« 酒は水にあらず、鍛練不可忘 | トップページ | 若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業 »

2010年8月20日 (金)

眞鍋さんの島

オオッ!大三島だ!!

とか何とか見入ってしまったロケみつブログ旅。

勿論、眞鍋さんは出演していないのだけど、

大三島と言えば眞鍋さん。

曰く「南の島」。

 

でも残念、番組の趣旨が違うので

大三島の魅力や見どころは紹介されなかった。

旅館の食事は美味そうだったけど、

瀬戸内のど真ん中だから海産物は豊富だ。

 

しかし、ウニ丼は安かった。

淡路のウニも有名だし瀬戸内でも採れることは採れるのだが、

漁獲量はそう多くはないと聞いたことがある。

でも、だから安いということではないだろう。

多分、産地価格。

 

あんなに潮の流れが速い場所があるとは知らなかった。

地図を見れば島と島の間が狭いから、

鳴門海峡ばりの渦潮が出来ても不思議ではないのだが。

でも、もうちょっと大三島ならではのポイントが知りたい。

 

眞鍋さんは何故、あの島にそんなに魅かれるのだろう?

何時か何処かで眞鍋さん自身から聞いて(読んで)みたいものだ。

 

|

« 酒は水にあらず、鍛練不可忘 | トップページ | 若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋さんの島:

« 酒は水にあらず、鍛練不可忘 | トップページ | 若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業 »