« それでも元気に行こう!~震災の色濃い3月度検索アクセス | トップページ | とんだエイプリルフール »

2011年3月31日 (木)

頭に来ること多々あれど、「とくダネ!」眞鍋さんは冷静です

 

1103311_030

 
今週からセットが変わった「とくダネ!」。

眞鍋かをりさんも光ものは復活したものの、

過度な派手さは抑え、控えるべき点は押さえている。

お陰で一瞥しただけで賢さと人柄の誠実が分かってしまう。

 

だが、東電会長は呆れるほどの馬鹿発言。

「当たり前だから」と敢えてスルーしたニュース番組もあったが

福島第一原発は廃炉に決まってるだろう。

「今は心を一つにする時」と控えてきたが、忍耐にも限度がある。

 

貯水量をはるかに超える放水をしてきたのだから

汚染された水が溢れるのは当たり前。

水が何処から来たかにかかわりなく、放水すると決めた時点で

排水対策を講じておくのが常識ではないか。

 

それを当日確認もせず、安全管理員も同行させずに

下請け社員に無謀な突入をさせ、

「前日は安全だった」などと小学生みたいな言い訳をする。

命がけの作業を進める現場作業員は疲労困憊している。

安全な場所にいる人間が管理しなくてどうする。

 

おまけに、人命を危険にさらしてようやく

「あら、水がありました」と、慌てて対策に走り回り

「私らでは無理ですわ」と、今さら助けを求めるでは

あまりにも愚か、無能に過ぎようというものだ。

 

これでは作業員が報われないし、国民の命がかかった大事、

こんな人々に任せてはいられないと考えるのが道理。

国内外の英知を集め、現場を知る者を加えた特別委員会を作り、

アホから全権を委譲させるべきである。
 

1103311_008

 
とはいえ、眞鍋さんはあくまで冷静。

「長期戦になることは私達も覚悟をしている」として

「何が有効かは分からないけれど、

出来ることは全て同時にやって万全を期して欲しい」

 

フランスからの援軍にここは期待するよりない。

何しろフランスでは、失恋した原発作業員が

自殺目的で事故を起こしたこともある。

事故は全て想定外。

想定できていれば起こらないのが事故というもの。

「想定外」を知る彼らなら東電にはない備えもあるに違いない。
 

1103311_040

 
一方、集団避難希望者募集の南三陸町。

町民の心は揺れ動き、決断できない人も多い。

 

「家族揃っていればどこかに避難しよう

と思ったかもしれないですけど、

一人でも欠けていたら絶対動けないです」

自分に置き換えて心情を語る眞鍋さん。

「自分達は大丈夫でも、意味がないって考えちゃうと思います」

 

宮城県では、身元が判明した犠牲者の氏名が

毎日300人前後公表されている。

被災していない当方はネットで見ることもできるが、

着の身着のままで逃れた方々は、毎日足を運ぶしかない。

辛く、苦しい毎日ではあるけれど、

終わらない限り心の区切りもつかないのだ。
 

1103311_020

 
そんな中、天皇皇后両陛下が

東京に避難した被災者を見舞いに訪れた。

虚飾のないその姿勢は、政治家がよく見せる

これ見よがしのパフォーマンスとあまりにも違う。

 

「ビデオメッセージの時も

『頑張らなくちゃ』と背筋が伸びましたけど、

その存在は大きいですね」

眞鍋さんも感心しきり。

 

今上天皇は日本史上特筆されるべき存在だ。

平和憲法下で即位した初の天皇というにとどまらず

この憲法の意味と精神をどの政治家や官僚よりも深く理解し、

実践することで自らそれを示している。

 

その言葉や行動を見聞きする時、

我々の出発点が何処にあり、

何を目指そうとしていたのか

初心を思い知らされることが多い。

 

右の人も左の人も、今上陛下の行いを

真摯に受け止めなければならないと思う。
 

1103311_038

 
さてはて、ディズニーランドのように

莫大な電力を消費する所などは、

やむを得ない面もあるのかもしれないが、

行き過ぎた自粛は考えもの。

 

生活をギリギリまで切り詰めて、残り全額を寄付する

というならまだしも(それはそれで問題はあるが)、

そうでなければ消費の節約は逆効果。

大阪で夜桜ライトアップ自粛って、意味分からん。

 

「被災者でなくても心の負担が大きくなっているので、

自分を元気にすることはやった方が

復興の為になるんじゃないか」と眞鍋さん。
  1103311_034_2

 
ちなみに京都ではライトアップ断固決行である。

天下の銘木、円山のしだれ桜の近くに

募金箱でも設置しておけばよいのだ。

 

夜桜には、まだちと寒いけどね。

 

|

« それでも元気に行こう!~震災の色濃い3月度検索アクセス | トップページ | とんだエイプリルフール »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

かをりちゃん、随分細くなってました
ダイエットでもしたのかな?

投稿: かずま | 2011年4月 1日 (金) 19:40

食道楽が過ぎてちょっと太ったみたいな話でしたから、
対策したのかも・・・ですね。

投稿: KenNagara | 2011年4月 2日 (土) 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭に来ること多々あれど、「とくダネ!」眞鍋さんは冷静です:

« それでも元気に行こう!~震災の色濃い3月度検索アクセス | トップページ | とんだエイプリルフール »