うが、これは本人の弁。

 

で、水道橋さん曰く「日本初のAV俳優」として、

全裸で撮影したドキュメントに全裸で自らも出演。

「それ今日出るんですか?」(眞鍋さん)

「ちょっとだけ」(水道橋さん)

「お~楽しみ」(眞鍋さん)

「ワハハハ・・・」(スタッフ一同)

 

高度経済成長が行きついた先の

ドル不安とベトナム戦争泥沼化の中、

無秩序な性や暴力表現がはびこった

退嬰的な文化状況の時代 ・ ・ ・ 

水道橋さんにとってはいたく新鮮らしい。

他方、眞鍋さんは

「もちろんゴールデンで放送しました」に、

腰を抜かさんばかりにびっくり。
 

1105211_003

 
だが、原発を扱った「原子力戦争」が

大手広告代理店の逆鱗に触れ、局を辞めることに。

クレームつけた代理店、謝らないといけないね。

 

もっとも田原氏自身は、

原発は危険だがやむなしの立場だったとか。

しかし、これほどの事故が起こるとは思っていなかったそうで

「国も東電も隠していた」ことが最大の問題とする。

 

「確証の取れたことしか発表しない」

と政府は取材に答えたそうだが、

水を入れても水位は上がらず高濃度汚染水が漏れてる

ってことは容器が壊れてる・・・って、

多分10歳児でも「確証」を持つと思うけどね。

 

緊急事態に追われる現場に東電本店がうるさく連絡を入れ、

あの吉田所長が「自分で来い!」と返したこともあったとか。

また菅総理、経産省に影響調査もさせない内に

独りで決めて独りで浜岡原発停止を発表したり、

本人も知らぬところで大臣人事を他党幹部と相談したり

相当に奇怪な行動が目につく等々、話は尽きないが
 

1105211_009

 
眞鍋さんのひとことで議事進行。

 

がっ!ここで青山さん、溜まりに溜まった怒りが爆発!

勿論、拉致被害者・有本恵子さんの生死情報で

有本夫妻と争っているあの裁判のこと。

 

「調べもせずに」という訴えだが取材はしていると、

いささか建前論の田原氏に、義理人情を貫く

言論界の侠客・青山さんが引っ込むはずもなく

「なんで被害者の家族と裁判なんかするんですか」

「謝ればいいじゃないですかっ!」

 

田原氏も有本夫妻と直接会いたかったそうで、

一度は実現しそうだったのに会えなかったのだとか。

マイクが声を拾わなかったのではっきりとはしないが、

なんとなく青山さんが一肌脱ぎそうな雰囲気。

 ・ ・ ・ ってことで
 

1105211_013

 
「朝生(朝まで生テレビ)みたいになってきたんですけど、

すいません、次回、朝生でやりましょう」

頃合いを見計らった絶妙のタイミングで眞鍋さんカットイン。

なんだか今日の眞鍋さん、いつも以上に裏司会者。

 

だが、面白い話も続々と出てきた。

田原氏が一番呼びたいゲストは、なんと今上陛下!

宮内庁にも申し入れたそうだが

「前例がない」

と断られているとか。

 

「息子さん御夫婦のこととか、お孫さんは

学習院でどうしてるとか訊きたいじゃないですか」
 

1105211_020

 
「そこですかぁ?」(眞鍋さん)

「朝まで出ぇへんわ」(たかじんさん)

「まぁ~実現しないでしょうねぇ」(眞鍋さん)

 

「そのお気持ちはあるんじゃないか」

と青山さんは言っていたが、

今上陛下の言動を読み解くと

「一つの局だけを特別扱いはできない」

と、全ての局に出るぞと言いだしかねないので、

宮内庁もビビっているのではなかろうか。

 

「出演者の方を怒らせるじゃないですか」

という眞鍋さんの質問には

「政治家はなかなか本音を言わないから」だとか。

そういえば、

 

田原氏が小泉元総理を支持したのは、某料亭で

田中派と戦うことを表明したからだそうなのだが、

亀井さんを立てて全て相談するという約束を完全に反古。

その理由を「権力とはそういうもの」と答えたそうな。

 

また、そもそも出馬する気がなかったので

「やることがない」石原都知事には

「東京に原発を作れ」と要求しているそうな。

「連休いっぱい待って欲しい」と答えたそうだが ・ ・ ・
 

1105211_024

 
さて、乳癌で愛妻に先立たれたエピソードには

眞鍋さん、ほろりとしつつ、

テーマは「ドーする?ドーなる?田原総一朗」へ。

 

77歳にして朝まで働く田原氏だが、

たかじんさん、60過ぎればそれなりに成長してる

と思っていたが、いざなってみるとそうでもないとか

(田原氏、「その通り」と肩を叩く)

 

若い頃、年配の人を見ると

それなりの生き方をしてきたのだろうと思っていたが

「そんな顔して歩いとっただけ」

「なんも変わってへん」

「ちょっと老けただけや」

 

「そーなんですか」と聴いていた眞鍋さんだけど、

「初老トークが凄いあれなんですけど」

と、笑いを取りながら議事進行。
 

1105211_032

 
で、眞鍋さんの提案は

田原総一朗グルメリポーターに転身!

それは面白いと御本人もちょい乗り気を見せたものの、

研究家・水道橋さんによると

「凄い偏食で、最近までコーヒーを飲んだ事なかった」

 

と、ここで、たかじんさんもコーヒーを飲まないことが発覚!

「二人で『初めてシリーズ』やりましょう」

「ありきたりなもので初めてのものが他にもあるかも」

ってことで眞鍋案に金一封。

 

で、研究家の案はというと ・ ・ ・ 
 

1105211_044

 
どーしてもあのあたりに拘ってしまうのだ。

でも田原さん、

立つとか立たないとかよく分からないことを言って結構乗り気。

「本気にされたら困るけど本気になりかねない」(水道橋さん)

「冗談なの?僕は真剣だったんだけど」(田原さん)

ここはまず立つことが先決かと。

 

これで勢いずいたという訳ではないだろうけど、

「あなたにとってお金とは?」の問いに田原氏、
 

1105211_055_2

 
「今までゲストでこれ言った人いませんよ」

眞鍋さんもびっくりのド直球

「人間やっぱり金や」

 

だが実は、東日本大震災に際し、

孫正義ソフトバンク社長がポンと100億円出すなどを見て

「悔しい」「金があったらやりたい」と思ったのだとか。

なんというか ・ ・ ・ ぶっちゃけ田原さんだった。

 

ということで、

最後に眞鍋さんの美脚が一番決まったショットを
 

1105211_048

 
やっぱり遠いけど、眞鍋さん超美脚っ!

 

|

« 競馬も笑顔も自粛はなしよの眞鍋さん | トップページ | 小倉さんも出演していた「マネー」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶっちゃけ田原さんと眞鍋さんの裏司会:

« 競馬も笑顔も自粛はなしよの眞鍋さん | トップページ | 小倉さんも出演していた「マネー」 »