« 中山競馬場の眞鍋さん | トップページ | 中山競馬場の眞鍋さん その弐 »

2010年12月20日 (月)

「とくダネ!」もボーネン会だったそうな

 

「とくダネ!」の忘年会が渋谷であったらしい。

世間は忘年会のシーズンでござる。

忘年、ボーネン、イヒ ボーネン ・ ・ ・

ドイツ語で「生まれた」って意味だったな、確か。

 

まだ生まれてはいないけど、

古きを忘れて新しきが生まれる

という意味では、不思議と意味がつながる。

こじつけだけど。

 

プライバシーにかかわる目撃談は

ちょっと遠慮してしまうのだけど、

これはちょっといい話なのでいいか。

えみのあしあとというブログ。

 

スタッフの皆さん、朝が早いせいか18時終了の忘年会。

一般のお客様とはちょうど入れ替わり。

でも、眞鍋さんに写真をせがむ人たちがいて

通行の妨げになっていたらしい。

 

それに気付いた眞鍋さんがさり気なく声をかけ、交通整理

 ・ ・ ・ それだけと言えばそれだけのことなのだけど

眞鍋さんの場合、こうした気配りに本気モードが入る。

だから「そこまで気を使っていただかなくても」と

恐縮してしまうことがままあるのだ。

 

すぐにぽっぽっぽっと幾つものエピソードが浮かんでくる。

幾つかはその都度書いてきているので繰り返さないけど

心温まる眞鍋さんの真心物語、いつかまとめて

書けたらいいなぁと思う。

 

|

« 中山競馬場の眞鍋さん | トップページ | 中山競馬場の眞鍋さん その弐 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか忘年会の準備が大変そうに感じたのはわたしだけですかね?それともこういう業界ではふつうなんですかね?

いずれにしろ眞鍋さんの機転の利く行動には感服しますね。

投稿: みなみ | 2010年12月20日 (月) 19:39

みなみさんも何度も目撃してらっしゃると思いますけど、眞鍋さん、気配りや思いやりがホントに自然体なんですよねぇ・・・。

投稿: KenNagara | 2010年12月20日 (月) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「とくダネ!」もボーネン会だったそうな:

« 中山競馬場の眞鍋さん | トップページ | 中山競馬場の眞鍋さん その弐 »