« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

眞鍋さんの一里塚

眞鍋かをりさん、今日が誕生日。

力任せの20台から経験と技を加え、

心技体が一番バランスよくまとまるのが30代。

この時期の充実が人生の後半を決めると言っていい。

 

眞鍋さんは元々能力、人柄、ルックスの

総合力でお仕事してきたタレントさん。

仕事の為に何かするというよりも、

自発的な興味や努力が後発的に求められ、

結果的にお仕事にも結び付いてきた。

 

付焼刃的に後付けしたものでも狙ったものでもない。

だからいつでも気負わず自然体でいられる。

止まらないその歩みにさらなる期待を抱かせるのは

そんな眞鍋さんだからこそ。

 

眞鍋さんの30歳をお祝いすること

それを目標に始めた当ブログ

なんとか達成できた。

眞鍋さんのお陰だ。

 

5月31日が誕生日だということ、

とっくに本人が電波で公表していたにもかかわらず

「裁判でバレた」だの「詐称だ」だのと

くっだらないことを言うバカ者がいて

少々味噌をつけられたのは残念だけど

当ブログにとっては大切な日に変わりはない。

 

眞鍋さんはこれからも研鑚と進化を続けてゆくだろう。

眞鍋さんらしい自然体でしなやかに。

笑顔と美脚もさらに輝きを増す。

疑う余地もなく。

 

だから信じていい未来が待っている。

これからの眞鍋さんに。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

知らなくてもきっちりお仕事眞鍋さん

たけし師匠のギャグ「コマネチ!」は

「この人(ナディア・コマネチ)が最初にやったんですか?」

眞鍋かをりさんの爆笑発言が飛び出したのはBS・NHK

「日めくりタイムトラベル」
 

1005291_014  
テーマは1976年ということで、

この年10点を連発したコマネチ選手が登場したのだ。

だが、残念なことにコマネチ選手が表彰台で

「コマネチッ!」とやったことはない。

 

カラオケで高速コマネチをしたり、

愛犬うめにも「コマネチ」なる技を教えたり、

それをテレビで披露した事もあってお気に入りのギャグ。

取り敢えず、本物を知ることができて良かった。
 

1005291_006
 
物知り顔をしたり、学歴を鼻にかけることが全くない眞鍋さん

ロッキード事件でピーナッツと書類に書かれた賄賂、

「1ピーナッツ100万円」に「高っ!」

素直すぎるリアクションに笑いが漏れる。

 

当然、三里塚闘争も当時のプロレス人気も知らない。

三里塚の指導者の一人に○○一作なる人がいて、

国政選挙にも立候補していた記憶がある。

「○○次作」を名乗って物真似をし、爆笑を取った(アホだ)。
 

1005291_019  
でも、映画のようなベレンコ中尉亡命事件には

「本当に起こったことですよねぇ」。

CIAの工作を受けていたことは知っていたが、多分、

事件から5年以上経ってからのことだったような気がする。

 

当時、何よりたまげたのは、

Mig25がオーバーランした短い滑走路に

ジャンボジェットと同サイズの米輸送機が

当たり前のように着陸したことだった。

 

でも、Mig25ってなんだったのだろうと思う。

結局、大量に配備されることもこれといった実績も残さず

気が付いたら消えていた。

やっぱり失敗作だったのか?
 

1005291_003  
さて、驚いたり笑わせたりするだけではない眞鍋さん。

 

アンガ田中さんの感想「五つ子がいて良かった」に

「和みますからね」。

気持ちがこもっていた年だからと

山根さんが書いた「気憶」には

「(気の字は)わざとですよね」。

 

「敢えてこれにします」と引き出して、

影の司会者ぶりも垣間見せた眞鍋さん。

質問も驚きも笑いも含め、

全てを内面から発する自然の声としてこなしてしまう。

 

やっぱり眞鍋さん、さり気なくさり気ある人だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

眞鍋さんの「机の下(?)美脚」

5月度の検索アクセスをまとめていたら、

「ん?」というものを発見した。

 

アクセス件数1位の「眞鍋かをり 美脚」は不動。

その源となった「メガスポ!」も依然として多い。

世界卓球をやってるからその流れかなとも思ったが、

日付指定のものがある。

ついでに「机の下美脚」なんてフレーズも。

 

「メガスポ!」の眞鍋さん、

カウンターの下から思い切りのローアングル、

レンズがひっつくんじゃないかというほど接近した

まさに容赦ないドアップで何度か美脚を撮られている。

そして、指定された日付のものがコレ!
 

0903081_005_3  
一歩間違うとかなり際どいことになりそうなアングルだけど、

何のこれしきと眞鍋さん、堂々と受け止めている。

眞鍋さんならではのきゅっとくびれた美肌美脚だ。

カメラは爪先から50㎝と離れてないだろう。

 

似たアングルのものに伝説の美脚 Vol.1がある。

こちらは09年3月のもので、それより後。

その為かカメラを傾けて

横長画面により大きく写そうという工夫がある。

 

撮るも撮ったり撮られるも撮られたり。

カメラマンも眞鍋さんもお見事でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

幾つあるのか眞鍋帽

プロアクティブのCMで眞鍋かをりさんがかぶる帽子、

ホントのところ何種類あるのだろう?
 

1005281_003   

1005281_012  
この二つは違うね。
 

1005281_004  

1005281_018  
でも、この二つは同じみたいだ。
  

1005281_021  
これは ・ ・ ・ 色は一緒だけど小さ過ぎるね。
 

1005281_009  

1005281_015  
これは同じだ。
 

1005281_027  

1005281_041
で、この二つは?

色が違うように見えるけど、こういう色、

写り方が微妙なので絶対違うとは言い切れない。

フィルムとは違うけど、フィルムには絶対映らない色がある。
 

1005281_030

そんなこといいじゃないのと眞鍋さん。

確かにそうなのだけど、その帽子、他と違うね。

 

では正解は ・ ・ ・ 

まっ、どーでもいいか。

帽子より眞鍋スマイルの方が魅力的だし。

  

ちなみにお問い合わせ電話番号完成形は

0120-522-522

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

パパット明るく眞鍋さんの「とくダネ!」

1005271_002  
今朝はパァッと広がる様な眞鍋かをりさん。

衣装にもマッチした少し明るくなった髪色で

爽やかな朝の演出、木曜朝の「とくダネ!」だ。

 

でも、毎日のように行っているというドッグラン、

因縁をつけて金を巻き上げようという

とんでもない輩が出没しているらしい。

まさに「ドッグ乱」。

 

勿論、笑いごとではない訳で

「そちらも厳しくして欲しい」と眞鍋さん。

確かに、チンピラの小遣い稼ぎの場にされてはたまらない。
 

1005271_006  
これも笑いごとではない森昌子さん。

子宮頸癌で全摘出となったのだが、

30歳が近付くと

「子宮頸癌のワクチンやった?」

という会話が普通に出るという眞鍋さん。

 

眞鍋さんと優木さんがそんな話をしているなんて

想像するだけで吹き出しの中がペンでぐるぐる的な感じになるが

健康第一、健康あっての笑顔であり、美脚だ。

眞鍋さんも次の月曜でジャストサーティーだしね。
 

1005271_009  
大山鳴動やっぱり辺野古の普天間移転。

連立与党でもある社民党の動きが

結党以来初めてといっていいくらい注目されている。

 

「タイムリミットが近づいてくると、世間の反発も

もしかしたら妥協になっちゃうんじゃないかって

最初から思ってたんじゃないかな」と読んでしまうと

眞鍋さん、厳しい指摘。

 

閣内でやれることをやってきたのかということだが、

世論が妥協に向かわなかったので選挙を前に

大きな選択を迫られたと言えなくもない。

 

そんな時にこんなことをと北朝鮮潜水艦4隻が「出撃」。

相変わらず張り子の虎の恫喝外交。

だが、通常動力型潜水艦の「通常」とはハイブリッドだ。

隠密行動中は電池で走るが、充電には浮上し、

あるいは潜水中にシュノーケルを使ってエンジンを回す。

 

この方式、車両にもという試み、

大戦中にポルシェがやったが使いものにならなかった。

使いものにしたトヨタのプリウスが発売されたのが1997年。
 

1005271_017  
ということで、臨時復活の「朝ヒット」に岡本真夜さん登場。

1997年発表の「そのままの君でいて」を生披露した。

上海万博で有名になったあの曲。

 

当時高校生だった中野アナ、

「カラオケですっごい歌ってましたよね?眞鍋さん」

眞鍋さんのマイクがオフで返事が聞こえなかったけど、

問わず語りの笑顔です。
 

1005271_013  
さて、当ブログへの検索も増えているパパットさん。

今回紹介の余りがち調味料レシピは

バターとニンニクで痛めた玉ねぎ、牛肉に

トマトと麺つゆを加えた「ハヤシライス」とか

焼き肉のたれに水と片栗粉で「麻婆豆腐」。

 

決してハヤシライスや麻婆豆腐そのものにはならない

とは想像出来るが「別のものと思って食べればオイシイ」。

しかし、眞鍋さんのフォローを打ち消す

例によっての小倉さん毒舌。 

「子供騙しだよ」「ハヤシライスの素を使った方が早い」

 

まぁまぁ、あくまで余りがち調味料の活用法だし ・ ・ ・

そこで眞鍋さん、再度のフォロー、

「子供に本物のハヤシライス食べさせなきゃいい」

 

それは名案 ・ ・ ・ かな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

山葵ピッツァに合うチーズは?

調子が悪い!

何がって、か、顔の調子がっ!!

 ・ ・ ・ ・ 

生まれつきだ。

 

アホなこと言ってる場合ではない。

再び杉崎美香さんのブログによると、

静岡に山葵マヨネーズなんてものがあるらしい。

 

山葵は日本独自の香辛料だが、

西洋人の好みに合わなかったので

植民地化を免れたなんて俗説がある。

 

幕末ならいざ知らず、武器に大差なく

諸国が争って軍拡していた戦国時代の日本を

例えばスペインやポルトガルが征服することは不可能だが。

 

それはともかく、

しらすと山葵マヨネーズでピッツァを作ったらしい。

しかし、チーズがなければピッツァにはならない。
 

1005161_012  
チーズといえば眞鍋かをりさん。

でも、チーズソムリエの講習会で、

山葵に合うチーズなんて勉強するのかな?

 

眞鍋さん、笑ってるし ・ ・ ・ とはいえ、

イタリア人もびっくりの山葵ピッツァができたら、

先の俗説、やっぱり間違いだったって証明になるかも。

 

杉崎さんと共同による新作に期待したい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

パワフルに食べてパワフルに進む眞鍋さんと杉崎さん

「わたしたちはパワフルに進んでいくのみです」

その為にもまずは腹ごしらえ、ということで眞鍋かをりさん、

先週土曜日に、お友達の杉崎さんとたらふく食べたそうだ。

 

杉崎美香さんのブログによると、

お店はヨン様プロデュースの韓国宮廷料理店「ゴシレ」。

韓国宮廷料理というと器がやたら多いのだが、

それを前にした眞鍋さん、ぺろりと舌舐めずりしそう。

 

1日に必要な野菜が全部摂れるとかで、

全部平らげても見た目よりヘルシー ・ ・ ・

と言いつつ、マッコリも入らないほど腹いっぱいに。

いーではないか、低カロリーで満腹なら言うことなしだ。

 

「家族でご飯が食べられたら大抵のことはあとはどうでもいい」

めざにゅーで菅野美穂さんが引用した

眞鍋さんとも同郷、正岡子規の言葉だそうだけど

眞鍋さんからも似たような言葉、聴いたことがある。

 

パワフルだけど、野心に目ギラギラさせてるのではない。

基本、無欲だからこそ強く、しなやかになれるのだ。

遥かな地平に向かって突き進んでください。

真っ直ぐに!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トラバ ミス削除のお詫び

ココログのスパムフィルターが強化されたのはいいのだが

ふと気付くと結構たまっているので削除することにした

 ・ ・ ・ つもりだったのだが、

誤って公開済みのトラバを10数件

削除してしまっていたことに気付いた。

 

放っておいても一ヵ月すれば自動的に削除されるので

要らぬことをしてしまったと反省しております。

決して他意はなく、ボンクラ故の失敗。

なんとか御容赦のほどを。

 

それとは別に、

広告アクセスを積極的に奨励しているところもあるが、

正反対の路線を取るココログのこの方針、

とても重宝している。

勝手に振り分けてくれるので

「これは何だ?」と迂闊にクリックしてしまう危険がない。

 

コメ、トラバ合わせて月60件を超えるスパムが入るので

随分楽になった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月雨に

長雨だ。

夜が明けてもまだ降り続いている。

幸いなことに、外に出られないので支障がない。

気楽な稼業 ・ ・ ・ のはずなのだが、

眞鍋さんが眞鍋さんの幸せを得る姿、見られるのかな

と思うと、ふと不安になることもある。

 

だが、これはつまらない、取るにも足りないことだ。

どの道、あと3年も生きれば儲けもの。

5年生きたとしても、人としての機能はもうないだろう。

別離は必然。

出逢えたことにこそ感謝しよう。

眞鍋かをりさんに。

 

一年前、壇上から駆け降りてきてくれた眞鍋さん。

その手はとても温かかった。

冷え症のはずなのに。

心の温もりが温かいと感じさせたのかもしれない。

そんな眞鍋さんの励ましがあったから

滅入ることなく空元気でもなく生きてこれた。

 

真心眞鍋さん、相変わらず妹分の心配などしているらしい。

今は自分のことだけ考えて、

と言っても眞鍋さんには無理のよう。

でも、それもまた眞鍋さん。

眞鍋さんらしさを貫いてゆけば

きっと幸せが待っている。

 

見られなかったとしても後悔はない。

出逢えただけで十分幸せ。

眞鍋かをりさんに。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

漢字だらけの遠くて近い記憶

戦後強制抑留者特別措置法が参院を通過した。

と書いたら、なんと20字中15字が漢字だ!

古色蒼然とした空気が漂うのだが、それも当然、

全国抑留者補償協議会の会員の皆さん、

平均年齢88歳だそうだ。

 

実は眞鍋かをりさんの御祖父様も抑留経験がある。

軍人ではなかったらしいけど、樺太在住だったので

侵入してきたソ連軍との戦闘に巻き込まれたようだ。

だが、昨年物故され、この法律は間に合わなかった。

 

実は我が父もれっきとした抑留者だ。

赴任したばかりの新米将校だったが、

特務機関員であることがバレ、その為に

抑留されること7年の長きに及んだ。

 

こうなると浦島太郎みたいなもんである。

特務機関員は全て戦死扱いで経歴抹消されるらしく

ひょっこり帰ってきたもんで実家は大騒ぎだったらしい。

それやこれやで当時として異例の晩婚になってしまった訳だ。

 

一方、抑留者でも晩婚でもないけれど、

上原美優さんの御尊父様は御年77歳にあらせられる。

つまり、我が父と10歳も離れていない。

その間に眞鍋さんの御祖父様が入るのだ。

 

随分と世代が違うのに奇遇ではある。

我が父はとうに亡く、やはり今回の法律は間に合わなかった。

上原さんの御尊父様は抑留者ではないが、

22歳の若さで戦争体験を聞かされる(聞くことができる)とは、

貴重な立場と経験である。

 

ちなみに我が父が生き延びたのは大阪人のお陰である。

兵二人と偵察に出て数日後、朝目覚めると轟々と音がする。

なんだなんだと遠くを見やると、ソ連軍機甲部隊の車列。

それが端も見えない長さで延々と続いていたという。

 

そこで大阪出身の兵がひとこと。

「こらあかんわ」

だが、血気盛んな新米将校はキッと振り向いた。

「何を言うか!皇国不敗、必勝の信念を持って ・ ・ ・ 」

「あきませんって ・ ・ ・ 犬死でっせ」

 

そう言われて見回すと、武器といえば兵が持つ小銃のみ。

我が父は腰に一升瓶二本(途中で調達した酒)。

実家が送った刀は持っていたが、

戦車に切りつけてもどうなる訳じゃなし。

 

そういう訳で、交戦することなく父の戦争は終わった。

この話、8月くらいに一度まとめて書いてみようかと思う。

で、ここはひとまず、

上原さん御尊父の御壮健をお祈りして終わっておこう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

眞鍋さんに感激!の美優さん

「眞鍋姉さん」に抱きつく上原美優さん。

眞鍋さんの方からハグしたらしいのだけど、

ありのままの上原さんブログなので、

感激の程が伝わってくる。

 

眞鍋かをりさんとはそういう人。

心の豊かさと情の深さで人を包み込んでしまう。

だから「ずっと会いたかった」美優さんの気持ち、

痛いほど分かる。

 

眞鍋さん、美優さんを心配していたらしい。

どちらかというと、心配される立場のようにも思うけど

思いやりに溢れた眞鍋さんなら、「だろうな」と納得してしまう。

眞鍋かをりさんとはそういう人なのだ。

 

からりと明るく、元気いっぱいなのに、

優しさが染み入ってきて、自然にほろりとさせてしまう。

眞鍋さんの「人間性が大好き」という上原さんの気持ち、

痛いほど分かる。

 

上原さんも眞鍋さんも超小顔なのだけど、

ブログの写真、アングルが上過ぎ、距離近過ぎで

なんだか頭でっかちに写ってる。

でも、これも御愛嬌。

 

心なしか眞鍋さん、ちょっとお姉さんっぽい表情。

飲みに行く約束をしたらしいけど、今度は

「記憶なくしてんじゃねーよ」

って言われないようにしないとね。

 

眞鍋さんも、あんまし飲ませ過ぎないように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

眞鍋さんの指に五芒星

1005201_014  
薬指に輝く五芒星。

阿倍晴明や陰陽道と何かかかわりがあるのか

それとも普通に星を描きたかっただけなのか?

どっちにせよ一つだけ色違いがアクセント。

昨日の「とくダネ!」での眞鍋かをりさんのネイル。

 

いつ、何処でどこをアップにされるか分からない。

隙を見せられないお仕事だ。

となるとデザインにも気が抜けないが、

ネイルにも季節的なものがあるのだろうか?

 

春を飛び越えて一気に夏の陽気、

近年、こういうのが多いのだが、

だからかどうかステテコが復活の機運とか。

今風の雪駄、カンカン帽は既に復活している。

 

これにちぢみのシャツと腹巻きがあれば、

バカボンのパパ以来途絶えていた

我が国伝統のオッサンスタイル完成だ。

ホントのオッサンはやらないだろうけど。

 

五芒星を見ていたら余計なことを考えてしまった。

朝が早かったので、星を見てるだけでうとうとする。

寝るか ・ ・ ・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

利口ぶらない賢さに眞鍋さんらしさ

1005201_018  
今朝も明るく元気な「とくダネ!」の眞鍋かをりさん。

すっかり初夏の装いだけに、きっと美脚も元気なのだろう

とかなんとか要らぬ想像をしてしまう。

見せることを惜しむ眞鍋さんではないから

場所を変えてたっぷり魅せてくれるはず。
 

1005201_026  
そんなしょーもない妄想より、

眞鍋さんが覗き込んでいるのはパパットさん、シミ抜き技第2弾。

 

先週は思わぬ失敗もあっただけに

「不安なんですけど、大丈夫ですか?」

「それは・・・確実に成功させたいと思います」

どこぞの大臣的答弁の森本パパットさん。

 

だが、赤ワインのシミを

塩を指先でぐりぐりと押し付ける裏ワザで見事解決。
 

1005201_023  
自分のことのように嬉しそうな眞鍋さん。

だが、溶き卵のシミに大根は、当方、見事的中させた。

誰も聴いてなかったけど。

ジアスターゼがたんぱく質を分解するのでは ・ ・ ・

そう直感しただけで、それが正解かどうかは知らない。

 

ところで、眞鍋さんが左手に持っているのは

改良型100円ライター。

子供がいじって車が燃えたりしたので

簡単には着火しない様にしたらしいのだが
 

1005201_013  
「ウワッ!固っ!!」

思わず大声の眞鍋さん、

「これ、握力の弱い人にはちょっと辛いですね」

 

死活問題である。

握力計の針がピクリとも動かない当方、

何か対策を考えねばなるまい。
 

1005201_008  
口蹄疫問題、タイの騒乱、レクサスのリコール ・ ・ ・ 

笑えない話題も多かったが、眞鍋さんの目は真剣だ。

雑念がないはずはないと思うのだが、

お仕事中は全くそれを見せない眞鍋さん。

テーマにスッと入り込む集中力は並ではない。

 

ただ、個人的には、

キャスターアクションがリニアでない

電子デバイスは車には不要だと思う。

 

タイの騒乱には当方も一瞬だけ現役復帰し、

ささやかながら取材に協力したのだが、

武器、というより兵器が想像を越えて行き渡っている。

それだけにタクシン氏の内戦ほのめかしは不気味だ。

 

そういえば、某局で「潜水艦は空を飛ばない」

なんて言っていた笠井キャスター。

確かに、タイにも空飛ぶ潜水艦はないはず

 ・ ・ ・ と思う。
 

1005201_002  
常用漢字がかつて当用漢字と呼ばれていたこと、

眞鍋さんは知らなかった。

「物心ついた時から常用だったので ・ ・ ・ 」

 

だが、別に若さをアピールしているのではない。

知らないことは知らない、分からないことは分からない。

でも、分からないまま放置はしない。

疑問は疑問として素直に提示してくれるし、

咀嚼した上で私見を述べるのでニュースが分かりやすくなる。

 

体裁を繕って知ったかぶりする人より、

本当はこういう人の方がずっと賢いのだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

あまりにも明白な正義と悪

眞鍋かをりさんと前事務所とのトラブル、

よくある移籍トラブルと根本的に違うのは

反社会的、犯罪行為との決別である点だ。

 

アヴィラにいたのでは

反社会的行為に加担させられたり、犯罪に巻き込まれてしまう。

だから契約解除に踏み切ったのであって金銭トラブル等ではない。

その点、悪事への「背信行為」は正義の道とする見解に同意する。

 

クロが確定している自身をシロには出来ないから

眞鍋さんを黒く染めて対等になろうとしたのが「脱税疑惑」。

それを地ならしとしてあたかも自分に正義がある

かのように見せようとしたのが今回の「反訴」だ。

 

だが、それは成功していない。

当局の査察を無視して指導に従わなかった、

つまり牧野社長と同じことをやったというのなら、

結果も同じでなければならないからだ。

 

だが、現実は、一方は逮捕、起訴され有罪。

眞鍋さんは事件化すらしていない。

修正申告なら牧野社長もやっていること。

したがって、この場合、それは全く関係ない。

 

そうなっていない以上、シロクロははっきりしている。

自らの悪行を執行猶予期間中の者らしく反省しているなら

「信用を傷つけた」だの「背信行為」だのと言えるはずがない。

芸能界への信用と言うのなら、

それを最も傷つけているのは自分自身なのだから。

 

悪事に無反省な者とそれを拒否する者。

人としてどちらが正しいか、あまりにも明白ではないだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

正義の味方がしないこと

眞鍋かをりさんに前事務所が反訴なんてニュースがあった。

例によって結託しているスポーツ報知が出所だが、

分からないことだらけだ。

 

「業界全体への背信行為」なんて言ってるらしいが、

「業界」とはどんな業界のことだろう?

違法・反社会的行為に加担したり自ら実行する業界か?

それが嫌だからやめると言ったら「背信行為」になるの?

だとしたら、それってどんな業界だ?

 

契約解除の申し出より以前に決まっていた仕事で

今年に入ってから眞鍋さんがやらなかった

仕事のギャラが1億8千万円だそうな。

ハリウッドから主演のオファーでもあった?

それで月420万円しか払ってなかったのか?

 

今後に予想された収入が4億2千万円とは大きく出た。

プロアクティブやJRA-VANのお金が欲しいらしい。

それならそれ以前に契約書を交わしておくべきだろう。

契約書もないタレントの仕事を取って、

「やらなかったから損害賠償」って言われてもなぁ。

 

なんとか自分を正義の味方にしたいらしいが

「お前にそれを言う資格があるのか」

という印象は拭えない。

 

裁判資料の閲覧は制限される手続きが取られている。

だからリークという手段に出たのだろうけど

正義の味方のやることじゃないね。

  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年5月17日 (月)

輝く眞鍋スマイルと突っ込みと

1005161_009  
「やるね~」的指差し笑顔の眞鍋かをりさん。

16日の「レッドカーペット」のひとコマなのだが、

なんだか眞鍋さん、いつにも増してすこぶる綺麗。

体調、気分ともに良かったんだろうなぁ ・ ・ ・

 

あるいはまたちょっと違うホルモンが分泌されていた

 ・ ・ ・ のかどうかは定かではないが、

野暮は言いっこなしということで

舞台は謎かけ選手権だ。
 

1005161_014  
眞鍋さんからのお題は

「これから暑くなってくるので」ビール。

ねずっちさんの為の企画みたいなものなので、

正面から行くか搦め手から攻めるか悩むところだが

やるなら徹底的にと思いっきり外してきたナベアツさん。
 

1005161_018  
それを拾った眞鍋さん、考え込むふり。

確かに、「ぬるいビールの創造者」はルーカス

(映画監督ではない英国の家電メーカー)だけでいい。

ナベアツさん、「おかしい」と自分で気付き、

修正したのだけど、そうはさせじと眞鍋さん、

突込みどころは外さない。
 

1005161_016  
こういうところ、さすがただの賑やかしに終わらない眞鍋さん。

だけど、やっぱり綺麗。

眞鍋スマイルもひときわ輝きます。

 

とはいえ、油断大敵、5~6月は稲花粉のシーズン。

ドッグランの時とか気をつけて下さいね。

ずっと美しさが続きますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

コンクリートの階段と眞鍋さん

Smork展示会の時と同じジャケットと靴を履いた眞鍋さん、

トコトコさんのブログで発見した。

ライプカスパという洋服のブランドを立ち上げておられる方。

そういえば、眞鍋さんのブログにも、

お友達のショップでお買物という記事があった。
 

100514tokotoko_2

 
なんてとこに座っているんでしょうか眞鍋さん。

抱いているワンコはうめではなく、トコトコさんちのうるる。

ドッグランではうめチャンとよく遊んでいるそうな。

うめこも元気にしているらしい。

 

ぶっちゃけ、最初は偽眞鍋さんかと思ってしまった。

全然似てない「眞鍋かをりさん」が登場してるの見たことあるし。

でも、もう一枚の写真では、得意の舌出しヘン顔をしていて

こりゃもう眞鍋さんに間違いなかろうという次第。

 

14日の東京の気温、予報は見ていても

さすがにそこまでは覚えていないけど、

眞鍋さん、元気そうでなによりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Smork展示会の眞鍋さん

SMORKオフィシャルブログに登場の眞鍋さん。
 

Smork100515  
2月の展示会の時も紹介されてたけど、

「お馴染みの眞鍋かをりちゃん」なのだ。

5月というのに気温低目のいでたちだけど

負けてられるかと美脚系。

 

目高位置からの近距離全身撮影は短足に写りがち。

それを知ってか知らずにか、

右脚をクロスさせながら前に出しての脚長ポーズ。

さすが眞鍋さん、見せ方こなれてます。

 

気がつけば進化している眞鍋さん。

眞鍋ファッションの進化からも目が離せません、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

眞鍋さんがFX対談

眞鍋かをりさん、『マネーポスト』(小学館)の企画で

相場予想の岡安盛男氏と対談したようだ。

 

「入ってきた瞬間、部屋がパッと明るくなったような感じ」

これは眞鍋さんを前にすると必ず感じる印象。

きっといい笑顔だったんだろうなぁ。

 

インタビュアーとしての腕も衰えてはいないようで

「なんだかいらないことまでしゃべってしまいそう」

なので「気をつけるのに大変」だったそうな。

 

相変わらずやりますね、眞鍋さん。

 

来月号に掲載されるらしいが、確か発売は5日のはずだ。

仮タイトルが「眞鍋に学べ」

 ・ ・ ・ 聞いたことあるなぁ。

「カオリンに学べ」っていうのもあった。

 

でも、雑誌の方ではちゃんとした写真が載るだろう。

それだけでも買いだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聞こえるかな?東京競馬場の眞鍋さん

ニュースを観ていたら、6月6日の安田記念(東京競馬場)

レースの展望・回顧、プレゼンターは眞鍋かをりさんとある。

そう言えばそうだったなんて思ってしまうのは、

外出できない身のひがみか。

 

昨年、中山競馬場で、花束を逆プレゼントされた時は、

てっきりJRA-VANのお仕事もお終いかと早とちりした。

これまでのお仕事にけじめをつけようという空気、

あの頃から漂っていたし。

 

けど、有難いことにそうじゃなかった。
 

1004170_017_2
 
ちゃんと笑顔も見せてくれたし、
 

1004170_045_2  

 

しっかり美脚まで

サービスしてくれて

 

今まで以上に

眞鍋さん。

 

でも現場では、

いつもの白い

パンツスーツか。

 

 
でも、ガッカリすることはない。

脚長眞鍋さん、パンツスーツも実にカッコよく着こなす。

直に出さなくても超美脚!

 

プレゼンテーターとしての様子は

ニュースサイトでうかがい知ることが出来るだろうし

参加した人がイベントの様子をブログに期待しよう。

(テレビのお仕事がある優木さんも現場に行くのかな?)

 

現場には行けないけれど、

応援だけは負けないぞ。

ガンバレッ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

気付いたらCMのページ

1005132_002  
じっと見つめる眞鍋かをりさん。

バリエーションの多いプロアクCM。

でも、個人的に一番のお気に入りはコレ。
 

1005132_003  
こんなんとか
 

1005132_006  
こんなんとか
 

1005132_007  
かと思ったらこんな風に迫ってきたりして、

でも、大事なことは伝えないと

帽子のCMじゃないし

ってな訳で
 

1005132_009  
ほっこり眞鍋スマイルでお知らせ。

「誰にでも効く訳ではありません」

と断言してるからこそのお試し期間。

「キャンペーン中」と言ってもずっとやってる。
 

1005132_011  
お問い合わせはっと ・ ・ ・ 

得意のヨガポーズに合わせてお伝えを。

細くてくびれてるのは美脚だけじゃないぞの図。

眞鍋さんのヨガポーズはたくさん見たけど、これが一番綺麗。

表情も決まってます。
 

1005132_018  
ヤレヤレっということで、ミッション完了です。

 

結局、眞鍋さんと一緒にプロアクのCMをしてしまった。

でも、眞鍋さんが魅力的なので、まぁいいや。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

真心こもった「とくダネ!」眞鍋さん

1005131_003  
「ここだと思ったら旦那さんを

ぐっと押し上げるっていう・・・そうなりたいですよねぇ」

朗らかな表情で語る眞鍋かをりさん。

 

今日の「とくダネ!」冒頭で紹介された

指揮者、佐渡裕さんのベルリンフィル客演決定のお話。 

眞鍋さんは奥方の内助の功に引かれた様子でこの発言。

自己主張が強くなっても献身愛は変わっていないのかな。

 

弟妹がいて家族の絆が深ければ、長女の眞鍋さん、

母性が強くて当然ではあるけれど ・ ・ ・ 

大丈夫、自分をしっかり見つめてるし、

昔みたいなドツボにははまらないだろう。
 

1005131_010  
でも、口蹄疫で危機に立つ

宮崎酪農家の悲痛な叫びには、

眞鍋さん、こんな顔になってしまうのだ。

 

チーズソムリエの勉強会でも話題になっていて、

本場のモッツァレラを作っていた宮崎の工房も

感染で全頭処分に追い込まれたとか。

「再開してもらって、また応援したいねって話してるんです」

 

全頭処分では生計が成り立たないが、

かといって廃業されては産業が壊滅する。

子牛を買って育てている松坂等ブランド牛にも影響は必至だ。

空気感染で域内通過も不可では、これはもう戒厳令状態である。

迅速な危機管理対応がなくてはとんでもないことになるだろう。
 

1005131_026  
毎回いろんなところから現れるパパットさん。

中野アナの背後から登場して中野さん、本気で驚いていた。

醤油シミ抜きでも、日本酒を使った技でまたひと驚き。

だがっ!掃除機を使ったシミ抜き技では「あれっ?」

 

「パパットさんっ!」

思わず突っ込む眞鍋さん。

「ソースの時は?」「ワインは?」

かぶせの連続に森本アナ、冷静に「醤油でお願いします」
 

1005131_022  
そんなやり取りに眞鍋さん、この笑顔。

 

しかし、ハイテク機器の使いこなしはさすがの眞鍋さん。

音波式電動歯ブラシは携帯型も保有。

旅行用か?

 

それはともかく、

「磨いたぞ」的達成感を得ようと

ごしごし動かしては逆効果だそうで、
 

1005131_029  
「使い方を間違わなければよく取れるし、

時間の短縮になります」

45度の角度で軽く当てるのがポイントらしい。

手足の不自由な人間には必需品。覚えておこう。

 

「行列には並ばない」という眞鍋さん(目立つよな)。

でも「何で並んでるのかは気になるので」

場所を指定してツィッター検索するのだそうな。

もはやツィッターも自家薬籠中の物らしい。
 

1005131_039  
「そうやって調べるのか~」

笠井キャスター感嘆の声に、眞鍋さん、勝利の笑み

 ・ ・ ・ という訳ではないだろうけど、

眞鍋さんも立派にパパットさん。

 

「ですよね」の「ね」が鼻にかかっていた今日の眞鍋さん。

深刻な話題の時は声が低くなって鼻にはかからない。

気分明るく気持ちが乗っていた証拠。

その調子が続きまように、「ねっ」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

SPA!に綺麗な眞鍋さん

Img006_2

 

 

 

とても綺麗な

しかも

珍しいくらい

眞鍋さんらしい

眞鍋かをりさん。

 

『SPA!』5.18号

「今週の女王」

 

 

 
「寝る前にもう一回メールしていい?」

なんてもったいつけた台詞は、

「最近は恥ずかしくて」出来ない若い頃の話。

 

最近は、ハートマークを入れたいのに

「無意味にはさみマークを入れちゃったりして」

 

う~む・・・なにか、

潜在意識の表れか・・・どうかは知らないが、

ナビゲーターを務めるBeeTVの「婚活ABeeC」のお話。

 

インタビュー用に撮影されたものではなさそうだけど

この写真、知的で誠実でほんのりセクシーな

大人の眞鍋さんが良く出ている。 

 

細いのに、きゅっとくびれた膝下の美脚ラインも

眞鍋さんの大いなる特徴なので見たい気もするけど

顔が小さくなるので今回はお預け。

 

ちなみに、「年内結婚」はないらしい。

そう言って数ヵ月後に結婚した人もいるけど

インスピレーションはまだ湧かないかな?

 

眞鍋さんの幸せはみんなの幸せ。

幸せ方程式の解を見守ろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋さんの美翔

ふと我に返ると、当ブログも開設から丸2年が経過した。

だからどうしたという話だが、眞鍋かをりさんにもこの間、

色々なことがあったなぁと感慨に浸るくらいは良かろう。

 

眞鍋さんは多面的な人だ。

誰にでもそうした面はあって、例えば

人には気難しく神経質なほど口やかましいのに

自分の部屋は散らかしっ放しだったりする。

 

だが、能力的に優れ、

人としてのキャパシティーが大きい眞鍋さんの場合、

多面性の幅の広さもとても大きくて、それが為に

一見、矛盾しているかのような要素も多々ある。

 

アバウトと言いつつ旅行などはきっちり人の分まで計画したり、

負けず嫌いと言いつつ競争させられるのが嫌いだったり、

頑固と言いつつ人の影響を受けやすい面も持っていて、

引きこもりと言いつつ行動的だったりする。

 

どのような場面でどの面が顕在化するのかは、

眞鍋さん自身も分からないと言ってるくらいなので

心理学者でもない当方には推し量る術もないが、

眞鍋さんなりの直感的シグナルが働くのだろう。

 

ただ一つヒントになりそうなことは、

「目下意識」から出しゃばらず、

時に遠慮がちになることもあった眞鍋さんが

昨年4月頃から積極性を前に出すようになったこと。

 

「流れに任せて」

「自分の主張はあっても大したものじゃない」

謙虚な眞鍋さん、しばしばこんな言葉を口にしていた。

でも、お仕事に積極性を出すことで、舵を切ったのかもしれない。

 

その文脈でとらえると、今の眞鍋さん

なるほどなと(勝手に)合点する。

誠実でありたいとする眞鍋さんと、

環境があまりに違っていたから。

 

いつの間にか頼もしく、力強くなっていた眞鍋さん。

それでも眞鍋さんは眞鍋さん、

面白くて知的で誠実な眞鍋さんに変わりはない。

進化はしても、安物の政治家みたいに変節はしないのだ。

 

だから眞鍋さん、これからも真っ直ぐに進んでゆくだろう。

荒波を押し分けて。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

明日に向かって走れ!

1005062_006_2
 
なんだかしきりに謝っている眞鍋かをりさん。

先週の「とくダネ!」のパパっとさんコーナー、

「超絶 輪ゴムテク」を「超絶倫 ゴムテク」

なんて読んだのを小倉さんにバラされてしまったから。

 

パパっとさんこと森本アナは

「爽やかなイメージで行きましょう」とさらっとかわしたが、

こちらは、はっと思い出してしまった。

今年、まだ初鰹を食ってなかったと。

 

と言っても、鰹がそっち方向に効果があるかは知らない。

だが、鰹のたたきにつきもののニンニクは、

疲労回復、元気パワー獲得に確実に効く。

基礎体力が減るとわずかな効能でも実感できるのだ。

 

葱とニンニクでかなり口が臭くなるが、

実はこれで沖縄料理のヤギ刺しを食すと

これは相当に絶倫ものではある。

 

そこまでやらなくても、

壊れかけのポンコツエンジンを動かすには

ガーリックバターで十分なのだが。

 

だが、眞鍋さんのM型Type-Kは

ポンコツどころかいよいよ熟成され、

あたりがついてきたエンジンだ。

未来に向かって軽々と回転を上げる。

 

そう言えば、

「バターとガーリックを入れたら何でもおいしくなる」

なんてこと、どっかで言っていたっけ。

オクタン価の高い燃料を補給済みという訳だ。

 

ならば心おきなくフルスロットル!

大気を切り裂き、遥かな地平を引き寄せよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

「母の日」でも頑張るオッサン

オッサン頑張っとるなぁ、とオッサンに言われそうな

41歳のオッサン、シューマッハ、なんとナント4位入賞。

明らかに速いマシンを駆るバトンの仕掛けをことごとく退け、

最後はあきらめの境地に追い込んでしまった。

「やりよるな、オッサン ・ ・ ・ 」

バトンのつぶやきが確かに聞こえた。

 

不景気になると父親の権威が薄れ、

カカァ天下がもてはやされるというのは

大正時代から延々と繰り返されてきた芸能のパタ-ン。

テレビをつければ、相も変らぬワンパタ-ンをやってるが、

現実のオッサンは頑張っているのだ。

 

だが、昨日はオッサンの日ではなくオバハ・・・母の日だった。

そう言えば、眞鍋かをりさんの母君、御尊顔を拝したことはない。

御尊父殿は意外なところで迂闊にも公開されたのを拝見したが。

なかなかのイケメンとお見受けしたものの、

特に似ているとは感じなかった。

 

だが噂によると、眞鍋さん、母上と似ているところもあるらしい。

ただし、詳細不明。

だがただし、去年、一昨年と

5月9日の眞鍋さん、母上と共にいた。

ブログに「母の日」を思わせる記述はないけれど、

家族思いの眞鍋さん、

心のどこかにあったに違いない「有難う」の言葉。

 

こういう言葉、言える内に言っておいた方がいい。

「親孝行、したい時には親はなし」などというが、

自分がなくなってしまうことだってあり得るのだ。

もっとも、母親たるもの幾つになっても

「与えられること」より「与えること」に

喜びを見出すもののようではあるが。

 

「父の日」もやがてやっては来るのだが ・ ・ ・ 

子供のいないオッサンはどうしたものか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

気まぐれな土曜日の偶然

フム、昨日の土曜日、優木まおみさんと上原美優さん、

別々のお仕事ながら、二人して大阪にいたらしい。

優木さんはイベントだったらしいが、身動きできないので

「オッ!そうか」と身軽に飛び出す訳にもいかない。

 

優木さんはツィッター的なブログで告知。

そう言や、更新頻度の高いタレントさんが

ツィッターから撤退したとか。

「○○さんがフォローを始めました」とか

メールで連絡してくれないだけで、

たいして変わらんと言えば変わらない。

 

「ツィッターの使い方が分からない」と

ブログでツィットしてるのが宇都宮まきさん。

「今放送してる吉本新喜劇を観ろ」なんて言うので

「ほうほう」とチャンネルを合わせたら

なんと九条葱を食っている。

 

あれは凄い葱である・・・

と語りだしたらきりがないので割愛するが、

セヴンイレブンとタイアップして吉本弁当を作るのだとか。

それにしては食材が高給過ぎるが、

その他諸々高級食材取り揃えてロクキュッパ。

 

これは安い!

15日から販売開始とか・・・入手せねばなるまい。

ミヤネ屋おにぎりを出したばかりのセヴンイレブンだが、

こういう企画が得意らしい。

それよりなにより宇都宮さんには感謝、である。

 

こうなると眞鍋かをりさん、

沈黙を守っているのか守らざるを得ないのか、

いずれにせよ、この情況は残念至極だ。

大阪のイベントでお会いしたのが昨年6月28日だから、

かれこれ1年が経とうとしている。

 

生眞鍋さんの美しさはテレビや写真では計り知れないもの。

人柄がダイレクトに伝わってくるからかもしれないが。

待つしかないけど、それでも一向に構わない。

悔いのない人生を真っ直ぐに進んでくれたらいい。

今は自分のことだけを考えて。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ヘルシー超簡単美脚料理(?)発見!?

ボッサーっとテレビを見ていても、

たまに「エッ!」とフリーズすることがある。

昨日の「おしゃべりクッキング」がそれで、

パサつきやすい鶏の胸肉をしっとり仕上げる

その方法があまりにも簡単だったのだ。

 

「そんなこと知ってらい」「だからどうした」

おっしゃる通りだが、当方はアホなので知らなかった。

低脂肪、高蛋白な食材がおいしく食べられるとすれば、

例えば、美食家眞鍋かをりさんにとっても朗報ではないか。

 

眞鍋さんといえば、こんな
 

Megaspob_050  
低脂肪美脚を誇っている。

誇ってはいないかもしれないが(謙虚なので)

体脂肪率の低さは明らか。

眞鍋さん、脚は太らない美脚体質らしいけど、

世間にはそうでない人も、見たところ非常に大勢おられる。

 

で、、その方法は、

沸騰した湯にパスタを茹でる時より心持ち少なめの塩を加え、

火を止めると同時に鶏胸肉を投入。15分、じっと待つ。

あとはキッチンペーパーで水分を取って切るだけ。

 

ゲストの田山涼成さんは一口食べて

「オッ!オォォ・・・」

「しっとりしてますねぇ!」

温厚な方だけに、その驚きぶりには真実味があった。

 

番組ではピクルスソースなどという

お洒落なのを作っていたが、面倒臭そうだったので割愛。

個人的には棒棒鳥ソースで食べたいと思った。

芝麻醤、醤油、酢、ラー油各1に砂糖少々で出来るし。

 

でも、眞鍋さんだったら ・ ・ ・ 

ワインに合いそうなのはやっぱピクルスソ-スかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

早期普及望みたい書籍の電子化

先日の「偉人変人たかじん」で明らかになった衝撃の事実。

週6本の情報番組でメインを務める宮根誠司キャスター、

なんとPCを保有していなかった。

 

無論、PCがあるからと言って、

さほど情報の幅が広がる訳ではない。

足で稼いだ情報に勝るものはやはりない。

だが、新聞をめくってコピーしたり切ったり貼ったり、

その時間があれば、同じ時間で何倍ものデータを

閲覧したり取り込むことが可能だ。

 

なにより問題になるのは紙資料の保管方法。

月に数冊程度の雑誌、書籍しか購入しなかったとしても、

本棚なんてあっという間にいっぱいになってしまう。

要る時は要るものなので捨てることもできず、

いつしか床に積み上げられて足の踏み場もなくなる。

そして、いざ必要になった時には何処にあるのか分からない。

 

現役時代は会社の資料室に場所を確保していたが、

個人であれを維持しろと言われたらとても無理。

思い返せば、アメリカでは合法的に入手できるのに、

日本で公開したら大騒ぎになりそうなものもあって、

なおさら個人では持ちにくい。

 

番組で宮根さんが購入を決定(?)したのはiPad。

手が不自由で、ATMでもタッチパネルを敬遠する当方、

スマートフォン同様、あれも使いにくそうだが、

電子書籍は普及して欲しいと思う。

 

出来れば、ネット上に個人ライブラリーを持てる仕掛けが欲しい。

端末さえ持っていれば、家でも職場でも旅先でも、

いつでもどこでも必要なデータを呼び出して閲覧できれば、

これほど便利なものはない。

家が火事になってもデータを焼失せずに済むし、

引っ越しも楽チンだ。

 

iPadの日本発売は先なのだが、

宮根キャスター、それまでどうするのだろう?

iPhoneとドコモ携帯、PCを併用するネット時代の申し子、

眞鍋かをりさんの動向や如何に。

「初パソコンがiPadって凄い!」なんて言ってたけど・・・・。

 

活目して待て!

(なんのこっちゃ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

G.W.でも鋭い「とくダネ!」眞鍋さん

1005061_022 
おっと久し振りにヘッドアップの「とくダネ!」眞鍋かをりさん。

G.W.に合わせた行楽風装いか、どうかは分からないが

イアリングもちょっと変わっている。

で、手にしているのは箸。

 

なんでも「食べるラー油」の余波で

「調味料とおかずの間」が受けているらしいのだ。

試食に供されたのは生七味と山山葵、醤油もろみ。
 

1005061_017  
乾燥させていない生七味に「ワッ!辛い!!」と眞鍋さん。

さすがにぱくぱくモリモリとはいかなかったが

「スパイスの香りがぱっと広がりますね」

 

でも、この手のものは納豆とまぜることが多いのだとか。

確かに栄養的にもその方が賢そうだが、

選択の幅が広がるのは面白い。
 

1005061_010_2

 
一方、参院選をにらんで風雲急を、

というより混迷の度を深める政局。

「『みんなの党』が大変なことになるかも」

と予測する眞鍋さん。

 

一般的には、票が割れると当選ラインが下がり、

組織票を持つ候補が有利になる。

2人区に2人擁立の民主が敢えて

組織票を分割していないのはその為だろう。

 

しかし、浮動票の比率が半数に達しようかという事態。

何が起こるか分からない。
 

1005061_028_2  
その一因ともなった鳩山総理の腰くだけ、

「普天間基地移転先はやっぱり沖縄」。

 

そこで総理が口にした「抑止力」の意味を

中国が想定している(とアメリカが言う)

二本の防衛ラインから解説。

「尖閣諸島に中国が侵攻した際は

沖縄から海兵隊を派遣するのが近い」

 

だがそれは、

ヘリボーンで対処できる程度の小規模侵攻の場合。

戦争覚悟の大規模侵攻に対処するなら、

重装備と揚陸艦、援護の機動部隊が必要になる。 

ならば、もっと安全な場所にいた方がいいし、

その方が企図も秘匿できるはず。

 

それが証拠に・・・という訳でもなかろうが、

海兵隊のグァム移転はアメリカの計画だった。

沖縄に残るのは三分の一だけ。

 

「沖縄に基地がある意味は分かっていたと思うんですけど、

総理が言うから出来るのかなって思ったのに、

今さらできないって言われても」と眞鍋さん。

 

出来ないことを軽々に言うもんじゃないが、

「抑止力」の意味も結局、未消化の様な気がする。
 

1005061_025  
これは気付いていなかった石川遼君、

公式の場でも「母」ではなく「お母さん」と呼ぶ。

あんなにしっかりした遼君なのに ・ ・ ・ 。

 

だが、「人前でもお母さんと言ってくれるのが嬉しい」と

「お母さん」は語っていたのだとか。

それを思っての言葉選びなら、なんと泣かせる話ではないか。

 

「世間のお母さんは、みんな癒されてると思いますよ」

遼君の姿勢に拍手を送る眞鍋さん。

確かにそうかもしれないね。
 

1005061_037  
眞鍋さんによると、スカイツリー近くの首都高で、

スカイツリー渋滞が起こっているらしい。

でも、G.W.ももうおしまい。

眞鍋さんの新たな頑張りに期待しよう!

 

ところで、今年のヘッドアップはどれくらい続くのかな?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

偉人変人たかじん、眞鍋さん

1005051_008  
かなり濃い~面々に交じった眞鍋かをりさんは

二人の偉人(変人)の交流を探る「偉人変人たかじん」。

ひな壇に座りっぱなしだったけど、

黒いミニ短パンで何気に美脚アピールの眞鍋さん。

美脚に手を抜かないその姿勢、眞鍋さんらしくあっぱれ。

 

でも「ますかけ線」とは何か?

無論、松竹の漫才師ではなく(あれは「ますおか」)、

カリスマ性の高い「天下を取る」手相のこととか。

眞鍋さんの両隣三氏にこの線が。
 

1005051_021  
「でも、天下取り線とかにして欲しいんですけど」

不満を漏らす水道橋博士さん。

「モテない奴が毎日『ますかけ線』みたいな」

 

それにかぶせた眞鍋さん、

「だからここに線が出来ちゃったみたいな」
 

1005051_006  
「何ゆうてんねんな~」

これには前席の宮根誠司さんも加わって、

オッサン連中から総突っ込みが。

 

だが、眞鍋さんの手にもくっきりと刻まれた線がある。

それが「クリエイティブ線」。

アップル社のジョブスにもあり、

生命線と頭脳線が離れている手相。

人に影響されず、自分の意志を貫く線なのだとか。
 

1005051_037  
「私は自分の意見貫き通しますよぉ、はぁい」

断固アピールの眞鍋さん。

ただし、弁証法的眞鍋さん、

常に反対物を自分の中に持っている。

 

一方、ビル・ゲイツと同じ手相のたかじん氏は

「ビル・ゲイツと一緒は嫌やな~」と不満げ。

安く買ったOSを高く売りつけたり、ライバルから盗んだりで

クリエイティブとは程遠いからか。
 

1005051_030  
そこで噴き出したのがVISTAへの不満。

「私VISTAですよ」という眞鍋さん、

「人にファイル送ると嫌がられるんですよ」とおとぼけ顔。

 

VISTAの不具合が騒がれている頃、

当方は未だW98だったのでよく知らないが、

入手した時はSP2だったので、幸い難は逃れた。
 

1005051_045  
さて、バリで財をなした大阪出身大富豪を訪ねたたかじん氏だが、

これがまたガラが悪い!

歌う時とは別人のように喋りはしゃがれ声のたかじん氏に、

富豪は輪をかけたつぶれ声。

 

「学校を(現地に)建てたとかいう話がなかったら

 ・ ・ ・ 見てる人引きますよね」

眞鍋さんの一言に、

「やくざの事務所やがな」

「『イイ人です』ってテロップ出るの珍しいですよね」

出演者総員大騒ぎの内に幕となった。

 

機知とユーモア、笑顔と美脚とらしさを出しながら、

いろいろ決意のほども見せた眞鍋さん。

さて、偉人?変人?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

それはアカンで川島クン

「クイズ!紳助君」に隔週レギュラーを務める麒麟。

「俺の計算では、君の仲いいコ、3倍くらい収入あるやろ」

昨日の同番組で紳助師匠のいきなりの突っ込みに川島君、

「その計算、ちょっとリアル過ぎはしませんか」

 

川島君の収入、紳助師匠の計算は当方とほぼ同じ。

つまり、M=1チャンプになった翌年のブラマヨと同等と見る。

だが、川島君、「発表し合ったことはないんですけど」

「おんなしくらいかなぁ~」と思っていたとか。

 

「仲いいコ」とはもちろん、眞鍋かをりさんだが、

同じくらいって、それはないでぇ~、川島君。

プロアクティブみたいな大きいCM、川島君は持ってないし、

全国放送のテレビ出演は、眞鍋さんの方が10倍かそれ以上。

 

それで同等だったら、

「ナンボほど単価低いねん」

と、逆に怒らなくてはならないだろう。

 

某週刊誌が某芸能関係者の話として試算した眞鍋さんの稼ぎは、

CM、イベント、テレビ出演だけで年間1億3千万円だった。

稼ぎだした総額の半分にも届いていないとした当ブログ記事

手前味噌で恐縮だが、これもほぼ同じ計算だ。

出版物が入っていないので、もっと多い可能性が高い。

 

アヴィラのリークなんて全く信用ならないが、

言われる金額が事実としても何ら驚くに値しない。

むしろ少ないくらいだ。

 

「自分の方が多くて養う方がいい」ってのもよろしくない。

他人に養われることが幸せとは限らないのだ。

その為にやりたいこともできず我慢しなければならないとしたら、

眞鍋さん、不幸になってしまうではないか。

 

冗談とは思うけど、本気だったらヤッさんになるぞ。

「怒るで~、しかし。ペットやないっちゅうねん!」

 

蛇足だが、

そもそも、つい半世紀ほど前までは、

日本人の80%以上は農民だった。

農家の仕事は家族総出。誰が誰を養うなんてものではない。

特権階級の「家長が家族を養う」意識が浸透してきたのは

実は戦後高度成長時代のことだ。

 

既に消滅した特権階級の美意識を

今に引っ張る意味が何処にあるのだろう?

考え直してくれることを切に祈りたい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

眞鍋さん的広角目線の秘密

先週に引き続きFM東京に出演した眞鍋かをりさん。

当地では聴けないのだけれど、これも先週同様、

パーソナリティーの中山エミリさんが番組サイト

Amitie du weekendでその様子を書いてくれている。

 

PCにもあまり触らないエミリさん、

先週も自分との違いに驚いていたけど

今週は眞鍋さんのアクティビティーに仰天の様子。

 

手帳に「行きたいところリスト」があり、

半日、1日、3日、1週間と、

空いた時間によって分類してあるそうな。

だから、休日は必ずどこかに出没するという訳。

確かにリストまで用意しておけば迷いも少ない。

 

「引きこもり」なんて自称していた事も

あったやに記憶しているけど、

元々そうではなかったのか変わったのか。

理屈こいて自己分析するタイプではないので

まぁ、眞鍋さん的には自然な流れなのだろう。

 

休みの日は昼前にやっと起きるというエミリさん。

これも凄く良く分かる。

当方の場合、朝まで飲んでるので

そうならざるを得ない事情もあったけど。

 

ただし、目が覚めて「腹減ったな~」と思った時、

「越前蕎麦が食いたい」なんて閃くと速攻、車に乗って、

おおっぴらには言えない速度で越前まで爆走してしまう。

アクティブなのか自堕落なのかよく分からないアラサーだった。

 

それは兎も角、

眞鍋さん、好奇心旺盛。

いろんなことに興味を持って、迷わず行動に移す。

これが眞鍋さん的な広いキャパシティーの秘密かもしれないね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

眞鍋さんの雪だるま的自然体

昔から気になっていたのだが、

文化人になりたがる芸能人、特にお笑いに多いような気がする。

その頂点に立つたけし師匠は、

はっきりと「お笑いの地位を上げる為」と明言している。

 

そう言えば、スタジオにお笑い芸人がいる時、

馬鹿にすれば笑いになるかのような演出が以前はあった。

勿論、お笑い以外のジャンルの人が、である。

お笑いを下に見る風潮が、かつてはあったようだ。

 

お笑い人がバラエティーのほとんどを仕切る昨今、

さすがにそんなことする人はいない。

でも、文化人っぽくしようとして力み過ぎている

お笑い出身映画監督なんてのを見かけることはある。

 

たけし師匠やDT松ちゃんの様に、

地位が確立された人なら余裕も見せられるが、

そうでない人はなかなか自然体とはいかないものらしい。

想像のつかないことでもないし、分かる気もする。

 

その点、眞鍋かをりさんは力みがない。

「クラス委員だってやったことないのに」とか言って、

偉くなろうとか本気で思っていないから。

それでいて仕事はきっちりこなしてしまう。

 

開けっ広げの眞鍋さん、「へ~」なんて興味を持って、

それがテレビ向けのリップサービスではなく

本当にはまったりする。

でも、

人としてのキャパシティーが大きいし、

すんなり消化してしまう能力があるので、

狙わなくても自然体で幅を広げ、大きくなってゆく。

 

そもそも狙ってキャラを作ったことなんて一度もない。

「ブログの女王」も「知性派」も後からついてきたもの。

売り物にしようとして賢くなった訳じゃないし、

クイズ番組で活躍しても、その為の勉強はしないと言う。

ネットに入り込んだのも自分の意思で、企画じゃない。

 

でも、それらから広がった数々のお仕事、

科学番組や報道番組でも得たものは余さず

血肉にしてゆくからますます大きくなる。

 

器用貧乏大いに結構。

それこそマスコミという業界で求められる能力だ。

巨匠となったたけし師匠は今でも華麗なタップを踏む。

紳助師匠は手品も玄人はだしで絵も上手い。

 

アニメ、ゲームから食べ物、お酒、

政治、経済、社会まで一人編集長の眞鍋さん。

重力に任せてころころ転がってる内に、

雪だるまみたいにでっかくなっているのかもしれないね。

 

でも、文化人と呼ばれるようになっても

やっぱり自然体に違いない。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

あれこれ面白ワードもあった4月度検索アクセス

取り敢えずは月に一度の恒例行事
 

Megaspob_035  
眞鍋さん超美脚!

アナログ画面のスクリーンショットなのでちょっと不鮮明、

ちょっと太目に映ってるのも気になるけど、まぁいいとしよう。

 

ということで、当ブログへの検索アクセスの集計、

これで15ヵ月連続で「眞鍋かをり 美脚」がトップ。

テレビでの美脚披露はなかったけど、

イベントやJRA-VANのCMでしっかり美脚アピール。

 

くっきりくびれた眞鍋さんの美肌美脚、

更なる進化に期待しておこう。
 

1004251_004  
2番目はこれも定番、AHKAH.。

眞鍋さんが着けているこの蝶のネックレス、

調べてはいないけど、多分3年以上は愛用している。

 

3~5位は、

「とくダネ!」

「眞鍋かをりヘアスタイル」

「メガスポ!」

となるのだけど、これも定番。

 

「とくダネ!」はレギュラー出演中だし「メガスポ!」は

昨年3月までメインキャスターを務めた番組。

終了してから一年以上経っても

これほど多く検索されているのは「メガスポ!」だけ。

冒頭に掲載した「メガスポ美脚」のインパクトも

おそらく影響しているのだろう。

 

でも6位以下は順位をつけて比べるほどまとまってない。

映画「第9地区」とか「婚活ABeeC」とか、

その時々の話題でのアクセスはあるのだけど。

完全復帰には至っていないのでこれも仕方ないかもしれない。

 

ただ、「なんだろー」と思う検索ワードもある。

例えば「ツン族とフン族」。

フン族は5世紀にウラル山脈からハンガリーに至る

大帝国を築いた一族だが ・ ・ ・ ツン族って何?

 

ツンデレのツンを取ってツン族と呼ぶスラングがあるらしいが、

フン族と並べる意味が分からない。

そこで推測。

ルワンダのツチ族とフツ族のことではないだろうか?

 

オッサンにとってはつい最近のことの様に思えるが、

思い返せばルワンダの動乱から早くも6年が経とうとしている。

映画にもなったが、当然リアルタイムの現実ではない。

うろ覚えを元に知ろうとする人がいても不思議ではなかろう。

 

無事、正解に辿りつかれたことを祈りたい。

 

もう一つ驚くべき(?)ワードは「濃姫 美脚」。

濃姫といえば斎藤道三の娘で信長の正妻

本名は帰蝶 ・ ・ ・ のはずだが ・ ・ ・ 

美脚という話は聞いたことがない。

知る限りでは「信長公記」にもそのような記術はない。

 

謎は深まるばかりだが、

いろんな疑問があるものである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »