« 汚染報道にも落ち着き見せる「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 今日は大阪の眞鍋さん、杉崎姐さんは土曜深夜のスポーツに »

2011年3月25日 (金)

魂の現地ルポから見えたもの

 

「とくダネ!」笠井キャスター、魂の現地ルポは

取り敢えず今日で一区切りのようだ。

数々の喜びと悲しみに出逢い、

時に衝撃的な瞬間にも遭遇したが、

それは笠井キャスターが被災者と肩を並べて歩き、

喜怒哀楽を共にしたからである。

 

それぞれは一つの事例に過ぎないかもしれないが、

数えきれないほどあった被災者の体験が集約されている。

避難住民○○人、死者○○人と、

横並びにすれば数字になって抽象化されてしまうことが、

個々の事例を丁寧に掘り下げて取材することで

初めて具体的な意味を持ち、

リアリティーを伴って伝えられるのだ。

 

伝えなければ何をすべきかは見えてこないし

支援の輪だって広がらない。

何も分からずに支援に立ち上がる人などいないのだ。

 

今日の放送は水曜日に引き続いての自衛隊同行ルポ。

被災地への支援物資は都道府県がまとめ民間が移送し、

自衛隊が避難所に運ぶパターンとなっている。

燃料不足、人員不足の中、

自前の燃料、機材、マンパワーを持つ自衛隊が

中核にならざるを得ない実情が分かる。

 

今回、笠井キャスターが同行したのは離島への医療支援。

医療まで自衛隊が支援しなければならないとは ・ ・ ・ 

一体どうなっているのだろう?

水や食料、毛布などと違い、一般人が薬を送る訳にはいかない。

政府に医療支援専門チームのようなものは存在しないのだろうか?

 

そんな中、医師もおらず、たった一人で

400人の患者を看ていた看護師と再会する。

地元の看護師、さらに神戸からも支援の人々が駆け付けていた。

良い話ではあるが、行政は関わっていないという。

自衛隊は医療機関ではないのだから、厚労省の出番のはずだが

 ・ ・ ・ 不可解だ。

 

その自衛隊も震災で打撃を受けている。

23日の放送では松島基地が

予想以上の損害を受けていることが報告された。

基地幹部の男泣きが翼を失った空の男の無念を物語る。

暖房器具は全て被災者に届け、自分達は

身を寄せ合って寒さをしのいでいるという。

救助に飛べなかったことを悔いているのだろうか。

 

瓦礫の中から発見したアルバムなど思い出の品が

役場に集められている様子を大村リポーターが取材していた。

昨年、先立たれた夫の形見を捜しに着たご婦人に大村さんも同行。

自宅跡を一緒に捜し、見つけ出したのは飛行機の模型。

山田分屯基地の文字が見える。

航空自衛隊第37警戒隊である。

 

レーダーサイトは山の上にあるが、官舎は麓にあることが多い。

殉職した隊員はいなかったのか、あるいは家族は無事だったのか、

気になるところである。

 

水曜日、笠井キャスターの後ろで

施設団の隊員と思しき自衛官が船をつないでいた。

浮橋を作るものと思われたが目指す孤立した島は遠く

大変な作業をしている ・ ・ ・ と思ったのだが、

後のニュースによるとその日の内に浮橋を完成させ重機を搬入、

住民も驚くスピードで作業を行ったそうだ。

流された橋も多いので、同じ作業、各地でやったのではなかろうか

 

だが、それでも相変わらず食料が足りていない。

自衛隊の野戦食を食べている被災者も映像にあった。

これではボランティアを大勢受け入れることなど到底無理。

にもかかわらず、人手は絶対的に不足している。

なので被災者同士で助け合うことになる。

 

避難していた体育館に津波が押し寄せ、

園児を抱えながらカーテンにしがみつき、

かろうじて生き伸びた保育士の方は

笠氏ルポでも印象の強い方だが、

帰っていた実家から避難所に戻り、食事係をしているという。

 

こうした再会レポートは笠井ルポならではのものだが、

だからこそ浮き彫りになった実情でもある。

さらなる支援が必要なことは当然として、

それを行き渡らせるシステム作りを

しっかりやってもらわなくては生きてこない。

物が集まれば人も集められる。

人と物が一緒に動けば光も見えてくるはずだ。

 

 

 

番組でも取材していた南三陸町で、

当方6人の方の消息を捜していた。

おひとりはGoogleの消息情報ですぐに判明したものの、

残りの方はなかなか見つからず

絶望感を抱きそうになっていたのだが、

今日、もう一人、御存命を確認することが出来た。

避難者名簿が全てデータ化されている訳ではないので

諦めずに捜索を続行するつもりだ。

 

|

« 汚染報道にも落ち着き見せる「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 今日は大阪の眞鍋さん、杉崎姐さんは土曜深夜のスポーツに »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂の現地ルポから見えたもの:

« 汚染報道にも落ち着き見せる「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 今日は大阪の眞鍋さん、杉崎姐さんは土曜深夜のスポーツに »