« 眞鍋さんの島 | トップページ | 溢れるほどの充実を »

2010年8月21日 (土)

若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業

 1008211_002_2

 
担任の眞鍋かをり先生が引率する体がヨクナ~ル学園、

「名医と巡る!夏の東北・食べ尽くし旅」 。

6日の記事にもちょこっと書いたけど、

予想とは違って単なるグルメ旅ではなく、

旬の食材を食べ尽くしながら胃を良くしようという企画。

 

なもんで生徒は草を食って育った上原美優さんに

減量に苦しんだ元チャンピオンの内藤大助さんや

デブの彦摩呂さんとハゲのモト冬樹さん。

やっぱりハゲは胃が悪そうだ(?)
 

1008211_057

 
スーツ姿の眞鍋さん、8頭身の威力!

颯爽としてカッコ良く、美脚も決まっている。

 

こなれた仕切りもいつも通りだが、ロケ中、

丸刈りの小坊主が眞鍋さんの傍らにカットイン。

「オッ!どうした坊主」

慌てず騒がず坊主頭を撫でなで。

彦摩呂さんの「混浴みたい」の例えに、

すかさず同行の名医と混浴気分のショートコントを演じたり、

アドリブも流石の眞鍋さん。
 

1008211_009

 
だがしかし、妹分の上原美優さんには次々災厄が。

生のホヤをパクリといったので

「大丈夫?」と思ったらやっぱり。

眞鍋さんは知ってたみたいだけど、

大人向きの珍味で「ちょっと癖がある」。

 

しかし、胃の炎症を防ぎ、酒のあてには最適とか。

ワカメやイカも発がん性物質を抑制する働きがあるそうだ。
 

1008211_018

 
ということで眞鍋先生の抜き打ちテスト。

正解しなければ食べられないペナルティー付きなのだが、

発がん性物質をさらに抑える食材は?

大根おろしは細かいか荒くかどちらが効果的?

この二問に美優さん、内藤さんと共にどちらも不正解

(正解はウニ、細かいおろし)。

 

それでは可哀想と出てきたのが何故か炎天下に熱いおでん。

後から合流した出川さん用に用意していた感じだけど、

美優さん、お約束のリアクション。

しかし、ひっくり返った拍子に

「美優、パンツ!パンツ見えたよ」

駈け寄る眞鍋さん。
 

1008211_030

 
随所で美優さんをフォローする眞鍋さん。

頼もしさと優しさがきらりと光る。

 

一方、出川さんの仕事を取ってしまった美優さん、

大根を抜く時も

「エッチですか?」って、

何をやろうとしたのだ?

 

「普通に抜いたらいいのっ!」

姉さんに言われて抜いた大根を抱え「赤ちゃんみたい」

これに眞鍋さん、「イイよ、持って帰って育てな」

ウ~ン・・・あれ以上は育たないだろう、多分。
 

1008211_039

 
ロケ当日の青森は35度の暑さだったらしいけど、

最後は涼しい室内で豪華イタリアン。

しかし、ここで美優さんがブログで予告していた最後の試練。

なんと、ピロリ菌の保菌者だった!

 

上下水道が完備されていなかった時代の人に多いというが、

若くても井戸水暮らしだったことが祟ったか ・ ・ ・ 。
 

1008211_054

 
「私、何かしました?」

結局オチをことごとく持っていってしまった美優さんだけど

そこで眞鍋さんが紹介したのがLG21(ヨーグルト)。

 

実は当方、胃潰瘍に苦しんだ時、

「ひょっとしてピロリ菌では?」と、自己診断(思いつき)。

3ヶ月間毎日LG21を食べ続けたら、偶然なのか何なのか

結果的に治ってしまったことがある。

 

だから美優さんもきっと大丈夫でしょう。

ただし、一日一個、毎日欠かさず食べないとダメだけどね。
 

1008211_024

 
楽しさをいっぱいに伝えながら役にも立つ

なかなかいい番組だったけど、

若々しい大人の眞鍋さん、

すっかり定着したようだ。

 

|

« 眞鍋さんの島 | トップページ | 溢れるほどの充実を »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

上原美優(藤崎睦美さん)」カテゴリの記事

コメント

 今、阪神に入団した西条の秋山投手が1軍デビュー戦を行っていますね。

 今のところ 巨人相手に 5回4安打 2失点

 上々ですね。

投稿: firstheart | 2010年8月21日 (土) 15:55

 ううーー、

投稿: firstheart | 2010年8月21日 (土) 16:43

結果は兎も角、5回まで3点以内に抑えれば、先発としては一応責任は果たしたのではないでしょうか。

投稿: KenNagara | 2010年8月21日 (土) 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若々しくも頼もしい眞鍋先生の課外授業:

« 眞鍋さんの島 | トップページ | 溢れるほどの充実を »