« 色々出てきたポスト原発の動き | トップページ | 城の話 »

2011年4月25日 (月)

何が飛び出すのか次回「マネー」

 

統一地方選後半戦と同時に行われた名古屋の補選、

減税日本の候補が敗退したそうな。

東日本大震災からの復興財源が取り沙汰されている時に

減税だけ言っててもダメだろう的な感覚だろうか。

震災前と後では風向きが変わったことが分かる。

 

大阪の維新の会は相変わらず強いが、

こっちはその手法に賛否はあれど

一期目にして財政黒字化を達成したという実績がある。

スローガンだけでは逆風には勝てないということか。
 

1104231_028

 
先日の「たかじんNOマネー」でも、

安藤忠雄氏から消費税15%発言が出た。

これだけを見ると、

増税やむなしの世論が高まっているように見える。

 

だが、次週放送の「マネー」では、

政府のどさくさ増税論が糞味噌に叩かれたらしい。

竹中平蔵、岸博幸、須田慎一郎なんて顔ぶれからしたら

さもありなん。

 

元官僚、岸さんは既に至る所で吠えまくっていて、

「財源あるのに」と繰り返し主張している。

そういえば先週の「大竹まことゴールデンラジオ」でも、

国債償還準備金が10兆円毎年余るなんて話が出ていた。

 

期間限定の消費税3%増税も実は

「期間限定」とは復興に使うという使い道についてであって、

3年経ったら他のことに使う予定だということは、

財務官僚の誰かがポロりしたらしい。

 

3%を単純計算したら年7.5兆円、3年で22.5兆円だから、

推定されている復興費用と確かに釣り合うのだが、

「(消費税増税も)しょうがないって思いかけてる」

「慎重に見ていかないといけませんね~」と

ラジオで眞鍋かをりさんが言っていた通りだ。

 

さて、次回「マネー」ではどんな話が飛び出すのだろう?

明日の「ゴールデンラジオ」でもこの話、出るのかな?

 

|

« 色々出てきたポスト原発の動き | トップページ | 城の話 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/39748235

この記事へのトラックバック一覧です: 何が飛び出すのか次回「マネー」:

« 色々出てきたポスト原発の動き | トップページ | 城の話 »