« 出るか!麒麟的笑いの方程式 | トップページ | 時事漫談 »

2010年11月18日 (木)

先を越されてもラッキー、「とくダネ!」眞鍋さん

1011181_002

 
おやま、先に御結婚されたお友達に、

既にバツイチになった方がおられるとか。

「資産の名義は別々に」

なんてアドバイスを貰ったらしい眞鍋かをりさん。

 

・・・どうも結婚関連の話題が続くな

 

てなことで今日の「とくダネ!」、

結婚ネタもう一つと英王室皇太子の結婚フィーバー。

婚礼が行われるのはウェストミンスター寺院なのだが

なんと眞鍋さん、先々週「ふらっと」行ってきたのだそうだ。
 

1011181_014

 
「凄く感動し」たという眞鍋さん、

「こんなところで式ができたら素敵だな」

と思っていた矢先のニュースに

「混む前に行けて良かったと思いました」

 

どこに出没するか分からない眞鍋さん。

ケルンの大聖堂はもう行ったかな?

あっこはオーデコロンもあるよ。

この際、先を越されついでだし(失礼)。

 

次期プリンセス、ケイト・ミドルトンさんモデル時代の

シースルー衣装写真を持ち出したデーブスペクターさん

「女性はこれくらい透明感があった方がいい」には

「透明すぎる」-突っ込みは忘れない眞鍋さんだ。

 

 

はてさて、感じることは同じだなと思った第一弾は

大阪の17歳少女殺害事件。

疑いのもたれる姉とその連れの男、

二人とも生活保護受給者だとか。
 

1011181_026_2

 
これは変。

すかさず小倉さんがそれを指摘すると眞鍋さんも

「体が悪いという風には見えないし、働けるじゃないですか」

 

頼れる親族がいないことが条件なので

援助してくれる家族(父親)がいて、

三階建の二世帯住宅なんて実家に住んでいる、

こんな人は生活保護の受給対象にはならないはずだ。
 

1011181_042

 
次は尋常小学校の教科にあった「作法」。

冠婚葬祭とか手紙の書き方とか困ること多いよな

なんて思っていたら前田忠明さん

「拝啓で始まる手紙の結びは?」の出題。

 

中野さんは「敬具」で、ややまぐれっぽく正解。

眞鍋さんは「早々」と答えて「それは前略の時」。

「前略」自体、「取り急ぎ」って意味だしね。

 

「襖の開け方とか今でも分からないし

勉強しといたら良かったなと思います」

 

眞鍋さんも言うように、

偉いお師匠さんとかにお会いする時、

通された部屋でうっかり上座に座って待っていたら

むっとされてしまうこと請け合いだ。

 

それと、戦前の人の手記や手紙を読むと、

格調の高い文語体で書かれていることが多い。

新聞も文語体だったので普通だったのかもしれないが、

それで天気予報とか書くと ・ ・ ・ 

「本日昼より山間部にては雷鳴轟き渡れり」

とかなるのだろうか?
 

1011181_038

 
ついに来たかラーメン鍋!

煮込みラーメンなんてのが前からあったけど

まぁいい。

中華鍋の〆にラーメンは、我が家では当たり前。

 

そこで小倉さんの口から出た単語が「ラーメンすき」。

そうなのだ。

「うどんすき」をもじって「ラーメンすき」。

我が家でもそう呼んできた。

 

「いろんな味食べたいですね、味噌味とか白湯とか」

眞鍋さんの言う通り、激辛麻婆鍋なんてのも出来て

バリエーション豊富なのもいいところ。

当方はエビの殻と豚ミンチでスープを取る。

 

「石狩鍋にラーメン入れるとこありますよねぇ」

冷静に語る福田教授だが、出された鍋、食べてない。

「箸持って下さい」と

お隣の眞鍋さんから突っ込みがっ!

 

ポーカーフェイスの福田教授、

最近、よく眞鍋さんに突っ込まれてる。

結構、お茶目なのかもね。

 

 

さて、中野アナが偶然遭遇した事故をデジカメで撮影。

現役時代、飲みにゆく時も腕章とカメラを持っていた当方だが、

あーゆー場面に遭遇することは遂になかった。

アナウンサーは腕章を持たないかもしれないけど

有名人だし、顔パスは出来なかったのかな?

「フジテレビの中野を知らんのかっ!」

とは言えないか ・ ・ ・ 

でも、見事な機転でした。

 

|

« 出るか!麒麟的笑いの方程式 | トップページ | 時事漫談 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

 ふらーっと 行く範囲が イギリスなのね。 どんな行動範囲だ


 手紙に関しては常識の範囲内ではあるのですが、28年間で実際に手紙で1回使ったかどうかのことが果たして常識なのかな?
(覚えていなくても使う時に調べればいいような)

 それとも 手紙を出していないこと自体が非常識?
 

投稿: firstheart | 2010年11月18日 (木) 23:42

どのような人間関係を結ぶかは予想不可能なので、一生手紙なんて書かない人がいても不思議じゃないですね。
だからこそ、あらかじめ知っておけばどうなっても対応できる訳で
(その時になっても調べない人、結構います)。

投稿: KenNagara | 2010年11月19日 (金) 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先を越されてもラッキー、「とくダネ!」眞鍋さん:

« 出るか!麒麟的笑いの方程式 | トップページ | 時事漫談 »