« 楽しんでくれたかな、眞鍋さん | トップページ | 季節外れに秋の眞鍋さん »

2010年6月20日 (日)

庶民感覚に徹した眞鍋さんの「そこまで言って委員会」

1006201_002  
「お綺麗ですねぇ・・・」

絶句する辛坊キャスターに、一瞬の間をおいた眞鍋かをりさん、

「何か、気持ち悪いんですけど・・・大丈夫ですか?」

同意を求めた相手は勝谷さんか?

 

勝谷さん以外はあまり面識もなさそうな

右派論客に囲まれた眞鍋さんは

「たかじんのそこまで言って委員会」。

「ここに座ってる場合じゃないんですけど」

というつかみはやや不発だったけど、

素早く切り返してひと笑いだ。

 

辛坊さんとは「サプライズ」で一緒だったからか

「意外なことに初登場」「本当に初めて?」

とか念を押されていたけれど、

確かにオファーがあって当然の番組ではある。
 

1006201_008  
さて、話題は当然、政局から始まるのだが、

自民党、谷垣総裁、ツィッターをやってるらしい。

これに噛みついた勝谷さん、

「自分のことをガッキーなんて言ってる。ダメだよ」とばっさり。

 

これには爆笑の眞鍋さんだけど

「ダメ男に三下り半を突き付けたのに

新しい人もダメだったという失望感がある」

「でも、前には戻りたくない」と国民感情を代弁。

 

それが民主党支持率V字回復の要因という訳だが

なんにもやってないのに支持率が高いのだから

支持する理由は他にはない。
 

1006201_010  
ただ、「増税で景気回復」との菅総理の方針(小野理論)

に疑義を呈したのは宮崎さんだけ。

顔触れからして当然ながら

消費税増税と法人減税のセットに賛成多数。

増税が減税の穴埋めに使われたら

財政再建にもならないと思うのだが。

 

消費税率を高くして直接税率を低くしているのが

いわゆる先進諸外国。

日本の消費税率が低いのは

直接税の比率が高いからに過ぎないのだが、

先進諸外国、その方式で成功してると言えるのだろうか?

検証抜きに右に倣えとはいかない様な気がする。
 

1006201_014  
「軍隊でワールドカップをやったら自衛隊は何位?」

なんて無茶苦茶な企画をやってしまうのはこの番組ならでは。

 

説明に立ったジャーナリスト、井上和彦さん、

「韓国は日本相手なら反日アドレナリンが出る」

「北朝鮮は食糧に弱いからそれでおびき寄せる」

等々、どこまで本気か分からない論の数々。

 

「分かる」と言いつつ、ちょっと困った笑顔の眞鍋さん。

「女性自衛官が多いから合コンも出来て士気が上がる」には

「また変なこと言ってますけど大丈夫ですか?」と、

井上さんの師匠らしい金美齢さんに注意を促す場面も。

 

世界中どこでも戦うぞという軍隊はアメリカだけで

他の国は国情に沿った防衛目標と軍の使命を定めている。

最高の装備を持つ陸軍はドイツだし、フランスは空母を保有する。

こういう比較は想定次第だろうと思う。
 

1006201_019  
これではいけないという訳でもなかろうが、最後に巨匠登場。

建築家、安藤忠雄氏を招いて高学歴社会の弊害を問うた。

 

「18からこの世界にいるんで学歴はあまり感じない」

という眞鍋さんはこの意見。

増殖してきた高学歴タレントの話をはじめて、

珍しく議論の方向性を見失いかけたけど

「それに左右されるところにいる人は可哀想だよね」

勝谷さんが素早く拾って元に戻してくれた。

 

「官僚の中は、大学の派閥ってあるんですか?」

という質問に「東大法学部が一番」(宮崎さん)

「横浜国大なんてカスのカスだよ」(三宅さん)

でも、官僚じゃない眞鍋さんは大笑い。
 

1006201_021  
ちなみに「負けてたまるか」は

神戸大出身の弟子を持ったざこば師匠の話。

やっぱり理解力、集中力が違うらしい。

 

結局、学歴が持つ意味とはそれくらいだろう。

「何でこんなこと分からないかなぁ」

「さっきちゃんと説明したのに」

といらつく可能性がより少ないだろうという

理解力の保証書ではないだろうか。

必ずしも当てになるものではないけれど。

 

ともあれ初登場の眞鍋さん、

ちょっと右寄り、かなり過激な討論番組を無事にこなした。

トゲのある見解ラッシュに無謀に飛び込むことなく、

庶民感覚の代弁者に徹したところも眞鍋さんらしい。

そして、勝谷さんのサポートには感謝、だ。

 

|

« 楽しんでくれたかな、眞鍋さん | トップページ | 季節外れに秋の眞鍋さん »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報2)」カテゴリの記事

コメント

官僚が今まで政治を行ってきた
ならば、官僚こそがカスのカス。
日本の財政は破綻寸前です。
公務員の給料は下げて、天下りを全面禁止にして欲しい。
と、私は思ってます。

投稿: かずべえ | 2010年6月20日 (日) 18:31

政治の事は詳しくはないですが、
福祉を削るなら、公務員の給料からにして欲しいです。
公務員は安定した職業なら、他の職業より給料は安くても良いように思えます。
まあ、今の民主党は余計なところまでにお金をばらまいているようにも思えますが。

投稿: かずべえ | 2010年6月20日 (日) 21:10

 ホームページの動画も更新されましたね。

 新民主党にはどこかの協会じゃないですが、 大風呂敷広げすぎた部分は 1回見なかったことにするから と思う私は甘すぎなのかな。

投稿: firstheart | 2010年6月20日 (日) 23:23

技術立国に転身を図った70年代のような成長目標を設定できず、というかその努力をせずマネーゲームに走ったつけ。
それをどう清算して次に進むか、少なくとも課題の認識だけはあって欲しいものです(未だに「構造改革」を礼賛する人がいる)。

投稿: KenNagara | 2010年6月21日 (月) 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庶民感覚に徹した眞鍋さんの「そこまで言って委員会」:

« 楽しんでくれたかな、眞鍋さん | トップページ | 季節外れに秋の眞鍋さん »