« 美脚で爆笑の眞鍋さんシアター | トップページ | 眞鍋さんの島 »

2010年8月19日 (木)

酒は水にあらず、鍛練不可忘

1008191_007_2

 
なんだか首元すっきりの眞鍋かをりさん、

「髪切った?」なんてタモリさんに言われそうだ。

暑いからなぁ ・ ・ ・ 。

 

ということで今朝の「とくダネ!」、

着ぐるみアクターに取材していたが、ありゃ大変だ。

日本全国キャラクターだらけなので、苦労してる人も多かろう。

多治見のアクターが着用しているファン付きスーツもいいが

水を循環させるレーシングスーツもお勧めだ。
 

1008191_010_2

 
一方、熱中症で倒れる人は65歳以上が圧倒的に多く、

しかも冷房を嫌う傾向が強いというデータが。

「良薬口に苦し」ではないが、

我慢と忍耐を美徳と教え込まれた世代だ。

 

「水を飲むなぁ」なんて間違った指導を

未だにやってるスポーツ指導者がいるが、

あれも旧式の根性論を引きずっているのだろう。

 

寝る時は冷房を使わず、

喉が渇くと起きて水分補給をしていたという眞鍋さん。

だがある日、「泥酔して」目が覚めず、起きた時には

「脱水症状みたいになっちゃって」命の危険を感じたとか。

 

酒は水分補給にならず、逆に水分を奪う。

二日酔いの朝は喉が渇いてたまらない。

これは、かなりの確率で酒呑みの常識である。

「冷房つけて寝るようにしました」はいいけど、

水分補給もしっかりしましょうね。
 

1008191_013

 
思わずふんわり笑顔の眞鍋さんは、本日のパパットさん。

着るだけで痩せて見える着痩せ術。

 

何を言っているのだ。

健康の為にもまずは鍛練!

修行から逃げてなんとする。

根性だって必要な時は必要なのだ。

 

なぁんて思っていたら ・ ・ ・ 
 

1008191_017_2

 
「隠しておいて、その間にダイエットするのが一番いいですね」

さっ、さすがは眞鍋さんである。

 

「太らない美脚のあんたはいいよな」

なんてやっかみも聞こえてきそうだが、

眞鍋さんだって美脚以外は太る。

顎の下がぽっちゃりしてしまった時期だってあったさ。

 

ただし、重心位置を高くとって脚長に見せるAライン、

敢えてウエストを絞るXラインや縦長に見せるIラインは有効だ。

以前、モデルさんの衣装合わせでさんざんやったことなので、

実感的に証言できる。

 

身体のラインを隠す為にだぶだぶの服など着ると、

饅頭にふくらし粉を入れたみたいにますます膨らんで見えるだけ。

だが、元を正さないとごまかしには限界がある。

「変わったように見えます?」なんて

小倉さんに指摘されてしまったのはそれ故。

 

やはり、眞鍋さんみたいに鍛練が必要なのだ。

ただし、呑み過ぎ、二日酔いを溜め込むと、

5年後10年後に鉄砲水の如く決壊することがあるのでご注意を。

 

|

« 美脚で爆笑の眞鍋さんシアター | トップページ | 眞鍋さんの島 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒は水にあらず、鍛練不可忘:

« 美脚で爆笑の眞鍋さんシアター | トップページ | 眞鍋さんの島 »