« 眞鍋さん的「かわいい」センスと芸人(?)センス | トップページ | 面白伝線走る眞鍋さんと「とくダネ!」 »

2010年7月 1日 (木)

爆笑眞鍋さんのレッドシアター

1006302_002  
「学生時代にいました」

「爆笑レッドシアター」できっぱり断言する眞鍋かをりさん。

一言どころか二言も三言も余計な「イラッとする」女子。

実は、ヘルパーなど介護職にも多い。

 

猫なで声の幼児言葉で話しかけられると、

実は「おじいちゃん」はイラッときているとは、

取材先でかつてよく聞いた話だが、

年寄りでもない当方にやられると「イラッと」が二乗になる。

 

とか何とか本気でイラつくよりは、爆笑ネタにしてしまえば良い。

てな訳で眞鍋さんも大爆笑。
 

1006302_007  
シャンパングラス片手のホスト刑事登場に

「観ててだんだん楽しくなってきて」

「飲みたくなっちゃいましたね」

 

でも眞鍋さん一番の大爆笑は、

「(加納英孝さんは)仲間外れってキャラが似合う」

との内村光良さんの一言。

これには椅子から腰を浮かせての大受け眞鍋さん。
 

1006302_010  
出演番組が連続したこの日は3時間連続眞鍋さん。

さり気なくウィットと笑いをしのばせるコメントは

眞鍋さんならでは。

 

キャラを作ろうとするとボキャブラリーが限られるし、

開けっ広げになると回転の悪い人は悪い様に、

ワガママな人はワガママにその通り出てしまう。

やはりバラエティーは難しい。

 

開けっ広げに楽しく面白く、

回転の早さと賢さが自然に出てくる眞鍋さん。

そんなところにも人柄がにじみ出る。

 

最近、ネックレスにも変化をつけている眞鍋さんだけど

ブランドを尋ねられても分からないのであしからず。

 

|

« 眞鍋さん的「かわいい」センスと芸人(?)センス | トップページ | 面白伝線走る眞鍋さんと「とくダネ!」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑眞鍋さんのレッドシアター:

« 眞鍋さん的「かわいい」センスと芸人(?)センス | トップページ | 面白伝線走る眞鍋さんと「とくダネ!」 »