« 落ち着きと明快さの「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 見習いたい「尽の尽」、尽きるまで尽くす姿勢 »

2011年1月21日 (金)

違うのはどっちだ?

 

小倉優子さんがアヴィラに契約終了を通知したという報道

かなり反響を呼んでいるようである。

事態の推移を見守るしかないが、

現時点で気になったことを上げておきたい。

 

アヴィラとは契約書を交わしておらず、期限も決めてはいない。

なので2010年12月31日までとして事前通知、

11月には「法的手段にのっとって」契約終了を通告した。

ここまでの経緯は眞鍋かをりさんと同じである。

違いが現れるとしたらこれから、つまり事務所側の対応だ。

 

ところが、「これから」がまだ来ていないにもかかわらず

眞鍋さんとゆうこりんではやり方が違うかのような

奇怪なことを言う芸能リポーターやニュースサイトがある。

うがった見方をすれば布石と取れなくもない。

 

アヴィラとしてはこれ以上もめてはイメージが悪過ぎる。

だが、眞鍋さんと同じことをしているのに

今度は対応が違うでは説明がつかない。

ならば、違うのは事務所ではなくタレント側だとしておこう。

そこでちょうちん持ちを使って布石を打ったとも見えるのだ。

 

思い出すのはゆうこりんの結婚報道。

あの時の事務所の対応も今までとはまるで違っていた。

眞鍋さんは12月31日以降、一旦全ての仕事から身を引いた。

だが、ゆうこりんはレギュラー番組にも出続けている。

 

その一方では、焼き肉店訴訟やエプロン写真など

相変わらずのブラック企業ぶりも露呈されているので

必ずしもすべて円満とは見えないし、

憶測に過ぎないのかもしれない。

 

本当に円満なら移籍する必要もないのだし

当たり前のことかもしれないが、だからこそ

眞鍋さん一人を悪役にすることはできない。

 

取り敢えずちょうちん持ちには騙されずにいたいものだ。

 

|

« 落ち着きと明快さの「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 見習いたい「尽の尽」、尽きるまで尽くす姿勢 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

http://news.livedoor.com/article/detail/5286934/

 新たな内容の報道が、

 正直嬉しいですよ。 眞鍋さんが和解の方向に進んでいるという内容は

 ただ、小倉さんの方はまた1年前の再現のような。


 気になった点としては、眞鍋さんの時にも何回か見られたのですが、東スポなどへの掲載が自分の側の暴露でなければ、相手がやっているという決めつけは成立するのでしょうか?

投稿: firstheart | 2011年1月21日 (金) 23:31

裏が取れないので何とも言えませんが、円満を強調した既成事実作りという点では小倉さん側のリークとも考えられます。
ただ「これから話し合うつもりだった」ってのはどう見ても後付けの言い訳でしょうね。

投稿: KenNagara | 2011年1月22日 (土) 00:10

うーん、なるほど
さすが、元記者ですね。
いろいろ方向を変えて
見ないと、いけないですね
小倉優子が同調してくれた
万歳 万歳と騒いでしまった

投稿: かずま | 2011年1月22日 (土) 14:12

いえいえ、あくまであの時点での疑問点と憶測ですから違う方向に行く可能性もありますよ。

事務所側の弁護士の言葉を聴いていると事務所側の布石ではなかったかもしれません。
「辞めたい」を「気まぐれと思っていた」などとかなりなめた発言もあって、ゆうこりんなら抑え込めると思っていた気配も感じられます。

脅しや恫喝がなければいいんですけどね。

投稿: KenNagara | 2011年1月22日 (土) 16:06

はじめまして。

初めての書き込みでネガティブな内容になってしまってごめんなさい。ほかの方の不安を煽るようでしたら非掲載か部分的に掲載してください。

和解勧告が出たとのことで好意的に受け止めている方も多いようですが最悪の事態は避けられたというだけで相手弁護士の発言からはよい方向に進むとは限らないという感じがします。

それより不安を感じるのは小倉優子さんです。
小倉さんは契約終了といっておきながら番組に出続けるばかりか14日の番組で自宅の女子会を紹介していたのですが、その部屋は事務所が借りている物件です。
それに事務所が管理しているはずのブログも継続しています。そのようなことがあるでしょうか?
事務所と小倉さんが結託しているとしたら・・・。
いやな想像をしてしまいます。
今は小倉さんが「眞鍋さん、大好き」と言っていた言葉を信じたいです。

投稿: さとし | 2011年1月23日 (日) 02:21

そういう見方もあるかなと思うので全文掲載しました。

アヴィラの弁護士は1年半も前に解約通知を小倉さんが送っているのに「辞めたいと漏らしていたが気まぐれだと思っていた」と言ったり「気まぐれと思っていた」はずなのに「これから話し合うつもりだった」(1年半も経って)とするなど言ってることが支離滅裂ですね。取材を受けて体裁を取り繕ったのがミエミエで真意は分かりません。

ゆうこりんがテレビに出続けているのは確かに不思議ですが、アヴィラの痛いところも突いているので出来レースと言い切れない要素もありますから、疑問は疑問としてしばらく保留するしかないようです。

投稿: KenNagara | 2011年1月23日 (日) 03:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違うのはどっちだ?:

« 落ち着きと明快さの「とくダネ!」眞鍋さん | トップページ | 見習いたい「尽の尽」、尽きるまで尽くす姿勢 »