« 落ちは色々、上原さんと「中学生日記」 | トップページ | 手を振る眞鍋スマイル »

2010年7月12日 (月)

遠い道のり

知り合いが自転車で走行中転倒、

頭部を何針か縫う怪我をした。

通りかかった車が病院まで運んでくれたとか。

5分ほど走ったところに病院があるし、

救急車より早いと判断したか。

 

それよりちょっとカッコいいのはその車の男、

治療が終わった頃には立ち去っていたことだ。

頭部の傷なので出血は多かったろうし、

シートも汚れたはずだが、

礼を言うことも出来なかったらしい。

 

以前は年間3~4万キロを走っていたが、

そういう場面には出逢わなかった。

事故は何度も目撃したし、

携帯で通報したこともあったが、

降りて救出しなければというものではなかった。

 

歩いていたら、後方から突然原付が滑ってきたことがある。

「は?」と立ち止まると

ワンテンポ遅れてオバハンが転がってきた。

だが、気まずそうに立ち上がると、

原付を起こしてそそくさと走り去っていった。

 

カッコ良く決めるチャンスがなかったのが悔やまれる。

人の不幸に出くわさなかったのだから

それはそれで結構なことではあるが
 
しかし、
 
人に頼らず、人に求めず、しかし、人への愛は深く
 
これが理想である。

 

悟りへの道は遠いが。

 

|

« 落ちは色々、上原さんと「中学生日記」 | トップページ | 手を振る眞鍋スマイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021797/35727266

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い道のり:

« 落ちは色々、上原さんと「中学生日記」 | トップページ | 手を振る眞鍋スマイル »