« ぶっ倒れてから観る眞鍋さん | トップページ | 知識としての8.15 »

2010年8月15日 (日)

ぶれない真心眞鍋さん

「エッ!」もしくは「アッ!」と意表を突く眞鍋かをりさん。

今年、お墓を作ったらしいのだが ・ ・ ・ 
 

1008141_030_5  
 
「何々家って書いたらそこの家の長男とかしか入れないから、

それなくして『仲のいい親戚みんな入っちゃいなよ』みたいな

そんなお墓作ったんです」

 

「名前(墓碑銘)どうするの?」なんて声もあったけど

「名前はそれぞれ書いて、仲いい人みんな来てみたいな」

う~む、一種の慰霊碑のようなものか。

眞鍋さんの優しさと思いやりの深さを考えたら

その発想、「さすが眞鍋さん」と合点の行くものではある。
 

1008141_020_2

 
「年金・介護 えらいこっちゃ!日本~団塊.comパート2」

という番組なのだが、堅苦しいようでそうでもなく、

太平サブロー師匠の話に爆笑する場面も。

 

だが、年金は現役が退職者を支える制度なので、

団塊の世代にかかわらず、皆に関係することである。

国保は言うに及ばず、厚生年金でも

「ゆとりある老後」にはほど遠いので蓄えは必要だし

退職までに借金は完済しておく必要がある。

 

おまけに少子高齢化も進んでいる。

「ぶっちゃけ、戻ってくるのもゼロかなと思ってますもん」

それでも、今のお年寄りを支えるのは自分たちなので

「それでもしょうがないと思って諦めておいた方が気が楽」

「高市さん(お隣の衆院議員)は怒ってると思いますけど、

気持ちの問題ですから」

 

そう語る眞鍋さんだが、

ここで一人っ子のマジシャン・小泉エリさんがポツリ、

「お金貯めよ」
 

1008141_008

 
節約ということで話題になった高額療養費制度。

8万円以上の医療費は保険機構が払ってくれるのだが

「知らない人もいるかもしれないし」と眞鍋さん、

いつまで遡って払ってもらえるのか質問したのだが、

講師の先生「知らんわ」に大爆笑(実は2年)。

 

ただ「その月」単位なので

2カ月に渡って各月7万円ずつだと対象外。

入院するなら月末か月始めが狙い目だ。

ついでに当方のような重度障害者だと、

差額ベッド代も自治体が負担してくれる(意外と知られていない)
 

1008141_006

 
そうなると次は介護だが、施設は圧倒的に少ない。

「家族がいればいいですけど、

本当に一人でどうしようもない場合っていうのは?」

眞鍋さんの質問に

「徘徊しているところを見つかる」くらいしかないそうな。

 

独身貴族、アホの坂田師匠はそれを心配しているらしいが

「徘徊する時もあの歩き方なんですかね」(遙洋子さん)

「よいとせのこらせ」(サブローさん)

「見つけやすいですね」(眞鍋さん)

 

入所施設と家族介護の間として

小規模多機能型居宅介護が紹介されていたが

デイサービス自体は以前からやっていたはず。

説明不足でちょっと分からなかった。
 

1008141_012

 
介護保険を使わない人もいるようで、

負担に不満を持つ人もいるらしい。

御祖父母を病気で亡くした眞鍋さんとこも

介護保険は一切関係なかったと言う。

 

「でも、全体でやらなきゃいけないことだから、

そこは介護保険払ってみんなで(助け合って)

やった方がいいと思う」

そう言う眞鍋さんの目線は一貫している。

 

「自分に返ってくること」(遙さん)なので、

当然といえば当然なのだが、負担増で

可処分所得が減っている現実が背景にあるのだろう。
 

1008141_017

 
さて、最後は旅立ちということでいろんな墓があるものだ。

既に遺言書も書き、すぐ分かる所に置いてある当方、

墓は要らないので特に希望もない。

 

ただ、眞鍋さんに一言

「バイバイ」

って言ってもらえたら、それで十分だ。

 

でも、眞鍋さんの親戚はいいなぁ~ ・ ・ ・ 

 

|

« ぶっ倒れてから観る眞鍋さん | トップページ | 知識としての8.15 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶれない真心眞鍋さん:

« ぶっ倒れてから観る眞鍋さん | トップページ | 知識としての8.15 »