« 衝撃の青山ルポ「とくダネ!」に | トップページ | 「侍」たちと眞鍋姫の復興会議~たかじんNOマネー »

2011年4月29日 (金)

どうでもいい的変身譚

 

○○戦隊○○レンジャーという変身型戦隊ヒーローもの

なんと30年も続いているのだとか.。

初代レンジャーはさぞかしオッサンになっていることだろう。

オッサンになったら変身しないのか?

オジン戦隊止まったら死ぬんジャーとか。

 

仮面ライダーとどっちが古いのか知らないが、

少なくともウルトラマンはもっと古い。

老舗が連綿として営業している一方、

新たな変身ものも次々現れて、

全部集めたら何人いることか。

 

海外に目を向けてみると、

「変身」といえばフランツ・カフカの小説。

グレゴール・ザムゼは、ある朝目を覚ますと

自分が巨大な毒虫に変身していることに気付くのだ。

知らない間に変身してしまうのも困ったもんだが、

それにうろたえたか、

せっかく変身したのに暴れて町を壊すでもなく、

悪人とも闘わずに一人寂しく死んでしまう。

 

これではヒーローとは呼べない。

変身ヒーローといえば ・ ・ ・ スーパーマン?

だが、メガネをかけてるかかけてないかだけなのに、

なんでクラーク・ケントとスーパーマンの区別がつかんのか

疑問は拭い去れない。

 

バットマンとかグリーンホーネットは仮面をつけてるので

「分からん」と言われたら「まぁそうかな」と思う。

仮面舞踏会なんてのが流行った時代もあったせいか、

仮面ものの歴史は古く、怪傑ゾロなんて立派なヒーローがいる。

ゾロはチャンバラだが、仮面のガンマンならローンレンジャー

 ・ ・ ・ オオッ!レンジャー登場である(一人だけど)。

 

だが、彼らは変身しなくても能力を発揮できる。

スパイダーマンだって、別にあんな目立つカッコしなくても

その気になりゃあ十分やれるはずなのだ。

正体を隠さねばならんという理由だけ。

だったらもう少し地味に目立たない方がいいのでは

とも思うが、その辺は大人の事情だ。

 

しかし、日本の変身ヒーローは違う。

何しろいちいち着替えなくても変身できてしまう。

なんかのグッズを手に一言わめけばいい。

セーラームーンに至っては、

わめいてポージングするだけで、

どこからかグッズが飛び出してくる。

凄いのだ。

 

このハイレベルな日本の変身もの、

さらにルーツを遡ってゆくと児雷也なんてのが見付かる。

ガマ(つまりカエル)に変身してしまう忍者である。

魔法使いに姿を替えられたのではなく好きで変身する点、

西洋的変身ガエルとの大いなる違いだ。

 

初変身が1839年というから、ウルトラマンも真っ青な超老舗。

しかも、こいつには大蛇丸というライバルがいる。

大蛇丸と名乗るだけあって蛇に変身するのだが、

「蛇に睨まれたカエル」の例え通り、

カエルマン児雷也は歯が立たない。

 

ダメではないかと思ったら、

女房の綱手がナメクジに変身して大蛇丸のサイドを突く。

蛇はナメクジに弱い(なんでや?)。

ライバルとの戦いに女房の助けが要るとは

さぞかしカァちゃん怖いのかと思いきや、

蛇には弱いカエルもナメクジには強い(んなアホな)。

 

だが、この設定が所謂「三すくみ」の由来になった

というのだから、馬鹿にはならんのである。

 

この児雷也、日活が実写化したことがあって、

一説には日本初の特撮映画とも言われている

(笠井キャスター知ってるかな?)。

ちらっとさわりを観たところ、

変身直後は人間大だったガマ(それでも十分デカイ)が

さらなる変身で城を破壊するほどに巨大化してしまう。

変身→巨大化はウルトラマンよりはるか以前に行われていたのだ。

 

鶴の恩返しとかぶんぶく茶釜も変身と言えなくもないが、

人ではないしヒーローでもないのでそこまでつなげなくても

とは思うものの、どこかで細い糸のようなつながりが

深層心理の中にあるのかもしれない。

どうでもいい話だけど。

 

|

« 衝撃の青山ルポ「とくダネ!」に | トップページ | 「侍」たちと眞鍋姫の復興会議~たかじんNOマネー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小さい子供にも変身願望があるのでしょう。
でも、苦労もなしに自分が変わろうなんて、
出来ないですよね。

投稿: かずべえ | 2011年4月30日 (土) 17:28

いやイヤ変身願望はオッサン、オバハンにもおま。
努力したくないだけでっせ。

投稿: KenNagara | 2011年4月30日 (土) 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい的変身譚:

« 衝撃の青山ルポ「とくダネ!」に | トップページ | 「侍」たちと眞鍋姫の復興会議~たかじんNOマネー »