« 雪も吹き飛ぶ眞鍋風 | トップページ | お口汚しですいません »

2011年1月16日 (日)

出るか眞鍋型鍵付き携帯~孫社長の「マネー」

 

1101161_023

 
「今カチンと来ましたよみんな」

眞鍋さんの突っ込みに「そやなぁ」のたかじんさん。

「たかじんNOマネー」の眞鍋かをりさん、

大分馴染んできたようで、たかじんさんとの呼吸も合ってきた。

 

財布を持たない今回のゲストは孫正義ソフトバンク社長。

「お金は事業の手段であって人生の目的ではない」と言い切る。

それより大切なものは「志」。

夢は個人の願望に過ぎないが志は多くの夢を集めたもの

 ・ ・ ・ 公に貢献するものでなければならないという意味か。

 

「お金なんてそんなに使えない」という言に

「そらそうや」と同意したたかじんさんだったが ・ ・ ・
 

1101161_027

 
さすがの眞鍋さんもこの武勇伝にはついていけず。

かつてたかじん氏の話を聴きながら頭の中でざっと計算し、

「呑み代年間1億円では済まない」と思っていたらホントだった。

 

だが、ソフトバンクのTVCMで、

ワン公お父さんの息子がくしゃみで隕石を吹き飛ばす「B案」、

銅線の電話回線を光ファイバーに換えると

年間7100億円の維持管理費が浮く。

それで全国に「光の道」を実現しようという案だとか。

したがって、まず着手すべきは地方からとなるらしい。

 

だとしても地方の銅線をファイバーに換える資金がいる。

本当に税金が要らないかどうかは、

所有者のNTTと詰めねばなるまい。
 

1101161_007_3  
ここで眞鍋さんが自分のiPhoneを ・ ・ ・ って

どこから出してるんですか眞鍋さんっ!

思わずたかじんさんも「iPhoneになりたい!」

 

眞鍋さんの注文はお財布機能がないこと。

だが、日本だけで人気の機能なので

世界1機種のコンセプトから外れるらしい。
 

1101161_011_2

 
だが、眞鍋さんの欲しい機能、本丸はこっち。

「コンビニに行く時、財布と鍵を持っていかないといけない」

鍵機能は、まだどこの携帯にもないので是非という主張。

行く場所がコンビニでなくても役に立つ。

 

これに孫社長は ・ ・ ・ 
 

1101161_001

 
孫さんのこの表情、かなり本気モード。

iPhoneは紛失した場合にロックさせられる上

データ消去機能もある為、一般の鍵よりむしろ安全性が高いとか。

むむ ・ ・ ・ 眞鍋型携帯実現なるか!?
 

1101161_006_2

 
「孫さんのGood、嬉しい~」

喜びの眞鍋さん。

見事金一封ゲットだ。

 

ショートヘアをさらにすっきりまとめていたけど、

ボトムもすっきり短くミニスカ風に見えた。

足元はニーハイソにショートブーツ。

この冬お馴染みのコーディネートだ。

 

週替わりでがらりと衣装を変えてくること多いから、

来週は多分、全然違う感じになるだろう。

でも、ぐっとくだけた雰囲気になりそうなので

面白トークに期待度大だ。

 

|

« 雪も吹き飛ぶ眞鍋風 | トップページ | お口汚しですいません »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

 以前、伊集院光さんが

 交通関係の電子マネーとかのカードは一つに統一してほしい。
 どうせだったら、交通に限らず、全部の金銭の取引をカードどころか軽い紙とかでできるようにして欲しい。

 なんていう本末転倒な小話をしていましたが

 どちらも便利にしたつもりが、必要なアイテムが増えていくという矛盾を上手く突いています。


 それに、鍵を持たすのは不安な子供が一人で帰った時に、親の携帯端末に表示されるパスワードを電話で教えながら遠隔操作で開けられるようにしたり、鍵を空けた瞬間に気持ちいい音が流れるなど、 結構広がりそうですね。(ナンバーポータビリティーによる、流出も防げますし。)

 ちなみに、最近の携帯は1社を使い続けるより、2年ごとに転々とする方が消費者はずっとお得です。

投稿: firstheart | 2011年1月17日 (月) 00:24

声紋識別能力があって音声で作動し、鍵をかけ忘れたかどうかの確認もできて、かけてなかったら声で命令すれば良い・・・なんてなればいいんですけどね。
携帯プラス鍵側のシステムも必要ですけど。

投稿: KenNagara | 2011年1月17日 (月) 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出るか眞鍋型鍵付き携帯~孫社長の「マネー」:

« 雪も吹き飛ぶ眞鍋風 | トップページ | お口汚しですいません »