« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

眞鍋さんの年越しスマイル

 

1012301_021_2

 
眞鍋かをりさん、年忘れスマイル!

やっぱりこれがなきゃ年は越せないなぁ。

 

firstheartさんのコメントにもあった

「優木さんとお笑い番組」のツイット。

優木さんのスケジュールからお笑い番組を

ピックアップしておいたのが功を奏した「オモバカ」。

 

アメリカの総合格闘技イベントを模した金網マッチだが、

場外ありセコンド参戦ありのプロレス風。
 

1012301_009

 
眞鍋さん、立ち上がっての爆笑も

森三中によるセコンド交じりの乱闘で。

 

「お弟子さんですよね?」なんて

眞鍋さんの声が聞こえた中川家・兄演じる「西村さん」

沢庵を口に入れながら「食べたら分かります、自分で」

そりゃそうだろう。
 

1012301_004_2

 
眞鍋さんの頭上に小さなハット。

プロアクのCMでも赤いチビ帽子を被っていたけど

あれよりさらに小さい感じ。

でも、面白いお洒落です。

 

この番組、来年は是非、

プラスマイナス岩橋君の参戦を期待したいところだが

取り敢えず、眞鍋さんの年越しスマイルで今年の〆としましょうか

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

師匠じゃなくても走らねば

 

ムムム・・・まずいマズイ、ツラがまずい。

生まれつきだ(放っとけ)。

顔も悪けりゃ天気も悪い。

師匠も走る年末というのに。

 

2010年の回顧は年内に、と思っていたが

師匠が走っているというのにのんびり構えてもいられない。

新年の始まりは眞鍋スマイルからと行きたいところだけど

来週まで観られない可能性もあるし ・ ・ ・ 

 

ってことで、

眞鍋スマイルの2010年後編は来年に回すことにしよう。

杉崎美香姐さん、優木まおみさんも仕事納めを済ませたみたい。

でも、若手は忙しいということで上原美優さん、

昨日も走り回っていたらしい。

 

眞鍋さんはどこで年を越すのかな?

とっくに日本を離れているのか、それとも愛媛?

北海道はちょっと天候が怪しい。
 

090615_21410001

 
おっと、ビールも補充しておかなくては。

師匠じゃなくても忙しい。

それなりに。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

新しい眞鍋さんに注目が~12月度検索アクセス

 

当ブログの12月度検索アクセス、上位を眺めると

いつもと変わらぬ顔触れのようでいて、実はとても特徴的だ。
 
 1位:眞鍋かをり 美脚
 2位:とくダネ!
 3位:たかじんNOマネー
 4位:眞鍋かをり メガネ
 5位:眞鍋かをり ミニスカ
 
「とくダネ!」は、眞鍋さんが復帰した3月に

アクセスが4~5倍化し、以後その水準が続いていた。

8月に入るとパパットさん関連アクセスが増えて1.5倍化。

10月には黒カビ退治が受けて最高値を記録したのだけど

今月はそれに続く2番目の多さ。

理由はコレ。
 

1012231_015

 
メガネ眞鍋さん。

11月25日の放送からはずっと続いている。

「とくダネ!」だけのことなので相乗効果となった。

 

「たかじんNOマネー」は

記者発表のあった先月からアクセスが増えていたが、

放送があった今月は当然ながら4倍化。

これも新しい眞鍋さん。
 

1012121_010

 
レギュラー放送は新年1月9日からだ。

ちなみに番組ではスタジオ観覧者を募集している。

う~む ・ ・ ・ 眞鍋さんの美脚が見られるかも。

座っているのでテレビでは見られないし。

 

ということで先月に引き続き「ミニスカ」がランクイン。

記者発表の時もミニスカだったけど、

今月は映画のイベントでもミニスカ。

2010ミニスカ眞鍋さんは別記事で。

 

で、6位以下はこんな感じ。
 
 6位:飛び出せ!科学くん

 7位:眞鍋かをり 髪型

 8位:メガスポ!

 9位:杉崎美香

10位:上原美優
 

1012031_013

 
飛び出さずに飛び込んでしまった眞鍋さん。

飛び込みアトラクションのフリではあったけど

カッコ良く決めたなり切りポーズに笑いのオチがついた。

眞鍋さん ・ ・ ・ オモロイ。

 

杉崎姐さんは先月に続くランクイン。

今月は美優さんも入ってきた。

一ヵ月一万円生活とかあって

当ブログでもちょこっと書いた。

 

そういえば、杉崎姐さんと眞鍋さんの共演、

かれこれ三年近くないんじゃなかったっけ?

美優さんとの共演は今年二度あったから、

次は杉崎姐さんと面白い番組、観てみたいね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

生きてます、挑戦する眞鍋さんの目

 

1012271_003

 
「天国あるいは地獄」の眞鍋かをりさん。

眞鍋さんのドアップが多い!

そこにばかり目が行ってしまう。
 

1012271_004

 
バイトで稼いだ10万円で挑戦権獲得という設定になっていて、

眞鍋さんはビジネスホテルでベッドメイキング。

スレンダーで首筋たおやかなので、

こんな人いたら目立ってしょうがない。
 

1012271_009

 
でも真剣な表情の眞鍋さん。

表情豊かな眞鍋さんなので

こーゆー普通の表情、

意外とテレビでは見られない。
 

1012271_010

 
ってなことでゲームは二つ目に進み

片手でマッチの火をつけることに成功。

 

箱を持っていいのなら、オッサンがよくやる

箱とマッチを片手に持ってシュボッとやる

夜の街の一発芸が使えるが、眞鍋さんは

マッチで箱を押さえつけた。
 

1012271_014

 
箱とマッチが新しく、湿っていなければ、

ほんのわずかの動きで着火する。

知っていたのかどうなのか。

 

でも、ベストなのかジャケットなのか

よく分からない不思議な衣装です。
 

1012271_020

 
「色々あったが不屈の精神」とか何とか紹介があって、

なりきり表情を見せていた眞鍋さん。

ゲームは三つ目で終わったけど

挑戦の目は生きてます。

 

 

そういえば、かずべえさんがイーストに電話したら、

イーストが眞鍋さん宛ての年賀状を受け付けてくれるそうだ。

今からでは元日に間に合わないけど、関係ないだろう。

そもそも元日に出社してる人が何人いるか分からないし。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

頑張りました 眞鍋さんの教科書クイズ

 001

 
「小中学校教科書クイズ」でガッツポーズの眞鍋かをりさん。

いつも上位に入るけど、今回もなかなか間違えない。

 

相変わらず苦手な早押しでは

「天才」中学生にしてやられたものの

スピードヴォイスでは圧倒的早さでリベンジ。

やっぱ、手より口が早いか眞鍋さん。
 

012

 
団体戦でも強かったのだが、

優木さんがいないせいか何故か「エロ賢い」担当に。

眞鍋さんは「オモロ賢い」だと思うのだけど ・ ・ ・ 

前回、「私の方がエロい」なんてギャグったせいか。

 

でも、「エロ賢い」で話題を振られて

「エロいことしか考えてません」なんて

きっぱり語ってしっかり笑いを取っていたから

まぁいいか。
 

020

 
とか何とか言ってる内に首位を独走し始めた眞鍋さん。

予選1位でクライマックスシリーズ進出だ。

あれまぁ。

 

でも、ここからの眞鍋さんが面白い。

自称「落ち着きがない」眞鍋さん、

ダイエットの秘訣を「無駄動き」なんて言うくらいなので、

一人だけちょこまかとよく動く。
 

029

 
「緊張するこれぇ~」

なんて言いながらじたばたしてみたり
 

035

 
こんなことしてみたり
 

036

 
笑ってみたり
 

041

 
でもなかなか間違えない。

 

この問題で歴史が苦手なやくみつるさんの答は「お市」。

「お市って誰ですかね」と爆笑を取りながら脱落。

家光の母親の母親は確かに「お市」だけどね。
 

043

 
眞鍋さんは残ったけど、一歩リードの麻木さん、

眞鍋さんに対して

「芽を摘もうとしてきたのに

それを乗り越えて成長しきて、

最近、凄く強いの」

 

笑いを交えながらのエール。

麻木師匠も乗り越えて下さい。
 

046

 
結果、双方カン頼みの回答ながら師匠に軍配。

「今、小声で『まだまだだね』って言われました」

ホントに言ったかどうかは疑問だが、

笑いを返した眞鍋さん。

 

「いつか超えたい」とエール返しもしていたけど、

こーゆーのは時の運。

苦手な歴史問題でこけたやくさんに対し、

数字が極端に苦手な麻木さんは相手がお手つき。

3位からの優勝はプロ野球のシリーズと同じだ。

 

しかし、チャンスを逃さないのも勝負運。

そこんところは眞鍋さんも見逃さなかったに違いない。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

眞鍋スマイルの2010年 前編

  

1001031_012_2

 
眞鍋スマイルであけた2010年。

いつもとなんら変わらない笑顔で

眞鍋かをりさん、NHKの討論番組やクイズ番組で

いつもながらの思慮深さと面白さ、

謙虚さを失わないバランスの取れた能力の高さ、

そんな眞鍋さんらしさを発揮していた。
 

1001091_010

 
でも、これらは前年度に収録されたもの。

年の代わりと共に

前事務所とのお仕事に区切りをつけた眞鍋さん。

実質的な休業状態に入る。

 

だからホントの眞鍋さん笑顔開きは3月のこちらになる。
 

1003041_006

 
とっても晴れやかな眞鍋さんの「とくダネ!」復帰。

「とくダネ!」は前年10月から出演をひかえていたので

5カ月ぶりの復帰になる。

どれほど待ち望んでいたでしょうか、この笑顔。
 

1003251_009

 
恐竜に噛まれたりしながらも

気取らない人=眞鍋さんらしい屈託のなさ。

この日の放送では今年初美脚も披露。

美脚なくして眞鍋なし。

やっと年が明けた。
 

1004170_007

 
4月に入るとJRA-VANの新CMも公開。

メイキング映像を観るとわかるのだけど、

この時の衣装、基本ミニスカ。

だからかどうかはともかく、

眞鍋さんのミニスカ攻勢が始まる。
 

1005051_021

 
でも、それ以上に忘れてならないのが

やしきたかじん氏との遭遇。

5月に不定期特番の「偉人変人たかじん」に出演。

ここでも笑いのセンスを見せた眞鍋さんだけど、

この出会いがさらなる展開を産む。

 

今や全国区の宮根キャスター、フリーへの転向劇は

「あんた(たかじん氏)が社長と相談して勝手に決めたんや」

なんて「無茶苦茶や」を連発しながら内幕暴露したほど

破天荒ながら深い人脈を持つたかじん氏だ。

眞鍋さんが新レギュラーに呼ばれるのはこの半年後である。
 

1005161_016

 
なんて優しい笑顔なんでしょうか眞鍋さん。

優しさは自分でアピールするものではないし、

それが強調されるような場面もテレビでは滅多にない。

画面に現れるのは、その人のほんの一部に過ぎない。

 

いかに開けっ広げの眞鍋さんといえどそれは同じ。

でも、眞鍋さんの思いやりの深さを知ってしまうと、

ちょっとした表情にそれを感じる時がある。

自然と滲み出てきてしまうものなのだ。
 

1006011_029

 
中山秀さんが即興で演じる「はぐれ刑事」に

リラックスモードの眞鍋スマイル。

「困惑」してるのは眞鍋さんではありません。
 

1006301_017

 
これはあまりの可愛さにたまらない眞鍋スマイル。

こーゆー時は目尻ばかりか眉毛も思いっきり下がってしまう。

スー族かアパッチの娘みたいだけど、年に何度か変身する。

 

6月末のこの時、眞鍋さんが紹介したあみぐるみは

最新のスージーズーの本でも改めて紹介している。

その一方で、これが放送された時、

チーズプロフェッショナル第一次資格試験が迫っていた。

 

新しい眞鍋さんの姿が見えてくるのは7月以降のこと。

ってなことで後編に続く。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

小雪ちらつくイブにオールナイトの美優さん

 

はてさて、眞鍋さんの出演番組もやってたみたいだけど、

当地ではたかじん氏とブラマヨの時間帯なので

入り込む余地なし。

代わりと言う訳ではないけど上原美優さん、

昨晩から今朝がたまで京橋花月でお笑いオールナイト。

 

指輪が欲しいとねだっていた彼氏から念願のプレゼント。

「やった!」と開けてみたら妙なものが。

「なにこれ?」

「俺のへその緒」

「へ~そ~・・・なんだ」

というオヤジギャグ風のオチは、勿論、当方作。

でも、へその緒を貰ったのは本当らしい。

 

朝早いので2時まで観て後は録画と思っていたら

プラスマイナスの岩橋君登場。

これはヤバいとすぐ録画に切り替えてテレビを切る。

プラスマイナスはオモロ過ぎて、つい観てしまいそうだし。

帰ってきて録画を観ると・・・やはり正しい判断であった。

 

司会のフット・後藤さんは

「上原さんは知らないでしょうが」と言っていたが、

実は「紳助君」で共演している。

プラマイの出番はなかったので

美優さんは覚えてなかったかもしれないが

見ていたら夢に出てきたかもしれない。

 

終盤には相方の兼光君も現れ、得意の物真似を披露。

しかし、そこは負けじと美優さんも

「ファンだ」というジャルジャルに必殺の頭突き。

疲れも見せずに朝の4時過ぎまで暴れていた。

今日の午後には東京でイベントらしいけど・・・頑張れ!

 

「エッ、どうしよう」的迷いがなく、思い切りのいい美優さん。

若いので若手芸人との仕事はまだまだあるだろうけど、

十分対応できるし、あの勢いがあれば乗り切れるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

イブの一部

 

クリスマス寒波がやってきた。

サンタと一緒にやってきた

か、どうかは知らないが、

眞鍋かをりさんのクリスマスといえば

被り物での出没。これである。

 

去年は和民、その前は ・ ・ ・ 
 

Dsc00425

 
こんなの。

どこだか知らないけど

空いてる店を見つけたみたい。

 

昨日はお仕事で鹿児島だったようだけど

もう帰ってきてるだろうから、今日か明日か

今年もどっかに出没するのだろう。

 

寒くはあるけれど、ギャグが冴えてりゃ寒くない。

寒波に負けずに乾杯 ・ ・ ・ なんて、

しょーもないダジャレは口が裂けても言わないに違いない。

 

まさか、鹿児島→ソウル→南の島なんてことはないだろうな?

南国で被り物は ・ ・ ・ ちょっと暑い。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

大人のゴジップには大人の解決を~木曜「とくダネ!」

 

1012231_006_3

 
さて今日の「とくダネ!」眞鍋かをりさん、

こうしてみると、国会議員か大学教授みたいな

実際の国会議員はもう少し悪人面かもしれないけど

 ・ ・ ・ かどうかはともかく

 

これをトップに持ってくるのはどーよとは

小倉さんも思ったらしい麻木久仁子さんの「不倫」騒動。

報道・情報番組には欠かせない師匠だけに、先日の

「ミヤネ屋」宮根キャスターも語り難そうだった。

 

しかしだからこそ気になるというもので、

先日の記者会見もリアルタイムで見てしまった。

 

さすがに完璧なまでの理論構築をされておられたが

唯一、ほころびを感じたのは、

交際からお相手の離婚発表まで3年が経過している点。

離婚の合意は既にできているという相手の言葉を信じたにせよ

3年も経てば途中でおかしいと思わないかと感じたのだが、

「とくダネ!」によると実際の離婚は発表よりずっと前、

双方の離婚は三箇月の間のことだったとか。

 

でも、大桃さんが「ひとこと言ってやりたい」と思ったとしても

無理なからぬことに思える。

「正式離婚の前に新しい相手見つけやがって」って、

面白い訳ないしね。

 

麻木さんが対処すべきことではなかったかもしれないが、

こうした感情のすれ違い、理屈ではどうにもならない。
 

1012231_009

 
「みんなにこれからダウンになるようになって欲しくないです」

強い口調で語る眞鍋さん。麻木さんも

「ホントならあそこまで世間に説明する必要ないのに

正直に正々堂々とお話になられたのだから」

 

付け加えて師匠らしいと思うのは

自分を正当化する為に悪役を設定してけなす、

幼稚だがありがちな手法を取らなかったこと。

さすがである。

 

となるとオッサンもしっかりしないと ・ ・ ・ というか、

麻木師匠に記者会見さしてる場合ちゃうやろっ!

「三角関係は男が悪い」

眞鍋さんも怒って(?)るぞ。

 

命と身体を張って危険地帯を取材する,

その「危ういところがステキって思っちゃうかも」

と言う眞鍋さんだけど、

だからこそ麻木師匠も疲れてしまったのかも。

キャパの女房なんてやってられないぜ。
 

1012231_015

 
てなことで福知山動物園のエテ公(猿)にまで不倫疑惑発覚だ。

ウリ坊との付き合いもほどほどに、

ミニブタにうつつを抜かしているらしい。

遂には生放送で決着をつけさせられた。

 

でも、報道陣を意識したか、ウリ坊の背に飛び乗ったエテ公。

「カメラがいなくなったら豚に乗るよ」なんて言われながら、

取り敢えずはめでたしめでたし。

眞鍋さんも笑顔だ。

 

福知山動物園というところ、「寂れている」と

バカルディ(現:さまぁーず)と矢部美穂さん、

武内由紀子さんらが番組で応援に行った所。

当時に比べて随分な人気である。
 

1012231_021

 
眞鍋さんの首元に光っているのは

AHKAHの四連ハートだろうか?

それに今日はいつもよりチークが効いてる様な気もする。

雰囲気は大人だけど。

 

麻木師匠の件も大人な解決で

後をひかないことを祈っておこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

喧嘩漫才師の中傷返し

 

ぷっと吹き出しながら、

ちょっと痛快でもあるブラマヨ吉田さんのツィット。

「きもい」というRTに対して

「それをわざわざ伝えるお前はもっときもい。

きもい俺にたかるお前はダニやな」

 

悪口つまり陰口は陰で言うから陰口。

多少なりとも罪悪感があるからひそひそやるのだが

ネットの匿名性に甘えているのか

陰口言い合う友達がいないのか

人目に触れる場所に書きたがるキモい人、確かにいる。

  

罪悪感を払拭したいのか

客観的体裁で評論家気取りのもあるが、

報道を自分に都合よく解釈したり、丸っきりのデマだったり、

論証のつもりが論証になっていない。

主観的な結論を無理矢理正当化しようとするから無理がある。

  

だが、事実を捻じ曲げないと証明できないということは、

証明したい結論そのものが間違っているということ。

そもそも好き嫌いを前提にした論評なんて

論評なんて立派なものじゃないんだけどね。

カッコつけても中傷誹謗はそれ以上のものにはならない。

 

他方、好きという感情は

行き過ぎない限り人を傷つけるものではない。

謹言注進的意見はあるにせよ論評とは違う。

個人の意見は個人の意見、決めるのは相手だ。

だから、「逆もまた真なり」は当てはまらない。

 

当ブログ的に言うと

上原美優さんでなくても泣いてしまう程

思いやりの深さを実感させてくれた眞鍋かをりさん。

事実は事実、イイ人だからイイ人と言う。

これも論評なんてものではない。

 

ブラマヨ吉田さんは続いてつぶやいている。

「でもそんな奴がいるから

ちゃんと応援してる人により気付くのかな。

また気付いた幸せ幸せ♪」

さり気なくファンに感謝してるところが上手い。

 

喧嘩漫才の名手に喧嘩売っても術中にはまるだけだと思うが

女性タレントの場合、なかなか毒は吐けないよなぁ ・ ・ ・

と思ったけど、そういえば女性版も最近見かけた。

でも、なんか間違えているような気がする。

というのも、

 

ブログ主やファンのコメントを中傷するコメがあったので

別のファンが反撃していたのだが、なんとブログ主、

何を勘違いしたのか反撃コメントに切れているのだ。

切れられた方は、相当面喰ってるだろう。

切れる時は、正確に状況把握しないとね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

中山競馬場の眞鍋さん その弐

 

眞鍋サンタのプレゼントとは、

一緒に写真を撮ってもらえることだったらしい。

 

19日の朝日杯FSであったイベント

眞鍋サンタのバックヤードツァー

抽選に当たった方がブログに書いておられる。

みわっちのぐうたら日記オッサンの独り言

 

勿論、御本人たち持参機材での撮影はNGなので

眞鍋かをりさんがどんなサンタになっていたのかは

それこそサンタのプレゼントなので想像するしかない。

当選者の方の特典(移動中に目撃されたみたいだけど)。

 

一方、鉄人レース上位入賞者ご招待の

眞鍋かをりと行く競馬観戦ツァーの方は

優勝者のおひとり、まさの馬なりブログが詳しい。

やっぱり眞鍋さん、出たり入ったり忙しかったみたい。

 

でも、レース中は皆さんと一緒に観戦。

予想大会をやったり、

鉄人レースの表彰式をやったり、

レースを見ながら叫び声をあげたり ・ ・ ・ 

 

生きいきとした眞鍋さん。

気さくで明るく、凄くキレイで脚も細い云々と

皆さんの感想はほぼ同着。

いつものあの眞鍋さんだ。

 

そんな生きいき眞鍋さんの様子がとてもよく分かるのが

AkiraNakayasuさんのDoubtsider

 

ヒールでダッシュ(かなり速かったとか)する眞鍋さん、

しかも笑顔でほぼカメラ目線の一枚をはじめ、

躍動感あふれるフォトで眞鍋さんを捉えておられ

これは是非ものだ。

 

 

報道畑にいた頃はスポーツも芸能も

カメラマンとして取材に行っていたから

昔を思い出して気が騒ぐけど、

キーボードに手を乗せているのも辛い現状では致し方なし。

 

まっ、今も現役だったらブログどころじゃなかっただろうから

これでいいや。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

「とくダネ!」もボーネン会だったそうな

 

「とくダネ!」の忘年会が渋谷であったらしい。

世間は忘年会のシーズンでござる。

忘年、ボーネン、イヒ ボーネン ・ ・ ・

ドイツ語で「生まれた」って意味だったな、確か。

 

まだ生まれてはいないけど、

古きを忘れて新しきが生まれる

という意味では、不思議と意味がつながる。

こじつけだけど。

 

プライバシーにかかわる目撃談は

ちょっと遠慮してしまうのだけど、

これはちょっといい話なのでいいか。

えみのあしあとというブログ。

 

スタッフの皆さん、朝が早いせいか18時終了の忘年会。

一般のお客様とはちょうど入れ替わり。

でも、眞鍋さんに写真をせがむ人たちがいて

通行の妨げになっていたらしい。

 

それに気付いた眞鍋さんがさり気なく声をかけ、交通整理

 ・ ・ ・ それだけと言えばそれだけのことなのだけど

眞鍋さんの場合、こうした気配りに本気モードが入る。

だから「そこまで気を使っていただかなくても」と

恐縮してしまうことがままあるのだ。

 

すぐにぽっぽっぽっと幾つものエピソードが浮かんでくる。

幾つかはその都度書いてきているので繰り返さないけど

心温まる眞鍋さんの真心物語、いつかまとめて

書けたらいいなぁと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

中山競馬場の眞鍋さん

 

今日は中山競馬場の眞鍋かをりさん。

休む間もない大車輪のお仕事で、まずはお疲れ様。

ってなことで例によってサンスポから写真拝借。
 

Kba1012191541023p11

 
朝日杯を制したのはミルコ・クロコップ ・ ・ ・ ではなく、

格闘技とは関係ないデニーロ ・ ・ ・ でもなく、

ミルコ・デムーロ騎手のグランプリボス。

馬の方は分かりやすい名前である。

 

でも、残念なことに

眞鍋さんの予想はかすりもしなかったらしい。

ゲストのロッテ、サブロー選手はちょっとかすったみたいだけど。

まっ、いいではないか。

 

眞鍋さんの全身フォトが目下のところ

少なくともニュースサイト上には見当たらない。

なんだい、ミニスカじゃなかったからか?

だとしたら、ちょっと分かりやす過ぎるぞ。

 

眞鍋サンタのバックヤードツァーって、

どんなんだったんだろうなぁ ・ ・ ・ 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

美優さんの摘み草料理に感服

 

寒い寒い、ギャグが寒い

とか何とかくだらないことを言いながら

でもやっぱり上原美優さんの一万円生活、

頼まれてもいないのに一本語っておかねばならんと思う。

 

そこで一句(句じゃないけど)。

 

秋雨や

多摩の川辺に摘み草の

美優の歩みにうるうものあり

 

文法的にちょっと怪しいが、まぁ雰囲気ということで。

 

やっぱり出ました美優さんの野草料理。

だが、京風に言えば「摘み草料理」な訳で、

さながら禅僧の如し。

ゆめゆめ侮るべからず。

 

古くより寺院では

境内で摘んだ野草で精進料理を作るところがあった。

今でも続けているところがあると聴く。

修行僧にとっては決して一時しのぎの技ではないのだ。

 

さらには、大自然との調和という

極めて今日的人類共通の課題にも切り込むもの。

衝撃の問題作 ・ ・ ・ ではないが

示唆に富むものであった。

 

まぁ、多少大袈裟だが大袈裟すぎることもない。

でんぷん粉と野草でよくもまぁあれだけ

パスタとか餅とか色々作れたものだ。

余人にはなし得ぬ知と技である。

 

相変わらずすこぶるナイーブな美優さん、

ちょっとへんてこな雰囲気になったり、

コケたり泣いたりもしたけれど

オンリーワンな一万円生活は立派だった。

 

眞鍋さんに食べさせたら、どんな感想が出てくるだろう?

一度、眞鍋さんちでヨモギ餅でも作ってみては?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

スージーズーと眞鍋さんと温もりと

 

Img044_2

 
これは眞鍋かをりさん最新のグラビア ・ ・ ・ 

とかではなく、

「まるごと1冊スージーズー❤2011」(宝島社)

掲載の眞鍋さん。

firstheartさんに教えていただいたもの。

 

スージーズーと言われても、

兄ちゃん、オッサン、オジンを問わず

予備知識がないと解かり難いのだが

元はといえばスージーというアメリカ人のオバハ

 ・ ・ ・ いや、作家さんが描いた絵本らしい。

 

30年以上の歴史があるというからかなり年季が入っていて

登場するキャラクターを様々にアレンジして

眞鍋さんが手にしているものの如く

グッズ化しているもののようだ。

 

ちなみに眞鍋さんが

「自分に似ている」と選んだのがウイッツィー。
 

Img045

 
つまりコレ。

敢えて絵ではなく、

眞鍋さんお気に入りのスピーカーマスコットで

 ・ ・ ・ こっちの方が似てる気がしたりして。

 

でも、「似ている」というのは

「子ども時代はワンパク少女だったので」

ということで、姿形ではない。

眞鍋さん、スレンダーだしね。

 

30代が近付いてから改めてハマリ直したという眞鍋さん、

家ではキャンドルと合わせた大人な演出で楽しんでいるらしい。

そういえば6月のかわいいグランプリでも紹介していた

特注のあみぐるみだけど
 

Img046

 
ここにもしっかり登場している。

右手に持ってるうさ公はテレビで紹介したものと同じかな?

 

モノにはからきし執着しない眞鍋さんなのに、

人とのつながりがあったり

人の心がこもったものはとても大切にする。

さり気なく眞鍋さんらしい温もりが垣間見えるショットです。

 

同誌には、他にも

眞鍋さんお気に入りのアイテムが色々と紹介されている。

お値段は990円(付録付き)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

「とくダネ!」眞鍋さん、今夜はもつ鍋?

 

1012161_003

 
オッ!今度はベルリン旅行?

なんて話も出た今日の「とくダネ!」オープニング。

お馴染みになったメガネの眞鍋かをりさんだけど、

髪伸びた?

 

か、どうかはともかく元気そうな眞鍋さん。

「喉が痛い」と言っていたのもほとんど影響なかったようだ。

だが、それ以上にハッスルしてるのが石原東京都知事。

マンガ規制に出版社が猛反発だ。
 

1012161_005

 
どんなものかと実際に売られている

18禁コミックに目を通す眞鍋さん。

かなりエロいらしい。

 

「携帯サイトの広告はエロ漫画ばかり。あれはどうなるのかな」

眞鍋さんが言うように、本気で法の網をかけようとしたら

際限なく対象が広がってゆく。

そして必ず抜け道がつくられて、

大抵そっちは過激度をエスカレートさせてゆく。

 

文科省及びPTA推薦的なものとエログロナンセンス

両極しかなくなるのが一番困る。

どちらでもないほんのりピンクを増やせば、

ガス抜きになって過激なものは減ると思うのだが、

そう上手く行くかどうかは分からない。
 

1012161_012

 
家事代行業にえらく食いついていた眞鍋さん。

「水まわりだけでも頼みたい」そうな。

「ならワシが行ってやろう、ひっひっひっ ・ ・ ・ 」

なんて変なのが来ては困るので業者選びは慎重に。

 

家事といえば今日のパパットさん、

朝、部屋を暖めるにはガスヒーターよりエアコン、

夜、寝る時は布団乾燥機で2時間温めるより

電気カーペット7時間の方が、それぞれお得とか。

 

転倒時に危険なので部屋暖房はエアコン、

布団は重くて寝返りがうてないので電気毛布、

という身体的環境を強いられている当方には朗報だ。

そういえば眞鍋さん、まだエアコン入れっぱなしなのかな?
 

1012161_014

 
アルコールとは無関係の肝臓病がある

という話は最近、どっかで耳にはしていたが

その病気(NASH)に鉄分が大敵なのだそうな。

 

「意外ですね~」

眞鍋さんも驚く危険食品はシジミ、レバー、ひじき、納豆。

吸収を促進するレモンを合わせると最悪なのだそうな。
 

1012161_020

 
でも、取り敢えずお酒大好き眞鍋さんには関係なし。

会見ランキング1位は例の海老さんらしいけど

眞鍋さん、今夜は海鮮鍋よりもつ鍋で ・ ・ ・

なんてね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

エッ!眞鍋サンタだって!?

 

競馬場での眞鍋かをりさん、

今年最後のお仕事となる朝日杯FS(中山競馬場).。
 

11260204_01  

 
なんだか眞鍋さん、

特別出演も含め

終日出ずっぱりで

大車輪の一日みたいだ。

 

 
レース検討会&回顧はいつも通りだけど

眞鍋かをりのオグリキャップメモリアルクイズ

眞鍋サンタとバックヤードツァーなんてのも。

 

オグリクイズでは眞鍋さんセレクトの

オリジナルアロマキャンドルが当たるとか。

参加は先着500名だからチャンスはある。

でも、眞鍋サンタとのバックヤードツァーは抽選で24名限り。

受け付けはどっちも午前9時だから、

全部にエントリーしようとすると案外忙しいことになるかも。

 

詳しいことはJRAのHPにお任せするとして、

この日はJRA-VANの観戦ツァーもあるし、

プレゼンターも「誰が来るんだろうね」

と言っていた眞鍋さん自身みたいだし、

眞鍋さんにとっても濃密な一日になりそう。

 

京都競馬場のニュースがあったから

ミニスカを期待してる人も多いだろうし、

今年最後の競馬イベントということで

ミニスカで締めくくって欲しい気もするけど

お天気と相談して無理しないようにね。

 

なにより元気な眞鍋さんに期待!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぅコレが !? 眞鍋さんのネイルデザイン

 

眞鍋かをりさんがネイルデザインをしている

という話はだいぶ前から聴いていたのだけど

どんなものか見ることもできず、

「へ~」の範囲にとどまっていた。

 

先月末に開催されたネイルエキスポにも

眞鍋さんのデザインが展示されたようだ。

ってことでnailcatさんのブログで紹介されている。
 

T02000150_0200015010916917478

 
写真がちょっと暗かったので修正して再掲載させてもらった。

ベースはシンプルだけど女性らしい華やかさと芯の強さを併せ持つ

 ・ ・ ・ 眞鍋さん、そんな女性をイメージしたのだとか。

 

「こんなネイルが似合う女性になりたいなー」

という結びはいかにも眞鍋さんっぽい。

「私がそうです」なんて言わないし思われたくもないのだ。

 

眞鍋さんがこのデザインのネイルをいつしていたか

 ・ ・ ・ はさすがに分からない。

デザインが分かるほどアップになること、

テレビでも雑誌、ニュースサイトでもあまりないし。

 

眞鍋さんがネイルを始めたのは確か

去年の9月頃だったと思うけど、

その頃ブログに載ったのがコレ。
 

090910blog

 
この頃はまだ自分でデザインはしてなかったと思う。

仕上げは勿論、プロのネイルアーティストだろうけど

ぶっちゃけ上の方が綺麗に見えるなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

たかじんNOマネーの新ホームページ

 

「たかじんNOマネー」のホームページ、

トップページへのリンクが無効になってて

なんだろーと思っていたら、丸ごと新しくなってた。

たかじん NO マネー

 

記者発表の時のページも残ってはいるが、

眞鍋かをりさんは勿論、出演者の発言も

こっちに転載されているので問題なし。

放送された内容や次回予告に

twitterでのつぶやき一覧なんてのもある。

 

青山さんは要らんなんてふとどきな声もあるが

突っ込む人がいないと困るだろう。

竹中氏の秘書官だった岸さんに突っ込める訳ないんだし。

確かにエコノミストではない(危機管理が御専門とか)けどね。

 

次回放送では早くも(早過ぎ)大反省会が行われるとか。

さすがにあのメンバーでは、

楽屋でワインを飲みながらという訳にはいかなかったか

 ・ ・ ・ テレビ大阪の楽屋、狭そうだしね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

眞鍋さんにシルクパワー注入?

 

ほいっと・・・ぐんぐんさんがコメして下さったように、

眞鍋かをりさんが出演してきた「小中学校教科書クイズ」

最新版は26日放送だが、収録は12日だったようで、

元非常階段・シルクさんのブログにツーショット写真が。

眞鍋さんの衣装が先取り拝見出来る。
 

101212_181001_2

 
足元がよく分からないけどソックスかな?

眞鍋ファッションとしてはお馴染みのスタイル。

でも、最近はチェック柄が多い。

ミニスカじゃないけどプリティールックだ。

 

いつものポーズのシルクさん。

なんか眞鍋さんをべた褒めしてくれている。

確か、非常階段の解散は

眞鍋さんがデビューする前だったと思う。

 

御本人は嫌がるだろうけど、結構ショックな出来事だった。

こういう展開になるとは想像だにしていなかったけど

乗り越えてきたもの、創り上げてきたもの

いずれも半端ない努力のたまもの。

 

最近ちょっと忘れられがちだが、

シルクさん、英語ペラペラで翻訳本も出している。

そのパワー、眞鍋さんにもちょっぴり御裾分け、

なんてね。

 

でも、眞鍋さん、手に何持ってるのだろう?

もしかして食事中だった?

ひょっとしたら慌てたのかもしれないね。

でも、パワーを貰えたならいいんでないかい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

みかんとマネーのじかん

 

杉崎美香姐さんのブログ「みかんのじかん」

毎週金曜日を「ステキな週末を」と締めくくる。

これがとても心地よい。

「ほな、今週はここまで」とか「また会いまひょ」

とか言うより読者を思いやる暖かさがある。

 

 

で、その週末、

眞鍋さん出演の「たかじんNOマネー」に続いて

杉崎姐さん出演の「スポーツクライシス」が放送された。

ここにもマネーが絡む。

 

アフリカの貧しい人々からサッカーの有望選手を青田買い

プロチームに売り込むビジネスが定着しているという。

だが、契約にこぎつける確率は0.1%とか。

残りはほとんど難民状態だ。

 

古代ローマのグラディエーターじゃあるまいし、とは思うものの

当たるも八卦、当たらぬも八卦、博打とはそういうものだ。

売り買いされるのが人とその人生であるところが

それもどーよとなるのだが。

 

だが、みんなが成功すると錯覚したのがバブルだ。

「金は金を生まない。膨らんだものははじける」

竹中氏は師匠にバブル崩壊を予言されたそうだが

当たり前の話だ。

 

5千万円のものを2億で買い、それ以上の値で売れる、

みんなが同じ行動に出ればマネーが足りなくなる。

モノの価値は変わらないのだから貨幣を増やしても

貨幣価値が下落して目減りするだけ。

 

何時か何処かでマネーが回らなくなる。

儲かると見込んで借金していると返済できなくなる。

こうして不良債権が山となる。

「総量規制」など関係ない。

 

構造改革の後にもファンドバブルがあった。

国家予算をはるかに超えるマネーが投機に動いたという。

モノの価値が変わらないのだから

右から左にマネーが動いているだけで、鉄火場と同じである。

 

価値を生むのは商品だけなのだから

価値あるモノづくりにこそ金を使い、

ギャンブルは競馬くらいに止めた方がいい。

 

 

ってなことを考えながら頭の反対側では

「杉崎姐さん大人っぽく見えるなぁ

(老けてるという意味ではない)」なんて思っていた。

声が落ち着いているからか ・ ・ ・ 。

 

なもんで余計に

「杉崎美香 美脚」フレーズのアクセスが気になる。

思い当たるのは「みかんのじかん」の11月17日だが

 ・ ・ ・ 。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

「たかじんNOマネー」、眞鍋さんも順調にスタート

 

1012121_010

 
さて、眞鍋かをりさんがレギュラーを務める

テレビ大阪の新番組「たかじんNOマネー」。

独立総研所長の青山繁晴氏や元官僚の岸博之氏、

お馴染みの勝谷誠彦さんらの論客に混じり、

眞鍋さん、どんな役割を果たすのか。

 

門外漢が口をはさめないような専門論議になると

いかに眞鍋さんといえども入り込めないこともあり得る。

なんて不安もなくはなかったが、

竹中平蔵元金融相を迎えた今回の特別篇、

さすがに発言の機会は少なかったものの、

 

こりゃ眞鍋さんがいないと成り立たない番組だな

というのが実感。

国の政策はかくあるべしという議論も必要だが、

ほとんどの視聴者にとって肝心なことは

「だったら自分たちはどうしたらいいのか」だ。
 

1012121_003

 
ズバリそれを尋ねたのが眞鍋さん。

勝谷さんが素早く合いの手を入れてくれたので

(例によって息が合う)浮くこともなかった。

 

ぶっちゃけ、妙案はない。

「デフレに強いのはキャッシュ」(たかじん氏)

「円で持ってるんですか?」(眞鍋さん)

「中長期では円安に振れる」(岸さん)

ユーロもドルも自分とこを安くしたいだけなので

今の円高が定着することはない。

 

でも、主要国で選挙が続くので

自国優先の政策が続くと予想したのも岸さん。

だとしたらしばらくは円だね。
 

1012121_009

 
竹中氏が音頭を取った構造改革の功罪についても色々ある。

格差拡大も貧困の増大も

「改革のせいではない」は竹中氏の持論。

 

でも、景気が良くなったと言われながら賃金は下がり続け、

だぶついたマネーがアメリカに流れて信用を膨張させ、

今日の金融危機を結果したのは

誰のせいかはともかくれっきとした事実だ。

 

竹中氏は同意しなかったが、青山さんが指摘した

「お金の流れの筋道はつけるべきだった」

に一票を入れておきたい。

 

来年9日からのレギュラー放送では

あの金子哲雄氏が登場するらしい。

ぐッと分かりやすい内容になりそうだ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

狙う阿呆に見る阿呆、プロ根性で応える眞鍋さん

 

やっぱり狙われていた眞鍋かをりさん。

でも、予期していたに違いない。

全然大丈夫です。

 

先の映画「エクスペリメント」のPRトークショー。

眞鍋さん苦手のタイトスカートでの座りトークだし、

狙ってるバカいるだろなぁと心配していたのだが

案の定、フライデーされていた。

 

こんなのいつ頃からやり始めたのかと頭を捻ってみるが

確か、アマチュア写真誌にのぞき的投稿が相次いで

何とか現象的言われ方をされたことがあったかに思うのだが

昔のことで記憶がはっきりしない。

 

でも、街で普通人に同じことをやり、

それを警戒中の警察官に発見されたら確実に逮捕される。

そんなこと、プロがやってどうすんのと情けなくもなるが

しかしその一方、芸能人たるもの、見える範囲は全て衣装だ。

 

敵もさるものひっ掻くもの。

むざむざとしてやられはしない眞鍋さん。

見事なガードではね返してはいるものの

セクシーテイストは残しているあたりニクイ演出。

 

この勝負、プロ根性に勝る眞鍋さんの勝ちと見た。

一点に集中し過ぎてそれ以外はダメ写真になってるし。

ってことで転載はしないけど、代わりにこれなど・・・
 

Img042

 
ページをめくったら出てきたチェブラーシカ。

 

眞鍋さんが下向いてるとこじゃなくて、

表情もポーズも決まって美脚が綺麗に写ってたら良かったのに。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みかんのじかんとそれぞれのじかん

 

眞鍋かをりさん、杉崎美香姐さんと

相変わらず食べ歩き、飲み歩きしている様子。

姐さんのブログみかんのじかんに食事中の眞鍋さん。

青山にあるウィーンの老舗カフェレストランとか。

 

ウィーンかぁ ・ ・ ・ 

公衆電話で弦楽器の音合わせができるんだよなぁ

なんて思いつつ、料理についてはあまり浮かばない。

帝国崩壊でアドリア海に面した領土がなくなった。

海がないから肉とチーズばっかり ・ ・ ・ 

 

ってことはチーズプロフェッショナルの眞鍋さんなら

とっておきのお薦め料理があるのかも。

 

一方、杉崎姐さんは「スピリッツ」でグラビア。

え~っと ・ ・ ・ グラビアとかやってたっけ?

眞鍋さんのでさえグラビアは見てなかったくらいだから

分かる訳もないけど「杉崎美香 美脚」アクセスの謎はコレか?

 

 

他方、上原美優さんも「クイズ!紳助君」で麒麟と共演。

必殺の解答三段ボケで爆笑を取った。

一発目「泉大津のだんじりカレンダーの特徴」に「男の裸」は

窮余の策ながら、ある意味狙い通り。

 

二発目「木くずが何に見える?」に「くず木り」は ・ ・ ・ 

葛きりと木屑がごっちゃになった天然と思われるが、まぁよし。

となると締めの三段目が大切だが

「羊を使った特産品」に対し、「正解しちゃいました」と

自信を持って出した答えが「ジンスカン」。

 

「ギ」が抜けてるのは書き間違いだったかもしれないけど

ボケとしては決まった。

 

ただし、ジンギスカンでも不正解。

「シェア98%の訳ないだろう」の突っ込みに

「シェア」の意味が分からなかったのはちょっと可哀想だったけど

会社勤めをしていない23歳なら知らなくても仕方ない。

これから覚えていけばいいことだ。

 

そんなことより、この番組で泣いたゲストを初めて見た。

オール阪神師匠が、母親が亡くなったその日の舞台で

母の死を漫才のネタにしたことは有名だが、

若い美優さんは知らなかったらしい。

でも、美優さんらしい。

 

一ヵ月一万円生活も来週で完結。

ここでも泣いてたけど、さてどうなることやら。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

ネタにもしたけど気遣いも見せる「とくダネ!」眞鍋さん

 

1012091_003

 
わっ、わっ、わしらはオッサン探偵団!

あ、いや、オッサンの話ではない。

「とくダネ!」の眞鍋かをりさんだ。

コナンに倣った訳ではないだろうけど、

「とくダネ!」ではメガネ着用と決めたらしい。

 

はて?

それが一番の謎だったりして。

 

それはともかく、独禁法違反騒動のモバゲー、

眞鍋さんもやっていたらしいけど、

お金を使わなかったので弱かったとか。

強いアイテムがオークションで10万円とか聴いて

「訳分かんないと思ってやめた」そうだ。
 

1012091_012

 
訳分かるようで分からない歌舞伎界のシュリンプ騒動。

「頑張って健気」な妻、麻央さんだけど、眞鍋さん、

梨園の中では違う評価もされてしまうかもしれない

と気遣いを見せる。

亭主関白とも言われるだけに

会見キャンセルの後の夜遊びも「止められたかどうか」。

 

昨日の会見の様子にも

「まだ驕りが見られる」と分析する人もいたけれど、

四角四面で糞真面目なアートなんて面白くないので、

芸事に励む人はどこかはみ出したところがあるものだ。

本業に支障をきたしたことはマズッたが、

それ以上とやかく言うことではなかろう。

 

そんなことを言ったら、「一味くれ」の一言から

警察沙汰にまでなったたかじんさんはどうなるのか。

まぁ、やしき氏の場合は

警察に追いかけられて捕まったのではなく、

警察官を追いかけて問い詰めたのだけど。

 

体面に気を遣わなければならないシュリンプと違い

「相手は何を言ってくるか分からないので不利」

と、馬鹿しでかしたオッサンをも気遣う眞鍋さん。

たかじんさんの元で夜遊びの修業をすることを勧めたい。

やしき氏の方が1枚も二枚も上手である。
 

1012091_015

 
「次飲酒する瞬間とかマスコミに追いかけられますよ

凄い可哀想」

そう締めくくる眞鍋さん。

しばらくはおとなしくしてるしかないね。

 

さて、気になったのは

眞鍋さんも「なんで」と首を傾げたこの物体。
 

1012091_022

 
テオ・ヤンセン氏が製作した「人工生物」だが、

風で動くといっても単に風に押されるだけではない。

空気を圧縮してペットボトルに溜め、その力で動くのだ。

風を利用した永久動力である。

 

圧縮空気を動力とするエンジンは実在するが

そのエンジンで発電してコンプレッサーを動かし

空気を再圧縮すると、クリーンな永久動力ができる

なんて研究もされている。

 

日本科学未来館で展示され、実演も行われるらしいが

未来エネルギーのヒントになるかもしれない

なんて夢想してしまった。
 

1012091_025

 
金星探査機あかつきの再挑戦は6年後。

「それまで覚えておかないといけないんですね」

眞鍋さんの言う通り、気の長い話だが、宇宙にとっては一瞬。

6年後に期待しようではないか。

 

でも、あかつきを襲った「強い衝撃」とは何だろう?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

縛られていないから語れる(?)マネーの話

 

眞鍋かをりさんの新レギュラー番組「たかじんNOマネー」、

ずいぶんリキの入ったキャンペーンを展開している。

 

眞鍋さんについては番組ホームページの宣伝動画で、

姿と笑い声がちらっと入っているだけなのだけど、

twitterフォロアープレゼントとか

放送開始記念プレゼントとか

なかなかに盛大。

 

ただし、プレゼントの応募には

「たかじんNOマネー倶楽部」に入会していなければならない。

商品の詳細はまだ発表されていないし、

多分、応募しない様な気もするけど、

一応、念の為に入会しておいた。
 

Campaign01_track

 
こんなキャンペーントレーラーも走り回っているらしい。

写メを送ればステッカーやカレンダーが当たるとかで

ツイッターに走行地域の予告が出ている。

上のはサンプルなんでダメだけど。

 

だが、たかじんさんという人自身は

どうも金にこだわっているようには見えない。

虚弱体質や喧嘩っ早い馬の馬主になったり

全国各地の夜の街に出没したりと散財ばかり。

 

トラブルは数知れないが

「一味くれ」事件にせよ

「味の素がない!」事件にせよ、

金銭とは無関係だ。

 

トラブル=金銭といった

貧困な発想では理解できないところ

眞鍋さんと共通しているようにも思う。

 

金儲けを最優先なら

「貴殿の番組をうちでも放送したい」

という申し出を断ったりしないだろうし、

必ず満員になるコンサートも継続してやってるだろう。

 

しかし、金に縛られていないからこそ

マネーを客観的に語れるに違いない。

それはきっと、眞鍋さんも同じだね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

貫け!眞鍋流!!

 

「今年」というタイトルだけがアップされていて

本文がなかった「眞鍋かをりのなんか様子が変です

 

「こ、今年とは一体何なのだ」と頭を抱え、

夜も眠れないほど・・・とは大げさだけど、しかし、

今年の結果発表と分かっていても気にはなっていた。

それがやっと本文もアップされた。

 

ジャパンカップで武豊騎手騎乗のローズキングダム勝利に

「ディープインパクト騎乗時代からもうずっと好きです!」

おぉ、またしてもディープつながり。

でも、落馬による負傷を乗り越えての勝利に

「めっちゃカッコ良かったです」には納得。

 

JRA-VANの鉄人上位入賞者は19日、中山競馬場での

「眞鍋かをりと行く朝日杯FSライブ観戦」御招待だが、

既にご自分のブログでフライング気味に

「眞鍋かをりに会いに行くぞーっ!」

なんて宣言されている方もいた。

 

是非とも眞鍋さんという「人」を感じ取って欲しいと思う。

一般人としても凄くイイ人眞鍋さん、でもその一方で

サービス精神満点なプロの芸能人。

開けっ広げなところでさえ、自分らしさにこだわる

眞鍋流プロ意識の表れ。

 

ということで、眞鍋さん、

今度はどんな衣装で登場するのだろうか?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

眞鍋さんの龍大イベント

 

247_2

 
「待ち受けにどうぞ」とおっしゃるので遠慮なく頂いた

眞鍋かをりさん直筆のサインと「合格!!」の文字。

5日、龍谷大学で開かれた受験生応援イベントでのもの。

 

どういう訳か一字一句同じ記事が複数のブログに

掲載されていて、この写真もあちこちで公開されている。

事情はともかくイベントの内容はかいつまんで理解出来るので

代表して目指せ!資格ゲッター!!にリンク。

 

眞鍋さん、濃紺ブレザーと黒のミニスカ、

チェックのロングソックス(ニーハイソ?)

黒ヒールだったそうだ。

文字だけだと京都競馬場の時を彷彿とさせる。

 

眞鍋さんの講演内容については

龍大入試部のツイッター(@ryukoku_nyushi)が詳しい。

眞鍋さん、朝方手帳なるものを用意して朝勉してたらしい。

「徹夜上等」派の当方とは正反対だが、眞鍋さんの方が賢い。

 

そもそも徹夜で勉強 ・ ・ ・ のふりをしながら

ショーロホフの「静かなドン」(長い!)とか、

ニーチェの「ツァラトゥストラ」(これまた長い)

を読み耽って真面目に勉強したとはいえないので

特に言うことなし。

 

ただ、就職先が新聞社だったこともあって

「これ、行列計算で簡単に・・・わ、忘れてるっ!」とか

「へ?室町後期にこんなオッサンいたっけか?」とか

不勉強を反省することは多々あっても、

知っていて無駄になった知識は何一つなかった。

 

入試までに学習する知識など一粒の種の如く些細なもの。

学問が生きるか否かは本人の生き方と環境次第。

多方面をカバーしなければならない眞鍋さんも、

多分、無駄になった勉強はないんじゃないかな?

 

ところで

眞鍋さんの新サイン、だんだんカッコ良くなってくるね。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

ズッコケ眞鍋さんの「科学くん」

 

1012031_003

 
よっ!ロケでは出演していた「飛び出せ!科学くん」。

スタジオには初登場の眞鍋かをりさん。

モノトーンのグラデーションタッチの衣装は、

蝶ネクタイをアクセントにベレー帽、短パン、ニーハイソ。

もはや伝統とも言うべき眞鍋流だ。

 

東京で水生生物を捜すという企画だが、

昔々、都会の川はそれはそれは汚かった。

近づくと異臭がするほどで、情緒にはほど遠い。

だもんで、初めて賀茂川を見た時は度肝を抜かれた。

100万都市にもこんな綺麗な川が流れているのかと。

 

それに比べ、下水処理設備の向上等で随分と改善はされた。

神田川に鮎がいるという話だが、

周囲をコンクリートで固めていても

賀茂川のように水鳥は飛来するのだろうか?

水鳥がいないと「あと一歩」という気がするのだが・・・。
 

1012031_007

 
東京湾の水質浄化には牡蠣も一役、

ということで牡蠣の浄化能力実験、使用前、使用後。

左の二つと右の二つがそれだが

「ズルしてない?」との眞鍋さん指摘に応え、

浄化の様子を高速再生。

 

となると後は赤潮対策。

干潟の役割が重要・・・とは、ScienceZEROで

眞鍋さんが取材していたような ・ ・ ・ 。
 

1012031_018

 
だがっ!ここで眞鍋さん致命的ミス!!

Vふりで科学くん、飛びださずに飛び込んでしまった。

ある意味ネタばらし的間違いとあって、

元気よくポーズを決めた眞鍋さんに総突っ込みの図。
 

1012031_020

 
狙ったボケなのか天然だったのか ・ ・ ・ 

まぁ、こんだけ謝ってるので許してあげてちょ。

 

でもブロビングなる「飛びこめ!」的アトラクション、

眞鍋さん伝説の風船ダイブにちょっと似てる。

世界大会に挑戦ということで

眞鍋さんにも「コスプレで」という提案が。

 

う~ん ・ ・ ・ 

フィギュアスケートのコスチュームで4回転に挑戦!

安藤美姫選手も今期は調子が戻ってきたことだし。

なんて無責任なこと言って、ホントにやらされたら可哀想。
 

1012031_012

 
あくまでも冗談です、ハイ。

眞鍋さん、言われたら本気でやってしまいそうなので。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

チョゴリとディープ~眞鍋さん小ネタ2題

 

ソウルのチマチョゴリ村写真館に

眞鍋かをりさんのサインがあるそうな。

そりゃあるかもしれん。

去年、お仕事で韓国に行ってたしな、ウン。
 

Img041_2

 
パワースポット巡りもしてたし、

チマチョゴリ村くらい行ったっておかしくない

 ・ ・ ・ が、待てよ。

写真館というからには写真を撮ったはずだが

チマチョゴリ姿の眞鍋さん、見たことない。
 

Img040_2

 
髭のオッサンは眞鍋さんではないし、

着ているのもチマチョゴリではない。

眞鍋さん、超小顔・・・じゃなくて、

あると知ったら見たくなる。

 

 

ところでディープインパクトのファンだったという眞鍋さん。

先日、雨上がりの深夜番組で、

麒麟の川島君が自慢げに見せていたたてがみは

ディープのじゃなかったっけ?

 

ちらっとしか見なかったので定かではないのだが、

オグリでもハイセイコー(の訳ない)でもなかったような。

ちゃんと見ておけばよかったが、それならそれで

奇遇なのか必然なのか、ちょっといい話かもしれない。

 

整っても整わなくても

そう思えた方が幸せだと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

眞鍋さんと激辛カレーとSMORK写真(?)

 

SMORKの宮部さんといえば、展示会での写真で、

当ブログにも何回か御登場して頂いている方なのだが、

今回は眞鍋かをりさんを交えてお食事会。

SMORKのブログに様子が載っている。
 

O0350046710891793164

 
ちょっと暗いお店だったようで増感っぽくなっている。

レンズにスモークがかかっている訳ではないと思う。

で、眞鍋さんセレクトの「18禁カレー」ってなんだ?

相当辛かったらしいけど。

 

昔、○倍カレーなんてのが流行ってた時、

当方、18倍とか24倍とかをよく食っていた。

唐辛子(だけの)炒め物とかも食していたので

天然の辛さならどうってことない。

 

デビルズリベンジとかの辛み成分濃縮系は

試したことないので分からないが、

「辛さだけじゃなかろうに」とか

屁理屈こいてあまり興味がない。

 

でも眞鍋さん、グルメ番組とかで見た限りでは

激辛党という程でもなかったようだけど

大丈夫だったかな?

でもそれより

 

眞鍋さんのSMORKファッションが気になってきた。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウイットにも切れ味見せたか映画イベントの眞鍋さん

 

ムッ!眞鍋かをりさん、ウイットの効いたトークをしたらしい。

2日、都内で映画「エクスペリメント」のPRイベントに出現。

 

バーで知らない人とシャンパン2本を開け

「ベロベロで盛り上がった」そうなのだけど

「殴られることもなく何もなくさずお家に帰りました」

とシュリンプ(海老)ネタ。

 

さらに最近こっちもあちこちで盛り上がっている結婚話では

「(私の方は)全然整ってません」とこれは流行語大賞ネタ。

「整ってますか」と訊いたのは記者の方らしいけど

迷わず乗るところは眞鍋さん。

 

このニュース、新聞、テレビ系の他、映画、芸能系など

10以上のネットメディアで取り上げられていて、

いちいちリンクも貼ってられない賑やかさ。

なので映画の中身など詳細はそっちにお任せ。

 

てなことで当日の眞鍋さん。
 

Manabe_er_2

 
映画がサイコスリラーということで心理学者のコスプレ。

この赤メガネは「とくダネ!」のとは違って

以前にも見たことあるような。

ピンクのシャツブラウスとマッチしている。

 

囚人を縛ったりする一幕もあったようだけど

この衣装での座りトークもあったらしい。

タイトスカートなのに ・ ・ ・ 

眞鍋さん苦手のシチュエーション。

 

隙間を狙うカメラマンがいたかもしれない。

ちゃんとした名の通ったメディアなのに

そーゆーことするのどーよと思うのだが、

見る限り、眞鍋さん、さり気なく防御したようだ。

 

タイトスカートがクリアできれば大人の眞鍋さんも完成だ。

美脚度もますますアップするぞ ・ ・ ・ なんて、

盛り上がり過ぎに注意しよう(自戒)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

眞鍋さん、敷金防衛策発見?

 

1012021_006_2

 
オット、今週はクールなメガネの「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

髪切った・・・じゃなくて後ろにまとめた模様。

今日は色合いといい爽やか眞鍋さんだ。

 

だけんど歌舞伎界のプリンス、じゃなくてシュリンプ。

爽やかとは程遠い。

酔って喧嘩して大怪我して仕事に穴って、 

野良犬じゃあるまいし、ろくでもない話だ。
 

1012021_011

 
低次元の事件なので低次元の風評が流れる。

でも、眞鍋さんの耳にも色々目撃談が寄せられているらしい。

「でも、(相手は)正当防衛と言い切れる

範囲を超えてやっちゃってますからね」

 

例えシュリンプにも非があったとしても

あそこまでやったら事件化するのは当然だ。 

しかし、将来は人間国宝になろうかという人が

そんなチンピラみたいな交友関係でいいのかね。

 

赤井秀和さんが陽気にお祭り騒ぎしたら、

プロボクサーのパワーで店を破壊してしまった

という話とはちょっと違うように思う。
 

1012021_027

 
こっちは爽やか・・・かどうかは分からないが

還暦前のオッサンの恋バナ。

今時のオッサンは元気なので還暦でも初老とは言い難い。

深夜カラオケでガンガン歌いまくるのだ。

 

「やだな~歌ってる歌までチェックされちゃったら」

笑ってしまう眞鍋さんだけど、

「なんでちあきなおみ?」なんて追及されたら困るから・・・って

眞鍋さん、チェックされる前にあちこちで公表しているような・・

 

そこで小倉さんの質問、「大人の付き合いって何?」

「めんどくさいこと言わずにいいじゃない楽しければみたいな」

という眞鍋さんだけど、

お互いの立場を理解した阿吽の呼吸 ・ ・ ・ かな?
 

1012021_030

 
「これいいっ」と眞鍋さんも喜ぶ今日のパパットさんは

壁床の簡単補修。

 

壁紙についた手垢には

中性洗剤に浸したキッチンペーパーを張り付けて10分。

さらにそのペーパーで汚れを叩くとあら不思議的に白くなる。

後は水拭きとから拭きでOK。

 

画鋲の穴にティッシュのこよりをつま楊枝で押し込み、

修正液で蓋っていうのも簡単。

白壁限定だけどね。

 

フローリングの傷を消すキットが6千円くらいで売ってるらしい。

でも、興味津々眞鍋さんの一言

「敷金取られなくていいですね」

う~ん ・ ・ ・ 現実的。

 

賃貸契約はシビアだし、

阿吽の呼吸は効かないからね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

ゲーマー眞鍋さんの「風来のシレン5」挑戦動画

 

「こんばんは!眞鍋かをりです!」と元気よく言われたら、

「オッ!まいど」と返したくなるところだが、

そーゆー話ではない。

ゲーマーネットによると眞鍋さん動画が公開されたという。

 

『不思議のダンジョン風来のシレン5

フォーチュンタワーと運命のダイス』

というタイトル(長い!)のゲームに、

ディレクターからアドバイスを貰いながら

眞鍋さんが挑戦する。

 

テレビでもしばしばゲーマーぶりを発揮してきた眞鍋さん。

『風来のシレン』はお馴染みのようで、2001年には

公式ファンブックにも出演してるという。

ファミコンとかは守備範囲外なので

その辺のところはあまり知らないのだが、

眞鍋さんは手慣れたものだ。

 

風来のシレン5公式サイトにアップされた動画では

眞鍋さん、「まだクリアしていない」という4の話やら

5の感想やらを語りながら、その一方で

「なんやかんやで」すいすい進んでゆく。

なんと優れた情報処理能力。

 

眞鍋脳の威力も見られる興味深い動画

 ・ ・ ・ 流石です。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

本命は新作だったかチェブラーシカ

 

そうかチェブラーシカの声は大橋のぞみさんなのか

というのは12月18日から東宝系で上映される新作。

公式サイトを見ると結構、にぎやかだ。

LaLaTVが旧作を放送するのはこれに合わせたものか。

 

テレビ大阪のHPを見ていたら、

大阪では12月12日に試写会があるらしい。

「たかじんNOマネー」のツイッターで「動画をアップした」

とあったので見てみたら偶然発見したのだけど。

 

しかし、いかに眞鍋さんのお気に入りとはいえ、

オッサンが観に行く雰囲気ではなさそう。

取り敢えずテレビで我慢しよう。

マーリン師匠もシーズン2が始まるし。

 

だが、実在の人物を主人公にすると、

解釈の違いとかナントカが必ず出てくる。

龍馬とか秋山好古、真之兄弟みたいに時代が近いと

現代史と関連付けた意見の違いも出てきやすい。

 

その点、チェブラーシカもマーリンも架空のお話なので気楽だ。

大河もいっそのこと日本武尊でも主人公にしてはどうか。

いや、天皇制と結び付けて面倒なことを言う人がいるか

 ・ ・ ・ 我が国は面倒臭い。

 

だからこそ近現代史をしっかり見直さないといけないのだけど。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »