« 喧嘩漫才師の中傷返し | トップページ | イブの一部 »

2010年12月23日 (木)

大人のゴジップには大人の解決を~木曜「とくダネ!」

 

1012231_006_3

 
さて今日の「とくダネ!」眞鍋かをりさん、

こうしてみると、国会議員か大学教授みたいな

実際の国会議員はもう少し悪人面かもしれないけど

 ・ ・ ・ かどうかはともかく

 

これをトップに持ってくるのはどーよとは

小倉さんも思ったらしい麻木久仁子さんの「不倫」騒動。

報道・情報番組には欠かせない師匠だけに、先日の

「ミヤネ屋」宮根キャスターも語り難そうだった。

 

しかしだからこそ気になるというもので、

先日の記者会見もリアルタイムで見てしまった。

 

さすがに完璧なまでの理論構築をされておられたが

唯一、ほころびを感じたのは、

交際からお相手の離婚発表まで3年が経過している点。

離婚の合意は既にできているという相手の言葉を信じたにせよ

3年も経てば途中でおかしいと思わないかと感じたのだが、

「とくダネ!」によると実際の離婚は発表よりずっと前、

双方の離婚は三箇月の間のことだったとか。

 

でも、大桃さんが「ひとこと言ってやりたい」と思ったとしても

無理なからぬことに思える。

「正式離婚の前に新しい相手見つけやがって」って、

面白い訳ないしね。

 

麻木さんが対処すべきことではなかったかもしれないが、

こうした感情のすれ違い、理屈ではどうにもならない。
 

1012231_009

 
「みんなにこれからダウンになるようになって欲しくないです」

強い口調で語る眞鍋さん。麻木さんも

「ホントならあそこまで世間に説明する必要ないのに

正直に正々堂々とお話になられたのだから」

 

付け加えて師匠らしいと思うのは

自分を正当化する為に悪役を設定してけなす、

幼稚だがありがちな手法を取らなかったこと。

さすがである。

 

となるとオッサンもしっかりしないと ・ ・ ・ というか、

麻木師匠に記者会見さしてる場合ちゃうやろっ!

「三角関係は男が悪い」

眞鍋さんも怒って(?)るぞ。

 

命と身体を張って危険地帯を取材する,

その「危ういところがステキって思っちゃうかも」

と言う眞鍋さんだけど、

だからこそ麻木師匠も疲れてしまったのかも。

キャパの女房なんてやってられないぜ。
 

1012231_015

 
てなことで福知山動物園のエテ公(猿)にまで不倫疑惑発覚だ。

ウリ坊との付き合いもほどほどに、

ミニブタにうつつを抜かしているらしい。

遂には生放送で決着をつけさせられた。

 

でも、報道陣を意識したか、ウリ坊の背に飛び乗ったエテ公。

「カメラがいなくなったら豚に乗るよ」なんて言われながら、

取り敢えずはめでたしめでたし。

眞鍋さんも笑顔だ。

 

福知山動物園というところ、「寂れている」と

バカルディ(現:さまぁーず)と矢部美穂さん、

武内由紀子さんらが番組で応援に行った所。

当時に比べて随分な人気である。
 

1012231_021

 
眞鍋さんの首元に光っているのは

AHKAHの四連ハートだろうか?

それに今日はいつもよりチークが効いてる様な気もする。

雰囲気は大人だけど。

 

麻木師匠の件も大人な解決で

後をひかないことを祈っておこう。

 

|

« 喧嘩漫才師の中傷返し | トップページ | イブの一部 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人のゴジップには大人の解決を~木曜「とくダネ!」:

« 喧嘩漫才師の中傷返し | トップページ | イブの一部 »