« 計画停電ドットコム | トップページ | 明らかになったかもしれない危機管理の脆弱性 »

2011年3月16日 (水)

おかしな「ガソリン不足」

 

解せない話である。

物流が途絶している被災地ならいざ知らず、

何故あちこちでガソリンが不足するのだろう。

震災前に動いていた何10万台もの車が今は動いていない。

消費量が絶対的に減っているのに「足りない」とはおかしい。

 

自家用車を満タンにしたくらいで「買占め」にはなるまい。

枝野官房長官の会見では軽油や重油までを対象に

「協力」を呼びかけている。

ディーゼルを自家用車に使う人は日本では少数派だし

重油なんて一般人が買うことはまずない。

 

元売りは「施設の安全点検をしている」とか

「配送車の点検をしている」(はぁ?)などと

よく分からないことを言ってるらしい。

組織的意図的な売り惜しみ買い占めが本当にないのか?

「協力」を呼びかけるより調査、摘発が必要ではないだろうか。

 

被災地の備蓄基地がダメージを受けている

とも考えられなくもないが、それが理由という話はない。

震災前と同じ量が供給されているのなら、

自家用車を満タンにしたぐらいで

これほど深刻な不足が顕在化するはずがない。

 

「戒厳令」という言葉は使いたくないが、

非常事態を想定した特別法を

早急に制定する必要があるかもしれない。

 

|

« 計画停電ドットコム | トップページ | 明らかになったかもしれない危機管理の脆弱性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

強い地震があると、石油精製施設は自動停止します。危険物を扱う施設なので、十分点検してからでないと、再稼働できません。安易に再稼働して事故を起こしたら、元も子もありません。壊れた施設もあるようです。
今回の地震は東日本で広範囲に大きな揺れがあり、石油大手元売りの精製施設の大半が自動停止しました。原料はありますが、ガソリンを精製できない状態が数日続く模様です。ガソリンの買い占めは論外ですが、ガソリンの精製がストップしているのが、ガソリン不足の主因です。

投稿: おせっかい者 | 2011年3月16日 (水) 17:58

ガソリンは、よく知りませんが
食料や水、マスク、生理用品など
色々な商品が、足りないですね。
商品の備蓄があっても
輸送量の限界や、交通事情なども
あるかと思います。

投稿: かずま | 2011年3月16日 (水) 18:11

>おせっかい者さん

なるほど、それなら合点がゆきますね。

>かずまさん

ってことで、燃料がないので物流が滞り、在庫はあっても末端に届かないということのようです。

投稿: KenNagara | 2011年3月16日 (水) 20:41

その通り不思議ですよね、
首都圏に住んでいますが、道路はガラガラなのに。
理由は、停電等で鉄道や船舶等の交通手段が制限されている上に、パニックに近い買い込みが連鎖して、
局所的な道路渋滞を起こしてるかららしいですね。
一車線になってしまい、幹線道路では大型車両が全然前に進めないらしいです。もうすぐ落ち着くらしいですが。

投稿: おとなしさん | 2011年3月17日 (木) 23:54

なるほど、そうですか。
これほどの広域災害は戦後初めて体験することなので、色々と想定外のことが起こっているようですね。

燃料不足は700台を動員したローリー作戦で数日中にマシになるとは思いますが・・・何が起こるが予断を許しません。

投稿: KenNagara | 2011年3月18日 (金) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかしな「ガソリン不足」:

« 計画停電ドットコム | トップページ | 明らかになったかもしれない危機管理の脆弱性 »