« 振り袖眞鍋さんの思い出 | トップページ | イケメンシェフ「三銃士」と眞鍋さん »

2011年1月13日 (木)

メガネ仮面(?)、提案する

 

1101131_001

 
スノーホワイトの「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

リップカラーも明るめだ。

だがしかし、

 

えらい人気の日ハム斎藤祐樹選手、

多分訳が分かってないだろう保育園児らしき子供らが

声を合わせて「佑チャ~ン」って、たまちゃんみたいだね。

 

「日ハムの商品売りゃあいい」という小倉さんに

眞鍋さんも同意していたけど、日ハムの本社は大阪。

ハム入りお好み焼きの屋台でも出したらどうだろう。
 

1101131_006_2

 
これもブームになってる児童養護施設への匿名寄付。

タイガーマスクばかりかあしたのジョー、

戦場カメラマンに肝っ玉母さんまで登場しているが、

残念ながら月光仮面のオッサンの名はない。

 

親のない子もいれば

職のないオッサンもいる。

まずは自分を助けねばなるまい。

 

しかし、眞鍋さんは指摘する。
 

1101131_012

 
「あれは一時のブームだったなって

後に子供たちに思って欲しくない」

で、「この流れをずっと続けていく為に」

ホームページで必要としているものを掲示したり、

現金の寄付があれば何に使ったかをそこで報告するなど

「お互い分かりやすくコミュニケーションとれたらいいですね」

 

眞鍋さんらしい慧眼である。

ちなみに児童虐待などで入所者の数は右肩上がり。

一番不足しているのは施設職員だそうである。

職のないオッサンでは無理かもしれないが、

出でよ、元祖ヒーロー月光仮面。
 

1101131_021

 
さて、今日のパパットさんはまず残り餅の活用法。

味付け薄揚げに立てて入れ、電子レンジで30秒。

コロンと横倒しになるのが目安で稲荷餅の完成だ。

満足そうに頷く眞鍋さんだけど、小倉さんには甘かったよう。

 

それならば味のついてないのを使い、

爪楊枝で口を止めておでんとか鍋に放り込んでは?

個包装の餅は日持ちするので、

昔みたいに慌てて食べる必要もないけどね。
 

1101131_017

 
そしてワインのシミ抜き。

酸素系漂白剤を原液で注ぎ、さらに水。

布で叩いたあとスチームアイロンで10秒。

確かに、一度で相当薄くなる。

何度か繰り返せば完全に抜けるらしい。

もっとも、柄物は色が抜けることもあるらしい。

 

小さく試してみるとか注意が必要だが

眞鍋さんが着ているような白なら安全。

そういえば、月光仮面のオッサンも白装束だったな

 ・ ・ ・ ・

 

|

« 振り袖眞鍋さんの思い出 | トップページ | イケメンシェフ「三銃士」と眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

お体は大丈夫ですか?
毎日更新されるのも大変だと思います。
風邪に気をつけて無理しないでください。
さて今日の特ダネで一番すごいと思ったのが
年賀状をテープで本みたいにして
保存するという方法を、紹介してる時に
小倉さんが言った「何枚ぐらいできるの」
「1000枚ぐらい年賀状ある」です。
いや~お返しが大変だ。と思いましたね。
眞鍋さんが、毎年どれくらいの数もらうのか
見当もつきませんが、やはり凄い数だろうなと
思います。人気商売だから、少なければ
それはそれで悩むでしょうしね。
眞鍋さんもnagaraさんも自分もそうですが
先の事を考えると不安になります。
そんな時こそ眞鍋流
「目標なんか無くてもいい
目の前のことに全力投球です。」
偉そうなこと言ってみました。
それではバイ

投稿: かずま | 2011年1月13日 (木) 19:19

暖かいお言葉いたみいります。
まぁ当方の場合、当面のことも先のことも多少のタイムラグがあるだけでほとんど一緒なんですけどね。
ここ数日はなかなかPCの前に座ることもできていませんが、やれる時にやれるだけのことをするだけです。

投稿: KenNagara | 2011年1月13日 (木) 19:34

超~人気ですね!
人を引き付ける物がありますネ!
しかしこれをどうとらえるのか・・・
やっぱり佑ちゃんは何か持っているんでしょうか?
これは日本人がただ単にミーハーって事なのでしょうか?
いづれにしても頑張ってほしいです。


投稿: プレゼント | 2011年1月20日 (木) 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガネ仮面(?)、提案する:

« 振り袖眞鍋さんの思い出 | トップページ | イケメンシェフ「三銃士」と眞鍋さん »