« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

健康維持には運動と黒カビ退治の「とくダネ!」眞鍋さん

1009301_004_3

 
ワッ!朝からなんていい笑顔なんでしょうか眞鍋かをりさん。

先週も同じようなこと書いた気がするけど、

「とくダネ!」眞鍋さん、とても体調が良さそうに見える。

衣装もエレガントだ。

 

でも、北の将軍様は代表者会の映像公開がされず、

写真にも修正(入れ替え)疑惑があって健康不安説が流れている。

後継者確定の三男、ジョンウンの姿も公開されなかったが、

確か将軍様も名前の公表から姿を現すまで

8年くらい間があったような。
 

1009301_009

 
「満を持して姿を現すのはいつなのか」と言う眞鍋さん。

「地固めをして」からと言うことにしても、確かに

それまでに「どうなるか分からない」。

8年もの余裕はなさそうな気もする。

 

訪問したA・猪木氏があちこちテレビに出演しておられるが、

平壌に住めるのは特権階級だけと言われてるので

あれだけではようワカラン。

軍人経験もない若造やオバハンが

「はい、私が将軍です」

なんてなってしまう国なので致し方ないが。
 

1009301_015

 
健康と言えばクルム伊達選手。

40歳にしてシャラポワをも破ってしまう

その若さとパワーの秘密はピラティスとか言うのにあったそうな。

洋風ヨガともいうそれ、眞鍋さんもジムで見知っていたそうだけど

「私はやったことないんですけど難しそうですよね」

 

確かに、尻を支点にジャックナイフ状態をキープしたり

腹筋、背筋にかなりの基礎体力が要りそうだ。

中野アナが三日で断念したのも頷ける。

足腰を浮かせて両手で体重を支える眞鍋さんなら、

出来そうな気もするけれど。
 

1009301_021_2

 
エアコンの掃除、「いつしたかも分からない」と言う眞鍋さん。

だが、吹き出し口に黒カビが発生し、冬に暖房を入れると

それが室内に噴出するというではないか。

 

そこで今日のパパットさん、

割り箸に輪ゴムで装着したスポンジにエタノールを霧吹きで噴射。

それでごしごしすると取れるそうな。

 

また洗濯機の裏に発生する黒カビは50度のお湯を張り、

お湯50ℓに対し500mlの酸素系漂白剤を投入。

洗濯機を作動させるがすすぎはせずに一晩おくと

あれまと黒カビがいっぱいに浮き出てくる。

そこですすぎをするという次第。

 

「そ、そうだったのか」的お役立ち情報だ。

 
 

1009301_028

さて最後に、

眞鍋さんが大爆笑。

 

というのも、

北朝鮮発行の

昨年の地図。

 

なんと、韓国がない!

いつの間にか全土を

掌握しているのだ。

 

いやはや ・ ・ ・

 

それはともあれ、健康維持の為にも黒カビを

退治してください、眞鍋さん。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

注目は眞鍋さんの美脚と秋ファッション~9月度検索アクセス

Megaspob_013_2

 
「眞鍋かをり 美脚」が

常に最多の当ブログ

検索アクセス。

 

9月度も右に同じだが

ちょっと違うのは

秋ファッション関係の

フレーズが多かった点

 

で、それをまとめて

一つにしてみると、

総合8位にランクイン。

 

内容的にはミニスカ、スーツ、ニーハイソ、レギンスパンツ

など、どれも眞鍋かをりさんに似合いそうなフレーズが。

ミニスカが最多だったのは有名税ならぬ美脚税か。

以前から短パンをミニスカと見間違って騒がれることが多く

願望も混じっているのだろう。

 

秋眞鍋さん的スタイルは秋ファッションの記事で触れたので

そちらの写真(小田原イベントでのもの)が、

一番、特徴を表しているように思える。

例によって、期待を裏切ることはなさそうな眞鍋さんだ。
 

1009091_014

 
2位も例によっての「とくダネ!」。

今月は「諸事情」で黒縁めがねの日があって

それがちょっとした話題にもなった。

目撃情報もあるので、普段も使っているのかも。

それならあまり宣伝しない方がいいかと画像再録はせず。

 

3位には2度出演した「飛び出せ!科学くん」。

眞鍋さんのセーラー服も話題だったけど、

内容もなかなかに充実。

話題も呼んでいる。
 

1009041_022

 
でも、眞鍋さんの屈託のない表情、やっぱり魅力的。

タレントとしての技を駆使しつつも気取らず飾らず、

真っ直ぐな眞鍋さんらしさを失わない証拠。

これは眞鍋さんの人としての魅力に通じる。

 

「レッドシアター」が意外に多かったのだが、

付属フレーズを見ていると、これもやっぱり

眞鍋さんの美脚が吸引したもののよう。

「たかじんのそこまで言って委員会」は

次回も出演するので詳しくはそっちに譲る。

 

「がっちりマンデー」で紹介されたデュプロのRECOTiO

放送は8月だったのに、今でも反響が続いている。

印刷済みの紙を新品に換えてしまうだけでなく、

あの装置の小ささはやはり驚異だ。

 

9月度検索アクセス順位は以下の通り
 
  1位:眞鍋かをり 美脚
  2位:とくダネ!
  3位:飛び出せ!科学くん
  4位:眞鍋かをりヘアスタイル
  5位:たかじんのそこまで言って委員会
  6位:レッドシアター
  7位:AHKAH
  8位:秋ファッション
  9位:メガスポ!
10位:がっちりマンデー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

デカウォッチとスイス会

おっと眞鍋かをりさん、さっそく杉崎姐さんとスイス会。

杉崎さんのブログで紹介されているのだが、

な、なんだ写真のでかいペアウォッチは!?

黒地に白いドクロ、「カワイイ」とお気に入り。

 ・ ・ ・ そ、そうだっか。

 

「たかじんのそこまで言って委員会」でも

「最近ドキドキしたこと」の質問に

「スイス旅行」と答えていたから

確かにインパクトは強かったのだろう。

ドクロウォッチなんて屁じゃないくらいに。

 

チーズフォンデュにラクレット、スイスワインに

眞鍋さん録画のスイス番組を眺めながら大宴会

 ・ ・ ・ じゃなくて、楽しいひと時。

確かにいいお友達で御座るが、眞鍋さん、

杉崎さんの前ではオッサン化しないのだろうか?

 

余計なお世話でっか?

 ・ ・ ・ そうだっか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しみ色々的雑談

眞鍋かをりさん、久々の月曜「DON!」出演(らしい)、

さて、ゲストなのかレギュラー復帰なのか ・ ・ ・

レギュラー交代があるのは確かなので

気になるところだが、追及はやめた。

来週になれば分かることだし。

 

ってな訳で、味の素の冷凍チャーハン、

意外に良く出来てるなぁなどと感心しながら

9月の当ブログ、検索アクセスを眺めていたら

ん?関ジャニ?なんか結構多い。

そう言えば、「ありえへん∞話」のことを書いたっけ。

 

「ありえへん」のゴールデン昇格は来月だけど、

深夜枠では今日が最後の放送か。

ゴールデンに行けばローアングルもなくなって

相内アナはホッとする、かどうかは知らないが

眞鍋さんも土曜日に関ジャニメンバーと共演する。

 

眞鍋さんがゲスト出演する「モモコのOh!ソレ!み~よ」

村上信五君も唯一の男性レギュラーなのだ。

デビュー以来、モモコさんがずっと応援してきた流れだろうか?

そう言えば、「よ~いどん!」に眞鍋さんが出演した時も、

モモコさんの眞鍋さんへの気持ちの入れ方は大きかった。

 

眞鍋さんの人柄を知ってしまえば、そうなるだろうなぁと思う。

一番の魅力は人柄。そして能力、ルックス(順不同)。

ルックスと言えば、再び共演の藤本景子アナ、実は隠れ美脚。

御本人も膝から下のラインに自信を持っておられる。

むむむ ・ ・ ・ 眞鍋さんと同じではないか。

 

「よ~いどん!」と同様にほっこり系の番組なので、

美脚対決とはいかないだろうが ・ ・ ・ 

それ以前に藤本アナ、現在ダイエット中なので

敢えて対決はしたがらないかもね。

藤本さんの前で「丸顔」は禁句なので御注意を。

 

ともあれ、色々楽しみな一週間だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

我に返って馬鹿話

ボサッとしていて危うく気付かないところだったが、

ふと我に返ればもうすぐ10月である。

眞鍋さんが髪を切って約一年だ。

「いろいろリセットしたくて」と

暗号みたいに言っていた眞鍋さん。

 

20代より30台の方が楽しいし安心して過ごせる

とは杉崎姐さんの言葉だったそうだけど、

楽しいかどうかは兎も角、もしかすると、

さっぱり野心のない眞鍋さんにも、

本当にやりたいことが実感できたりしたかもしれない。

 

先日、37歳の女優さんが

ワイヤーアクションを見事にこなしているのを見た。

37歳の眞鍋さんを見ることは出来ないだろうけど、

きっと見た目も変わらず、負けないくらい元気に違いない。

眞鍋さんにふさわしい幸せな未来がそこにはあるはずだ。

 

大方の見方として、ブログ再開の日が

リセット完了の日だと思われている。

開けっ広げで楽しい眞鍋さんの文章、やっぱり読みたいし。

でも、「自分をさらけ出す」という眞鍋さんのポリシー、

今となってみるとちょいと?を感じることもある。

 

からっと明るく湿っぽさを感じさせない眞鍋さん。

でも、実は凄く真摯で誠実な人でもある。

でも眞鍋さん、そういうところ、

あまりおおっぴらには見せたがらなかったような気がする。

生来のサービス精神が勝っていたような ・ ・ ・ 。

 

眞鍋さんの三十路はまだ始まったばかりだし、

別段、急ぐことでもなく、その必要もないけれど

真心眞鍋さんの心根を少しずつでも語ってくれたら、

きっと笑いにも奥行きが出るはず ・ ・ ・

なんてことは余計な御世話だけどね。

 

リセット完了の日がいつ来るのか分からないけど、

正直、こちらには急ぐ理由があるので、

野暮を承知の馬鹿話。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

笑って落として議事進行の眞鍋さん的「そこまで言って委員会」

1009261_003

 
「たかじんのそこまでゆうてええんかい」ではなく、

限りなくそれに近い「そこまで言って委員会」、

三度登場の眞鍋かをりさん。

オッとお洒落なワンピ姿です。

 

でも、OSAKAあかるクラブのオークションに話が及ぶと

「私も何か出せばチャリティーに貢献できますか?」

「できるできる」(たかじん氏)

「大阪の中のイメージも上がります?」

「上がる上がる」(同)

「番組で使わなくなった古い衣装でも」(辛坊さん)
 

1009261_004

 
「いや、パンツとか脱ぎましょうか?」

おとぼけフェイスでの一撃にたかじん氏は

「20万円からっ!」と乗ったものの、

辛坊キャスターは脱力して言葉発せず。

 

何故か本気にしたお隣の田嶋陽子さん、

「ズボンのことでしょ」なんて言っていたけど、

「あ、いや、どっちでも大丈夫ですけど」

「じゃあセットで30万からっ!」(たかじん氏)

 

画面には「今回は出品されておりません」なんて字幕が出たが

当たり前です。
 

1009261_009

 
本題の方はやっぱり尖閣問題。

1895年以来日本領で、

日清戦争の結果奪ったものでもなく、

当時も第二次大戦の戦後処理の際も

日本領とすることに異論は出なかった

等々と語らなくても、世論が分かれることはないだろう。

 

眞鍋さんの意見も「友愛を早く忘れる」。

原口元総務相は「事実を世界に伝える」

「大使を呼び戻して事情を聴く」の2点を挙げたが

特に持論を展開することはなかった眞鍋さんも、

大きな違いはなさそうだ。
 

1009261_011

 
問題は眞鍋さんが指摘したように

「何故、菅さんはそうしないのか」ということ。

勝谷さんは「腰抜けだから」と一言。

 

2本目収録の途中で「船長釈放」の報が入ったようで

この話題、次週に持ち越しとなる様だ

(眞鍋さんは来週放送分にも出演)。
 

1009261_015

 
この後、志方俊之元北部方面総監をゲストに

普天間問題に議論が移ったが

イラクやアフガンの戦争が中東の安定に寄与した

と思ってる人が世界にどれだけいるか

甚だ疑問なので意見は分かれるだろう。

 

日本と極東の平和と安定に寄与するという

安保条約の条文を読む限り、

中国があからさまにした尖閣諸島侵略の意図の方が重大。

中国がありもしない「領土問題」を世界に宣伝し

アメリカがそれに乗っかれば、アメリカは

「領土問題不介入」を口実に動かない。

 

普天間代替基地に何千億円も国費をつぎ込むなら、

確実な見返りを保証してもらわねばなるまい。
 

1009261_018

 
志方さんを呼び込む前に例によって

田嶋・三宅論争が勃発してしまったのだが

「あちらの方でゲストの方が待ちぼうけされてるんですけど」

さり気なく間に入る眞鍋さん。

 

「尖閣諸島に人が住むべき」と、

実現しそうにない議論が沸騰すると

「何にもないんですよね?コンビニとかは?」(眞鍋さん)

「コンビニ?分かりました!臨時に頼みましょう」(辛坊さん)

 

笑いを取りながらも上手く落とし所を作り

議事進行に一役かった眞鍋さんだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

もしかして大阪の眞鍋さん

さてさて、眞鍋かをりさん、今日は夕方くらいまで

大阪にいるんじゃなかろうか。

「たかじんのそこまで言って委員会」の収録は金曜日。

二本撮りの二本目のみの出演とは考えにくいし、

たかじん氏の番組は録って出しが多い。

 

不規則発言に備えて生放送は避けるが、

時事問題を扱うこともあるので、

余り間隔を開けたくもないのだろう。

土曜日放送の「たかじん胸いっぱい」の収録は木曜日。

こちらには上原美優さんが出演したそうだ。

 

美優さん、最近、ちょくちょく出演してるけど、

今回もなんかいじられた気配。

「委員会」は元自衛官の志方俊之さんがゲストだから

尖閣諸島の一件が取り上げられたくさい。

 

中国の大国(帝国)意識がむき出しに過ぎて、

議論の余地もなさそうだけど、あるとしたら

安保条約は日本の役に立つのかどうかだろうか?

役に立たないのなら普天間代替基地に

何千億円も支出する必要はない。

 

それは兎も角、ボタン鍋でも食べて帰ってはどうかな?

六甲山のゴン太がどうなったかは分からないが、

人がいなくなった日本の山は野生動物が過剰繁殖している。

鹿が増え過ぎて裸になりつつある山もあるくらいだ。

調整弁になるべき狼は大正時代に絶滅してしまったし。

 

里山がどうのとそもそも論を言う人もいるが、

里山を枝打ちして薪を燃料にする家庭なんてもうない。

乱開発で住む場所がなくなったというのも昔の話。

人が山とかかわらなくなったから増え過ぎたのだ。

人が狼の代わりをするしかないように思う。

 

ちなみにゴン太とは腕白坊主に良く使う言葉。

「ゴンタクレ」などとも言うが、

兵庫県南部以外でも使うのだろうか?

そう言えば、ボタン鍋も大阪より京都か兵庫。

ホルモンなら大阪、ジビエなら京、播磨。

 

眞鍋さんの好物、結構豊富なんだけど、

時間ないわなぁ ・ ・ ・ 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

10月16日、札幌眞鍋さんのポスター

O0571080310763313720_2

ヤッ!どこぞのポスターに眞鍋かをりさんのプロフ写真がっ!

「どこぞの」とは失礼千万、主催は(社)札幌青年会議所だ。

眞鍋さん、第二部のパネルディスカッションに登場するらしい。

テーマは「夢のある子どもの未来」か ・ ・ ・ 

ちょっと早いが、まぁいいか。

 

それより10月16日というと、翌日は

「眞鍋かをりと行く競馬観戦ツァー」京都編ではないか。

大変だ、飛行機が飛ばなかったら ・ ・ ・ 

あ、いや、会場が札幌円山動物園野外ステージとあるから

飛行機が飛ばない悪天候なら中止かな?

 

ポスター写真をクリックしていただくとデカくなるので、

連絡先等は直接御確認を。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気な眞鍋さんも実感込めて・・・

1009231_012  
なんだか体調良さそうな「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

ひょっとして朝まで飲んでいたか ・ ・ ・ 

なんて逆説はないだろうが、

東京スカイツリーもあれよあれよという間に建設が進み

年末には先端が出てくるらしい。

 

「出てくる」というのは内部で既に作られつつあるからで、

リフトで持ち上げて載せるという。

「ピュッと出てくるのかと思った」という眞鍋さん。

中から出てくるには違いないが

ボールペンの先っちょみたいな訳にはいかないようだ。
 

1009231_006

 
「こういうことはホントに自分の意思が外に伝わらなくて、

事実でないこともたくさん出てきて『アレっ』って

思うこともたくさんあると思う」

 

実感を込めて眞鍋さんが語るのは俳優・水嶋ヒロさんの引退話。

話を面白おかしく粉飾して騒ぎたてる人がいるからだが、

小倉さんが直接、細君の絢香さんに話を聞いたところ、

絢香さんは既に研音を辞めており、

楽曲管理の会社は作ったが二人の事務所ではない。

水嶋さんも俳優から完全に身を引く、つまり引退ではないという。

 

研音の言い分と違う部分もあるかにみえるが、

研音の主張と言われているものがホントにその通りなのかどうか

確認出来ない以上、ここは小倉さんが聴いた話だけを

素直に受け止めるしかないだろう。

世間の泳ぎ方が上手いとは限らないし、

若干の齟齬は避けられないだろうから。

 

「最終的に、ファンやお世話になった方たちに

理解してもらえるように頑張って欲しいですね」

小倉さん共々エールを送る眞鍋さんだ。
 

1009231_020

 
映像がブレるほど驚いているのは、

今日のパパットさん、「5分で作るおはぎ」。

炊いたご飯に餅を切って入れ、水少々を加えた後、

ラップして電子レンジで2分半、なんともち米を使わない荒技。

 

確かに、もち米は一日水に浸してから炊かなきゃいけないし、

こっちの方がずっと早い!

後は市販のあんこをラップに載せ、その上に即席もち米、

手毬寿司の要領で形を整えれば完成だ。
 

1009231_024

 
デジカメで撮る動画撮影のコツも紹介されていたけど

ブレないようしっかり構えるのも大切だが、

感度設定を高くするというのも手だ。

画質と相談の上だけど。

 

ただ、眞鍋さんの笑顔は、

やっぱりいい画質で撮りたいね。

「見てる人は絶対見てる」って言われたいし。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

杉崎、眞鍋両カメラマンの腕比べ(?)

う~む ・ ・ ・ なぁんて思わずガン見してしまったのが

杉崎美香さんのブログ、眞鍋かをりさんとのスイス旅行最終回。

今回は杉崎、眞鍋両カメラマンの作品篇だ。

 

個人的趣向で言うと、人物と風景、

どっちが主役かはっきりさせた方が面白い。

眞鍋さんの後姿が画になるとおっしゃるのなら、

画面右にでもドカンと大きく写し込んでみたら?

 

眞鍋さんの作品も、杉崎さんにもっと手前に立ってもらって、

バストショットか顔のアップを大きく画面下に入れるとか。

モデルがいいだけに、背景に溶け込んでしまうともったいない。

全身なら全身の大きさにバックを合わせた方がダイナミック。

 

自分なら、というと、眞鍋さんの後ろ姿なら

風景をまたぐように美脚のアップ(やっぱり)。

顔なら半逆光で横顔を風景の手前に入れたい。

杉崎さんはやっぱ八重歯の見える微笑みでしょう。

 

誰かさんに撮ってもらった写真が何故かモノクロ。

意識したもんじゃないらしい。

手焼きのモノクロがやっぱり一番「写真っ!」

って感じがするけど、やる人減ってるだろうなぁ

(ちゃんと印刷できる印刷所も減ってる)。

 

でも、思い出をモノに閉じ込めないタイプの眞鍋さん、

写真はどうしてるのだろう?

立場上、オークションにかける訳にもいかないし、

この際、大事に保存してみてはいかがでしょうか?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しみ増します眞鍋さんの秋ファッション

19日に行われた小田原ダイナシティでの眞鍋さんのトークショー

司会をされたのは武村喜世子さんというラジオDJの方。

その武村さんのブログに当日の様子と記念写真が載っている。

 

「教科書クイズ」、杉崎さんとのスイス旅行の服装と並べてみると

一貫したコンセプトが感じられるので、

失礼してちょいと拝借、加工してみた。
 

O0800060010759518125odawara

 
帽子とニーハイソ、スカートは三つに共通する要素。

なんとか言うベスト(失念!)は「教科書クイズ」でも着用。

ピーターパンと一緒に空を飛んでいそうな軽やかな雰囲気だ。

それになにより、美脚な眞鍋さんにはぴったりだと思う。

 

現場にいた方々の感想が

「顔小さっ!」「脚長っ!」「腰の位置高っ!」

等々、ことごとく感嘆符付きだったのもむべなるかな。

ひょっとすると、今まででも最も眞鍋さん的な衣装かもしれない。

 

秋の眞鍋さん、魅せてくれそうでとても楽しみだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

眞鍋さん、杉崎姐さんとのスイス旅 Part.Ⅱ

さて、眞鍋かをりさんとのスイス旅行記

続編が杉崎美香さんのブログに掲載された。

 

チーズとワインが旅のテーマだったそうで、

チーズソムリエになったのかまだなっていないのか

よく分からないけど、とにかくチーズは眞鍋さんのお得意。

ワインは国内消費がほとんどなので

日本では飲めないものがあるという地産地消を訪ねる旅。

 

ウムッ!地産地消こそ美食の原点。

気候、風土と共に味わう文化的営み。

 ・ ・ ・ まぁノーガキはいいとして

ワインは1本100円しないというから水と同じ感覚か。

物価水準の違い、円高の影響もあるだろうけど。

 

写真は窓辺でチーズを食す眞鍋さん、

なんだか昨日放送された「教科書クイズ」の衣装と似ている。

だからという訳ではないけれど、同番組の収録は8日。

眞鍋さんと杉崎さんの旅行、

その翌日、9日に出発したのではないかと思う。

 

同じ日、当ブログのコメント欄に、ぐんぐんさんから

成田での眞鍋さん目撃情報が寄せられている。

杉崎さんは9日からお休み。

それに合わせて「とくダネ!」終わりに眞鍋さんが合流。

そうすれば、二人揃って丸一週間の旅行が可能になる。

 

「円高を利用して海外旅行」というぐんぐんさんの予測

多分、当たっていたのではなかろうか?

 

でも、五つ星ホテルでセレブしたかと思えば

安い買い物を楽しむあたり、金額だけで価値を計らない

真の趣味人っぽい旅を楽しんだみたい。

それもまた、眞鍋さん的だ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オモロ賢い眞鍋さんの教科書クイズ

1009201_012 
密かに尊敬する勝俣さんの隣で

心なしかリラックスムードの眞鍋かをりさん。

恒例の「小中学校教科書クイズ」だけど ・ ・ ・ 

今回の眞鍋さん、なかなか不正解を出さない。

ボケる間もなく首位をキープしてしまった。

 

でも、正解するだけでは済まされない。

「全員正解しなければ恥ずかしい映像が」で、

白羽の矢が当たったのが、意表を突いて優木まおみさん。

「これいけるんじゃない?まおみちゃん、大丈夫だよ」

だが、眞鍋さんの予想に反しマニフェストを書けない人4人。
 

1009201_015

 
そこで眞鍋さんの突っ込み!

前回の「ただのエロ」からちょっと字数が増えた。

それに、今回は突っ込むだけではない。

 

「エロ賢い優木さんには負けられないでしょう」

という「ボケろよ」的な上田さんの振りに

「エロ賢いなんて言ってますけど、正直 ・ ・ ・ 」
 

1009201_018

 
「そっちかい!」

「『賢い』じゃなくて?」

総突っ込みを受けながら落とした眞鍋さん。

「毒舌には落ちがいる」の必須パターン、

いつの間にかマスターしている眞鍋さんだ。

 

前回の収録の後、

優木さんと寿司屋に行って沈没してしまった眞鍋さん。

でも、優木さんは自分の過去映像公開、知らなかったみたいなので

寿司屋で今回の打ち合わせをしていた訳ではなさそう。
 

1009201_036

 
最近、復活したAHKAH蝶のネックレスに、

ミニワンピとニーハイソの秋型美脚ファッション。

やはり、秋はニーハイソで行くらしい。

ふくらはぎのラインが引き締まった眞鍋さん、

ロングブーツよりニーハイソの方がらしいかも。

 

クイズも好調だったけど、

難読漢字で賽子=サイコロの正答が

一瞬遅れて時間切れだったのが惜しかった。

ちなみに、辣韮、啄む、見縊るは当方も読めなかった。
 

1009201_042

 
これは正解の寒冷前線。

多分、北海道に梅雨はない→梅雨前線ではない

から思考した消去法だろう。

 

しかし、スペインの首都、

「マドリードと思わせてバルセロナ」が逆だったり、

駐車場の駐の字をど忘れしたりで逆転を許した。
 

1009201_003

 
とは言え、駐の字が出てこなかったのは

「ペーパードライバーだからかなぁ~」

「関係ないですねぇ~」(上田さん)

で、ひと笑い。

 

最後まで面白賢い眞鍋さんだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

眞鍋さん、杉崎姐さんとスイスに美脚旅

旅行にはまっている眞鍋かをりさん、

先週は、杉崎美香さんとスイスに行っていた。

 

杉崎美香さんのブログによると、

「奇跡的に」お互いの休みが重なったので、

旅行会社を通さずに全て自分たちでプランニングしたそうな。

 

ブログに載っている写真では、杉崎さんと共に

マッターホルンをバックに元気いっぱいの眞鍋さん、

なんと雪の残る山の上で美脚ファッション!!

や、やるなぁ ・ ・ ・ 。

 

宿泊は五つ星ホテルで馬車の送迎付きだったとかで

「ヤッスイ旅」ではなく、結構セレブしたみたいだ。

杉崎姐さんの旅日記、明日も続きがあるらしいので

請う御期待である。

 

でも、予約からチケット確保まで全て自分でやってしまうとは、

眞鍋さんのアクティビティもプロ級 ・ ・ ・ 

ん?プロアクティブ?

なんちゃって(しょーもなっ!)。

 

取り敢えず、眞鍋さんは元気だ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニーハイソ眞鍋さんが列島闊歩

眞鍋かをりさん、昨年3月以来ニーハイソを使っていない

なんて書いたら、原宿でニーハイソの眞鍋さん目撃の噂。

でもって、その直前(と思われる)小田原でのイベントでも
 

Odawara100919_2

 
やっぱりニーハイソ。

拝借した写真でちょいボケ

(ホントは撮影禁止だったそうな)だが、

小倉競馬場の時と同じく、B型カラシニコフ(AKB)風。

 

でも、ファッションがテーマだけに眞鍋さんの衣装も、

明らかに小倉より秋を意識した雰囲気。

遠めのちょいボケでもやっぱり美脚!

 

イベントではダイナシティ内のショップ店長らと

ファッショントークを展開したらしいけど、詳細は不明。

「バンビが流行る」なんて話があったようだが ・ ・ ・

なんじゃそら?ウリ坊とどうちゃうねん。

 

アホなこと言っていても恥をさらすだけなので、

ここは眞鍋ファッションの秋模様に注目しておこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

瀬田川のオモシロ眞鍋さんは「ゲリラ兄さん」と

1009181_012_3

 
「お・・」

リアクションする間もなく足を取られる眞鍋かをりさん。

「飛び出せ!科学くん」のゲリラ豪雨を想定した靴の選択実験。

一番安全そうな胴長を着こんだ眞鍋さんだったが ・ ・ ・ 

実は、これこそが最悪の選択。

 

晴れた日に琵琶湖の水生生物を調べるのだったら最良の選択

 ・ ・ ・ だったんだけど、その予想は大外れ。

実はゲリラ豪雨の実験で、場所はアクア琵琶。

瀬田川を少し遡った所だから、この場所は多分、瀬田川の河川敷。
 

1009181_016

 
「ワーッ!」

悲鳴を上げる眞鍋さん。

転倒したので大量の水が胴長に ・ ・ ・ 

このロケ、眞鍋さん、何回着替えしたんだろう。

ちなみに、スニーカーが一番賢い選択なのだそうだ。

 

でも、この若手がやりそうなロケに

ココリコ・田中さん、ガレッジのゴリさんに眞鍋さんと

手練を揃えた豪華メンバー。
 

1009181_034

 
例によってへっぽこなオープニングに

ゴリさんがコケを入れると眞鍋さんはこのポーズ。

 

「ゲリラ豪雨さんがスタンバイしています」(田中さん)

「エッ!スタンバってるんですか?」(眞鍋さん)

「僕らより入り早いんですか」(ゴリさん)

「まだ挨拶してない、ゲリラ豪雨さんに」(眞鍋さん)

「怒らせては大変ですから」(田中さん)

「ゲリラ兄さん来てたんだ」(ゴリさん)

「ゲリラ兄さん」(眞鍋さん)

 

このへんのやり取りはさすが手慣れたもの。

息も合ってます。
 

1009181_009_2

 
毎時187ミリ豪雨との対決を前に

「心配なのは眞鍋のメイク」なんて振り。

「今日、ウォータープルーフじゃないよ」

なんて言っていた眞鍋さん。

 

そして、折りたたみ傘をも破壊する豪雨の後に、

「自主モザイクかけていいスか」

びしょ濡れになって手でモザイクを入れる眞鍋さん。

笑いを入れつつの凄さアピールだ。
 

1009181_019

 
ところ変わって眞鍋さんが見つめるのは、

音だけで缶詰の中身から量まで当ててしまう打検士の凄技。

1000Hzと1010Hzを聞き分けるというのだが、

耳を澄まして集中していた眞鍋さん、

「一緒だよ~」。

 

でも、やっぱり笑いの虫が騒いだか、

的中させた中身のミカンをパクリ。
 

1009181_024

 
おとぼけフェイスで「ミカンです」に、なんと字幕で突っ込みが。

 

最後に通常の缶の中に

分量の違う缶を忍びこませるという意地悪実験。

ひとつ目と二つ目の間隔をワザと空ければ

「途中できっと不安になる」という眞鍋さんの作戦。

無論、達人が引っかかる訳はないのだが ・ ・ ・
 

1009181_030

 
見事的中で眞鍋さん、この笑顔。

 

ちなみに、音だけでピアニストの名前を当てるゲームに

かつて全問正解したことのある当方だが、

1000Hzと1010Hzの違いは分からなかった。

当たり前だけど。

 

それとジャイロ効果の説明、

ラグビーのスローイングの方が分かりやすかったのでは?

ミサイルと砲弾は違うし、画と説明が一致しないと混乱する。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

秋の青空に

いろんな人が空と雲について書いているので

見たかった空を今日、やっと見上げることが出来た。

なるほど、うろこ雲はなかったがほうき雲

その手前を一直線に飛行機雲が。

 

その飛行機雲、意外に高度が低いようで、

大した距離も移動していないのに、すぐ頭上に来た。

冷たい空気が下がっているということか?

ようワカラン。

 

そもそも旅客機の航路ではない。

だが、軽飛行機やヘリの類はうるさいほどよく通過する。

飛行場からは20㎞以上離れているが、

新幹線より遅いセスナでも10分以内だ。

 

最近は高速のタービンヘリが多い。

当然だがジェット機と同じ音がする。

セスナの倍ほどの速度で飛ぶ奴もいて、

飛行機雲もこやつの仕業か。

 

だが、鈍足のセスナでも30分も飛べば日本海に出てしまう。

空は広いが遮るものがない。

東西南北2万km以内に地球の全てが収まる。

光なら1/15秒で駆け抜ける。

 

1/15秒で共有する空 ・ ・ ・ 

誰とって、それは勿論、眞鍋かをりさんとだ。

眞鍋さんがどんな空を見ているかは分からないけど、

空は眞鍋さんを見ている。

 

それはきっと、どこまでも広がる青空に違いない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

秋眞鍋さんニューファッションの予感(?)

1009161_002

 
眼鏡も凛々しかった眞鍋かをりさん。

だが「とくダネ!」は内容豊富な2時間番組なので、

真面目な話題中心ながら突込みどころも少なくない。

この日は秋物ファッションショーもあったのだが ・ ・ ・ 

 

レギンスパンツに「挑戦しようと思っていた」眞鍋さん。

いーではないか、スレンダ-な眞鍋さんなら完璧だ。

スパッツみたいなレギパンだが眞鍋さんとあれば、

みっともないもの見せるなと周囲から苦情が来ることはあるまい。
 

1009162_003

 
「バランスをちゃんとすればカワイイ」

眞鍋さん、納得の表情。

豹柄のファーに対しても

「豹柄流行ってますよね」と言っていたが ・ ・ ・ 

 

大阪のオバハン、年中豹柄やど。

豹柄でしかもスパッツとくれば、

もはや無敵の大阪のオバハンファッションだ。

遂に時代が追いついたか大阪のオバハンに。

 

 ・ ・ ・ ってなことはないだろうけど、

「薄手のウールってのはイイね」の小倉さんには賛同。

重い服は着れない(持てないし)。

せやけど、オッサン用はおまんのか?

 

異質なものの組み合わせは良くあるが、

よくよく基本に立ち返って眺めてみたら異質だね

というのはいいのだけど、

見るからに無理やり感が漂ってるとやっぱ変。

 

だが、取り敢えずレギパン採用で

新たな美脚ファッションの眞鍋さん

見られるのか否か、今後に注目しておこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

今日は眼鏡の「とくダネ!」眞鍋さん

1009161_005_2

 
「諸事情あって」本日は眼鏡姿の眞鍋かをりさん。

やはりコンタクトに問題があったか ・ ・ ・ 

でも、アレ、先週の話だしな。

ともあれ、黒縁眼鏡に衣装も合わせている

今日の「とくダネ!」眞鍋さん。

 

「幹事長」なんて宴会の仕切り役みたいな役職は

元々は自民党だけの特異なものだったのだが、

民主党にも幹事長。

寄り合い所帯なので幹事の長がいても不思議ではないが、

党則だか規約だかは違うはずなのに

自民の幹事長と権限も一緒らしい。
 

1009161_007

 
その幹事長、川端文科相の固辞で決まらない。

「党の顔で路線もはっきり印象付けられるけど

川端さんは良く分からないから逆にいいのかな」

と、眞鍋さんは思っていたらしいが ・ ・ ・ 

 

捻じれだしこりだと外憂内患なので

得にならんと敬遠してるらしい。

本当の外憂は国会の外にあるはずだが

代表選ほどの熱意と気合は入らないのだろうか。
 

1009161_013_2

 
その国会外外憂の一つ、円高に為替介入。

それにアメリカの国会議員が「迷惑だ」とさ。

そんなこと言われたってと眞鍋さん。

「そっちが何してくれるのってことになっちゃいますよね」

 

こうなると100兆円も買い込んだアメリカ国債が邪魔。

利子もあるからドルは増える一方だが売るに売れない。

義理立てなんかせずとっとと売り払って

歳入不足の穴埋めにしたいところなんだけどね。
 

1009161_017

 
「これはいい」と欲しくなったパパットさん紹介の「まごの足」。

「敬老の日」用ということだったのだが、ジジイではなくても

握力計測不能の当方、靴下が履けない。

冬でも素足。外出の時はユルユルの古い靴下を履いていたが、

穴が開いてしまった。

要検討だ。
 

1009161_016

 
眞鍋さんはサイコロみたいな「ごろ寝枕」に「かわいい~」。

耳が塞がらず音が聞こえるというもの。

前田忠明さんには釣竿を約束していたけど、

催促していた小倉さんには何を送るのかな?

 

老人じゃないこちらは

眞鍋スマイルがあればそれで十分です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

侮るべからずオッサンパワー

子供半額とか学生割引とか女性割引とかあるけど

オッサン割引は聴いたことないな ・ ・ ・ 

 

なんでや?

 

おかしいではないか。

なんだなんだオッサンを馬鹿にしているのか!

とか口を荒げてみても、考えてみれば、

オッサン割引で客層が広がる所ってない。

オッサンは至る所に出没するので

オッサン割引は普通の値引きセールだ。

 

生きてりゃあ誰でもオッサンになる

 ・ ・ ・ とは自覚するものの、

見知らぬガキに敢えて「このオッサン」とか言われると

「だ、誰がオッサンじゃぁあっ!」

とわめいておびえさせたりもする。

 

しかし、先日、トミーズの番組に眞鍋かをりさんが出演した時

「トミーズの二人と共演するの久し振りだよなぁ」

と考えて、即、思い出したのが「はらぺこ亭」。

眞鍋さんがまだ横国大生の時だから ・ ・ ・ 

な、なんと10年も前だ!

 

そりゃオッサンにもなるわ。

 

自転車で山を越えてデパートに行った話とか、

海で貝を取り、道すがら葱を抜いて家で料理してもらう話とか

何ともあっけらかんと田舎話をしていた眞鍋さん。

気取りとは無縁で開けっ広げなところ、全然変わってない。

 

見違えるほど立派に大人のタレントさんになったのに、

ちっともひん曲がったり捻じくれたりしないのは、

自称「頑固」がいい方向に作用したからだろう。

でなきゃこんないい笑顔できやしない。
 

1009091_018

 
しかし眞鍋さん、頑固なのかと思いきや、

突然転身することがある。

「老けやすいのは親の遺伝」みたいなことを言っていた

かと思った矢先、アンチエイジング宣言が飛び出した

 

ぼんやり考えていることと決断とは違うということか。

決断したら曲げない眞鍋さん、当分、オバハン化しないだろう。

 

なんだかんだで12年目の眞鍋さん、

古くからのファンの中には

今はオッサンの人も当方だけではあるまい。 

世の中核を担うオッサンパワーで

今こそ眞鍋さんに恩返ししたいものだ。

 

「恩返ししたい」と一番強く思っているのは

眞鍋さん自身のような気もするし ・ ・ ・ 

全くの想像だけど、眞鍋さんはそういう人だ。

 

オッサン割引はないけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

期待したい眞鍋さん的コメンテーター目線

アラヨッ!と気合を入れるほどのことでもないが、

ORICON STYLEの好きなコメンテーターランキング

第4回の今年も紅一点、眞鍋かをりさんがベスト10入り。

「とくダネ!」を休んでいた時期もあったし、

テレビ出演を控えていた期間もあったのに

不動の評価は変わらなかった。

 

論点を整理する能力に優れ、議論が錯綜しても

「つまり何を解決すべきなのか」を明快に導き出す。

会議や討論会の議長役を務めたことのある人なら、

これが相当に頭を使う作業であることは理解されるはず。

それを決して上から目線になることなく、

自然体でこなすことが出来るのは、

真似したくてもなかなか真似できない眞鍋さんの凄さだ。

 

コメンテーターとしての眞鍋さんは決して饒舌ではなく、

まくしたてるよりも言葉を選んで簡潔にまとめようとする。

ただ、時折言葉不足なことがあって、

「多分、こういうことだろう」と当方なりに

このブログで補足することもあった。

それが当たっていたか否かは定かではないが、

最近はめっきりそうしたことが少なくなったのは事実。

 

今の眞鍋さんには以前にはあった「目下」感が感じられない。

自分から口火を切ることも多く、

時に笑いの虫が騒ぎだすところなど、

のびのびとした印象が強い。

一昨年くらいと比べると、

言葉数も多分二倍以上にはなっているだろう。

コメンテーター眞鍋さん、確実に大きくなっている。

 

でも、決して背伸びしない等身大の姿勢は変わらない。
 

1009091_037

  
理屈ではなく、生活実感からスタートする

一般人と変わらない目線なので分かりやすく共感しやすい。

そして一方的な価値観でばっさりと切り捨てたりしない。

価値観の多様性を前提とする配慮の細やかさがある。

 

面倒なのは政治問題だが、これこそ奇妙なもので、

例えば2兆円減税して2兆円増税したら差し引きゼロだろう

とは子供でも分かる算数なのに、

誰かが「そうではない」と力説すれば、

「意見が分かれている」と両論併記になってしまう。

 

どちらに加担しても必ず賛否がある。

だから、当たり前のことを言っても時に火傷するのだけど

そんな空中戦は放っておけばよい。

庶民目線の素直な切り口をこれからも

眞鍋さんには期待したいものだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

逃げない姿勢は渦潮根性?

西条高校出身の阪神・秋山投手、3勝目は完封。

鬼門の7回を押さえた時点で75球。

その裏に自分で適時打打って追加点取ったから

こりゃメジャーの100球ルールでも完封できんじゃないかと

8回から球数を数えながら観ていた。

 

9回一死、まさかのエラーでランナーを許した時は

ダメかなと思いつつ「併殺でしとめれば」なんて思ったら

注文通りの結果になってしもた。

8、9回を9球ずつで93球。

こーゆーこともあるもんだ。

 

眞鍋かをりさんの後輩といっても世代が違うし

普通に考えて面識はないんだろうけど

野球部の監督とは面識があったなんて話

去年のブログ記事に書いてあったから

なんとなく他人ごとに思えない。

 

昨今話題の161キロとか169キロとかいう

超速球がある訳ではないけれど、

プレートの上(ストライクゾーン)で勝負する

逃げない姿勢は眞鍋さんともダブって見える。

しまなみの渦潮がはぐくんだ根性か。

 

この際、シリーズの舞台でその雄姿、見てみたい

なぁんて思っても無理なからぬところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

眞鍋さん、涙と笑いの「第二の人生」展望

1009111_003

 
ほいっ!緑に映える眞鍋かをりさんは

「トミーズの輝け!人生の達人」

達人といっても、リタイア後の人生を

心機一転、新たな喜びと充実の人生にするお話。

 

確かに昨今の60歳、ジジイというにはやたらパワフルで

力を持て余している人をちょくちょく見かける。

しかし、眞鍋さんにはまだまだ先の話だし、

還暦でもぴかぴかの生美脚で躍動しているに違いない。
 

1009111_008

 
だから老後も「ある程度仲がいい(どーゆーこっちゃ)」夫と

「月に一回くらいヤッスイ旅行をする」生活がしたいのだそうだ。

ある程度仲がいい夫もフットワークが軽い人がいいそうだが、

なんだか眞鍋さん、すっかり旅にはまってしまったらしい。

 

はまる時は結構はまる眞鍋さん。

でも、旅行なら、少なくともフレンチにはまった時みたいに

肥えることはなかろう。

「ちょっくら月まで行ってくるべ」ってな時代になってるかもね。
 

1009111_007

 
「あ、ダメだ、泣いちゃう」

思わず漏らしたのは島田秀平さん持参の亡き父のノート。

子供たちの成長を記した日記に、

息子に背負われ居間を数周した最後の日のことも。

 

口がへの字になって固まってしまった眞鍋さん、

「我慢してるな」と思っていたら ・ ・ ・ 

「この後トークできなくなっちゃうと思う~」とぽろぽろ。

優しい眞鍋さん、自分のことなら強くもなれるのにね。
 

1009111_014

 
さて、今度はおとぼけフェイスの眞鍋さん、

島田さんの手相占いによると運命線が二本!

運が相当強いらしい、ということで

「結構、大変なこといっぱいあるんですけど

意外に大丈夫なんですよね」と、すかさずひと笑い。

油断ならない眞鍋さんだ。
 

1009111_019

 
さらに、旅行線なんてのもあるらしい。

なんだなんだ、出来過ぎた話ではないか。

眞鍋さんの旅行熱、ますます拍車がかかってしまうぞ。
 
それだけではない。
 
も一つおまけにビア・ラシビア線とかいう珍しいのがあって、

雲のように自由であることを願い、

刺激を与えてくれる仲間を欲するのだそうだ。

 

まるで風来坊みたいだが、

一本芯が通っている眞鍋さん、

あてどもなくふらつくことはあるまい。

こちらも雲になり、偏西風やジェット気流、貿易風、

それからえーと・・・まぁ色々利用して

眞鍋さんを見守ってゆくだろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

筒井茅乃さんを偲んで

長年心のどこかに引っかかっていたものが

やっと解消されたような ・ ・ ・ 

「吉永小百合 被爆65年目の広島・長崎」

というNHKのドキュメントを観てそう感じた。

 

吉永さんは原爆をテーマに

朗読のステージを長年続けておられる。

そのステージは一つの作品作りでもある。

そして、朗読に取り上げられたものの中に

筒井茅乃さんの一文があったのだ。

 

一昨年、66歳の若さで逝去された永井博士の実娘さんである。

永井博士は被爆直後の長崎で治療に当たられた方。

著書「この子を残して」は、加藤剛さんの主演で映画化もされた。

茅乃さんの著書「娘よ、ここが長崎です」もベストセラーだ。

 

番組では、茅乃さんの遺児、和子さんと吉永さんの対談もあった。

母と祖父の生き方を受け止める為、長崎に移住されたのだという。

お二人の姿を観ていると、

茅乃さんと加藤剛さんの対談が目に浮かんでしまった。

 

茅乃さんは実父役を演じた加藤剛さんとの対談で

初めて世間に知られることとなった。

仕掛け人は当方である。

 

だが、静かに暮らしておられた茅乃さんを

企画ものの為に引っ張り出してしまったこと、

本当に良かったのか、心に引っかかるものがずっとあった。

そのおつもりがあればご自分から発信できたはずであったが

永井博士の娘であることをお子さんにも話しておられなかった。

 

だが、一度マスコミに出てしまえば、著名人の娘さんのこと

講演や出版の依頼が飛び込むことになる。

意思にそぐわぬ世界に引きずり込みはしなかったか

 ・ ・ ・ 喜ぶべきか否か複雑な心境だった。

 

だが、和子さんのお話をうかがっていると、

茅乃さんはたくましく生を全うされたように思える。

だとしたら、私の懸念も杞憂だったことになる。

良かった ・ ・ ・ 心からそう思う。

 

66歳まで生きられるとは思えないが、

自分も気合を入れて生きてみようと思う。

ベストセラーは残せないが、そんなの要らない。

名もなき庶民の集まりが人間社会の本体。

その一人であることに何の不足もないではないか。

ただ懸命に生きる、それで十分だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

科学すること

「ま、いいか」と思いつつ、

やっぱり気になるので書いておこう。

 

近所だったり母校の姉妹校だったり、

なじみの高校が出演してきたヘキサゴンに

またまた登場の神奈川県立希望が丘。

当方の学区では緑が丘の方が近いし、

上地さんの横浜高校に一番近いのは

市立金沢高校だとは思うけど、

やっぱり観てしまう。

 

ただ気になったのはそこではなく、

消費税に関する特別講師のお話。

政治に中立はないので、何を喋っても賛否がある。

だから、そこを突っ込もうとは思わない。

だが、授業ならば、

科学的なものの考え方を教えなくてはならないだろう。

 

化学の実験がそうであるように、重要なことは結果だ。

「高齢化社会の為」も「財政再建の為」も

意図ではあっても結果ではない。

実際に消費税を導入してみて、

どの程度高齢化社会への備えが進み、

また、財政再建がどれくらいなされたのか

それが示されなければ意味がない。

 

結果はとっくの昔に出ていることなので、

意図だけで説明が終わってはいけない。

意図と結果が違っていたとしたら、その原因を考える。

「科学くん」でやっていた大型紙飛行機の実験と同じである。

飛行機が飛ばなければ、その原因を考える。

「なぜ?と問う心」が「科学する心」だ。

 

それとスザンヌさんの

「国債を買ったお金は返ってくるのか」という質問、

スルーして良かったのだろうか?

国の借金を国民一人当たりに換算するやり方は良くやるが

国債のほとんどは銀行が、つまり国民の預金で購入されている。

国民は金を貸している側であって、借りている側ではないのだ。

 

アングルを変えれば違う側面も見えてくる。

取捨選択は立場によって変わるだろうが、

少なくとも一方向からだけ見ていても科学することにはならない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

使い捨てコンタクトで目がピンチ!?~眞鍋さんびっくりの「とくダネ!」

1009091_013

 
ヤッ!珍しく笠井キャスターに突っ込む眞鍋かをりさん。

首元のAHKAH蝶のネックレスも久し振り。

でも、眞鍋スマイルは変わらない ・ ・ と、思ったら、

今日の「とくダネ!」パパットさんから衝撃の報告がっ!
 

1009091_024

 
出荷前の洗浄が不十分だったという理由で

回収が進められている使い捨てコンタクトレンズ

ジョンソンエンドジョンソンのワンデイアキュビュートゥルーアイ

眞鍋さんも使用しているものだった。

 

「今使ってるの大丈夫かな」

不安気な眞鍋さんがその場でメモっていたロットナンバ-は、

頭七桁が4922481のもの

(他にもある様で正確には同社HP参照を)。

該当したかどうかは分からないけど、

開けっ広げに表情たっぷりな眞鍋さんだ。
 

1009091_032

 
一方、パパットさんからはありがたいお知らせも。

円高で今後さらにいろんなものが安くなるらしい。

 

並行輸入物は既に安くなっていて、

眞鍋さんも通販で利用しているという「トコ パシフィック」では

「百貨店で3万円のものが半額になる」こともあるというから、

この円高で安さに弾みがつきそう。

 

でも、安値に目ざとい眞鍋さん、

相変わらずセレブ志向には縁が遠い。
 

1009091_021_2

 
さて、記憶ははっきりしないのだが

柔道の中村美里選手、北京オリンピックの時、

「メガスポ!」眞鍋キャスターが笑顔指導したことなかったっけ?

人の緊張をほぐすのが上手で自然と笑顔にしてしまう眞鍋さん、

眞鍋さんがインタビューしたらお笑いトークで盛り上がり、

お互い大爆笑になること間違いない。

 

柔道着を着たら笑わないが、

お笑いの話では笑顔を見せる中村選手

「お笑い番組からゲストのオファーがありますよ」

眞鍋さん、鋭い指摘だ。

でも、結果が満足ゆくものでなかったら出てくれないかも

 ・ ・ ・ 健闘を期待したい。
 

1009091_011

 
小倉さんも「不思議な選挙」という民主党代表選。

事実上、首相を決める選挙というのに

選挙権のない外国人に投票権があったり、

投票用紙がネットオークションにかけられていたりするのだとか。

 

「(オークションで)落としましょうか?」

身を乗り出す眞鍋さん(勿論、冗談で)。

「ダメですよ」とは言うものの、

競り落とした用紙で投票しても、罪に問われる訳ではない。

 

「最後いくらになるか見てみたい」という

眞鍋さんの気持ちも分かります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

「へぇ~」で思い出す眞鍋さん超美脚

テレ東の「ありえへん∞」という番組が

10月からゴールデンに進出するらしい。

変なイントネーションの大阪弁でナレーションが流れる

関ジャニの番組なのだが、ひとつ気になるのは、

元「メガスポ」カメラマンがスタッフにいるのではないか

と思えることだ。

 

というのも、相内アナの脚が

時々画面いっぱいにアップになる。

「メガスポ」オープニングを思い出してしまうのだが

フッフッフ ・ ・ ・ 甘いぞ厚着の相内アナ。

「メガスポ」キャスターだった眞鍋かをりさんは、

隠れもしないすっぴん生脚で、迫りくるカメラを迎え撃ったのだ。
 

0908261_080810 

見よ!これを!!

 

再録なので小さめ。

でも念の為、

クリック→拡大画像は可。

 

最終回でカメラマンに

お礼を言っていたくらい

なんのこれしきの眞鍋さん。

 

当ブログ、サイドバーに記事別アクセスランキングなんて

こっ恥ずかしい自画自賛的一覧を賑やかしで載せているが

一週間単位の集計に設定してある。

月単位にすると、上位がいっつも同じになってしまうからだ。

 

例えば、昨日までの一ヵ月を見ると
 
1位:眞鍋かをり・美脚1
2位:眞鍋かをり・厳選美脚
3位:眞鍋かをり・美脚2
4位:「科学くん」のはっちゃけ眞鍋さん再び
5位:若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業
6位:眞鍋かをり・美脚
 
といった感じで、月によって

1~3位が入れ替わることはあっても顔触れは同じ。

スクロールだけでほとんどの記事を見られるように、

美脚カテゴリーを小分けしたこともあるが、

10~15%が美脚アクセスなことに変わりはない。

 

個別記事で見ると、

某ニュースサイトにどういう関係かリンクされた

やっぱり美脚な眞鍋さんとやきぐりバンバン

やたら多くのアクセスを集めたほか、

眞鍋さん、伝説の美脚 Vol.Ⅲ

眞鍋さん、伝説の美脚 Vol.Ⅳ

眞鍋さんの「机の下(?)美脚」

がベスト4。

 

フェチ系な方も当然おられるのだろうけど、

これも眞鍋さんの大切な魅力。

なので、当ブログも眞鍋さん限定でフェチになる。

「芸能人でも意外に太い人多いんだなぁ」なんて

失礼なことを最近、感じてしまうこともあるけど、

基本的に他の人はまるで気にならない。

 

おおらかな上に少々ガラッパチなとこもある眞鍋さん、

お友達にもガラッパチだけど自分にはもっとガラッパチ。

過去の失敗を教訓に

やり過ぎ注意を自らに課してるみたいだけど、

眞鍋さんが美脚を封印することは当分ないだろう。

 

元「メガスポ」カメラマンと眞鍋さんの共演、

いつか実現して欲しいね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

眞鍋さんと笑いのツボ

1009061_009

 
先週の「レッドシアター」で爆笑の眞鍋かをりさん。

でも、ぶっちゃけ笑うお仕事も生半可じゃ出来ないはず。

笑いのツボは人によって違うし、特に若手の場合、

はまるはまらないの差が出やすい。

 

人気がある人気があると言われているけど、

イマイチぴんと来ない人がいるのは

流行に興味のない人が流行りものにピンとこないのと

似てるかもしれない。

 

でも、中川家・礼二さんやサンドイッチマン・伊達さんら

M-1チャンプ組は流石というか、ツボの広がりが違っていた。

突っ込みを二つ三つと重ねて笑いの幅を広げてゆく。

この手の話術はフリートークに即応用可能だ。

 

漫才よりコントの方がテレビ的ではあるけど、

話術がないとフリートークではフツーの人になってしまう。

番組の流れを止めていきなりネタをやっても受けないし。

ブラマヨみたいに即、喧嘩漫才のパターンに持ち込めると強いが。
 

1009061_006

 
人を押しのけて前に出る厚かましさがない眞鍋さん、

自分のツボに来たところを狙って出るので命中率が高い。

一応、芸人ではないとされているので無理しなくていいのだけど

元々無理しないので自然体で笑いがとれる。

 

若手芸人にはうらやましいポジションだろうけど、

それだって一朝一夕にできたものでないことも知るべし。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

小倉競馬場でミニスカ眞鍋さん再び

今日は小倉競馬場の眞鍋かをりさん。

観戦ツァーにトークショー、プレゼンターと大活躍の様子。

例によってサンスポにいち早く眞鍋さんフォトが。
    

1009051kokura

 
色々期待を裏切らない眞鍋さん、ミニスカです。

かなり秋を意識したコーディネートだけど ・ ・ ・ 

ちょっと暑かったんじゃないだろうか。

 

握手しているのは小倉2歳Sを

ブラウンワイルドで制した浜中俊騎手。

上記サイトには授賞式の時の写真もあって、

眞鍋さん、最高の笑顔。

 

次は10月17日、京都競馬場の第15回秋華賞。

JRA-VANの「眞鍋かをりと行く競馬観戦ツァー」、

京都でも行われるが ・ ・ ・ オッ!締め切りは9月13日。

まだ間に合うではないか。

 

長い外出は無理なので当方は行けないが

誰かがネットでレポってくれそう。

眞鍋さん、どんな衣装で登場するのかな?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

眞鍋さん手練の技と驚き実験の「科学くん」

1009041_030  
なんだかグラビア立ちの眞鍋かをりさん。

手前の掃除機で右の筒内部に真空状態を作り、

10kgのダンベルを持ち上げようという試み。

「飛び出せ!科学くん」の真似しちゃいけない実験だ。

 

カッコよすぎる眞鍋さん。

でも、顔はほぼ素なので、間違いなく無意識だ。
 

1009041_021

 
見事持ち上がるとこの笑顔。

でも、その前のドラム缶内部を真空にしてつぶす実験は・・・

よくある実験なのでどうなるかは知っていたとは思うけど・・・

あんな近くで水かけるのは初めて見た。

 

「変わんないなぁ」なんて、

ちょっと面白い声で言っていた眞鍋さんだけど、

その直後のバコン!に、一瞬で画面から消えた。
 

1009041_016

 
しかし、そこは手練のタレント眞鍋さん、

次の瞬間にはスペースを探し出してフレームイン、

床に倒れてこの表情。

 

右端にいたからその場で後ろに飛び退って

そこで倒れても画面には入らなかった。

瞬時の判断、流石です。

 

でも、ビックリしたのは本当だろう。

あんな近くで水かけたりしないし(しかもジョーロで)

風船の破裂音にもビビってしまう眞鍋さんなのだから。
 

1009041_036

 
「こんな風に」と小顔な眞鍋さんがポーズしてるのは、

掃除機を利用して壁を登ろうという発案。

 

掃除機の吸引力そのものではなく、

壁と装置の間を真空にして張りつき、

交互に真空状態を解いて上に進むのだ。

 

壁にざらつきやデコボコがあったりして

気密性を維持するのが難しそうなので、

てっきり途中で失敗、原因を探る展開になるのかと思ったら
 

1009041_048

 
成功してしまった。

 

「スパイダーマンだっ!」

「ホントに出来てるっ!!」

眞鍋さんも驚きの声を上げる中、17メートルの壁面を

木製の即席真空パッドと掃除機2台で一気に一発踏破。

 

しかも、実行したのはスタントマンではない。

「凄い怖かった」はごもっともなれど、

ザブングルの加藤さん、あっぱれ。

 

スタッフも、まさかここまでうまくゆくとは

思ってなかったんじゃなかろうか?

これはテレビ史に残る。
 

1009041_040

 
わくわく笑顔で盛り上げていた眞鍋さんも

またまたビックリしたに違いない。

 

ちなみに番組後半の

巨大紙飛行機に人が乗って空を飛ぶ・・・は、

案の定、失敗だった。

 

個人的には、翼断面が直線の紙飛行機が

結構飛ぶことの方が不思議(揚力は発生しないはず)。

番組では翼断面は解決したが、やはり強度が足りなかった。

結局、紙に拘らない方がいいという結論になりそうな気がする。

 

世界で最初にグライダーでの飛行に成功したのは日本人。

表具屋のオッサンだったらしいから木と和紙で作ったのかも。
 

1009041_003

 
ともあれ、オモシロ眞鍋さんの次の実験に期待しよう。

今度はセーラー服じゃないみたいだけど。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

眞鍋さんの京滋ロケ

眞鍋かをりさん、先月末に京、近江でロケ。

毎度おおきにnikonikoさんから教えていただいた。

番組に協力した方のブログによると、

「飛び出せ科学くん」のロケだったらしい。

 

失礼してちょいと写真をお借りした。
 

Kagakukun100903

 
このいでたちは明らかに

琵琶湖の水生生物を調査せんとするものである。

琵琶湖といっても広いので、どのあたりであろうか?

 

水深が深く、それ故太古から存在を誇示してきた湖。

生態系も多彩なのだが ・ ・ ・ 実は、よゐこが

別番組の企画で琵琶湖大鯰の捕獲に成功している。

大蛇のような巨大鰻も生息するし、

安曇川近辺なら「名残の鮎」が美味い!

 

「科学くん」なのでテーマはちょい違うかもしれないが、

琵琶湖の眞鍋さん、セクシーともちょい違うけど楽しそう。

湖国ロケの後、京の都に入ったらしいが、

ロケバスの中での話題がお酒というのが眞鍋さんらしい。

暑さに負けない眞鍋さんだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

「とくダネ!」眞鍋さんは軽快に

1009021_014

 
「オオッ!」と驚く「とくダネ!」の眞鍋かをりさん。

パパットさんによる鰯手開きの実演だ。

「さばけたらカッコいいなぁ~」なんて言ってたけど、

あれは簡単。

 

流水か溜め水を用意しておけば、頭を取るところから手で出来る。

親指を使って内臓を取り、次に背骨の下に入れて滑らせる。

「やってみよ」と言ってた眞鍋さんにも絶対出来る。

確かフランスでも鰯は手開きのはずだ。

 

家事をヘルパーさんに手伝ってもらうようになって、

「どうしてこんなこと知らないんだろう」

と頭を抱えることが多々ある。

続く腐りにくい弁当作りにもそんな場面が。

 

ご飯もおかずも冷ましてから詰めるのが当たり前。

扇風機が動員され、団扇であおいで手伝ったのを思い出す。

温かいご飯をそのまま詰めるなんてとんでもない話だ。

ほか弁の影響か?あれはすぐ食べるから温かくていいのだ。

 

弁当の定番はプチトマトじゃなくて梅干しでしょう。

「腐りにくくする為」という「日の丸弁当」の由来、

小学生の時に先生から聴いた。

梅干しが苦手だったので「でも・・・」とか思いながら。
 

1009021_021

 
パパットさん流では酢を落として米を炊き、

梅干しをは叩いて卵焼きに入れていた。

生姜焼やブロッコリーの山葵マヨネーズあえ、

唐辛子入りの酢漬けなどこれでもかの日持ちメニューだ。

 

やりすぎとも思えるけど、

眞鍋さんは取り敢えず「おいしい」。

意外にも「酸っぱいものはおかずにならん」派の小倉さん

てっきり日の丸弁当世代かと思っていた(失礼)。
 

1009021_018

 
「総理を選ぶ選挙」と言われても

我々には投票権のない民主党代表選。

もしも小沢政権が誕生したら

「最初の支持率はどうなるんだろう」と眞鍋さん。

「逆に下がっちゃったりするのかな・・・」

 

陣営内には「最初は(支持率)3%でいい」

なんて声もあるそうな。

とにかく一般国民としては高みの見物以外する事がない。
 

1009021_008

 
ということで、二人のいろいろ対照表を眺めていた眞鍋さん、

小沢さんの項にあることを発見。

「同じ芝犬オーナーとしてはイイ人じゃんって思っちゃいます」

なんと柴犬を二代にわたって飼っているそうな。

 

イイ人かどうかはよく分からないが、

しっかり笑いを取った眞鍋さんだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »