« 眞鍋さん、がむしゃら押し願ったりかなったりってホント?~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 巨匠は笑いも師匠級か、安藤忠雄氏と眞鍋さん »

2011年4月22日 (金)

震災と自衛隊といろんなはなし

 

なんと、自衛隊にも敵前逃亡罪があるらしい。

勿論、銃殺刑にはならないが懲役7年以下は結構重い。

だが、車を盗んで原発から逃げ出した自衛官は

この罪には問われずに済むそうな。

被災地への出動を逃れようと

公然わいせつをやらかした海自隊員も同じらしい。

 

原発事故が恐いというのも、

遺体収容がきつかったというのも

人情として分からんでもない。

「ちょっと都合が悪いんで」は自衛隊では通じないし、

指令が下れば従うしかないのだから。

 

二人とも陸曹、海曹で、警察でいえば警部、警部補クラス。

現場叩き上げのベテランで、本来なら

一番頼りにならなければならない立場なのが痛い。

だが、同じ陸曹でも、被災地で過労死された方もおられること、

決して忘れてはならない。

 

前回の震災と自衛隊の記事中、今震災にあたって、

自衛隊が迅速に動いたことは間違いないと書いたが、

具体的な時系列が分かった。

陸自東北方面隊が岩手、宮城の県庁に

連絡員を派遣したのは地震発生から4分後。

6~14分後には出動要請を受け取ったようである。

 

阪神淡路の震災は早朝だったこともあって

出動要請を受領するまでに5時間近くを要したが、

それを教訓とした法改正もあり、今回は

これ以上は不可能なくらい早かった。

 

その結果、救出した被災者19247人、

給水18000トン、提供した食糧190万食、

19万人の避難住民に入浴サービスを実施。

今月18日の数字なので若干変動はあるだろう。

出動した隊員は10万6452人、航空機488機、艦艇49隻、

車両は多過ぎて分からないのか「多数」。

自衛隊発足以来最大の作戦だったことは間違いない。

 

 

他にもいろんなことがあった。

 

例えば原子力安全委員会の先生が

今さら福島第一を視察に訪れたとか。

県の対策本部に顔を見せず、

知事は激怒していたそうだが、

さすがは先生、外から見ただけで

地震ではなく津波が原因と見抜いた。

 

どこから水が漏れているのか

正確には分かっていないはずだが、

それでも地震と津波の違いが分かってしまうのだ。

原子炉構造工学の専門家というだけのことはある。

そうでなければ困る事情があるのだろうなぁ

 ・ ・ ・ なんて思ってはいけないのだ。

 

  

復興構想会議の下部組織なのか

並列的な位置付けなのかよく分からない

復興構想検討部会とか検討チームとかができた。

組織を作ってカッコいい名前をつけるとそれだけで

仕事をした気になってしまうことはよくある。

 

天下りを見張るはずだった再就職等監視委員会も

「やるぞ」と決めた07年以来、全く機能しておらず、

資源エネルギー庁から東電に天下った元長官も

その隙を突いたもの。

脱法行為に等しく、辞任は当然である。

 

唯一、その会合で孫正義ソフトバンク社長が打ち上げた

自然エネルギー財団は注目される。

福島第一は40年前の古い原発だし、安定停止した原発もあるので

原発絶対悪というにはまだ早いと思うが、だとしても、

その他の技術開発、研究は必要だろう。

 

ちょっと詳しく見てみると、孫社長も

「原発のコストは安くない」という認識のようで、

アメリカの実績などを例に出したようだ。

原発安全神話と共に、原発は安いぞ神話の検証も

しなくてはなるまいね。

安かろう危なかろうはもう要らない。

 

|

« 眞鍋さん、がむしゃら押し願ったりかなったりってホント?~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 巨匠は笑いも師匠級か、安藤忠雄氏と眞鍋さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災と自衛隊といろんなはなし:

« 眞鍋さん、がむしゃら押し願ったりかなったりってホント?~今日の「とくダネ!」 | トップページ | 巨匠は笑いも師匠級か、安藤忠雄氏と眞鍋さん »