« 眞鍋さん事始めの「とくダネ!」 | トップページ | JRA-VANと眞鍋さんのお年玉 »

2011年1月 7日 (金)

七草だそうな

 

七草の日である。

だがしかし、七草を全て把握している人って、

果たして多数派なのか?

このしろ(大根)や蕪、セリまでは頷けるが、

ナズナって要するにペンペン草ではないか。

あとの三つは聴いても見てもピンとこない。

 

野辺を歩いて「オッこれは」と識別できるのは

上原美優さんくらいではないか?

眞鍋かをりさんもかつて(高校時代?)

七草を袋詰めするバイトをしていたそうだけど

見て分かるか否かは定かではない。

 

意外なことに、日本の農業は

野菜の栽培には熱心でなかったらしい。

スーパーで見る野菜の多くも栽培が盛んになったのは

20世紀、あるいは食生活が激変した大戦後だという。

そう言われてみれば、懐石料理にキャベツやピーマン、

ジャガイモや玉ねぎはあまり使われていない。

 

山に行けば山菜、野には野草が豊富だったので、

商業ベースに乗るまでは特に必要とされなかったようだ。

米の生産が需要に追いついたのは1960年代のことだから、

余計なもの作ってる余裕がなかったのかもしれないが。

年貢米の生産が最優先で、

百姓自身は米を食べられない時代も長かったし。

 

日本の漬物をまとめると大半が京漬物になってしまう

という話を聞いたことがあるが、例外的に野菜の栽培が

昔から盛んな地域だったからではなかろうか?

宮中をはじめ特権階級が必要としたのであろう。

「武士は食わねど高楊枝」は、公家衆には無関係だし。

 

いずれにせよ改めて実感する。

美優さんの摘み草を馬鹿にしてはならんのである。

でも、美優さんが七草を摘んだら、

違うものになりそうな気もする。

ペンペン草はありそうだが

ヨモギとか入っていそうだ。

 

|

« 眞鍋さん事始めの「とくダネ!」 | トップページ | JRA-VANと眞鍋さんのお年玉 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

上原美優(藤崎睦美さん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草だそうな:

« 眞鍋さん事始めの「とくダネ!」 | トップページ | JRA-VANと眞鍋さんのお年玉 »